カバーニのボカ入りは消滅…スペイン行き有力か

2022.08.08 16:41 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(35)がボカ・ジュニアーズに加入する可能性はなくなったようだ。

パレルモや、ナポリ、パリ・サンジェルマン(PSG)といったクラブを渡り歩き、世界屈指のストライカーとしての評価を確立したカバーニ。2020年夏に加入したマンチェスター・ユナイテッドでも公式戦59試合の出場で19ゴール7アシストの数字を残していたが、昨季は公式戦20試合の出場で2得点1アシストに終わり、今年6月末に契約満了によって退団した。

人気も実力も兼ね備えるカバーニの去就を巡っては引く手あまたの様相。バレンシアをはじめ、ラージョやニース、ドルトムント、サレルニターナといったヨーロッパ各国のクラブからの関心が噂されるが、新天地としてはスペインでのプレー希望が伝えられる。

そうしたなか、最近はアルゼンチンの強豪であるボカ・ジュニアーズへの加入が取り沙汰され、契約間近とも伝えられていたが、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、その可能性は消滅した模様。家族が南米でのプレーを望まなかったことが理由のようだ。

また、当初から伝えられていた通り、スペインでのプレーを第一の選択肢として考えているようで、スペイン『アス』はそのなかでもビジャレアルとバレンシアが有力な候補と報道。様々なクラブでゴールを決め続けてきた“エル・マタドール”は35歳にしてラ・リーガへの初挑戦を決めることになるだろうか。

関連ニュース
thumb

元アルゼンチン代表GKセルヒオ・ロメロがボカ・ジュニアーズに移籍!

元アルゼンチン代表GKセルヒオ・ロメロ(35)が8日、ボカ・ジュニアーズに加入した。契約は2024年12月31日までとなる。 母国ラシン・クラブ出身で、2007年に加入したAZを足がかりに欧州進出を果たしたロメロ。2015年から2021年にかけてはマンチェスター・ユナイテッドに在籍し、バックアッパーながら2016-17シーズンのヨーロッパリーグ優勝に貢献。昨季はヴェネツィアに移籍するも、シーズン後半はヒザの負傷に悩まされ、セリエA16試合の出場に終わった。 契約満了でフリーとなった35際には今夏、イングランド人GKリー・グラントが現役を退団したユナイテッドが再獲得に動いていたが、新天地は母国の名門クラブに。実に15年ぶりのアルゼンチン復帰を果たしたロメロは、今回の移籍をステップアップだと意気込んでいる。 「ご存知のように、先週ラシンでトレーニングをしていた時にボカから打診があった。よく考えた結果、受けることにしたよ。この機会に満足している。これはキャリアにおいてステップアップだと思っているよ」 2022.08.09 15:45 Tue
twitterfacebook
thumb

元アルゼンチン代表DFロンカーリア、10年ぶりにボカ復帰

ボカ・ジュニアーズは19日、アリス・リマソルの元アルゼンチン代表DFファクンド・ロンカーリア(35)の獲得を発表した。契約期間は2023年12月までの1年半となっている。 ボカ・ジュニアーズでプロデビューを飾ったセンターバック兼、右サイドバックのロンカーリアは、セリエAのフィオレンティーナやジェノア、ラ・リーガのエスパニョールやオサスナ、セルタでプレー後、昨夏にアリス・リマソルに加入。公式戦18試合に出場していた。 古巣ボカでのプレーは10年ぶりになる。 2022.07.20 07:30 Wed
twitterfacebook
thumb

監督解任のボカ、暫定的にセカンドのウーゴ・イバーラ監督を昇格

ボカ・ジュニアーズは11日、暫定指揮官にウーゴ・イバーラ監督(48)が就任することを発表した。契約期間は12月31日までとなる。 6日、コパ・リベルタドーレスのラウンド16でコリンチャンス相手に敗退したボカ・ジュニアーズは、今季のリーグ戦でも6試合で勝ち点9で11位と低迷中。7日に、成績不振によりセバスティアン・バタグリア監督(41)を解任していた。 そのボカは、セカンドチームを率いていたイバーラ監督が暫定的にファーストチームを見ることとなっていたが、正式に暫定監督に就任することが発表されていた。 現役時代はコロンやボカ・ジュニアーズの他、ポルト、モナコ、エスパニョールとヨーロッパでもプレー。現役最後もボカ・ジュニアーズでプレーしていた。 右サイドバックが主戦場で、ボカ・ジュニアーズでは公式戦202試合に出場し5ゴール10アシストを記録。モナコでは37試合1ゴール2アシスト、ポルトでは33試合3アシスト、エスパニョールでは31試合1ゴールを記録していた。 引退後は、ボカのユースチームのコーチとなり、2021年8月からセカンドチームの監督に就任していた。 2022.07.12 10:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ボカ・ジュニアーズがコパ・リベルタドーレス敗退でバタグリア監督を解任

ボカ・ジュニアーズは7日、セバスティアン・バタグリア監督(41)の解任を発表した。 現役時代はボカ・ジュニアーズとビジャレアルでプレーしたバタグリア監督。引退後は指導者の道を歩み、2021年8月にボカ・ジュニアーズの監督に就任した。 ここまで55試合を率いて32勝12分け11敗。今シーズンはリーグ戦で6試合を終えて勝ち点わずか9の11位と低迷中だ。 さらに、コパ・リベルタドーレスでは、ラウンド16でコリンチャンスと対戦。1stレグはアウェイで0-0のゴールレスドローに終わっていたが、6日に行われた2ndレグではPK戦にも連れ込み5-6で敗れていた。 この敗退が大きな引き金となり、解任に踏み切ったとされている。 2022.07.07 16:45 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレチコ・ミネイロ、ボカからアルゼンチン代表FWパボンを獲得

アトレチコ・ミネイロは3日、ボカ・ジュニアーズからアルゼンチン代表FWクリスティアン・パボン(26)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2025年12月31日までの3年半となる。 2014年にタジェレスから母国の名門ボカ・ジュニアーズへ加入したパボンは、170cmに満たない小兵ながら爆発的なスピードとテクニック、攻撃センスに溢れるアルゼンチン期待の若手アタッカー。 ボカではロサンゼルス・ギャラクシーへのレンタル移籍を挟んで中、公式戦163試合に出場し、36ゴール41アシストを記録していた。 また、2017年にデビューを飾ったアルゼンチン代表ではロシア・ワールドカップの全4試合に出場するなど、通算11試合に出場。ただ、ここ数年は多士済々のアタッカー陣に割って入ることができずにいる。 2022.07.04 14:16 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly