栃木が横浜FMを下す下剋上! 神戸康輔の加入後初ゴールなどでJ1首位チームを撃破《天皇杯》

2022.06.22 21:41 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
22日、第102回天皇杯3回戦の横浜F・マリノスvs栃木SCがカンセキスタジアムとちぎで行われ、2-0で栃木が勝利を収めた。2回戦で三重県代表の鈴鹿ポイントゲッターズに快勝した横浜FMが、ファジアーノ岡山とのJ2勢対決を制した栃木と相まみえた。

横浜FMは早々に縦パス一本からレオ・セアラが単独走となる決定機を迎えた。ポゼッションで上回る中で、32分にも左クロスをボックス中央で収めたレオ・セアラが反転から右足のシュート。だが、いずれもGK藤田和輝にファインセーブに阻まれた。

ゴールレスで後半を迎えると、チャンスを生かし切ったのは前半を耐えた栃木。複数のシュートを浴びせる波状攻撃を仕掛け、最後はこぼれ球を拾った神戸康輔がボックス手前から右足を振り抜くと、鮮やかなドライブシュートがゴール右隅に決まった。

今季、立正大学から加わったルーキーの加入後初ゴールで先制に成功した栃木は、その後もGK藤田が西村拓真の至近距離シュートをブロックするなど、ギリギリのところで体を張り続ける。

すると、後半のアディショナルタイムに途中出場のジュニーニョが大きな追加点を奪取。右サイドの深い位置でキープに入った小堀空が2人に囲まれながらも粘ってボールを残すと、ボックス右から宮崎鴻がグラウンダーで折り返し、ジュニーニョがニアから逆サイドへ流し込んだ。

試合はこのままタイムアップ。J2で19位に沈む栃木がJ1首位の横浜FMを撃破し、4回戦進出を決めた。

横浜F・マリノス 0-2 栃木SC
【栃木】
神戸康輔(後13)
ジュニーニョ(後45+1)

1 2

関連ニュース
thumb

「天才だよ!」「マエストロ」ジーコのスコーピオンボレーを覚えているか? 本人公開の圧巻2ゴールが大反響「私たちの王」

30年近くたっても色褪せないゴールがある。 鹿島アントラーズのクラブアドバイザーであるジーコ氏は、18日に自身のインスタグラムを更新。「6-0で勝った天皇杯での2得点」と、自身の2ゴールを紹介した。 1993年、第73回天皇杯でベガルタ仙台の前身である東北電力と対戦した鹿島。ジーコは72分に極上の切り返しから右足のループシュートでネットを揺らすと、5分後には裏への浮き球パスに反応し、スコーピオンボレーで追加点を挙げた。 21世紀に振り返っても、驚愕を覚える2発のゴール。ファンからも「あれは何!」、「天才だよ!」、「このゴールはよく覚えている」、「フィールド上のマエストロ、ジーコ」、「私たちの王」、「なんてクレイジー」など、多数の賛辞が相次いでいる。 色褪せることのないジーコのビューティフルゴール。余談だが、実際のスコアは6-1だ。 <span class="paragraph-title">【動画】鮮やか切り替えしからの一発にスコーピオン、ジーコ本人公開の当時の2ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cink1k6pyVL/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cink1k6pyVL/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cink1k6pyVL/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Arthur Antunes Coimbra(@zico)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.09.18 20:20 Sun
twitterfacebook
thumb

天皇杯準決勝の会場とキックオフ時間が決定、カシマとサンガSで開催

8日、第102回天皇杯の準決勝のキックオフ時間と日程が発表された。 7日に準々決勝の4試合が行われ、ヴァンフォーレ甲府、鹿島アントラーズ、京都サンガF.C.、サンフレッチェ広島の4チームが勝ち上がった。 10月5日に準決勝の2試合が行われ、甲府vs鹿島、京都vs広島のカードに。そして8日、両試合の日程が発表された。 甲府vs鹿島は茨城県立カシマサッカースタジアムで17時30分キックオフ、京都vs広島はサンガスタジアム by KYOCERAで19時30分キックオフとなる。 なお、チケットは9月23日(金・祝)の10時から発売される。 ◆準決勝 ▽10/5(水) 《17:30》 ヴァンフォーレ甲府 vs 鹿島アントラーズ [茨城県立カシマサッカースタジアム] 《19:30》 京都サンガF.C. vs サンフレッチェ広島 [サンガスタジアム by KYOCERA] 2022.09.08 16:20 Thu
twitterfacebook
thumb

「神すぎる」「バケモン」超ロングシュートの川村拓夢、今度は後半ATで決勝ヘッドにファン歓喜「毎試合ヒーロー」

サンフレッチェ広島のMF川村拓夢がまたしても大仕事をやってのけた。 7日、第102回天皇杯準々決勝で広島はアウェイでセレッソ大阪と対戦した。 J1勢同士の戦い。試合は40分にアダム・タガートのゴールでC大阪が先制する。 リーグ戦では暫定的に首位に立っていた広島は劣勢を強いられるが、86分に柏好文が値千金の同点ゴールを記録。そのまま延長戦にもつれ込むかと思われた。 そんな中アディショナルタイム1分にドラマが。後半開始から途中出場していた川村が大仕事をやってのけた。 自陣から持ち出そうとしたジェアン・パトリッキに対し、森島司がしつこく追いかけタックル。こぼれ球を野上結貴が拾うと、右サイドでボールを持った森島が狙いすましてクロス。これに後方から飛び込んだ川村がヘッド。C大阪の選手たちは崩れ落ちた。 素早い切り替えと執念で奪ったゴールだが、川村は直近の明治安田生命J1リーグ第28節の清水エスパルス戦で0-0で迎えた83分と95分に2ゴールを決める活躍を見せており、2試合連続勝利の立役者となっていた。 これにはファンも「神すぎる」、「決定力やばい」、「毎試合ヒーロー」、「バケモン」、「なんでも出来る」とスーパーサブと化している川村の活躍を喜んだ。 <span class="paragraph-title">【動画】また後半ATに決めた川村拓夢の決勝ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Wi_Cke4-P_U";var video_start = 117;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.08 12:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ベスト4が決定! 甲府がJ2勢唯一の生き残りで鹿島と対戦、京都は広島と決勝の切符懸けて対戦《天皇杯》

7日、第102回天皇杯の準々決勝の4試合が行われた。 ベスト8を目指した戦い。鹿島アントラーズ、ヴィッセル神戸の優勝経験チーム同士の一戦は、互いに譲らない展開となったものの、鈴木優磨のヘディングのゴールを守った鹿島が勝利を収めた。 神戸はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に続いてカップ戦で敗退。残すはリーグ戦のみとなり、降格圏に位置する中で残留を目指して戦う。 また、もう1試合のJ1同士の対戦となったセレッソ大阪vsサンフレッチェ広島は、アダム・タガートのゴールでC大阪が前半に先制する。 このままC大阪が勝利すると思われた中、試合終盤にドラマが。86分に柏好文がゴールを決めて広島が追いつくと、後半アディショナルタイム1分には、直近のJリーグの試合で終盤に2ゴールと活躍した川村拓夢が再びゴール。劇的なゴールを決め、1-2で広島が勝利した。 また、J2勢で残っている2チームは明暗が。京都サンガF.C.と対戦した東京ヴェルディは、パウリーニョに2ゴールを許し苦しい展開に。それでも終盤に猛攻をかけると、90分に谷口栄斗がゴール。そのまま追いつきたかったが、最後は守り切られてしまい2-1で敗退となった。 一方のヴァンフォーレ甲府はアビスパ福岡と対戦。三平和司のゴールで先制するも、森山公弥のゴールで同点に。そのまま90分が終了し延長戦に突入。しかし、延長前半7分に鳥海芳樹がカウンターからゴール。これを守り切り、1-2で勝利。クラブ史上初のベスト4入りを果たした。 なお、準決勝は10月5日に開催。甲府は鹿島と、京都は広島と対戦する。 ◆準々決勝 アビスパ福岡 1-2 ヴァンフォーレ甲府 【福岡】 森山公弥(前27) 【甲府】 三平和司(前16) 鳥海芳樹(延前7) ヴィッセル神戸 0-1 鹿島アントラーズ 【鹿島】 鈴木優磨(後17) 京都サンガF.C. 2-1 東京ヴェルディ 【京都】 パウリーニョ(前21、後8) 【東京V】 谷口栄斗(後45) セレッソ大阪 1-2 サンフレッチェ広島 【C大阪】 アダム・タガート(前40) 【広島】 柏好文(後41) 川村拓夢(後46) ◆準決勝 ▽10/5(水) ヴァンフォーレ甲府 vs 鹿島アントラーズ 京都サンガF.C. vs サンフレッチェ広島 2022.09.07 21:55 Wed
twitterfacebook
thumb

甲府が延長で福岡撃破しクラブ史上初のベスト4進出! J2勢唯一の勝ち上がりJ1クラブを3連続撃破《天皇杯》

7日、第102回天皇杯準々決勝のアビスパ福岡vsヴァンフォーレ甲府がベスト電器スタジアムで行われ、1-2で甲府が勝利を収めた。 J1チームとJ2チームの対戦となったこのカード。福岡はラウンド16でV・ファーレン長崎を下して勝ち上がり、甲府はJ1のサガン鳥栖を下しての勝ち上がりとなった。 福岡はリーグ戦では8試合勝利がなく、現在2連敗中。対する甲府は、8戦無敗だった中、前節は徳島ヴォルティスに敗れ5線未勝利という状況になっている。 互いにリーグ戦から大きく選手を変更した福岡と、あまり変更しなかった甲府の一戦。互いに初のベスト4進出を目指した戦いで先にスコアを動かしたのは甲府だった。 16分、左サイドでパスを受けた荒木翔が狭いところにパスを入れると宮崎純真が受ける。そこから横パスを入れると、受けた三平和司がボックスに入ったところで落ち着いてシュート。GKの逆をついて甲府が先制する 幸先よく先制した甲府。その後は徐々に福岡が盛り返していく中、27分に福岡が同点ゴールを記録する。 福岡は左CKを獲得すると、クロスボールを甲府がクリア。小さくなったところを森山公弥が左足一閃。狭いコースを抜けが強烈なミドルシュートがGK河田晃兵の手を弾きながらネットを揺らした。 徐々に福岡のペースになり、甲府は攻められない時間が続く。42分には右CKからファーサイドで宮大樹がヘッド。しかしこれは僅かに枠の右に外れる。 同点で迎えた後半は最初に甲府がチャンス。48分、右サイドを荒木が抜けてボックス右から鋭いクロス。これをファーサイドで三平がヘッドで合わせるが、タイミング合わずミートしない。 49分にも似たような形から甲府がチャンス。関口正大のクロスを今度は三平がヘッドで落とすと、最後は山田陸がボックス内からシュート。しかし、枠を外れていく。 後半は甲府が押し込み続ける展開に。三平家を中心にゴールに迫り続けるが、福岡は集中した守備で得点を許さない。 68分には福岡がチャンス。ジョン・マリからのパスをうけたルキアンがフリーになると、ボックスに入ったタイミングで右足シュート。ディフレクトした中、GK河田がなんとかセーブする。 タイスコアのまま時計が進んでいく中、何度となくゴールに迫るのは甲府。しかし、福岡は体を張った守備を見せて最後のところをやらせない。 90分を終えて1-1の同点に。すると延長前半3分に福岡がチャンス。ラインの裏へのパスに対し、延長戦から出場した渡大生が抜け出してシュートも、枠を捉えられない。 延長前半6分には左CKからのクロスをニアに飛び込んだ浦上仁騎がヘッド。浮いたボールがゴールに向かうが、クロスバーに嫌われる。 それでも延長前半7分に甲府が決めきった。福岡のハイラインに対してスルーパスに抜け出すと独走。ドウグラス・グローリのチャージに倒されるも、そのまま起き上がりこぼれたボールをシュート。これがネットを揺らし、甲府が勝ち越しに成功する。 リードを奪った甲府は、その後も積極的に前に出て福岡ゴールに迫る姿勢を見せる。対する福岡もボールを保持してチャンスを窺うが、甲府の集中した守備の前に得点を奪えない。 延長後半に入ってからは福岡が立ち上がりから続け様に攻勢をかける。前線にドウグラス・グローリを残し、ロングボールを入れてパワープレーに出る。 何度となくボックス内までボールを持っていくが、甲府の集中した守備の前にネットは揺らせず。延長後半10分には甲府がカウンター。ジェトゥリオが独走するとボックス内に持ち込みシュートもGK村上昌謙がセーブして追加点を許さない。 すると延長後半12分に福岡はボックス手前でFKを獲得。これを北島祐二が右足で直接狙うがシュートは弱くGKがキャッチする。 延長後半アディショナルタイムには福岡がビッグチャンス。ゴール目の前でルーズボールをドウグラス・グローリがシュートも、GK河田が体を張ってブロック。得点を許さない。 結局そのまま試合は終了。甲府が粘りを見せて福岡を1-2で下した。 甲府は3回戦で北海道コンサドーレ札幌、ラウンド16で鳥栖、そして準々決勝で福岡と3試合連続でJ1勢を倒してクラブ史上初のベスト4入りとなった。 アビスパ福岡 1-2 ヴァンフォーレ甲府 【福岡】 森山公弥(前27) 【甲府】 三平和司(前16) 鳥海芳樹(延前7) 2022.09.07 21:36 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly