ヴェローナがガブリエレ・チオフィ氏を新監督に招へい! 今季途中からウディネーゼを指揮

2022.06.14 23:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヴェローナは14日、ガブリエレ・チオフィ氏(46)を新指揮官に招へいしたことを発表した。契約期間は2年間となる。

今シーズンのセリエAを14勝11分け10敗の9位で終えたヴェローナだが、5月末にシーズン途中に就任したイゴール・トゥドール監督との契約解除を発表していた。

そして、クラブは、今シーズン終了までウディネーゼを率いていたナフティ氏の招へいを決断した。
現役時代にスペツィアやノヴァーラ、トリノでプレーしたチオフィ氏は、現役引退後の2013年からセリエDのガヴォッラーノで監督業をスタート。その後はユース監督やアシスタントコーチを歴任。2020年の夏からはルカ・ゴッティ監督のコーチとしてウディネーゼに加入。

昨年12月に解任されたゴッティ監督の後任としてウディネーゼの暫定監督の就任すると、セリエA22試合で8勝7分け7敗の戦績を残し、過去2年を上回る12位でシーズンを終えていた。

関連ニュース
thumb

ヴェローナ、ドルトムントから逸材FWブラーフをレンタルで獲得!

ヴェローナは16日、ドルトムントに所属するオランダ人FWヤイデン・ブラーフ(20)をレンタル移籍で獲得した。契約期間は今季終了までとなる。 スリナムとオランダにルーツを持つブラーフは、アヤックス、PSV、マンチェスター・シティのアカデミーを渡り歩き、2019年7月にシティのU-23チームに昇格。トップチームでの出場はなかったが、2021年2月にウディネーゼへ武者修行に出ると、セリエAで4試合に出場し1ゴールを記録していた。 その後、昨夏に2020年からブラーフの獲得に興味を示していたドルトムントへフリーで加入。今季はリザーブのドルトムントⅡに所属し3.ブンデスリーガ(ドイツ3部)で7試合に出場していた。 なお、左右のウイングを主戦場とする右利きのドリブラーで、高い身体能力やドリブルテクニックなどプレーの共通点から、シティのアカデミーからドルトムントへ移籍してプレーしたイングランド代表FWジェイドン・サンチョ(マンチェスター・ユナイテッド)と比較する声が多く挙がっていた。 2023.01.17 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ウノゼロ勝利のインテル、指揮官は喜び語る「集中して明晰なパフォーマンスを示せた」

インテルのシモーネ・インザーギ監督が、ヴェローナ戦のパフォーマンスを称賛している。クラブ公式サイトが試合後のコメントを伝えた。 インテルは14日、セリエA第19節でホームでヴェローナと対戦した。立ち上がりから波状攻撃を攻撃を仕掛け、3分にアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスが幸先よく先制ゴールを奪った。 その後も主導権を握る展開が続き、63分にはラウタロが相手GKとの一対一からゴールネットを揺らすが、VARの末に相手DFへのファウルを取られてノーゴールに。それでも、1点リードを保って冷静に試合を運び、ウノゼロでの勝利を手にした。 インザーギ監督は試合後、しっかりと3ポイントを勝ち取ったチームを称えながら、リーグ再開以降3勝1分と好調をキープしていることに満足感を示した。 「ミッドウィークにカップ戦で120分間のプレーを強いられたが、チームは冷静さを保ち、すぐに先制することができた。ヴェローナの狙いやタイミングがわかっていたから、我々はあまり苦しむことなく、集中して明晰なパフォーマンスを示せた」 「ナポリ戦では(ルチアーノ・)スパレッティ監督のチームを破り、我々の歩んできた道が正しかったと証明できた。我々は直近のリーグ戦10試合で8勝を記録している。この2カ月半で我々は素晴らしい継続性を手に入れた」 「今の段階で首位のナポリとの差は大きいが、数ポイント以内に多くの競合チームがいる。順位表をあまり気にせずに、1試合1試合を大切にし、ローテーションに応じて選手が揃うようにしたい」 「この1年半、様々な困難があったにもかかわらず、我々はよくやっている。選手やクラブの働きに助けられているし、いつもスタジアムに足を運び、声援を送ってくれるファンの皆さんにも感謝している。私はこのクラブで満足している」 2023.01.15 13:14 Sun
twitterfacebook
thumb

インテルがラウタロ弾でヴェローナにウノゼロ勝利《セリエA》

インテルは14日、セリエA第18節でヴェローナをホームに迎え、1-0で勝利した。 前節モンツァ戦では2度のリードを生かせず引き分けに持ち込まれた4位インテル(勝ち点34)は、4日前に行われたコッパ・イタリアでは延長戦に持ち込まれたもののパルマを下し何とかベスト8進出を決めた。そのインテルはパルマ戦のスタメンから6選手を変更。ジェコやシュクリニアル、チャルハノールらがスタメンに戻った。 18位ヴェローナ(勝ち点9)に対し、ジェコとラウタロの2トップで臨んだインテルは開始3分にあっさり先制する。分厚い攻めに転じた流れからボックス内でルーズボールを拾ったラウタロが左足でねじ込んだ。 15分にもラウタロがGK強襲のヘディングシュートを放ったインテルが主導権を握る中、前半半ば以降も押し込む展開に。41分にはムヒタリアンのコントロールシュートでゴールに迫ったが、1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半もインテルが押し込み続けると、63分にリードを広げかける。ロングボールに抜け出したラウタロがDFとの競り合いを制してGKと一対一に。チップキックシュートでネットを揺らしたが、VARの末にDFへのファウルを取られてノーゴールに。 その後も好機こそ生み出せなかったインテルだったが、ヴェローナの反撃をしっかりと跳ね返してウノゼロ勝利。白星を取り戻している。 2023.01.15 06:41 Sun
twitterfacebook
thumb

アルゼンチン代表MFパプ・ゴメス、来冬にMLS行きも? 久保裕也と同僚になる可能性

セビージャのアルゼンチン代表MFパプ・ゴメス(34)に、メジャーリーグ・サッカー(MLS)行きの可能性があるようだ。スペイン『Fichajes』が伝えている。 アルゼンチン代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中のパプ・ゴメス。22日に行われたグループステージ初戦のサウジアラビア代表戦では先発出場も、チームは1-2で衝撃的な逆転負けを喫し、厳しい船出となってしまった。 今季は所属するセビージャでも苦戦気味。10月には同胞のホルヘ・サンパオリ監督が就任するも、公式戦17試合でゴールなしと一向にパフォーマンスが上向かず、W杯前から退団の噂が飛び交うように。選手本人も来年1月の移籍市場に意識を傾けつつあるようだ。 イタリア『TuttoMercatoWeb』によると、アタランタ時代に目覚しい活躍を披露したパプ・ゴメスに対し、現在セリエAで最下位に沈むエラス・ヴェローナが関心。さらに、元日本代表FW久保裕也が所属するMLSのFCシンナシティ行きの可能性もあるとのことだ。 パプ・ゴメスはセビージャとの契約を2024年6月まで残すものの、来年2月には35歳に。年齢を考慮すれば、アメリカ行きという選択肢も悪くないのかもしれない。 2022.11.24 14:54 Thu
twitterfacebook
thumb

W杯前に巻き返すアッレグリ監督「ここ5試合は結果もチームの成長ぶりも満足」

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ユベントスは10日のセリエA第14節でヴェローナとの敵地戦に。FWモイゼ・ケアンのゴールで先制すると、守りも無失点で切り抜け、勝利した。 これで5連勝とし、順位もまた1つ上げて4位にまで浮上。カタール・ワールドカップの中断期間を前に巻き返すアッレグリ監督も満足感を示した。 「技術的なレベルでは確かに良い試合じゃなかったが、うまく解釈して勝ち点3を持ち帰れたね。非常に激しい試合だったし、短期間に多くの試合をこなした後に勝つのは簡単じゃなかったが、難しい局面をうまく切り抜けた選手たちを褒めなければならない」 「後半は特にクロスの場面で何度かリスクを冒したものの、前半よりも良った。ここ5試合は結果だけじゃなく、チームの成長ぶりにも満足しなければならない。ここ数週間は落ち着いて、質の高い仕事ぶりだったと思う」 イタリア人指揮官はまた、決勝ゴールのケアンについても成長ぶり、そして活躍ぶりに賛辞の言葉を送りつつ、まだ未完の若手だとして慎重を期した。 「モイゼ・ケアンの姿勢は非常に前向きなもので、フィジカル的にも成長して、毎週のように良くなっている。我々にとって非常に重要な存在さ。ただ、モイゼが2000年代の選手である以上はまだ若手であるのを忘れるべきじゃない」 「彼の歩みはチームの歩みと同じように正しいもの。残りシーズンも楽観的でなければならない」 2022.11.11 12:30 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly