トッテナムがEL制覇の鎌田大地に本気か? 加入となれば冨安健洋とのノースロンドン・ダービーも

2022.05.19 18:20 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランクフルトの一員としてヨーロッパリーグ(EL)の優勝に貢献した日本代表MF鎌田大地(25)だが、トッテナムが今夏の補強候補にあげているようだ。

今シーズンはアントニオ・コンテ監督に率いられて戦っているトッテナム。プレミアリーグは残り1試合となった中、難しいと見られていたトップ4フィニッシュが現実のものとなりそうだ。

崖っぷちの状態で臨んだ4位アーセナルとのノースロンドン・ダービーを3-0で完勝すると、アーセナルがニューカッスルに敗れて自滅。この2試合で4位に浮上し、最終節は自力での4位フィニッシュが見えている状況だ。



ELを制したフランクフルトは、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)の出場権を獲得。しかし、トッテナムもCL出場権を獲得できれば、その点で不利になることはなくなる。

コンテ監督と、マネージング・ディレクター(MD)を務めるファビオ・パラティチ氏は、現金を支払れば鎌田を獲得候補に入れていると、ドイツ『Sport Bild』が報道。セビージャも獲得を目指しているといい、牽制しているようだ。

2017年7月にサガン鳥栖からフランクフルトへと加入した鎌田は、当初は出番をもらえず苦戦。2018年8月にシント=トロイデンへとレンタル移籍すると、公式戦36試合で16ゴール9アシストの活躍を見せて復帰した。

それ以降は攻撃の軸としてプレー。今シーズンもブンデスリーガで32試合4ゴール3アシスト、ELでも全13試合に出場し5ゴール1アシストと結果を残して優勝に貢献。フランクフルト通算では132試合で24ゴール27アシストを記録している。

フランクフルトとの契約は2023年夏までとなっているが、契約延長の可能性がある一方で、今夏の退団も考えられる1人となっている。

イギリス『HITC』によれば、昨夏もトッテナムは興味を示したものの具体的な動きはなし。ただ、コンテ監督が採用している[4-3-3]のシステムにおいて、攻撃的なクリエイティブさを発揮できると見られており、[3-4-3]でも問題なくプレーできると見られている。

また、今季のELではバルセロナやウェストハムといった強豪クラブ相手にも存在感を示し、特にウェストハム戦のパフォーマンスに感銘を受けたのではないかと予想されている。

加えて、ライバルであったアーセナルが昨夏獲得したDF冨安健洋が高いパフォーマンスを示し、獲得を考慮していたトッテナムとしても、日本人選手の能力に疑いはないはず。得点王に近い韓国代表FWソン・フンミンとともに、アジア人コンビでトッテナムの攻撃を牽引するのだろうか。加入となれば、日本人同士の“ノースロンドン・ダービー”にも注目が集まる。


関連ニュース
thumb

スパーズ、“デスティニー”獲得へ! ユーベやインテルも関心示したU-21伊代表の左SB

トッテナムが、ウディネーゼに所属するU-21イタリア代表DFデスティニー・ウドジェ(19)の獲得に迫っているようだ。イタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 ウドジェはヴェローナの下部組織出身で、当時17歳だった2020年11月のミラン戦でファーストチームデビュー。昨シーズンにレンタルでウディネーゼに移籍し、左ウイングバックを主戦場にセリエAで35試合5ゴール3アシストを記録した。 契約には買い取り義務があったため、今夏に700万ユーロでウディネーゼに完全移籍。ただ、昨季の活躍から国内外のビッグクラブから関心を持たれるようになり、早くもステップアップの機会を掴もうとしている。 そんな争奪戦をトッテナムが制した模様。ロマーノ氏によれば、2000万ユーロの移籍金でクラブ間合意し、来夏に5年契約で加入する契約になるという。以前の報道では、ウディネーゼが同選手をもう1年チームに残すことを条件としていることが伝えられていたが、トッテナムはその要求を飲んだようだ。 なお、ウドジェにはインテルやユベントスが獲得に動いていたほか、プレミアリーグでもブライトンがチェルシーに去ったスペイン代表DFマルク・ククレジャの後釜として注目していた。 2022.08.09 15:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルの19歳FWピノ、リバプールとアーセナルが関心か

ビジャレアルのスペイン代表FWジェレミ・ピノ(19)に、リバプールとアーセナルが関心を寄せているようだ。 ピノは16歳でビジャレアルの下部組織に入団し、2020-21シーズンからファーストチームの一員に。昨季は右サイドを主戦場に公式戦40試合に出場し、7得点4アシストを記録。チャンピオンズリーグ(CL)ベスト4進出にも大きく貢献した。 昨年10月には18歳でA代表デビュー。今年3月のアルバニア代表戦で初ゴールもゲットし、通算4試合1得点。今秋のカタール・ワールドカップ(W杯)出場も期待される成長株だ。 スペイン『アス』によると、ビジャレアルはピノのリリース条項を8000万ユーロ(約110億円)に設定している。しかし、リバプールやアーセナルからのオファー次第では、この金額以下でも売却を容認する可能性があるという。 ビジャレアルは昨季の後半戦にトッテナムからの半年レンタルで在籍したアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・チェルソの再獲得に本腰。収支バランスを整えるために、選手の売却が必要となる可能性がある模様だ。だが、ピノはビジャレアルが育て上げた宝石の1人。首脳陣らにとって難しい決断となるようだ。 2022.08.08 21:50 Mon
twitterfacebook
thumb

ビジャレアル、ロ・チェルソ獲得に向けトッテナムと交渉中…昨季もレンタルで加入

ビジャレアルがトッテナムのアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・チェルソ(26)獲得に向けて交渉中のようだ。 2019年夏にトッテナムに加入したロ・チェルソは、当初こそ主力としてプレーしたが、昨シーズンは負傷もあって出場機会が減少。だが、1月に活躍の場を求めてビジャレアルへレンタル移籍すると、すぐさまチームにフィットしてチャンピオンズリーグ(CL)ベスト4進出にも大きく貢献した。 買い取りオプションが付随していなかったこともあり、今夏トッテナムに復帰したロ・チェルソだが、チームの中盤には新たにMFイヴ・ビスマが加わったこともあり、アントニオ・コンテ監督の構想には含まれず。先月の韓国ツアーにも帯同しなかったアルゼンチン代表MFは、新たな移籍先を探している。 ロ・チェルソにはナポリやユベントスも関心を寄せていたが、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、現在はビジャレアルが獲得を目指して交渉を進めているとのことだ。 ウナイ・エメリ監督は昨シーズンのロ・チェルソの働きを高く評価しており、今回は完全移籍での獲得を狙っている様子。ただし、スペイン『マルカ』によれば、トッテナムがロ・チェルソの移籍金として3000万ユーロ(約41億3000万円)を求めている一方、ビジャレアルは1500万ユーロ(約20億6000万円)程度での獲得を望み、減額を要求しているようだ。 それでもロマーノ氏は、ビジャレアルが今後数日で決定的な動きを見せる可能性があると主張している。 2022.08.08 18:21 Mon
twitterfacebook
thumb

スパーズが大量4得点で開幕白星! コンテもチームを絶賛「素晴らしいフットボールだった」

トッテナムのアントニオ・コンテ監督が、プレミアリーグ開幕戦の快勝に満足感を示した。イギリス『フットボール・ロンドン』がコメントを伝えている。 トッテナムは6日、2022-23シーズンのプレミアリーグ開幕節でサウサンプトンと対戦した。開始12分に先制される展開となったが、21分にDFライアン・セセニョンのゴールで同点とすると、10分後にCKの流れからDFエリック・ダイアーが追加点。 逆転して迎えた後半には相手のオウンゴールもあり、最終的に大量4ゴールを挙げたトッテナム。FWイバン・ペリシッチやMFイブ・ビスマら新戦力もデビューを果たし、コンテ監督は開幕戦としては最大限のパフォーマンスだったとチームを称賛した。 「本当に良いスタートを切れた。1点奪われた後の15分から20分にかけてのリアクションは非常に重要だった。良いスタートを切れていただけにね。我々は素晴らしい個性とポゼッションで多くの得点チャンスを作り出した。しかし、その後も1点ビハインドのままだったことは、チームのリアクションを確認するのに大切な機会だったのだ」 「我々は冷静さを保ち、自分たちの知っているやり方でプレーし続けた。勝ち点3を得ることができたが、最も重要なのは、その過程にある。素晴らしいフットボールだったよ。ボールを持っている時、持っていない時、プレッシャーのかけ方も大事なことだった。また、ボールを失った後の取り返し方、これもまた、重要な側面だった」 「我々は昨シーズンに学んだフットボールを実践することに取り組んでいる。今日、我々はこのチームが7カ月間の仕事を背負っていることを確認した。私はいつもこう言っている。今シーズンは7カ月間の作業後からのスタートだ。私にとってこれは非常に重要なことで、もう一歩、別の状況でフットボールの知識を実践し、より強くなろうとすることができるからだ」 2022.08.07 16:59 Sun
twitterfacebook
thumb

両エース不発も伏兵両WB躍動のスパーズがセインツに4発逆転勝利! 開幕白星で次節チェルシー戦へ《プレミアリーグ》

2022-23シーズンのプレミアリーグ開幕節、トッテナムvsサウサンプトンが6日にトッテナム・ホットスパースタジアムで行われ、ホームのトッテナムが4-1で逆転勝利した。 昨シーズンはアントニオ・コンテ招へいによって逆転でのトップ4フィニッシュを決めたトッテナム。今夏の積極補強でマンチェスター・シティ、リバプールの2強への挑戦に意気込むノースロンドンのチームは、15位のサウサンプトンとのホームゲームで開幕白星発進を狙った。 注目の開幕スタメンは昨季終盤戦のレギュラーメンバーが並び、3トップはクルゼフスキ、ケイン、ソン・フンミンのトリデンテに。新戦力ではペリシッチ、ラングレ、ビスマら5選手がベンチに入った。なお、リシャルリソンは昨季エバートンでのサスペンションによって欠場となった。 共に守備時には5バックの形でスタート。時間の経過と共に相手を押し込むトッテナムは、ピッチの幅を使いながら相手守備に揺さぶりをかけるが、決定機までは持ち込めない。 すると、昨季2度の対戦で1勝1分けの戦績を収めていたサウサンプトンが一瞬の隙を突いて先手を奪う。12分、右サイドからのクロスが流れたところを回収したジェネポがボックス左のゴールライン際で仕掛けてマイナスのクロスを供給。これが中央のホイビュルクの頭上を越えると、待ち構えていたウォード=プラウズが右足ボレー。うまくピッチに叩きつけたシュートがゴール左隅に決まった。 ホームでいきなりビハインドを背負う難しい入りを強いられたトッテナム。以降は攻守に集中力を増した相手の守備に苦戦を強いられるが、コンテスタイルの真骨頂であるウイングバックの攻撃参加が突破口となる。 21分、右サイドのタッチライン際でボールを収めたクルゼフスキが左足に持ち替えて正確なクロスを供給。これにファーで反応した左ウイングバックのセセニョンがDFウォーカー=ピータースのマークを振り切り、頭でねじ込んだ。 自慢の両エースではなく伏兵セセニョンの今季チーム初ゴールでスコアをタイに戻したトッテナムは、ここから主導権を掌握。30分にはホイビュルクのミドルスルーパスに反応したソン・フンミンがボックス左に持ち込んで左足のシュートを放つが、これはGKバズヌの好守に阻まれる。 それでも、31分にはこのプレーで得た左CKの二次攻撃から左サイドのソン・フンミンが鋭い低弾道のクロスを入れると、攻め残っていたダイアーがニアサイドで巧みなヘディングシュート。これがゴール右隅に決まり、再び伏兵のゴールで逆転に成功した。 畳みかけるホームチームは、前がかる相手に対して得意のカウンターを繰り出すシチュエーションを作り出し、ベン・デイビスのミドルシュートやボックス内でソン・フンミン、ケインの両エースに決定機が訪れたが、前半の内にリードを広げることはできなかった。 迎えた後半、アウェイチームが2枚の交代カードを切って変化を見せるが、立ち上がりからトッテナムが優勢に試合を進めていく。 セセニョンに訪れた2度のチャンスはオフサイドなどで3点目に繋がらないが、ポジション争いで崖っぷちに立たされる右ウイングバックが仕事を果たした。 まずは61分、ロングカウンターからソン・フンミンのスルーパスに抜け出したエメルソンがボックス左からグラウンダーのクロスを入れると、これがDFサリスのクリアミスを誘ってオウンゴールに。続く63分には再びカウンターから右サイド深くに侵攻したエメルソンがゴールライン際から冷静に鋭角なプルバック。これを足元に収めたクルゼフスキが得意の左足のシュートをファーポストに突き刺した。 エメルソンの続けてのチャンスメークから2点を重ねて勝利を引き寄せたトッテナムは、ここからゲームコントロールを優先した試合運びにシフト。66分には殊勲のセセニョンを下げてペリシッチをデビューさせる。 後半半ばから終盤にかけてはサウサンプトンの攻勢を守護神ロリスを中心に凌ぎつつ、開幕戦でのゴールがほしい両エースが果敢にゴールを目指すが、この日はケイン、ソン・フンミン共に最後の精度を欠く。 それでも、試合終盤にビスマ、ラングレといった新戦力をデビューさせたコンテ率いるチームは、このまま4-1で試合をクローズ。ホームでの開幕戦を逆転勝利で飾ったトッテナムは、次節チェルシーとのダービーに向けて弾みを付けた。 2022.08.07 01:01 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly