「たまたま入ったやつだ」2011年女子W杯優勝のなでしこに再脚光、公式が澤、熊谷、川澄のプレーを紹介するも本人がまさかの反応

2022.05.13 20:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2011年の女子ワールドカップ(W杯)で初優勝の栄冠に輝いたなでしこジャパンを公式ツイッターが取り上げている。

2011年ドイツ大会で躍進を遂げ、初優勝の栄冠をつかんだなでしこジャパン。女子W杯公式ツイッターアカウントは10日になでしこのレジェンドと称して澤穂希がW杯で挙げた全8ゴールを紹介。もちろん、ドイツ大会のアメリカ女子代表との決勝戦の一撃も含まれている。

続いて、PK戦までもつれ込んだそのアメリカ戦で勝負を決めた熊谷紗希(現:バイエルン/ドイツ)のキックもピックアップ。さらに、翌11日には準決勝のスウェーデン女子代表戦で川澄奈穂美(現:NJ/NYゴッサムFC/アメリカ)が決めたループシュートを、エフェクト付きで取り上げている。

2011年7月13日。フランクフルト・アム・マインのコメルツバンク・アレーナで行われた一戦は、先制を許しながらも、川澄のヘディングで追い付いて試合を折り返した。

59分に澤のゴールで逆転に成功すると、63分には川澄が決勝行きを大きく手繰り寄せる追加点を奪取。距離はあったが、飛び出していたGKの位置を見て敵陣中央の左寄りから鮮やかなループシュートを沈めた。

美しい軌跡には「このゴールで魅了され11年くらいファンやってます」、「宝石のようなゴール」、「ナホさんといえばこれ」などの声が寄せられているほか、INAC神戸レオネッサを初代WEリーグ女王に導いた星川敬監督も反応を示している。

川澄本人はリプライで「あ、たまたま入ったやつだ」と涼しいコメント。ファンからは「たまたまのレベルが高すぎます」と言った声が上がり、INAC神戸時代のチームメイト、レベッカ・モロスからは「ウ・ソ!」と突っ込まれるなどしている。

あれから11年が経過。今では世界トップとの差を再び痛感させられつつあるなでしこジャパンだが、2023年7月19日に開幕を迎えるオーストラリア&ニュージーランド大会での"再輝"が期待される。

1 2

関連ニュース
thumb

なでしこジャパンがセルビアに5発圧勝、池田監督采配的中《国際親善試合》

なでしこジャパン(日本女子代表)は24日、国際親善試合でセルビア女子代表と対戦し、5-0で圧勝した。 FIFA女子ワールドカップ、オーストラリア&ニュージーランド2023の開幕が1年後に迫る中、来月には日本開催のEAFF 女子E-1サッカー選手権も控えるなでしこジャパン。今回の欧州予選ではセルビア、フィンランド相手に自分たちの現在地を窺う。 ワールドカップ予選でドイツに勝利したセルビアに対し、なでしこはフラットな[4-4-2]を採用。2トップは植木と田中が組んだ。 アグレッシブな入りを見せたなでしこが良い立ち上がりとすると、10分に田中がボックス内から際どいシュートを浴びせれば、続く15分には右サイドの林がカットインからシュートを放ってセルビアを牽制した。 そして28分、勢いそのままなでしこが先制した。右サイドからの清水のアーリークロスをボックス左の植木がヘディングシュートで流し込んだ。 先制したなでしこがハーフタイムにかけても主導権を握り、1点をりーどしたまま前半を終えた。 迎えた後半もなでしこが押し込む展開とすると、62分に加点する。直前に投入されていた宮澤の右クロスから猶本がヘッドで決めた。 さらに76分、長野のスルーパスに抜け出した宮澤がボックス右に侵入してシュートを決めきり、3-0としたなでしこは、81分に代表デビュー戦の千葉が4点目。 これで終わらないなでしこは88分、長谷川の右クロスのルーズボールを途中出場の成宮が押し込んで5-0と圧勝。 途中出場4選手にゴールが生まれ、最高の内容、結果でセルビアを下した中、3日後にフィンランド戦に臨むこととなった。 セルビア女子代表 0-5 なでしこジャパン 【日本】 植木理子(28分) 猶本光(62分) 宮澤ひなた(76分) 千葉玲海菜(81分) 成宮唯(88分) ◆なでしこジャパン GK:山下杏也加(INAC) DF:清水梨紗(東京NB)、熊谷紗希(バイエルン)、南萌華(浦和)、宮川麻都(東京NB)[→千葉玲海菜(千葉)] MF:長谷川唯(ウェストハム)、長野風花(仙台)[→高橋はな(浦和)] 、林穂之香(AIKフットボール ダーム)[→猶本光(浦和)] 、杉田妃和(ポートランド)[→成宮唯(INAC)] FW:田中美南[→宝田沙織(リンシェーピングFC)] 、植木理子[→宮澤ひなた(仙台)] 2022.06.25 04:43 Sat
twitterfacebook
thumb

アメリカで成長する遠藤純、「一対一の局面で自分が仕掛けること」を強く意識

なでしこジャパンのMF遠藤純(エンジェル・シティFC/アメリカ)がメディアのオンライン取材に応対した。 来年の女子ワールドカップに向けて強化を進めているなでしこジャパン。現在はヨーロッパ遠征に臨んでおり、セルビア女子代表、フィンランド女子代表との対戦を控えている。 遠藤はアメリカに移籍して挑戦を続けている中、デビュー戦で1ゴール1アシストを記録。ファンの前で結果を出した。 「自分では緊張するのかなと思いましたが、あまり緊張しなくて、多くのサポーターの前で試合をしたのが自分の中ではあの人数は初めてだったので、緊張というよりも楽しめましたし、初めてだったので楽しもうと考えてピッチに入って、ゴールもアシストもできてチームとしても勝つことができてよかったです」 そのアメリカでは左サイドでの起用が多い中、手応えについては「通用している部分は一対一の局面で自分が仕掛けることが増えて、味方がランニングしてそのスペースに切り込んだり、味方が使って切り込んだりというのは良さが少しずつ出ていると思います」とコメント。「課題は守備の局面で振り切られて追いつけないというところだったり、一対一で自分が大事している選手に対してプレッシャーが遅くて対処できないのは課題だと思います」と、守備面ではまだまだ向上すべき部分があるとした。 アメリカで伸ばしたい部分については「攻撃ではゴールの近いところだけじゃなく、ミドルシュートも打てるようにということと、守備の一対一で負けない体づくりを継続した中で、プレスしてあっちのコーチたちと話し合ってメニューを決めてやっています」とコメント。その辺りは今回の欧州遠征でも見せたい部分だという。 その中で自身で感じる変化については「一対一の局面で自分がいける局面でパスをしたり、組み立ての中では大事だと思いますが、相手のゴール付近で行けるところを簡単に味方にパスをして味方任せにする部分が多かったので、アメリカでもそうですし、代表でもそうですが、使いわけ、行っていいところはたくさんあるので、遠慮なくいかなければいけないです」とコメント。「攻撃の選手としては味方に決めてもらうことも大切ですが、自分で決めるという強さを出す必要があると思います」と積極的に得点を狙っていく姿勢を身につけたいようだ。 今回の2試合については「明日の試合(24日のセルビア戦)に向けて昨日と今日と、チームとしても個人としても良い雰囲気で練習できていたので、勝ちにこだわってやっていきたいです」とコメント。「個人としては攻撃の選手として得点に絡む、自分で得点を取るということを忘れないで、明日の試合を楽しんで勝ちたいと思います」と、チームとしても個人としても結果を残したいと意気込んだ。 2022.06.24 21:25 Fri
twitterfacebook
thumb

スピードを特徴とする宮澤ひなた、ボールへの反応には「自分自身こだわっていきたい」

なでしこジャパンのMF宮澤ひなた(マイナビ仙台レディース)がメディアのオンライン取材に応対した。 来年の女子ワールドカップに向けて強化を進めているなでしこジャパン。現在はヨーロッパ遠征に臨んでおり、セルビア女子代表、フィンランド女子代表との対戦を控えている。 24日にセルビアと初戦を行う日本。宮澤は今回の遠征について「直近だとアジアカップが海外の選手相手にプレーしましたが、アジアカップを経験してその後にWEリーグに戻って、自分の足りないところ、通用したところが明確になった上で、スピードではアジアでは通用したのかなと試合を経験して感じたことではあります」とコメント。「それプラス所属チームでは中間ポジションに立って、ドリブルしたりスルーパスをしたり、様々な選択肢がある中でプレーさせてもらっているので、アジアカップでは自分のドリブルやスピードを生かす部分がまだ少なかったのかなと感じていました」と、1月のアジアカップでの課題をチームに戻ってより感じたとした。 また「今回の遠征ではまず一番は自分のスピードがどこまで通用するのかということもそうですし、中間ポジションを取った上で、アジアの選手よりも体格、リーチの長さも違うと思うので、そういう相手にどこまでドリブルで割って入れるか、スルーパスでどう合わせられるかをチャレンジしていきたいと思います」とコメント。欧州の選手たち相手にどこまで戦えるかを楽しみにしているとした。 尻上がりに調子を上げていった宮澤。その点については「シーズンを通して毎試合1点取ることを目標にしていましたが、そう簡単にいかない試合が多い中で、リーグ初年度ということもあって、1年半という長いシーズンでしたが、最後に行くにつれてチームとしても疲労であったり、ケガの選手が増えたり、一丸となって戦わなければいけないというところがより明確になってきたなとあった中で、個人としてもコンディションのところを合わせるのも難しい時はありましたけど、最後の方にやっと得点が重ねられたというのは、リーグを通して成長できたのかなと思います」とコメント。苦しんだ中にも手応えを感じているとした。 また「一番は苦しい試合で何かを変えられる選手によりなっていく必要がありますし、得点なのかチャンスメイクなのか、チームへの貢献の仕方はいろいろありますが、納得していないので、より高めていきたいと思います」と語り、もっとチームのためにプレーできるようになりたいとした。 その中で特徴であるスピードは「正直全てを試したいです」と、この2試合で色々とチャレンジしたいという。 「一瞬のスピードは相手の足が長かったり、抜けたと思っても足が出てきたり、自分の足元に置いていても届くこともあると思います」 「その中でも裏のボールに対してどっちが早く辿り着けるかというのは自分自身こだわっていきたいというのはります」 「中間ポジションでボールをもらってターンして、1個でも相手の前に入っていくというクイックネスを含めたスピードというのは、試合を通じて出していきたいと思います」 2022.06.24 20:50 Fri
twitterfacebook
thumb

なでしこFW田中美南、セルビア戦で求めること「縦パスを入れて欲しい」

なでしこジャパンのFW田中美南(INAC神戸レオネッサ)がメディアのオンライン取材に応対した。 来年の女子ワールドカップに向けて強化を進めているなでしこジャパン。現在はヨーロッパ遠征に臨んでおり、セルビア女子代表、フィンランド女子代表との対戦を控えている。 24日にセルビアと初戦を行う日本。田中はコンディションについて「リーグが終わってオフを挟んで海外遠征というのは正直難しいところはありますが、やることをやって臨んでいますし、来たからには持っている全力を出したいと思います」とコメントした。 2試合で試したいことについては「守備で言えば高い位置で人数をかけて奪い切って、そこから攻撃に繋げられればと思います」と語り、「相手に押し込まれる展開が続いて、カウンター気味でやるということがありましたが、人との関わり、3人目の動きで得点をとっていきたいと思います」としっかりとプレスからボールを奪ってゴールまで決めたいとした。 ヨーロッパ勢相手に前からボールを奪いにいくというのは難しさも伴うが、「前から行きたいですが、ヨーロッパの選手は前線に足の速い強い選手がいて飛距離が出るので、取りに行く中で裏返されたり、中盤で収まるようであれば引かなければいけないです」と、局面に応じて戦い方を変える必要があるとコメント。「入りは強く行きますが、ラインを下げたり、行き方を変えたり、試合の中で変える力が必要になると思います」と、臨機応変に対応しなければいけないとした。 その中でゴールを奪う方法については「一対一では単発の裏だと難しいので、抜き切らなくても足を振ったり、隙を逃さないところが大事だと思います」とコメント。相手の隙を突いたプレーでゴールを奪いたいと意気込んだ。 WEリーグのシーズンはなかなか調子が出ない中、終盤にかけてゴールを量産。得点ランキングトップに迫ったが2位に終わった。 この試合では得点のイメージとして「自チームや日本代表だと自分が一番前で、自分の動きを見て周りが動いてくれることが多いですが、2トップで誰が出るかわからないですが、(植木)理子であれば私より早いので、動きを見ながら、1.5列目で下がって受けて出して、もう一回受けるなど、流動的にやっていきたいと思います」と語り、前線に立つだけでなく、味方とのバランスを見ながらプレーしたいとコメント。「みんな役割がありますが、あってないような感じで攻撃に絡んでいきたいと思います」と、その場に応じてポジションや役割を変えたいとした。 その中で中盤の選手に要求したいことについては、「縦パスを入れて欲しい」とコメント。「一瞬の隙、一本のパスで点を取れる隙を逃さないようにするので、そのパスを引き出したいです」と語り、相手との駆け引きに勝利し、1つのパスでゴールまで行きたいとした。 2022.06.24 20:05 Fri
twitterfacebook
thumb

欧州遠征中のなでしこ、浦和LのGK池田咲紀子がケガで離脱

日本サッカー協会(JFA)は24日、なでしこジャパンのGK池田咲紀子(三菱重工浦和レッズレディース)が離脱することを発表した。 JFAの発表によると、池田はケガにより途中離脱となる。 来年に女子ワールドカップを控えているなでしこジャパンは、現在ヨーロッパ遠征中。24日にセルビア女子代表と、27日にフィンランド女子代表との親善試合を控えている。 今回の遠征にGKは3名招集されており、山下杏也加(INAC神戸レオネッサ)、田中桃子(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)の2名で戦うこととなる。 2022.06.24 19:40 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly