ベルカンプの娘がマタニティフォトを公開!「もうすぐ会えるよ」、子供の父親はオランダ代表MF

2022.03.07 21:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エバートンのオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベーク(24)のパートナーであるエステル・ベルカンプ(25)さんがマタニティフォトを公開。「もうすぐ会えるよ」と出産が近づいていることを明かした。アヤックスやアーセナルなどで活躍した元オランダ代表FWデニス・ベルカンプ氏(52)の娘であるエステルさん。ファン・デ・ベークがアヤックスに所属していた時に交際をスタートさせると、マンチェスター・ユナイテッド移籍後の2021年11月に妊娠を発表していた。

また、ジェンダーリビール(性別発表)で産まれてくる赤ちゃんが女の子であることを明かしていた2人だが、エステルさんはふっくらしたお腹を隠すことなく披露。娘の誕生を心待ちにしていることを報告した。

ファン・デ・ベークは1月にエバートンに移籍したが、レンタル移籍ということもありユナイテッド時代の同僚たちとの交流が深く、この投稿には、スウェーデン代表DFヴィクトル・リンデロフの妻マヤさん、ブラジル代表MFフレッジの妻モニーク・サルムさん、セルビア代表MFネマニャ・マティッチの妻アレクサンドラ・パビッチさんら多くのWAGs(スポーツ選手たちの妻や彼女たちのことを差すフレーズ)から祝福の言葉が届けられている。

1 2

関連ニュース
thumb

約93億円? 21歳ゴードンが自身の市場価値に苦言「この額に見合う選手など存在しない」

エバートンのU-21イングランド代表FWアンソニー・ゴードン(21)が、移籍市場のインフレに苦言を呈した。イギリス『サン』が伝えている。 今夏にチェルシーやトッテナム、ニューカッスルなどから触手が伸びていたとされる期待の逸材ゴードン。ひとまずはエバートン残留で落ち着き、今季のプレミアリーグで7試合2得点を挙げ、苦しい台所事情のチームを力強くけん引している。 そんなゴードンの市場価値は6000万ポンド(約93億7000万円)とも。大きな実績があるわけではない21歳の選手にとって膨大な金額とも言えるが、それは本人も感じている様子。自身も含めた移籍金の高騰に疑問を投げかけている。 「僕は謙虚さを保つべきだろう。いつも今日と明日にフォーカスして過ごしている。あまり未来のことを考える必要はない」 「フットボール=お金。これが現在の常識だけど、間違いなくクレイジーだ。自分自身を悪く言うつもりもないけど、この金額に見合うプレーヤーなんて世界中どこにも存在しないはずだよ。自分でコントロールできないことに気を取られていてはいけないよね」 今夏はチェルシーから5000万ポンドものオファーが届くも、エバートンが売却を断固拒否したとされるゴードン。現在はA代表未招集ながらもカタール・ワールドカップ(W杯)行きを夢見ていると言い、11歳から在籍するエバートンで一歩一歩、着実に成長曲線を描いているようだ。 2022.09.29 16:41 Thu
twitterfacebook
thumb

エバートンに痛手…代表戦で負傷のパターソンが最低4週間アウトに

エバートンは28日、スコットランド代表DFネイサン・パターソンの離脱を発表した。 パターソンは21日に行われたUEFAネーションズリーグのウクライナ代表戦で先発出場も、前半半ばに左足を負傷。メディカルスタッフにより治療を受けたものの、プレー続行は叶わず担架でピッチを後にしていた。 28日にロンドンの専門医で診察を受けたパターソンは足首を負傷しており、全治には4~5週間程度かかるとのことだ。今後は、エバートンの医療チームのもとで治療を受けるとのこと。 今年1月にレンジャーズからエバートンに加入したパターソンは、今シーズンの開幕からリーグ戦7試合に出場するなど、右のウイングバックとサイドバックのファーストチョイスに。また、スコットランド代表でも着実にプレー機会を増やしている。 2022.09.29 00:30 Thu
twitterfacebook
thumb

デルフが32歳の若さで現役に別れ…アストン・ビラやシティ、エバートンでプレー

元イングランド代表MFファビアン・デルフ(32)が現役引退を発表した。 昨シーズン限りでエバートンを退団して以降、フリーの状態が続いていた32歳は、27日に自身の公式インスタグラムを通じて現役に別れを告げた。 「今日、僕はこの美しいゲームが自分に与えてくれた幸せと感謝だけを伝え、引退を発表するよ」 「家族と友人。これまで在籍してきた素晴らしいクラブで共に働いたプレーヤー、スタッフに対して、声を大にして感謝を伝えたい。同様に僕は幸運にもそのクラブの代表としてプレーするだけでなく、ファンから素晴らしいサポートを受けた。それに対しても感謝を伝えるよ」 ブラッドフォードとリーズ・ユナイテッドの下部組織でプレーしたデルフは、リーズでプロキャリアをスタート。その後、2009年にプレミアリーグに所属するアストン・ビラにステップアップを図ると、豊富な運動量と戦術眼、複数のポジションをカバーするユーティリティー性を武器に中盤の主力として台頭した。 2015年夏からはマンチェスター・シティでプレー。本職の中盤だけでなく、左サイドバックをこなすマルチロールな働きを見せ、多才なバックアッパーとして合計7個のタイトル獲得に貢献した。 2019年夏には出場機会を求めてエバートンに加入したが、度重なるケガの影響もあり、在籍3シーズンで41試合の出場にとどまっていた。 これまでのキャリアを通じてはプレミアリーグ通算204試合に出場し、7ゴール10アシストの数字を残した。 また、2014年にデビューを飾ったイングランド代表では通算20キャップを記録していた。 2022.09.28 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

エバートンに痛手…右サイドの主力パターソンが最大6週間の離脱へ

エバートンのスコットランド代表DFネイサン・パターソンが数週間の戦線離脱を強いられる見込みだ。イギリス『タイムズ』が報じている。 パターソンは21日に行われたUEFAネーションズリーグのウクライナ代表戦で先発出場も、前半半ばに左ヒザを負傷した。 『タイムズ』によると、同選手は27日に専門家の診断を受ける予定だが、現時点では6週間程度の離脱が見込まれている。 今年1月にレンジャーズからエバートンに加入したパターソンは、今シーズンの開幕からリーグ戦7試合に出場するなど、右のウイングバックとサイドバックのファーストチョイスに。また、スコットランド代表でも着実にプレー機会を増やしている。 2022.09.28 00:05 Wed
twitterfacebook
thumb

エバートンのMFアランがUAEのアル・ワフダに完全移籍…今シーズンは構想外に

UAEのアル・ワフダは26日、エバートンのブラジル代表MFアラン(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2年間となることも決定した。 アランはヴァスコ・ダ・ガマやウルグアイのマルドナドでプレーし、2012年7月にグラナダに完全移籍し、ヨーロッパでのキャリアをスタートさせた。 移籍してすぐにウディネーゼへのレンタル移籍を経験すると、2014年7月には完全移籍。その後、ナポリへの移籍を経て、2020年9月にエバートンへと完全移籍で加入した。 ウディネーゼでは116試合で2ゴール14アシスト、ナポリでは212試合で11ゴール17アシストと主軸として活躍。エバートンでも2シーズンで57試合に出場し3アシストを記録していた。 今シーズンは開幕からベンチには入っていたものの出番はなし。中東へと活躍の場を移すこととなった。 なお、ブラジル代表としても10試合でプレーしている。 <span class="paragraph-title">【写真】アル・ワフダのユニフォームを身に纏ったアラン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/WHDFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WHDFC</a> <a href="https://t.co/tLBmSFsBai">pic.twitter.com/tLBmSFsBai</a></p>&mdash; AlWahda FC نادي الوحدة (@AlWahdaFCC) <a href="https://twitter.com/AlWahdaFCC/status/1574137878250233858?ref_src=twsrc%5Etfw">September 25, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.26 09:30 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly