YS横浜が昨季加入のMF神田夢実、FW河辺駿太郎ら5選手と契約更新を発表!

2022.01.21 23:10 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Y.S.C.C.横浜は21日、GK佐川亮介(28)、MF神田夢実(27)、MF柳雄太郎(26)、DF宗近慧(29)、FW河辺駿太郎(25)との契約更新を発表した。

佐川は埼玉栄高校から拓殖大学へと進学。2016年にYS横浜に入団。2021シーズンは背番号「1」となると、明治安田生命J3リーグで20試合に出場していた。

神田はコンサドーレ札幌(現:北海道コンサドーレ札幌)の下部組織出身で、2013年に札幌のトップチームに昇格。SC相模原や愛媛FC、東京23FCを経て、2021年にYS横浜へと加入。明治安田J3で24試合に出場し2得点を記録していた。

柳は帝京長岡高校から明海大学へと進学し、2018年に入団。2021シーズンは明治安田J3で25試合に出場し2得点を記録していた。

宗近はサンフレッチェ広島の下部組織出身で、ユースから法政大学へと進学。2015年にYS横浜に入団した。2021シーズンは明治安田J3で26試合に出場し2得点を記録した。

河辺は大分西高校から明治大学へと進学。その後ドイツへと渡ると、2020年10月に地元大分のジェイリースFCへと加入。2021年からYS横浜へと加入した。2021シーズンは明治安田J3で22試合に出場し1得点を記録していた。

各選手はクラブを通じてコメントしている。

◆GK佐川亮介
「昨シーズンは色々な結果を塗り替えられた良い年だったと思いますが、J2昇格の可能性があった中で勝ち切れなかった事は本当に悔しくてしょうがなかったです。9戦負けなしという記録も打ち立てJ2昇格も手の届く所にあるとみんなが確信したと思います。だからこそ今シーズンは気持ちを新たに目の前の勝利と昇格の為に全身全霊で共に闘いましょう!!」

◆MF神田夢実
「2022シーズンもY.S.C.C.でプレーさせて頂く事になりました。皆さんに、感動と興奮を与えられるようなプレーを毎試合見せられるように、僕達も頑張ります」

「コロナ禍で、声を出しての応援はなかなか出来ないと思いますが、サポーターの皆様がスタジアムに足を運んでくださる事が、僕達にとって何よりの力になるので、ぜひニッパツへ足を運んでください」

「僕個人としては、実績ある選手との対戦や古巣との対戦があり、とてもワクワクしています。今シーズンのJ3にファンの皆さんも期待してください!!今シーズンも応援宜しくお願いします!!」

◆MF柳雄太郎
「2022年もY.S.C.C.でプレーすることになりました。J2昇格に向けて日々頑張ります。今年も熱い応援よろしくお願いします」

◆DF宗近慧
「2022シーズンもY.S.C.C.でプレーすることになりました。このチームでファン・サポーターの方々と共に闘えることを嬉しく思います。去年よりも良いな楽しいなと思ってもらえるように日々努力していきます。Y.S.C.C.に関わる全ての皆様、今年もよろしくお願いします」

◆FW河辺駿太郎
「2022シーズンもY.S.C.C.でプレーする機会を与えて頂きました。昨シーズンはコロナ禍において予断を許さない状況の中でも、変わらず熱い応援と多大なるご支援を頂き誠にありがとうございました」

「そんな皆様と共に今シーズンも闘える事を大変嬉しく思います。昨シーズン以上に結果にこだわり、チームの力になれるよう精一杯プレーします。よろしくお願いいたします」


関連ニュース
thumb

YS横浜が星川新体制の初陣白星でついに今季初勝利! 北九州は6戦ノーゴール&勝ちなし【明治安田J3第10節】

明治安田生命J3リーグ第10節のギラヴァンツ北九州vsY.S.C.C.横浜が28日にミクニワールドスタジアムで行われ、アウェイのYS横浜が1-0で勝利した。 今季の目標にJ2復帰を掲げながら、ここまで14位に甘んじる北九州がいまだ未勝利で最下位のYS横浜をホームに迎え撃った一戦。YS横浜はINAC神戸レオネッサを率いて皇后杯制覇やなでしこリーグ連覇などを成し遂げた星川敬監督が就任してからの初陣となった。 開始直後の2分にCKから高澤のヘディングシュートでチャンスを作るなど攻撃を畳みかけた北九州だが、ネットを揺らせず、時間が経過。高い位置からプレスをかけてショートカウンターを狙う北九州に対し、5バックで対応するYS横浜は幅を使った攻撃を繰り出すが、シュートの形まで持っていけない。 互いに探り合いで時計が進むと、決定機を演出することができないまま前半のアディショナルタイムに突入。終了間際に北九州がボックス手前中央でFKを獲得し、キッカーの針谷が狙いすましてシュートを放っていったが、右ポストを叩いたボールをGKに弾き出され、そのまま試合を折り返す。 後半に入ると、両チームともに攻撃のシーンが多くみられるようになり、星川監督体制初陣のYS横浜が先に試合を動かす。62分、ボックス左の林からボールを受けた途中出場の田場がゴール前で相手DFを背負ってキープ。スペースに入ってきた林にボールを出すと、ダイレクトで相手の股下を通してゴールを決めた。 今季初勝利を手繰り寄せるYS横浜はその後、リスクを負ってまで攻撃に出ず、プレスをかけ始める位置も低めに設定。北九州の攻撃を深い位置で凌ぎ、前線にボールを送ってカウンターでの追加点を狙う。一方の北九州は試合を振り出しに戻すべく身長190㎝の狩土名を投入して同点ゴールを試みるも、ネットを揺らせない。 後半アディショナルタイムに猛攻を仕掛けた北九州だが、YS横浜が守っても完封。北九州が6試合ノーゴールで勝利なしとなり、YS横浜は新体制の初陣を白星で飾って待望の今季初勝利を手にしている。 ◆第10節 ▽5/28(土) ギラヴァンツ北九州 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 Y.S.C.C.横浜</span> ▽5/29(日) 《12:00》 松本山雅FC vs FC今治 《13:00》 福島ユナイテッドFC vs テゲバジャーロ宮崎 いわきFC vs ガイナーレ鳥取 SC相模原 vs カターレ富山 《14:00》 AC長野パルセイロ vs FC岐阜 藤枝MYFC vs アスルクラロ沼津 カマタマーレ讃岐 vs 鹿児島ユナイテッドFC 《15:00》 愛媛FC vs ヴァンラーレ八戸 2022.05.28 16:25 Sat
twitterfacebook
thumb

INAC神戸をWEリーグ初代女王に導いた星川敬監督が初のJ参戦! YS横浜の監督就任「目標のひとつだった」

Y.S.C.C.横浜は25日、新監督にINAC神戸レオネッサを率いていた星川敬監督(45)を招へいすることを発表した。 星川氏は、現役時代はヴェルディ川崎(現:東京ヴェルディ)でプレー。引退後、日テレ・ベレーザ(現:日テレ・東京ヴェルディベレーザ)のコーチや監督を歴任し、2010年にINAC神戸の監督に就任。皇后杯やなでしこリーグ連覇など3シーズンで5つのタイトル獲得に貢献した。 その後、チェルシーレディースのコーチを務めると、ポーランドやスロベニアの男子チームでコーチなどを務めると、2021年にINAC神戸に復帰。今シーズンから創設されたWEリーグでは初代女王にチームを導くなど、女子サッカー界で手腕を奮ってきた。 日本では初めて男子チームを率いることになる星川監督は、クラブを通じてコメントしている。 「私、星川敬は日本の女子サッカーをきっかけに、欧州で約8年指導者として様々な経験をして参りました。帰国後、再度女子サッカーで指揮をとらせていただきましたが、この度、目標のひとつであったJリーグで指揮をとる事になりました」 「Y.S.C.C.は非常に歴史のあるクラブです。現在の順位はJリーグで最下位ではありますが、まだ発揮できていない選手のポテンシャルがあるはずです。そこをいかに引き出すかによって、より良いシーズンになる可能性があると思っています」 「さらに愛されるクラブになるように、女子サッカーや欧州での経験を活かして、この素晴らしい機会に全力で取り組んでいきます。Y.S.C.C.のサポーター、スポンサーの皆様応援よろしくお願いいたします」 2022.05.25 18:41 Wed
twitterfacebook
thumb

「責任を強く感じ」今季唯一の未勝利チームであるYS横浜の仲田建二監督が辞任、病気療養中

Y.S.C.C.横浜は25日、仲田建二監督(48)の辞任を発表した。なお、後任は決まり次第発表されるとのことだ。 現役時代はヴァンフォーレ甲府一筋だった仲田監督は、引退後の2006年から甲府の下部組織のコーチや監督を歴任。山梨学院大学サッカー部と水戸ホーリーホックを経て、2020年にFC岐阜のヘッドコーチに就任していた。 同年9月からはゼムノビッチ・ズドラブコ監督の後任としてトップチームで指揮を執ったが、2021シーズンは再びヘッドコーチとなり、今シーズンからYS横浜の監督に就任していた。 しかし、今シーズンのYS横浜は開幕から勝利がない状況。そんな中、今月3日に仲田監督は体調不良による療養に入ることが発表され、ヘッドコーチの三枝寛和氏が指揮を執っていた。 仲田監督はクラブを通じてコメントしている。 「Y.S.C.C.横浜に関わる全ての皆様、いつも応援、ご支援、サポート頂きまして本当にありがとうございます」 「縁あってこのクラブの監督をやらせて頂き、昨年の成績を上回る事を目標にここまで戦って来ました。しかし、現時点で目標達成にはほど遠く、皆様の期待に応えられていない内容、結果であります」 「その責任を強く感じ、本日をもって辞任させて頂くことになりました」 「今後は皆さまと同じようにY.S.C.C.横浜を応援して行きたいと思います。ありがとうございました」 2022.05.25 12:50 Wed
twitterfacebook
thumb

7連敗中のYS横浜が終始押し込むも、4連敗中の相模原が粘りゴールレスドロー【明治安田J3第7節】

19日、明治安田生命J3リーグ第7節延期分のSC相模原vsY.S.C.C.横浜の一戦が相模原ギオンスタジアムで行われ、0-0のゴールレスドローに終わった。 本来であれば4月29日に行われる予定だった同カード。しかし、相模原のチーム内で新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性者が大量に出たため中止となっていた。 現在4連敗中の相模原と、7連敗中のYS横浜の一戦。YS横浜は元日本代表MF松井大輔が今シーズン初先発を飾った。 互いに[3-4-2-1]のシステムを採用したミラーゲームに。その試合で立ち上がりから主導権を握ったのは、アウェイのYS横浜だった。 まずは5分、左サイドを崩すと、ボックス内左から宮内が右足シュートもGK圍がなんとかセーブする。さらに8分にもYS横浜がチャンス。左サイドを仕掛けた脇坂がカットインから右足シュートも、わずかに枠を外れる。 12分には前半最大の決定機。古宿がドリブルで運ぶと、林に縦パス。これを受けた林はボックス手前から強烈なシュートもGK圍がセーブ。こぼれ球を古宿が詰めるも、シュートは枠を大きく外してしまう。 攻勢を続けるYS横浜は22分、林がボールを受けるとパスを受けた脇坂が持ち込み、ボックス内からシュート。しかし、ここもGK圍が立ちはだかってゴールを許さない。 後半は相模原が徐々に盛り返す展開となると64分にYS横浜にアクシデント。前半から積極的なプレーを見せていた脇坂が足を負傷。倒れ込むと、そのまま田場ディエゴと交代していた。 すると68分にその田場がビッグチャンスを迎えることに。カウンターを仕掛けると、ドリブルで持ち運んだ田場がボックス内に侵入。シュートフェイントで2度相手を滑らせてシュートを放つが、懸命に戻った渡部がなんとかブロックして得点を許さない。 互いにゴールに迫るシーンはありながらも、アタッキングサードでのプレー精度を書いてチャンスが作れない中、86分にはYS横浜がCKからチャンス。クロスが流れたところにフリーで林が待っていたが、シュートを打ちきれない。 最後までYS横浜が押し込む展開は続いたが、ゴールは奪えず。相模原もほとんどチャンスを作れないままタイムアップ。互いに連敗をストップさせたが、ともに勝利を挙げることはできなかった。 ◆明治安田生命J3リーグ第7節 ▽5/19 SC相模原 0-0 Y.S.C.C.横浜 ▽4/30 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">カマタマーレ讃岐 2</span>-1 FC岐阜 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">松本山雅FC 1</span>-0 アスルクラロ沼津 ▽4/29 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">いわきFC 3</span>-1 ヴァンラーレ八戸 FC今治 0-0 テゲバジャーロ宮崎 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">カターレ富山 3</span>-2 ガイナーレ鳥取 愛媛FC 1-1 福島ユナイテッドFC ギラヴァンツ北九州 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 藤枝MYFC</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">AC長野パルセイロ 2</span>-1 鹿児島ユナイテッドFC 2022.05.19 20:57 Thu
twitterfacebook
thumb

「バースデーボーイのリクエストでサムギョプサル」加藤ローサさんが夫・松井大輔の誕生日をお祝い「41歳もギラッギラで行っちゃってください」

Y.S.C.C.横浜に所属する元日本代表MF松井大輔の妻である加藤ローサさんがインスタグラムを更新。11日に41歳の誕生日を迎えた夫を祝った。 インスタグラムには、誕生日パーティーの様子が写っており、テーブルにはホットプレートにのっているお肉を中心に、所狭しとたくさんの食材が並んでいるが、どうやらこれは主役のリクエストだったようだ。 「昨日はバースデーボーイのリクエストでサムギョプサルでした〜テーブルの周りを拭いても拭いても油っぽい…次からは新聞紙を敷いてやります。。。」 また、松井の背番号である「22」のローソクが刺さったバースデーケーキの写真もあり、「ケーキはスフレチーズケーキに金箔を乗せました〜金箔って繊細で、扱いが難しい。。なんとなく良い感じでしょうか。41歳もギラッギラで行っちゃってください〜の気持ちを込めて」と夫への想いを伝えている。 Y.S.C.C.横浜ではフットサルとサッカーの“二刀流”に挑戦している松井。サッカーの方ではここまで1試合に途中出場したのみとなっているが、41歳で迎える残りのシーズンに期待がかかる。 <span class="paragraph-title">【写真】金箔ケーキが凄い!松井大輔と加藤ローサさん宅の誕生日パーティー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cddj6fsvqr9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cddj6fsvqr9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cddj6fsvqr9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">加藤ローサ(@kato_rosa_)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.13 20:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly