バイエルン、サネ&ウパメカノがコロナ陽性…休暇明けの検査で通算8選手の感染確認

2022.01.04 23:26 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンは4日、ドイツ代表MFレロイ・サネとフランス代表DFダヨ・ウパメカノの新型コロナウイルス陽性を報告した。

なお、両選手はいずれも無症状ですでに自宅での隔離措置を講じている。

ウィンターブレイク明けのバイエルンは今月のトレーニング再会に向け、ここまでトップチームの選手とスタッフを対象に複数回のPCR検査を実施。
まずは1日にドイツ代表GKマヌエル・ノイアー、フランス代表FWキングスレー・コマン、同MFコランタン・トリソ、イングランド人DFオマー・リチャーズの陽性が発覚。さらに、3日にはフランス代表DFリュカ・エルナンデスと、フランス人DFタンギ・ニアンズの2名の感染も確認されていた。

今月7日にはブンデスリーガ後半戦のボルシアMG戦を控えているが、多くの主力を欠いての厳しい戦いとなりそうだ。

関連ニュース
thumb

クラブ非難のノイアーにバイエルンが反応…カーンCEO「話し合って明確にするつもり」

クラブの決定に異を唱えたバイエルンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアーのコメントが波紋を広げている。 ノイアーは先日、『The Athletic』のインタビューでクラブがGKコーチのトニ・タパロビッチ氏を解雇した件について言及。同氏は2011年に加入したノイアーと同時期にスタッフ入りし、同選手をはじめGK陣や多くの選手たちと深い関係を築いていた。 ところが、先月にバイエルンは突如解雇を言い渡し、声明で「業務の進め方の食い違いがあった」と説明。しかしノイアーは、「僕のキャリアの中で最も残酷なこと。僕たちGK全員が粉々に砕かれた気分だよ」と、痛恨の思いを告白。さらに「クラブからは理解のできる説明がなかった。納得のいかないことを言われたよ」と公で非難するに至った。 このコメントに素早くCEOのオリバー・カーン氏が反応。ドイツ『ビルト』の取材でプロ意識の欠如を指摘し、自身も似たような境遇を経験したことを引き合いにして強く非難した。 「トニ・タパロビッチの去就について、インタビューの一部でマヌエルが言っていることは、キャプテンとしての彼にも、バイエルンの価値観にもそぐわないものだ。さらに、非常に重要な試合の前夜であるため、彼の発言は不適切である」 「彼はパーソナリティの部分で影響を受けている。それはある程度理解されなければならない。この決定が我々のチームにとって最善であると彼に説明したとき、それを認識していた」 「2004年、私は代表選手として同じような状況に直面した。GKコーチのセップ・マイヤーがサッカー協会から不当な扱いを受けていると感じ、我々は別々の道を歩むことになった。セップとは何年も前から一緒に仕事をしていて、友好的で信頼できる関係だった」 「当時は協会に対する失望と憤りもあった。だが、共通の目標が私の中で念頭にあったため、個人的な感情よりもそちらを大切にした」 「だからこそ、当時は公に表現しないことにしたのだ。だが、マヌエルはその逆を行った。彼とははっきり話し合うつもりだ」 2023.02.04 20:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ノイアーがバイエルンに大激怒! GKコーチの解雇に「キャリアで最も残酷なことが起きた」

バイエルンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが、GKコーチのトニ・タパロビッチ氏を解雇したクラブへの憤りをあらわにしている。 同氏は2011年にノイアーのバイエルン加入と同時期にGKコーチに就任した。ノイアーをはじめとするGKたちとはコーチと選手を超えた深い縁を築いており、トーマス・ミュラーらその他の選手らとも強い信頼関係で結ばれていたそう。 しかしクラブは先月、そのタパロビッチ氏を突如解雇。その際の声明では「業務の進め方の食い違いがあった」と説明していたが、ユリアン・ナーゲルスマン監督との間に確執があったと見られており、モナコにローン中のGKアレクサンダー・ニューベルが「GKコーチと意思疎通を図れていない」と、クラブとタパロビッチ氏の関係性が良好ではなかったことを指摘する発言を残していた。 そんな中、現在は足の骨折で離脱中のノイアーが『The Athletic』のインタビューでこの件について触れ、大きな失望を味わったと告白。クラブへの怒りを赤裸々にぶつけた。 「僕にとっては痛手だった。すでに(ケガで)ひどく落ち込んでいるところからさらにね。これは僕のキャリアの中で最も残酷なことだ。いろんな経験をしてきた僕が言うんだ」 「ファンから浴びる非難とは全く別の次元だ。僕たちGK全員が粉々に砕かれた気分だよ。みんな涙を流した」 「クラブからは理解のできる説明がなかった。納得のいかないことを言われたよ。お互いに話し合って解決する可能性を排除するような要素なんて何一つ聞いていない」 ノイアーのコメントだけでも、2024年まで契約を結んでいるクラブとの関係に亀裂が入るには十分な事態だが、果たして今後の去就に影響するのだろうか。そして、バイエルンの反応はいかに。 2023.02.04 17:30 Sat
twitterfacebook
thumb

バイエルン守護神ノイアー、スキー骨折を改めて振り返る「開いた口が塞がらなかったみたい」

スキーによる骨折で長期離脱となっているバイエルンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが、チームに迷惑をかけたことを改めて謝罪している。 グループステージ敗退で失意に終わったカタール・ワールドカップの後、休暇中に興じたスキーで右足を骨折してしまったノイアー。今季中の復帰は絶望的となり、バイエルンは代わりにボルシアMGからスイス代表GKヤン・ゾマーを獲得するに至った。 守護神の抜けたチームはリーグ戦では首位に立っているものの、5位までが3ポイント差でひしめき合っており、例年にない熾烈な優勝争いが繰り広げられている。今月半ばにはチャンピオンズリーグの決勝トーナメント開幕も控える中、イギリス『The Athletic』の取材に応じた36歳は、改めて軽率な負傷を謝罪している。 「バイエルンの経営陣はショックを受けていたよ。最初は誰も何も言えなかったみたいで、僕に対して遠慮がちだった」 「WhatsAppのグループに写真を載せて謝ったんだ。監督にも電話して申し訳ないとお詫びしたよ。問題ないともね」 ドイツ代表GKはまた、ゾマーが加入したGK陣には「素晴らしいGKが2人いるのは良いことだと思う。僕はチームのために頑張るだけだよ」と信頼感を伝えている。 2023.02.04 16:50 Sat
twitterfacebook
thumb

ミュラー、ザビッツァーの移籍に「チームもびっくり」…半年後の復帰に期待感も

バイエルンのドイツ代表FWトーマス・ミュラーがオーストリア代表MFマルセル・ザビッツァーのマンチェスター・ユナイテッド移籍に言及した。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 今季のバイエルンで途中出場が主ながら、公式戦24試合に出場するなか、今冬のデッドラインデイにユナイテッド行きを決めたザビッツァー。ユナイテッドでは重傷のデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンに代わる中盤として活躍が期待される。 今冬のマーケット最終日に降って沸いたような移籍話から、かなりのスピード決着となったが、バイエルンのチームメイトも驚きを隠せなかったようだ。ミュラーがドイツ『キッカー』で当時を振り返り、驚きとともに、本人を思っての嬉しさも口にした。 「チームもびっくりしていたよ。あっという間の出来事だった。ザビがマンチェスター・ユナイテッドに移籍して、そこでチャンスを掴んだのは嬉しいよ。マンチェスターは知名度があるからね」 だが、ザビッツァーとユナイテッドの契約は現状、半年間のローン。買取オプションもないとされ、ミュラーもそうした契約状況を認識してか、「彼は夏に戻ってくる。(バイエルンでの)章はまだ終わっていないんだ」と今季終了後の再会にも期待した。 2023.02.04 15:15 Sat
twitterfacebook
thumb

テン・ハグ、ザビッツァーの駆け込み獲得に「とても満足。不可欠だった」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が駆け込みで獲得したオーストリア代表MFマルセル・ザビッツァーに言及した。クラブ公式サイトが伝えている。 今冬のデッドラインデイにバイエルンからザビッツァーのローン移籍を決めたユナイテッド。デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが最悪5月上旬まで負傷離脱するのが今冬のデッドラインデイにわかってから獲得に乗り出したわけだが、やはりかなりのスピードをもって決着に持っていった。 見事な立ち回りでエリクセンの穴埋めを完遂したテン・ハグ監督はノッティンガム・フォレスト相手の2試合を全勝で飾り、カラバオカップ決勝進出を決めた後の会見でザビッツァー獲得の感想を口にしている。 「この補強にはとても満足している。ドニー・ファン・デ・ベークが離れ、クリスティアン・エリクセンも長期離脱し、スコット・マクトミネイも短期間ながら出場できなくなったから、不可欠(な補強)だった。中盤の選手が足りない。移籍マーケットの最終日にクオリティのある選手を獲得するのは難しいものだが、そのチャンスを掴んだんだ」 また、エリクセンの不在をどれだけカバーできるかが注目されるザビッツァーについても「私はあの選手のことをザルツブルク時代から知っている。特に、ライプツィヒにいた頃からね」と語り、期待感を続けた。 「(ライプツィヒ時代の)彼はファンタスティックなパフォーマンスぶりだった。ここでも同じようにやってくれると期待している。それに素晴らしい姿勢があるし、年齢的にもちょうど良い。そして、このチャンスが彼のモチベーションとなり、我々のもとで力強いパフォーマンスを披露してくれると確信しているよ」 2023.02.03 15:40 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly