「常軌を逸している!」フランクフルトの長谷部誠がラストプレーでの劇的勝利に興奮「今はクタクタ」

2021.11.29 10:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランクフルトのMF長谷部誠が、ウニオン・ベルリン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。

28日、ブンデスリーガ第13節でフランクフルトはウニオン・ベルリンをホームに迎えた。

フランクフルトのMF鎌田大地とDF長谷部誠はフル出場、ウニオンのMF原口元気は58分までプレーした。

試合は、22分にジブリル・ソウのゴールでフランクフルトが先制。一方で、62分にPKをマックス・クルーゼに決められ、1-1のまま試合は推移する。

試合はタイスコアのまま終盤へ。後半アディショナルタイムに入り、1-1のまま終わると思われたラストプレーで、左からの鋭いクロスをあがっていたエヴァン・エンディカがヘッド。これが決まり、フランクフルトが土壇場で勝ち越して勝利を収めた。

劇的なラストプレーでの勝利を試合後に長谷部がコメント。ハードワークした結果が実ったことを喜んだ。

「常軌を逸している!90分間、サッカー的にもフィジカル的にもとても上手くいきました。最終的には勝利が重要です」

「今はクタクタですが、まだまだプレーできます。大切なのは、仕事を続けていくことです」



1 2

関連ニュース
thumb

フランクフルト、ドルトムントからFWクナウフを1年半のレンタルで獲得

フランクフルトは20日、ドルトムントからU-21ドイツ代表FWアンスガー・クナウフ(20)を2023年6月30日までの18カ月ローンで獲得したことを発表した。 ハノーファーの下部組織から2016年にドルトムントのユースに加入したクナウフは、年代別チームの主力として活躍した後、2020年12月のチャンピオンズリーグ(CL)のゼニト戦でトップチームデビューを飾った。 左ウイングを主戦場にスピードと突破力に優れるアタッカーは、3部に所属するドルトムントⅡで定期的にプレー機会を得ながら、ここまでトップチームでも16試合に出場していた。しかし、更なるトップレベルでの出場機会を求めてフランクフルトに移籍することになった。 なお、フランクフルトのスポーツ・ディレクターを務めるマルクス・クレシェ氏は、「アンスガーはそのスピードとゲームへの理解力で、我々のチームに非常によく適合しており、ここで成長に向けた次のステップを踏み出したいと思っている。彼は広いレーンですぐに我々を助けることができるはずだ」と、若武者への期待を口にしている。 2022.01.21 06:00 Fri
twitterfacebook
thumb

「彼が見せる違い」衝撃ゴールを決めた鎌田大地にフランクフルト幹部も驚き「まだまだ成長の可能性」

日本代表MF鎌田大地をフランクフルトの幹部も手放しで称賛している。ドイツ『ビルト』が伝えた。 鎌田は今シーズンのブンデスリーガで18試合に出場し2ゴール1アシスト、ヨーロッパリーグで6試合に出場し3ゴールを記録。トップ下に君臨し、徐々に結果を残している。 ブンデスリーガでは12月に今季初ゴールを記録すると、16日に行われたアウグスブルク戦では22分に先制ゴールを記録していた。 このゴールは、FWラファエル・ボレのラストパスを受けた鎌田がボックス中央に侵入。相手GKに触れられる直前に右足のタッチでかわし、そのままゴールに流し込んだものだった。 ファンからも大きな称賛を集め、「どうやって浮かした」、「これ無茶苦茶難しいシュートやぞ」、「よくあの体勢で打てるよな」と驚きのコメントが集まり、衝撃的なゴールとして刷り込まれた。 その印象はクラブのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるマルクス・クレシェ氏も受けた様子。『ビルト』で鎌田の特性に触れ、改めてポテンシャルの高さを評価した。 「ダイチはスペースに入っていくことがとても上手い。そうやって新たな攻撃のアクションを生み出していくのだ。それが彼が見せる違いだ」 「アウグスブルク戦のゴールは、最後の瞬間にフックをかけ、フィニッシュまで持っていく。とてもクオリティの高いものだった」 「彼はボール奪取能力も高い。そしてまだ若く、まだまだ成長の可能性を秘めている」 <span class="paragraph-title">【動画】「どうやって浮かした」鎌田大地の技術が詰まったゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="dOP43pYN6Xc";var video_start = 9;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.01.20 11:49 Thu
twitterfacebook
thumb

フランクフルトがコロ・ムアニ確保へ! 東京五輪出場のフランス人FWが来季加入

ナントに所属するフランス人FWランダル・コロ・ムアニ(23)のフランクフルト移籍が濃厚となったようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。 『ビルト』が伝えるところによれば、これまでミランやマルセイユ、ニューカッスルといったクラブの関心を集めていたコロ・ムアニに関して、フランクフルトは個人間で合意に至ったという。 そして、来週中にもメディカルチェックを受診し、ナントとの契約が終了する来シーズンからフランクフルトと5年契約を締結することになるようだ。 ナントの下部組織出身で2018-19シーズンにトップチームデビューを飾ったコロ・ムアニは、スピードと身体能力に優れる187cmのストライカー。 昨シーズンのリーグ・アンで37試合9ゴール8アシストの数字を残してブレイクを果たすと、昨年行われた東京オリンピックではU-24フランス代表の主力としてグループステージ全3試合に出場していた。 迎えた今シーズンはリーグ戦20試合で7ゴールを挙げており、キャリアハイ更新が確実視される。決定力やフィニッシュの判断には大きな伸びしろを残すものの、左右のウイングでもプレー可能な汎用性を含め、指導者次第では将来的なレ・ブルー入りも期待される逸材だ。 2022.01.20 00:48 Thu
twitterfacebook
thumb

「GKが2人いるみたい」ブンデス“最年長”長谷部誠のゴールライン上クリア連発に「未来が見えてる説」

フランクフルトの元日本代表MF長谷部誠が18日に38歳の誕生日を迎えた。 2014-15シーズンからフランクフルトでプレーする長谷部。ヴォルフスブルク、ニュルンベルクと渡り歩き、現役では最も長くブンデスリーガでプレーしている選手となっている。 監督交代のあった今シーズンは、序盤こそ出場機会を減らしたが、ブンデスリーガ11試合を含む公式戦17試合に出場。チームに欠かせぬ戦力になっている。 そんな長谷部の誕生日をブンデスリーガの公式ツイッター日本語版に加え、100万人以上のフォロワーを持つ英語版のアカウントも祝福。「その活躍はまるで第二の守護神」とGKのようにゴールライン上でクリアを連発する長谷部のプレー動画を公開した。 的確なポジショニングと、時には危険を顧みない決死のスライディングを駆使し、チームの絶対的なピンチを救う様には、ファンも「神クリア連発!」、「GKが2人いるみたい」、「未来が見えてる説を提唱したい」、「ポジショニングが的確すぎるのよ」と驚きの声。今なお重宝される守備能力に称賛の言葉を送っている。 2008年1月のヴォルフスブルク入りからブンデスリーガでの15シーズン目を迎えている長谷部。その能力は今なお衰え知らずのようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】長谷部誠がDFなのにゴールライン上で神クリア連発!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">その活躍はまるで第二の守護神 <br><br>38歳の誕生日おめでとう、<a href="https://twitter.com/eintracht_jp?ref_src=twsrc%5Etfw">@eintracht_jp</a> の『皇帝』<a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%95%B7%E8%B0%B7%E9%83%A8%E8%AA%A0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#長谷部誠</a>!<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%96%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ブンデスリーガ</a> <a href="https://t.co/5HLp5hvzrm">pic.twitter.com/5HLp5hvzrm</a></p>&mdash; ブンデスリーガ 日本語版 (@Bundesliga_JP) <a href="https://twitter.com/Bundesliga_JP/status/1483399742709280768?ref_src=twsrc%5Etfw">January 18, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.19 21:35 Wed
twitterfacebook
thumb

フランクフルト、アミン・ユネスの退団を発表…レンタル期間前倒しでナポリへ復帰

フランクフルトは18日、ドイツ代表MFアミン・ユネス(28)がナポリへ復帰することを発表した。 ボルシアMGの下部組織出身のユネスは、2011-12シーズンにトップチームデビューし、その後は2015年にアヤックス、ナポリには2018年にフリートランスファーで加入した。だが、度重なるケガの影響などもあり、在籍2年間で公式戦27試合の出場に留まると、2020年夏に買い取りオプション付きの2年契約でフランクフルトにレンタル移籍することに。 加入1年目はブンデスリーガで26試合3ゴール3アシストと、ハイパフォーマンスを見せる時期もあったが、シーズン終盤はケガで下降路線に。さらに、昨夏には給与アップを求めたとして、クラブとの関係が悪化。サウジアラビアへの移籍の噂もあった中で迎えた今季は、8月初旬に行われたDFBポカール1回戦での37分の出場以降、ベンチ入りすらできない状況が続いていた。 今冬も引き続きサウジアラビア行きの可能性は取り沙汰されていたが、ひとまず所属元のナポリに戻ることに。ドイツ方面の情報ではアル・イテファクへの移籍が濃厚のようだ。 2022.01.19 15:45 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly