ナイジェリア、エジプト、カメルーンらが2次予選を突破!最終予選に進む10カ国が決定《カタールW杯アフリカ予選》

2021.11.17 16:41 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カタール・ワールドカップ(W杯)アフリカ2次予選の全日程が終了し、最終予選に進む10カ国が決定した。

2次予選では、4チーム10グループに分かれてホーム&アウェイのリーグ戦を行い、各グループの首位10チームが最終予選に進出する。

グループAの最終節では、首位のアルジェリア代表と2位のブルキナファソ代表が対戦。ホームのアルジェリアは負けてしまうと予選敗退というプレッシャーを抱えていたなか、マンチェスター・シティFWのリヤド・マフレズのゴールなどもあり、2-2で試合終了。最終予選に駒を進めた。
グループCでも最終節にて天王山が実現。ナイジェリア代表とカーボベルデ代表が相まみえた。こちらも敗北すれば予選敗退という状況のナイジェリアだったが、1-1のドローに持ち込んで最終予選に進出している。

一方、グループDでは逆転劇が発生。2位カメルーン代表がリヨンFWのカール・トコ・エカンビの先制点を守り切り、首位コートジボワール代表を撃破。コートジボワールは2大会連続で予選敗退となった。

また、リバプールFWモハメド・サラー擁するエジプト代表は、4勝2分けと無敗で2次予選を終了。アーセナルFWピエール=エメリク・オーバメヤンがけん引するガボン代表に勝ち点7差をつけ、グループFを突破した。

そして、2015年3月~2018年4月まで日本代表の指揮官を務めたヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いるモロッコ代表は6戦全勝。20得点を挙げて失点はわずか「1」と、圧倒的な強さでグループIを通過している。

その他、グループBはチュニジア代表、グループEはマリ代表、グループGはガーナ代表、グループHはセネガル代表、グループIはモロッコ代表、グループJはDRコンゴ代表がそれぞれ最終予選へと駒を進めることになった。

なお、最終予選は10チームを上位と下位に分け、上位チームと下位チームがホーム&アウェイ方式で直接対決。勝利した5チームが本戦行きの切符を手にするレギュレーションとなっている。

◆最終予選進出10カ国
グループA:アルジェリア(次点:ブルキナファソ)
グループB:チュニジア(次点:赤道ギニア)
グループC:ナイジェリア(次点:カーボベルデ)
グループD:カメルーン(次点:コートジボワール)
グループE:マリ(次点:ウガンダ)
グループF:エジプト(次点:ガボン)
グループG:ガーナ(次点:南アフリカ)
グループH:セネガル(次点:トーゴ)
グループI:モロッコ(次点:ギニアビサウ)
グループJ:DRコンゴ(次点:ベナン)

関連ニュース
thumb

「さあ、歩き出そう」『アオアシ』が主人公のイラストで日本代表にエール!「この絵だけで泣けるって凄い」「保存しました」

人気サッカー漫画『アオアシ』の作者である小林有吾氏が日本代表に向けイラストを公開している。 「新しい景色」としてベスト8以上の成績を目指してカタール・ワールドカップ(W杯)に臨んだ日本代表。グループステージではW杯王者のドイツ代表、スペイン代表と同居し、死の組とも言われた中、そのドイツとスペインに勝利。グループステージを首位で突破した。 目標であるベスト8まであと一歩と迫った中で、ラウンド16では前回大会準優勝のクロアチア代表を相手に先制。後半に追いつかれたものの、延長戦まで戦いPK戦に。最後は敗れてしまい、「新しい景色」は見られなかったが、新しい時代を切り拓くことができた大会となった 日本代表には多くの激励の声が届けられた中、『アオアシ』の公式ツイッターも更新され、日本代表に向けたコメントとイラストが公開された。 「さあ、歩き出そう。サッカーは進む。 小林有吾」という言葉とともに添えられたのは、ピッチで泣き崩れていた主人公・青井葦人が、涙を拭って前に歩きだすシーンだ。 4年後を見据え前に進んでいく日本代表を表わしたような1枚には大きな反響が集まり、ファンからは「グッとくる」、「泣けてくる」、「いい言葉」、「この絵だけで泣けるって凄い」、「保存しました」といったコメントが寄せられている。 大きなインパクトを残しながらも「新しい景色」には届かなった日本。4年後こそ壁を突き破りその景色を見られるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】『アオアシ』の公式SNSが公開!日本代表に向けられたイラスト</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">さあ、歩き出そう。サッカーは進む。 小林有吾 <a href="https://t.co/moMqmrsA6P">pic.twitter.com/moMqmrsA6P</a></p>&mdash; 【アオアシ】公式/アニメ好評配信中&amp;単行本30集発売中! (@aoashiofficial) <a href="https://twitter.com/aoashiofficial/status/1599870254989312001?ref_src=twsrc%5Etfw">December 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.08 18:05 Thu
twitterfacebook
thumb

FIFA公式が意外な形で前田大然を取り上げる!フランス代表ジルーらとの比較も一番人気に「断然大然」

カタール・ワールドカップ(W杯)を主催する国際サッカー連盟(FIFA)のW杯公式SNSで日本代表FW前田大然をピックアップしている。 ベスト8が出揃ったカタールW杯。準々決勝の4試合は9日と10日に行われる。8日は休養日となっているなか、W杯の公式SNSではファンを楽しませる企画を実施。「あごひげのコレクション。あなたのお気に入りを選んで」と出場した選手たちの中からあごひげが整った選手たちをピックアップした。 オーストラリア代表GKアンドリュー・レッドメイン、ドイツ代表DFアントニオ・リュディガー、フランス代表FWオリヴィエ・ジルー、カタール代表MFタレク・サルマン、ポルトガル代表MFルベン・ネヴェス、カメルーン代表DFニコラ・エンクルに続いて、最後に紹介されたのが前田だ。 ツイッターの方では前田の写真が最も反応されており、一番人気になっている。また、ファンからも「最後の1人だ」、「メッシはどこだ?」、「断然大然」、「前田最高」といったコメントが集まっている。 待ち遠しい準決勝は9日24時にキックオフ。日本を破ったクロアチア代表とブラジル代表が対戦する。 <span class="paragraph-title">【写真】立派なひげ面の選手ばかりの中、前田大然がラストに登場!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cl5Pm_8Na0G/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cl5Pm_8Na0G/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cl5Pm_8Na0G/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">FIFA World Cup(@fifaworldcup)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【写真】W杯の公式ツイッターでも!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="cy" dir="ltr"> Daizen Maeda <a href="https://t.co/IXGYFl9oIO">pic.twitter.com/IXGYFl9oIO</a></p>&mdash; FIFA World Cup (@FIFAWorldCup) <a href="https://twitter.com/FIFAWorldCup/status/1600718155110060032?ref_src=twsrc%5Etfw">December 8, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.08 17:35 Thu
twitterfacebook
thumb

FIFAインファンティーノ会長の故郷で補償金支払いを求める抗議デモ…華やかな舞台の裏で多くの出稼ぎ労働者が犠牲に

FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長に対するデモ活動が激しくなっているようだ。イタリア『メディアセット』が報じている。 絶賛開催中のカタール・ワールドカップに関して、様々な問題が取り巻いているインファンティーノ会長。以前から開催地決定については癒着や賄賂疑惑が取り沙汰され、スタジアム建設に携わった多数の移民労働者が命を落とすなど、人権問題も表面化して生きている。 ゼップ・ブラッター前会長も「カタールでW杯を開催するのは間違いだった」と言い放った中、インファンティーノ会長の出身地であるスイスのブリッグでは、人権や汚職、貧困、紛争などの問題に関する世界的な活動を推進する『Avaaz』によるデモ活動が活発化しているという。 『メディアセット』によれば、カタールのワールドカップで“死亡”または“搾取”された数千人の移民労働者への補償を求める巨大なビルボードが3枚出現。「インファンティーノ、あなたの家族も移民だった。同じ立場の何千人もの人々が、このワールドカップの犠牲になっているのです。今すぐ補償してください」というメッセージが書かれているようだ。 『Avaaz』のリーガル・ディレクターであるビータ・アンデマリアム氏は「インファンティーノが約束した“FIFAのイメージ回復”とは裏腹に、今回のワールドカップは人道的観点から見て大失敗だった」と指摘する。 また、「FIFAの会長は、この大会から何十億もの利益を得ているにもかかわらず、全く反省しておらず、被害者やその家族に対して実質的に何もしていません。正直に言って、このような冷淡さと貪欲さは恥ずべきことです」と非難した。 なお現在は、カタールW杯の準備期間中に被害を受けた出稼ぎ労働者に補償するようFIFAに要請するための組織が動員され、賞金総額に相当する4億4000万ドルを寄付する基金が設立されている。 2022.12.08 16:25 Thu
twitterfacebook
thumb

「誰も彼を見てない」「まだロナウドを撮っている」ネイマールを撮影した1枚の写真、C・ロナウドとの差が話題「頑張れネイマール」

何気ないワンシーンを切り取った写真ではあるが、大きな反響を呼ぶことになった。 カタール・ワールドカップ(W杯)もラウンド16まで消化。ベスト8が出揃い、日本代表、韓国代表、オーストラリア代表が勝ち上がったアジア勢はラウンド16で全滅。南米2カ国、ヨーロッパ5カ国、そして唯一のアフリカ勢であるモロッコ代表が初のベスト8に進出している。 ブラジルやアルゼンチン、フランス、イングランドと優勝候補に挙げられていた国も順当に勝ち上がっている中、ほぼ中3日で行われてきた大会も束の間のブレイクを挟んでいる。 そんな中、『433』がピックアップした1枚の写真が大きな反響を呼ぶことに。それは、ブラジル代表FWネイマールを写したものだった。 今大会は初戦で負傷したこともあり、グループステージの2試合を欠場。ラウンド16の韓国代表戦で復帰すると、PKを決め、チームの大勝に貢献した。 投稿された写真はネイマールとその前にいる大量のカメラマンたちを写したものだが、これが話題となっている。 今大会で似たような写真が大きな話題となっており、それはポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを写したもの。30名を超えるカメラマンがこぞって集まり、全員がC・ロナウドにレンズを向けて撮っているものだった。 しかし、ネイマールも同じぐらいのカメラマンが集まっていたが、誰一人としてネイマールにレンズは向けていない。たまたまその一瞬を捉えた可能性はあるが、C・ロナウドとの大きな差が話題となった。 これにはファンも「まだロナウドを撮っているはずだ」、「誰も彼を見ていない」、「残念だ」、「頑張れネイマール」、「ロナウドになろうとしている」とコメントが集まっている。 <span class="paragraph-title">【写真】ネイマールの前に大量のカメラマンが!しかし…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cl4V00IuTJA/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cl4V00IuTJA/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cl4V00IuTJA/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">433(@433)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【写真】一方でカメラマンを独り占めするC・ロナウド</span> <span data-other-div="movie2"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/ronaldo20221129_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/ronaldo20221129_tw0.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/ronaldo20221129_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 2022.12.08 12:26 Thu
twitterfacebook
thumb

「動物を粗末に扱ってはいけない」ブラジルの会見に“猫”が侵入、和やかムードも直後に悲鳴上がる「優しくしてあげて」

ブラジル代表の会見中に猫が迷い込んだ。ブラジル『グローボ』が伝えている。 5日、カタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16で韓国代表と対戦したブラジル。前半の内に4ゴールを量産し、後半には控えGKを投入する余裕も見せて4-1で勝利し、ベスト8進出を決めている。 準々決勝では日本代表を破ったクロアチア代表と対戦するブラジルだが、7日の会見にはFWヴィニシウス・ジュニオールが出席。その中で迷い込んだ猫が机に乗ってヴィニシウスのすぐ近くに居座るというちょっとしたアクシデントが発生した。 ヴィニシウスのコメント内容が中々頭に入ってこない和やかなムードだったが、直後に空気が一変する。隣に着席していた広報担当者が慣れた手つきで猫の背中を撫でると、そのまま掴んで下へ放り投げてしまった。一瞬の出来事に会見場の一部の人々からは悲鳴も。ただ、投げた本人は肩をすくめ、ヴィニシウスは笑うしかなかった。 投げられた猫も明らかに驚いた表情をしており、ファンからは「動物を粗末に扱ってはいけない」、「もっと優しくしてあげて」、「ここまでする必要があるのか?猫は無害だった」といった指摘が集まっている。 <span class="paragraph-title">【動画】ブラジルの会見に猫が侵入…広報担当者の扱いに悲鳴が上がる</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">How on earth did a cat make its way into a Brazil press conference?<br><br>And did he really need to throw it like that?!<a href="https://twitter.com/hashtag/FIFAWorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFAWorldCup</a> <a href="https://t.co/LIDM3JEBjs">pic.twitter.com/LIDM3JEBjs</a></p>&mdash; Andrew Gourdie (@AndrewGourdie) <a href="https://twitter.com/AndrewGourdie/status/1600545825700339712?ref_src=twsrc%5Etfw">December 7, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.08 12:20 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly