「なんて2人だ!」ミランでプレーしたブラジルのスター、ロナウジーニョとパトの再会に現役セレソンも興奮

2021.11.12 06:35 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
メジャーリーグ・サッカー(MLS)のオーランド・シティに所属する元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パトが自身のインスタグラムで元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏とのツーショットを掲載。豪華なペアに現役選手たちからも大きな反響が集まっている。

パトは2007年にミランに加入し。若手有望株として期待を寄せられるなか、2008年にミランにやってきたのが同胞のロナウジーニョ氏だった。2008-09シーズンにセリエA年間最優秀若手選手賞を受賞すると、2009-10シーズンにはロナウジーニョ、マルコ・ボリエッロとともに3トップを形成した。

しかし、それ以降は負傷を繰り返し、ミランを退団してからは、コリンチャンスやサンパウロ、チェルシー、ビジャレアル、さらには中国の天津天海を渡り歩き、今年2月からはオーランド・シティでプレーしている。

MLSのレギュラーシーズンを終え、プレーオフに向け束の間の休暇を得ているパトは、自身のインスタグラムを更新。「この男!ロナウジーニ兄さん、会えて嬉しいです」というコメントともに、2人で肩を組んだツーショットを投稿した。

機会はそれほど多くなかったものの、ブラジル代表でもともにプレーした2人に対し、現役セレソンのDFチアゴ・シウバも「なんて2人だ!」と反応。他にも、MFルーカス・レイバ、MFドグラス・コスタといった選手たちも反応を寄せている。

ミランは、ここまでセリエA10勝2分けの無敗でリーグ2位。2人が在籍していた2020-11シーズン以来のスクデット獲得も狙える位置につけているが、古巣の話も弾んだのではないだろうか。



1 2

関連ニュース
thumb

ナニが約3年半ぶりにイタリアの地へ!ヴェネツィアと1年半契約

ヴェネツィアは14日、元ポルトガル代表MFナニ(35)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2023年6月30日までとなる。 ポルトガルの強豪スポルティング・リスボンでプロキャリアを始め、マンチェスター・ユナイテッド時代が印象的なナニ。代表でも112試合23得点の数字を誇る新進気鋭のドリブラーは、フェネルバフチェやバレンシア、ラツィオでのプレーを経て、2019年2月にメジャーリーグサッカー(MLS)のオーランド・シティに加入した。 加入直後から主将を託され、初年度からMLS30試合の出場で12得点5アシストを記録。昨季も28試合で10得点7アシストとチームを引っ張ったが、シーズン終了後に契約満了で退団していた。 今季、20年ぶりにセリエA昇格を果たしたヴェネツィアはここまで20試合を戦って暫定17位と残留争いの渦中にいる。果たしてナニは約3年半ぶりとなるイタリアの地で活躍し、チームを残留に導けるだろうか。 2022.01.15 06:00 Sat
twitterfacebook
thumb

UAE開催になったFIFAクラブ・ワールドカップは来年2月に開催が決定

国際サッカー連盟(FIFA)は、FIFAクラブ・ワールドカップ(CWC)2021の日程を発表した。 従来の予定では12月に日本で開催される予定だったCWCだったが、日本サッカー協会(JFA)は9月9日に、国内における新型コロナウイルス(COVID-19)の感染状況を理由に開催辞退を発表していた。 日本に代わって開催地となったのがアラブ首長国連邦(UAE)だったが、開催日程は白紙に。しかし29日、FIFAが日程を発表。2022年2月3日から12日に開催されることが決定した。 すでに出場7クラブが決定。アル・ヒラル(サウジアラビア/アジア王者)、アル・アハリ(エジプト/アフリカ王者)、モンテレイ(メキシコ/北中米カリブ海王者)、パウメイラス(ブラジル/南米王者)、オークランド・シティ(ニュージーランド/オセアニアサッカー連盟の推薦)、チェルシー(イングランド/欧州王者)、アル・ジャジーラ(UAE/開催国王者)が出場する。なお、オークランド・シティに関しては、OFCチャンピオンズリーグが中止となったことで推薦での出場となった。 なお、抽選会は29日にスイスで行われ、ジョン・テリーがドロワーとして参加する。 ◆FIFAクラブ・ワールドカップ 2021出場チーム 【アジア】 アル・ヒラル(サウジアラビア) 2021 AFCチャンピオンズリーグ王者 【アフリカ】 アル・アハリ(エジプト) 2020-21 CAFチャンピオンズリーグ王者 【北中米カリブ海】 モンテレイ(メキシコ) 2021 CONCACAFチャンピオンズリーグ王者 【南米】 パウメイラス(ブラジル) 2021 コパ・リベルタドーレス王者 【ヨーロッパ】 チェルシー(イングランド) 2020-21 UEFAチャンピオンズリーグ王者 【オセアニア】 オークランド・シティ(ニュージーランド) ※OFCチャンピオンズリーグが中止となりOFC(オセアニアサッカー連盟)からの推薦 【開催国】 アル・ジャジーラ(UAE) UAEプロリーグ2020-21王者 2021.11.29 22:15 Mon
twitterfacebook
thumb

新型コロナの影響で参加できず、オセアニア王者のオークランド・シティがクラブW杯不参加

2月に開催が延期されたクラブ・ワールドカップだが、オークランド・シティが出場を見送ることとなった。国際サッカー連盟(FIFA)が発表した。 オセアニア代表として出場することとなっているオークランド・シティ。しかし、ニュージーランド政府が求める新型コロナウイルス(COVID-19)の検疫により、クラブ・ワールドカップへの出場が不可能となってしまった。 FIFAは、オークランド・シティ、ニュージーランドサッカー協会、オセアニアサッカー連盟と定期的に連絡を取っていたが、隔離と検疫に関する要件はFIFAが定めているものを超えており、解決策を見つける事ができなかったという。 11月から12月にかけてAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を開催していたカタールでの開催となる今回のクラブ・ワールドカップ。FIFAは、カタール当局と協力し、競技に参加するすべての人の健康と安全を保護するために必要な感染予防手段を提供する包括的なメディカルとセキュリティのプロトコルを実装していくこととなる。 トーナメントの組み合わせ抽選会は19日に予定されているが、オークランド・シティが辞退したため、1回戦はなし。開催国王者として出場するアル・ドゥハイルは、2回戦からの参加となる。 今大会には、アル・ドゥハイルのほか、欧州王者のバイエルン、アジア王者の蔚山現代、北中米カリブ海王者のティグレス、アフリカ王者のアル・アハリ、そして1月30日に決定するコパ・リベルタドーレスの王者が参加する。 2021.01.15 22:30 Fri
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドを育てたのは俺だ! ナニのジョーク炸裂

MLS(メジャーリーグ・サッカー)のオーランド・シティに所属する元ポルトガル代表MFナニが粋な冗談を飛ばしている。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 言わずと知れた世界最高のプレーヤーのひとりであるユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド。スポルティング・リスボンの下部組織からトップチームへ昇格し、マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリー、そしてユベントスと各国のビッグクラブで偉大な功績を打ち立て続けている。 そんなC・ロナウドと、ユナイテッドや代表でともにプレーしたナニがMLSの取材で5人制サッカーで選ぶメンバーを聞かれると、その中にC・ロナウドをチョイス。続けて、ジョークめかしてこう話している。 「クリスティアーノ・ロナウドだね。すべてのスキルに長けている。足も速いしね。若い頃は僕が教育したもんだ」 「彼は僕から多くを学んだよ。彼もそう思っているはずさ。間違いなくね」 高らかに言い放っているがナニはC・ロナウドよりも学年的には2つ下。スポルティングに入団した頃にはC・ロナウドはすでにユナイテッドでバリバリ活躍しており、立場としては確実に後輩である。上なのはユナイテッド加入時の移籍金だけ。だがこのギャップが笑いを誘ったに違いない。 なお、その他の4名にはユナイテッドでプレーしたスペイン代表GKダビド・デ・ヘア、元イングランド代表MFポール・スコールズ。代表でプレーした元ポルトガル代表DFブルーノ・アウベスと同MFデコを選出している。 2020.03.26 20:40 Thu
twitterfacebook
thumb

岐阜、オークランド・シティからFWライアン・デ・フリースを獲得! 昨年12月にはクラブ・ワールドカップに出場

▽FC岐阜は17日、ニュージーランドのオークランド・シティから元ニュージーランド代表FWライアン・デ・フリース(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽ライアン・デ・フリースは、これまでワイタケレ・ユナイテッドやベントリー・グリーンズ、オークランド・シティなどニュージーランドの複数クラブでプレー。今シーズンはここまで国内リーグで6試合に出場して10ゴール3アシストを記録していた。また、2017年12月にUAEで開催されたFIFAクラブ・ワールドカップ開幕戦のアルジャジーラ戦にフル出場。2015年5月の監督代表との国際親善試合でニュージーランド代表デビューを飾った。 ▽また、クラブ公式サイトでは、同選手の特徴を「パワーとスピードを兼ね備えたストライカー。得点能力が高く、技術も優れた選手」と紹介している。 ▽岐阜への加入が決定したライアン・デ・フリースは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「日本でプレーする機会、私と私の家族が日本で生活できる経験を与えてくれた、大木監督をはじめFC岐阜の皆様に感謝しています。FC岐阜の一員として、ファン・サポーター、チームメイト、スタッフの方々と強い絆を築けるよう全力でチームに貢献していきたいと思います。みなさん、よろしくお願いします」 2018.01.17 14:51 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly