バルサ壊滅の妙…監督解任で43億円の無駄遣い、多額の負債に更なるダメージ

2021.11.08 07:16 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャビ・エルナンデス監督を新たに迎え、インターナショナル・マッチウィーク明けから指揮を執ることとなったバルセロナ。しかし、問題は全くもって解決していなかった。バルセロナは今夏、クラブの象徴でもあったアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとの契約を結べず。メッシは、パリ・サンジェルマン(PSG)へと完全移籍していった。

その大きな理由となったのが、クラブが抱えている多額の負債。前会長であるジョゼップ・マリア・バルトメウ氏の時代に抱えた負債の煽りを受け、サラリー制限に引っかかり、メッシとの契約を結べないどころか、ジェラール・ピケセルヒオ・ブスケッツら、キャプテン陣が減給を飲まなければ獲得した選手が登録できないという、お粗末な展開まで迎えていた。
コロナ禍において、未曾有の財政難に陥っているバルセロナだが、前会長が残したツケをさらに払わされることに。ここ数年間で、監督を解任し続けた結果、3300万ユーロ(約43億2100万円)の費用が無駄に掛かってしまったとスペイン『アス』が報じた。

2017年6月にルイス・エンリケ監督(現スペイン代表監督)が退任すると、そこから4年半で4人の監督、特にこの2年間で3人の監督を迎えることになった。

2017年7月から2020年1月まではエルネスト・バルベルデ監督、2020年1月から8月まではキケ・セティエン監督、そして2020年8月から2021年10月まではロナルド・クーマン監督が務め、今回チャビ監督が就任する。

それ以前は、フランク・ライカールト監督が2003年7月から2008年6月まで、ジョゼップ・グアルディオラ監督が2008年7月から2012年6月まで、病気により退任せざるを得なくなり、その後に他界したティト・ビラノバ監督が2012年7月から2013年7月まで、ヘラルド・マルティーノ監督が2013年7月から2014年6月までと全員が契約を全う。ルイス・エンリケ監督までは、契約満了で退任しているため、違約金は発生していない。

しかし、その後のバルベルデ監督、セティエン監督、クーマン監督と、3人続けて解任しているバルセロナ。さらに、今回のチャビ監督はアル・サッドから引き抜くこととなったために、契約解除金が発生。その合計が、前述の3300万ユーロとなる。

バルベルデ監督は、就任1年目の2017-18シーズンにラ・リーガとコパ・デル・レイの2冠を達成すると、2018-19シーズンはラ・リーガ連覇を達成。しかし、2019-20シーズンは成績不振で解雇。約1100万ユーロ(約14億4000万円)の違約金が支払われたという。

セティエン監督は、2022年まで契約を結んでいた中、1年を残して解任。400万ユーロ(約5億2400万円)の違約金が発生した。

さらにクーマン監督には1300万ユーロ()が必要とのこと。オランダ代表監督から引き抜く際に580万ユーロ(約7億6000万円)の解除金を支払うこととなっているが、これはクーマン監督が肩代わり。しかし、解雇したことで違約金720万ユーロ(約9億4300万円)と合わせて、1300万ユーロがかかることとなる。なお、チャビ監督は500万ユーロ(約6億5500万円)の解除金を支払い、アル・サッドから引き抜いている。

監督解任による違約金が嵩むという点では、かつてはチェルシーが陥った負のスパイラル。成績が上がらないものの、一定の契約期間を監督に提示しているために、どうしても発生するもの。かといって、クラブが我慢強くなることもなく、違約金だけが嵩むという謎の事態に陥ることとなる。

監督交代を繰り返した結果、43億円も無駄に支払っているのだから、負債が無くならないのも頷けると言える。

1 2

関連ニュース
thumb

バルサ再始動… W杯敗退組はオフも、負傷アラウホは帰還

中断期間明けに向け、バルセロナが再始動するようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 中断期間前のラ・リーガを首位で折り返したバルセロナ。チャンピオンズリーグ(CL)では2季連続のグループステージ敗退という大失態を晒してしまったが、後半戦は4季ぶりのリーグタイトル奪還に期待がかかる。 カタール・ワールドカップ(W杯)の親善大使を務めるチャビ・エルナンデス監督も現地から帰国し、5日からトレーニングを再開する流れに。グループステージで敗退したばかりのGKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲン、DFアンドレアス・クリステンセンはしばしのオフを挟み、12日から合流するという。 一方、ウルグアイ代表としてW杯に臨むも、ケガで試合に出られなかったDFロナルド・アラウホはすでにバルセロナへと帰還済みで、本拠地で回復に専念。チャビ監督は、手元にいる選手らでフィジカルトレーニングを中心としたメニューをこなしていく方針とのことだ。 中断期間が明けたバルセロナの最初の公式戦は今月31日。ラ・リーガ第14節でエスパニョールとのダービーマッチに臨む。 2022.12.04 17:50 Sun
twitterfacebook
thumb

メッシがキャリア通算1000試合出場! 驚異的なスタッツを記録

パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがオーストラリア代表戦でシニアレベルでのキャリア通算1000試合出場を達成した。 メッシはバルセロナ在籍時代の2004年9月16日のエスパニョール戦でトップチームデビュー。以降はバルセロナで778試合、PSGで53試合に出場。また、2005年8月17日のハンガリー代表戦でデビューを飾ったアルゼンチンのA代表では先日のポーランド代表戦までで168試合に出場していた。 そして、3日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16のオーストラリア戦で節目の1000試合出場を達成した。 そのメモリアルゲームでは相手の堅守に苦戦を強いられていたチームを救う見事な先制点を記録。また、先発フル出場を果たしてチームの攻撃を牽引し、2-1の勝利に導きベスト8進出を決めた。 なお、この間に789ゴール、388アシストという驚異的なスタッツを記録。さらに、通算41個のトロフィーを手にしている。 2022.12.04 06:12 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリーとフランス代表で躍動するチュアメニ、かつてセスクがバルサに推薦「ブスケッツの後継者に最適だった」

フランス代表としてカタール・ワールドカップでも活躍中のオーレリアン・チュアメニだが、セスク・ファブレガスはいち早くその才能に気づいていたようだ。 セスクとチュアメニはモナコでおよそ2年半共闘した間柄。チュアメニはそのモナコで徐々に頭角を現すと、2021年9月にフランス代表デビューを果たし、今回のカタールW杯でもメンバー入り。本戦ではグループステージ3試合で先発出場している。 セスクが初めてチュアメニを知ったのは、チュアメニがまだボルドーに在籍していた頃のこと。リーグ・アンのボルドー戦で感銘を受けたと、セスクは『フットメルカート』の取材で語った。 「彼が他の選手とは違うことをすぐに見抜いたよ。初めて彼を見たのは、モナコで行われたボルドーとのリーグ戦のことだった」 「僕はベンチからのスタートだったんだけど、彼のパフォーマンスに驚かされてね。思わずスタッフに『ボルドーのあのMFは誰なんだ?』と尋ねたのを覚えている」 すると2020年1月、モナコはそのチュアメニを1800万ユーロで獲得し、2人はチームメイトに。当時のことをセスクは「彼はウチに来て、少し適応する時間も必要だったけど、その後はどんどん成長して僕が思っていた通りの素晴らしい選手になったよ」と語る。 そして、セスクはさらに、チュアメニを古巣のバルセロナに推薦したという。 「バルサでオーレルのことを話したのは本当だ。彼らはセルヒオ・ブスケッツの後継者を探す準備にとりかかっていて、僕にとっては完ぺきな選手だった」 「だけど、バルサが資金不足だった時期で、4000万ユーロ以上は提示できなかったと思う」 ただ、セスクの期待とは裏腹に、チュアメニは今夏レアル・マドリーへ移籍。多くのビッグクラブが獲得に動いた中で、最大1億ユーロの値がついた。 バルセロナの最大のライバルへ移籍したチュアメニだが、ここまではレギュラーとして公式戦18試合に出場中。セスクは「オーレリアンに限界はない」と、ライバルで活躍する22歳へエールを送っている。 2022.12.03 18:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ケシエがインテルに売り込みか、1月にレンタルの可能性

バルセロナのコートジボワール代表MFフランク・ケシエ(25)の代理人がインテルに売り込みをかけているようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。 ケシエは今夏、ミランからバルセロナにフリーで加入。4年契約を結んだが、負傷や適応に苦しみバルセロナではラ・リーガ2試合、チャンピオンズリーグでは3試合のスタメン出場にとどまっている。 出場機会を得られない中、ケシエの代理人はインテルに売り込みをかけているようで、1月にも話し合いが持たれるとのことだ。 ただ、インテル側の財政的にレンタルであること、650万ユーロの一部年俸をバルセロナに支払ってもらうことが条件となるようだ。果たしてケシエは半年でミラノに戻ってくることになるのだろうか。 2022.12.02 22:40 Fri
twitterfacebook
thumb

バルサ、カタールW杯参戦中の左SBアレハンドロ・バルデとの契約更新が進む! 新たに5年契約へ

バルセロナとスペイン代表DFアレハンドロ・バルデ(19)の契約更新が迫っているようだ。 バルセロナのカンテラで育ち、昨シーズンにプロデビューを果たしたバルデ。同シーズンは公式戦7試合の出場にとどまったが、今季は本格的にトップチームに身を置き、中断前まで16試合に出場、3アシストを記録していた。 そんな活躍から、今回のワールドカップでは負傷したホセ・ルイス・ガヤに代わって追加招集を受けることに。これがA代表として初招集だったが、本大会ではここまで2試合で途中出場している。 クラブではチャビ・エルナンデス監督が絶大な信頼を置いていることもあり、2024年夏までとなっている契約の更新を進めている模様。移籍に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、新契約は新たに5年間と、10億ユーロの契約解除金が設定されるようだ。 一方で、バルデと同じ左サイドバックで長らく活躍してきたジョルディ・アルバに関しては、クラブが2024年夏まで残す契約の解除を検討していると言われている。 2022.11.30 13:45 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly