ローマ戦で大活躍の若手ノルウェー人FW、過去にハーランドらとラップグループを結成していた

2021.10.23 22:15 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマを粉砕したボデ/グリムトのU-21ノルウェー代表FWエリック・ボッタイムの意外な過去が明らかになった。

21日にヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)グループC第3節で、ジョゼ・モウリーニョ監督率いるローマをホームに迎えたボデ/グリムト。先発フル出場したボッタイムは2ゴール3アシストの大活躍を見せ、6-1という歴史的大勝の立役者となった。

そのボッタイムの過去が大きな反響を呼んでいる。2016年に、同世代の親友アーリング・ハーランドエリック・トビアス・サンドベリを加えた3名で“Flow Kingz”という音楽グループを結成していた模様。当時の映像に改めて脚光が当たり、現在、動画の再生回数は800万回を突破している。

ハーランドと同じようにストライカーとして輝かしい道程を歩みたいと考えているノルウェーの新星。この日の活躍と歌唱力が、ビッグクラブのスカウトの目に留まる日も近いかもしれない。



1 2

関連ニュース
thumb

4発大勝でECLベスト4進出のローマ、モウリーニョ監督は「全員が勝利の確信を持っていた」

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)でのベスト4進出を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ローマは14日、ホームで行われたECL準々決勝2ndレグでボデ/グリムトと対戦した。1stレグは1-2で敗れており、勝ち抜けのためには2点差以上での勝利が必要となる一戦は、開始早々にFWタミー・エイブラハムのゴールで先制に成功。その後も主導権を完全に握ったチームはMFニコロ・ザニオーロがハットトリックを達成するなど攻撃陣が爆発し、4-0で勝利した。 この結果、合計スコア5-2でベスト4進出を決めたローマ。モウリーニョ監督は試合前から勝ちを確信していたとし、チームは周囲から受ける評価より優れたサッカーを見せていると強調した。 「まずは準決勝に進出できたことが一番重要だ。だがそれ以外でも、最初の1分から見せたプレスの強さ、球際の強さ、質の高さなど、すべてが収穫になる」 「1-0、2-0となり、全員が勝てるという確信を持っていた。ノルウェーでの1stレグを1-2で落とした後でも、大きな問題は感じなかった。自分たちの方が上だと感じていたからね」 「今夜は試合を通してずっと集中していた。(今季)4回ボドと対戦して今日しか勝てなかったというのには、納得がいっていない。とはいえ、それでも重要なのは、1-2で負けていたところから5-2に持っていけたことだ」 「ファンは完全にチームを応援してくれている。共感や情熱…とてもとてもポジティブなものだ。我々はこれから(週末のセリエAで)ナポリと対戦するが、彼らがタイトル獲得を目指しているのであれば、我々は5位以内を目指して勝ちに行く」 「良いプレーをして勝つのは理想であり、素晴らしいことだ。だが、良いプレーをして負けるのは好きではない。そういうのを好むのは『私のチームにはアイデンティティがあり、私自身も明確なアイデンティティを持った監督だ』などと哲学を語る人物だけだ。そして、そういう監督たちは結局何も勝ち取れていない」 「我々は一部の人が思っているより、ずっと良いプレーをしている。サレルニターナ戦を振り返っても、後半は本当に良いプレーをしていた。我々にはスピリットとよく組織されたチームがあるから長期間負けていない、と言うのは安直すぎると思うね。実際には、皆が言うよりずっと良いプレーをしているんだ。今日は単純に我々が上だった」 2022.04.15 15:51 Fri
twitterfacebook
thumb

雪玉被害は2人目…モウリーニョ監督に続いてエイブラハムも相手ファンから投げつけられる

指揮官だけでなく、選手にも雪玉が投げつけられたようだ。 7日、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)準々決勝1stレグのボデ/グリムトvsローマが行われ、2-1でホームのボデ/グリムトが先勝した。 ボデ/グリムトのヒェティル・クヌートセン監督は試合後の会見でローマベンチの振る舞いに言及。「アシスタントコーチは愚か者のように振る舞っていた。彼は試合前に私を侮辱し、試合中にずっとそうし続けていた」と糾弾した。 一方で、試合前にはローマのジョゼ・モウリーニョ監督にも若いファンから雪玉が投げつけられるなどの行為も確認されていたが、指揮官だけでなくFWタミー・エイブラハムも標的となっていた。 投稿された動画ではしっかりと握られた雪玉が、ピッチから引き上げるエイブラハムの背中をかすめているようにも見える。 この動画に対してはローマのファンと思われる不敵なコメントが多数寄せられることに。「ファンは卑劣であることが判明」、「彼はローマのウルトラスを知らないんだ」、「(ホームの)オリンピコではレーザーを使用します」、「オリンピコで会いましょう」、「オリンピコでお会いできるのを楽しみにしています」などの声が集まっている。 ローマはボデ/グリムトとECLのグループステージでも同居しており、その時のアウェイゲームは1-6と大敗を喫していた。ホームでは2-2という結果であったが、14日に行われる2ndレグではどのような結末を迎えるのだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】投げつけられた雪玉がヒットし、不満をあらわにするエイブラハム</span><span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="tiktok-embed" cite="https://www.tiktok.com/@ftbl/video/7084537921050529067" data-video-id="7084537921050529067" style="max-width: 605px;min-width: 325px;" > <section> <a target="_blank" title="@ftbl" href="https://www.tiktok.com/@ftbl">@ftbl</a> My mate Tammy did not look happy lokebarli&#47;tt <a title="ftbl" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/ftbl">#ftbl</a> <a title="football" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/football">#football</a> <a title="soccer" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/soccer">#soccer</a> <a target="_blank" title="original sound - FTBL" href="https://www.tiktok.com/music/original-sound-7084537741563661098"> original sound - FTBL</a> </section> </blockquote> <script async src="https://www.tiktok.com/embed.js"></script> 2022.04.09 21:55 Sat
twitterfacebook
thumb

「愚か者のように」ローマベンチの異常な振る舞いをボデ/グリムト指揮官が糾弾「フェアプレーはあまりなかった」

ボデ/グリムトのヒェティル・クヌートセン監督が、ローマ戦での出来事に言及した。 7日、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)準々決勝1stレグでホームにローマを迎えたボデ/グリムト。グループステージでは6-1で勝利した相手だけに、チームとしても良いイメージを持って臨んだ。 試合は43分にローマが先制するも、56分にウルリク・サルトネスのゴールで同点とすると、89分にはヒューゴ・ヴェトレセンが逆転ゴール。2-1で先勝に成功した。 グループステージに続いてローマに勝利したボデ/グリムト。しかし、クヌートセン監督は試合後の会見でローマベンチの振る舞いに言及。愚かな行為があったと糾弾した。 「彼らは試合の前に言ってきた。フェアプレーはあまりなかった。この試合では、彼らは異なる“態度”を持っていた」 「アシスタントコーチは愚か者のように振る舞っていた。彼は試合前に私を侮辱し、試合中にずっとそうし続けていた」 「フェアプレーがほとんどなかったので、私の仕事に支障をきたす可能性がった。今までに見たことがない特殊な振る舞いだったよ」 <span class="paragraph-title">【写真】モウリーニョ監督を差し置いて悪態をついたAC</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="sv" dir="ltr">Norska ilskan mot Roma: &quot;Uppförde sig som en dåre&quot;.<a href="https://t.co/jpkMDFgcRH">https://t.co/jpkMDFgcRH</a> <a href="https://t.co/IqchfOcTiM">pic.twitter.com/IqchfOcTiM</a></p>&mdash; Fotbollskanalen (@fotbollskanal) <a href="https://twitter.com/fotbollskanal/status/1512188275183828992?ref_src=twsrc%5Etfw">April 7, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.04.08 13:19 Fri
twitterfacebook
thumb

ECLベスト4遠のく黒星のローマ…それでもモウリーニョ監督は「我々は変わらず準決勝に進出する有力候補」

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)での敗戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ローマは敵地で7日に行われたECL準々決勝1stレグで、ノルウェーのボデ/グリムトと対戦。主力を起用して臨んだ一戦は、相手に主導権を握られながらも43分にMFロレンツォ・ペッレグリーニのゴールで先制に成功。しかし、後半に入り56分に失点を許すと、その後はなかなか得点を奪えず、終了間際に逆転弾を許して1-2で敗れた。 ベスト4進出のためには14日に行われるホームでの2ndレグで勝利しなければならない状況について、モウリーニョ監督は試合後に改善が必要だと強調。そのうえで、ホームでの勝利に強い自信を示した。 「2つの良くない失点があった。2失点目はセットプレーからだ。こうしたゴールは常に貴重であり、我々も多く決めてきた。しかし、こうしたゴールは決めると良いが、許してしまったときは腹立たしい。集中力が欠けていたと思う」 「一方、1点目は本当に馬鹿馬鹿しいものだった。でも、本当に心配なのはジャンルカ・マンチーニのケガだ。プラスチックのようなピッチでプレーしていれば、こういうケガをするものだ」 「今夜は1-2で負けたが、まだ2ndレグが残っている。その試合はスタディオ・オリンピコで、我々のファンの前で行われるんだ。だから、我々が準決勝に進出する有力候補であることに変わりはない」 「選手への信頼、スタジアムの雰囲気への信頼、ファンが示してくれる応援への信頼がある。もちろん、それでも相手がタフであることは間違いない」 「そして、良い審判たちに恵まれる自信もある。前回ホームで対戦したときには2つの明確な反則があったのに、その時の審判は見逃した。そして今日も、前半にオフサイドと判定される場面が2つ、後半にスローインが1つあった。これは審判のレベルの高さをよく示しているだろう」 2022.04.08 13:07 Fri
twitterfacebook
thumb

主力起用ローマがボデ/グリムトに返り討ちに遭う…マルセイユはパイエのスーパーボレーで先勝《ECL》

ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)準々決勝の1stレグ、ボデ/グリムトvsローマが7日に行われ、ホームのボデ/グリムトが2-1で先勝した。 優勝候補筆頭もここまで圧倒的な力を発揮し切れていないローマは、グループステージで1敗1分けと負け越したノルウェー王者相手にリベンジを狙った。 直近のセリエAで10戦無敗を継続するモウリーニョ率いるチームは、1-6の大敗を喫した因縁の地での一戦に向け、スモーリングに代えてクンブラを起用した以外主力を起用した。 主力の起用で相手を圧倒する戦いぶりが期待されたローマだったが、立ち上がりから相手のハイプレスに手を焼きうまくボールを前進させられない。さらに、相手のボール回しに対しても、なかなか制限をかけられず押し込まれる状況が続く。 何とか最後のところで身体を張って0-0のスコアを維持するアウェイチームは、30分を過ぎた辺りからようやく相手陣内でのプレーを増やすと、37分にはムヒタリアンとの連携から鮮やかなターンでボックス中央で前を向いたエイブラハムに決定機も、ここはGKのビッグセーブに遭う。 それでも、この決定機をキッカケにリズムを掴んだローマは前半終了間際に鮮やかな連携から先手を奪う。43分、最後尾のクンブラからの対角フィードに反応した左サイドのザレフスキが相手を押し込み、内でサポートに入ったセルジオ・オリベイラにつなぐ。ここでポルトガル代表MFが斜めに差し込んだグラウンダーのパスを中央のムヒタリアンが完璧なタッチでボックス左に走り込むペッレグリーニにつなぐと、ローマのカピターノが体勢を崩しながらも左足のシュートでニア上を射抜いた。 決定力の差を見せつけて1点リー度ドで試合を折り返したローマだが、後半は立ち上がりからボデ/グリムトの攻勢に晒される。すると、56分には相手の波状攻撃からウェンバンゴモがボックス手前で放ったシュートがサルトネスの背中に当たってコースが変わると、逆を突かれたGKルイ・パトリシオがはじき出せず。同点に追いつかれた。 流れを変えたいモウリーニョ監督はムヒタリアンとザレフスキを下げてショムロドフとビーニャ、さらにふくらはぎを痛めたマンチーニに代えてスモーリングを投入した。 その後、試合は一進一退の攻防となったが、試合終盤にかけてパワーダウンのアウェイチームは劣勢に。すると、試合終了間際の89分にはビーニャのファウルで与えた自陣左サイド深くからのFKの場面で完全にフリーにしたヴェトレセンにゴール右隅へヘディングシュートを叩き込まれた。 そして、主力を起用しながらも敵地でまたしてもボデ/グリムトに敗れたローマは、1週間後のホームゲームで逆転突破を目指すことになった。 同日行われたマルセイユvsPAOKは、ホームのマルセイユが2-1で勝利した。 リーグ・アンで2位に位置する好調のマルセイユは、ギリシャの強豪をホームで迎え撃った。 開始13分にパイエの鋭い斜めのグラウンダーパスを中央で収めたジェルソンの左足アウトにかけた鮮やかなボレーシュートで先制に成功したホームチーム。さらに、前半終了間際の45分には右CKの場面でキッカーのジェンギズ・ウンデルがサインプレーからペナルティアーク付近でフリーのパイエにパスを供給。ここでパイエはうまく身体を脱力し、抑えの利いた右足のスーパーボレーシュートをゴール右上隅に突き刺した。 その後、後半立ち上がりにエル・カドゥーリに1点を返されたマルセイユはなかなか3点目を奪い切れずにいると、試合終盤にはジェルソンが2枚目のカードをもらって退場に。それでも、1点差を守り切ってホームで先勝に成功した。 また、フェイエノールトvsスラビア・プラハは、3-3のドローに終わった。 戦前から実力拮抗と言われた実力者同士の一戦は、白熱のシーソーゲームに。ホームのフェイエノールトがシニステラのゴールで早い時間帯に先制したが、スラビア・プラハは前半終盤、後半半ばに連続得点を挙げて逆転に成功。 だが、ここから底力を見せたホームチームはセネシ、コクチュの連続ゴールで再逆転。これでホームチームの勝利かに思われたが、アウェイチームが試合終了間際の95分にイブラヒム・トラオレがCKの二次攻撃から劇的同点ゴールを奪った。 2022.04.08 06:36 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly