交代後に怒りを露わにしたエジル、ボトル蹴り上げシャツを投げ捨てる 後日SNSで謝罪文も

2021.10.23 20:01 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
【写真】ボトルを蹴り飛ばすエジル





1 2

関連ニュース
thumb

田中亜土夢が後半から出場のヘルシンキがアウェイで先勝! フェネルバフチェも快勝《EL予選3回戦》

4日、ヨーロッパリーグ(EL)予選3回戦の1stレグ7試合が行われた。 MF田中亜土夢が所属するHJKヘルシンキは、アウェイでスロベニアのマリボルと対戦。0-2でヘルシンキがアウェイで先勝を収めた。 田中はこの試合でベンチスタート。ハーフタイムにサンテリ・ヴァーナネンと交代して出場した。 前半はゴールレスで折り返した中、47分にヘルシンキが先制。ボックス右でパスを受けたデイビット・ブラウンが細かいステップで相手DFを抜いてカットイン。サンテリ・ホスティッカとのダイレクトワンツーでボックス内でリターンを受け、左足で見事にゴールを奪った。 先制に成功したヘルシンキは64分にも追加点。大きなサイドチェンジを左サイドでムリロが受けると、グラウンダーのクロス。これをファーサイドに走り込んだボヤン・ラドゥロビッチが押し込み、リードを2点に広げ、そのまま勝利を収めた。 その他、フェネルバフチェやマルメ、チューリヒなどヨーロッパの経験があるチームが順当に勝利を収めている。 ◆ヨーロッパリーグ予選3回戦 1stレグ <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">AEKラルナカ(キプロス) 2</span>-1 パルチザン・ベオグラード(セルビア) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">マルメ(スウェーデン) 3</span>-0 デュドランジュ(ルクセンブルク) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">フェネルバフチェ(トルコ) 3</span>-0 スロヴァコ(チェコ) マリボル(スロベニア) 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 HJKヘルシンキ(フィンランド)</span> リンフィールド(北アイルランド) 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 チューリヒ(スイス)</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">シャムロック・ローバーズ(アイルランド) 3</span>-1 シュクピ(北マケドニア) オリンピアコス(ギリシャ) 1-1 スロバン・ブラチスラバ(スロバキア) <span class="paragraph-title">【動画】田中亜土夢出場のマリボルvsヘルシンキ ハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="QF2EjTBI9MQ";var video_start = 6;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.05 10:55 Fri
twitterfacebook
thumb

フェネルバフチェが北マケドニア代表DFアリオスキをアル・アハリからレンタル

フェネルバフチェは2日、サウジアラビアのアル・アハリから北マケドニア代表DFエズジャン・アリオスキ(30)をレンタル移籍で獲得することを発表した。 アリオスキはスイスにもルーツがあり、ヤング・ボーイズの下部組織で育った。 ファーストチーム昇格の前にシャフハウゼンへのレンタル移籍を経験すると、その後完全移籍。その後ルガーノにも完全移籍する。 2017年7月にはリーズ・ユナイテッドへ完全移籍。4シーズンを過ごし、公式戦169試合に出場し22ゴール19アシストを記録。2021年7月にアル・アハリへ完全移籍していた。 アル・アハリでは公式戦30試合で6ゴール9アシストを記録している。 また、北マケドニア代表としても56試合で12ゴールを記録。左サイドバックを主戦場に、サイドハーフとしてもプレーできる。 2022.08.03 10:30 Wed
twitterfacebook
thumb

CL予選でウクライナのクラブに「ウラジミール・プーチン」の大合唱…フェネルバフチェのサポーターが愚行でクラブも非難

今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)予選がスタートしている中、最悪の出来事が起こった。 事件が起きたのは27日に行われたCL予選2回戦のフェネルバフチェvsディナモ・キーウの一戦だった。 試合は1-1で90分を終了。延長戦に突入し、ディナモ・キーウが1-2で勝利を収めて3回戦へと進出していた。 今年2月にロシアの軍事侵攻をウクライナが受け、活動が停止してしまったディナモ・キーウ。その中で、準備を進めて臨んでいるCL予選で、トルコの強豪クラブを下しての勝ち上がりは大きな喜びとなっていた。 しかし、フェネルバフチェのサポーターが最悪の振る舞い。ロシアのウラジーミル・プーチン大統領の名前をチャントで歌うという行為に出ていた。 この行為を把握した欧州サッカー連盟(UEFA)は、フェネルバフチェに対しての懲戒処分を検討。「倫理および懲戒委員会は、フェネルバフチェサポーターの不正行為の疑いに関する懲戒調査を実施する」と声明を発表し、調査を開始している。 フェネルバフチェはこの件について声明を発表。クラブとは全く関係ないものであるとし、非難した。 「ディナモ・キーウとの試合で、相手チームのゴール後、スタンドの一部から聞こえてきた」 「この件は、我々のクラブを代表するものではなく、我々のクラブの企業姿勢をまったく反映していない言説に対してこの声明を出している」 「試合の58分、相手チームの選手、特に過去にトルコのチームでプレーした控えGKの誇張された動きにより、一部のスタンドが興奮し、反応は20秒しか続かなかった」 「理由が何であれ、我々はフェネルバフチェスポーツクラブとして、いくつかのスタンドから生じる反応を受け入れません」 「我々のクラブのスタンスや価値観を表すことのないこのチャントは全てのファンに帰し、責任を我々のクラブに帰することは、公正で公平なアプローチではありません」 <span class="paragraph-title">【動画】ウクライナのチーム相手に「ウラジミール・プーチン」と大合唱するサポーター</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Fenerbahçe fans chanting “Vladimir Putin” after a Dynamo Kyiv player celebrated scoring in this <a href="https://twitter.com/hashtag/UCL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#UCL</a> qualifier.<br><br>Absolutely tasteles<a href="https://t.co/NocU0MTpbk">pic.twitter.com/NocU0MTpbk</a></p>&mdash; Nico Cantor (@Nicocantor1) <a href="https://twitter.com/Nicocantor1/status/1552366608277987328?ref_src=twsrc%5Etfw">July 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.29 10:10 Fri
twitterfacebook
thumb

フェネルバフチェ、マルセイユからDFルアン・ペレス獲得を発表!

フェネルバフチェは28日、マルセイユに所属するブラジル人DFルアン・ペレス(28)の獲得で合意に達したことを発表した。 フェネルバフチェは公式ツイッターで、「当クラブはマルセイユでプレーするルアン・ペレスの移籍について、マルセイユと基本合意に達した。同選手は28日の夜にイスタンブールに到着し、メディカルチェックを受け、移籍手続きを進める予定だ」との声明を発表している。 190cmの恵まれた体躯を持つルアン・ペレスだが、フィジカル自慢の“古風なザゲイロ”ではなく左サイドバックでもプレー可能なスピードと足元のテクニックを備えたモダンなタイプで、積極的な持ち出しや高精度の左足のキックで後方からゲームを作れる最後尾の司令塔だ。 母国ブラジルのポルトゥゲーザでキャリアをスタートした同選手は、サンタ・クルスやレッドブル・ブラガンチーノ、ポンチプレッタ、クラブ・ブルージュといったクラブを渡り歩き、2021年の夏にマルセイユへ加入。 マルセイユでは開幕戦から定位置を掴むと、リーグ戦33試合を含む公式戦49試合に出場するなど、クラブのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に大きく貢献していた。 2022.07.29 00:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ディナモ・キーウが延長戦の末にフェネルバフチェを下して3回戦進出《CL予選》

チャンピオンズリーグ予選2回戦2ndレグが27日に行われた。 2回戦最注目カードのフェネルバフチェvsディナモ・キーウは1-1で90分を終了。2戦合計スコア1-1となり、延長戦の末に1-2としたディナモ・キエフが3回戦に進出した。 1週間前に行われた1stレグでは0-0の引き分けに終わっていた一戦。 1stレグ同様にフェネルバフチェが主導権を握る展開で推移したが、先制したのはディナモ・キーウ。54分に2枚目のイエローカードで退場者を出して10人となったフェネルバフチェ相手に3分後の57分、ブヤルスキーのゴールが決まった。 70分にPKを献上してひやりとしたディナモ・キーウだったが、フェネルバフチェはバレンシアが失敗。 しかし89分、アティラ・サライに同点ゴールを許して延長戦にもつれ込んだ。それでも延長後半9分、カラバエフの決勝弾が生まれて勝利。国難の中、強豪フェネルバフチェを下して3回戦へ勝ち上がった。 その他、ギリシャ王者オリンピアコスはホームで0-4と完敗。2戦合計スコア1-5で敗退している。2回戦2ndレグの結果は以下の通り。 ▽7/26 ◆チャンピオンルート シャムロック・ローヴァーズ(アイルランド) 2-1(AGG:2-4) <span style="color:#cc3300"><b>ルドゴレツ・ラズグラド(ブルガリア)</b></span> シュクピ(北マケドニア) 0-1(AGG:2-3) <span style="color:#cc3300"><b>ディナモ・ザグレブ(クロアチア)</b></span> デュドランジュ(ルクセンブルク) 1-4(AGG:2-4) <span style="color:#cc3300"><b>ピュニク(アルメニア)</b></span> <span style="color:#cc3300"><b>ビクトリア・プルゼニ(チェコ)</b></span> 5-0(AGG:7-1) HJK(フィンランド) <span style="color:#cc3300"><b>シェリフ(モルドバ)</b></span> 1-0(AGG:1-0) マリボル(スロベニア) ◆リーグルート AEK(キプロス) 1-2(AGG:2-3) <span style="color:#cc3300"><b>ミッティラン(デンマーク)</b></span> ▽7/27 ◆チャンピオンルート <span style="color:#cc3300"><b>ボデ/グリムト(ノルウェー)</b></span> 8-0(AGG:8-1) リンフィールド(北アイルランド) マルメ(スウェーデン) 0-2(AGG:0-3) <span style="color:#cc3300"><b>ジャルギリス(リトアニア)</b></span> チューリヒ(スイス) 2-2(AGG:4-5) <span style="color:#cc3300"><b>カラバフ(アゼルバイジャン)</b></span> スロバン・ブラチスラヴァ(スロバキア) 1-4(AGG:3-5) <span style="color:#cc3300"><b>フェレンツヴァーロシュ(ハンガリー)</b></span> オリンピアコス(ギリシャ) 0-4(AGG:1-5) <span style="color:#cc3300"><b>マッカビ・ハイファ(イスラエル)</b></span> ◆リーグルート フェネルバフチェ(トルコ) 1-2(AGG:1-2)<span style="color:#cc3300"><b>ディナモ・キーウ(ウクライナ)</b></span> 2022.07.28 06:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly