フェネルバフチェ、ローマから元アルゼンチン代表FWペロッティを獲得!

2020.10.06 05:01 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フェネルバフチェは5日、ローマに所属する元アルゼンチン代表FWディエゴ・ペロッティ(32)を完全移籍で獲得した。契約期間は2022年6月までで、1年間の延長オプションが付随している。これまでセビージャやボカ・ジュニアーズで活躍してきたペロッティは、2016年1月にジェノアからローマに加入。セリエA屈指のドリブルテクニックを持つ変幻自在の“トリックスター”は、4年半在籍したローマで公式戦138試合に出場し32ゴール26アシストを記録していた。

また、フェネルバフチェは移籍最終日となった同日にPAOKに所属するギリシャ代表MFディミトリス・ペルカス(26)とバーゼルに所属するスイス人FWケマル・アデミ(24)の獲得も発表していた。
コメント
関連ニュース
thumb

元トルコ代表MFエムレ氏がフェネルバフチェのスポーツ・ディレクターに就任

フェネルバフチェは29日、元トルコ代表MFのエムレ・ベロゾグル氏(40)をスポーツ・ディレクターに任命したことを発表した。 トルコ代表として101試合に出場し、2002年の日韓ワールドカップでは3位躍進に貢献したエムレ氏は、レフティーのプレーメーカーとして鳴らし、ガラタサライやインテル、ニューカッスルにフェネルバフチェ、イスタンブール・バシャクシェヒルなどで活躍。昨年8月にフェネルバフチェで現役を引退していた。 現役時代に3度在籍した古巣フェネルバフチェのSDに就任したエムレ氏は「幸せで誇りに思う」とコメントしている。 2020.10.30 01:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ベニテス率いる大連、残留POを前にフェネルバフチェからブラジル人MFを補強!

中国スーパーリーグに所属する大連人職業は12日、フェネルバフチェからブラジル人MFジェイウソン・シケイラ(25)を完全移籍で獲得した。背番号は「12」を着用する。 移籍金や契約期間などは明かされていないが、フランス『レキップ』によれば移籍金は450万ユーロ(約5億6000万円)とのことだ。 グレミオの下部組織出身のジェイウソンは、2015年にレンタル移籍で加入したシャペコエンセでプロデビュー。2016年1月にグレミオに復帰すると、2年半で公式戦80試合に出場し4ゴール1アシストを記録。 2018年6月から加入したフェネルバフチェでは、本職の守備的MFだけでなくセンターバックでもプレーし、これまで公式戦63試合に出場していた。 ジェイウソンが加入する大連人職業は、名将ラファエル・ベニテス監督が指揮官を務めており、スロバキア代表MFマレク・ハムシクやベネズエラ代表FWホセ・サロモン・ロンドンらが在籍している。 なお、今シーズンの中国スーパーリーグは新型コロナウイルスの影響でレギュレーションが通常の16チームによるホーム&アウェイ制から、蘇州と大連の2都市で2グループに分けてのグループステージ方式に変更。そんな中、大連人職業はグループAで2勝7敗5分けと大きく負け越し、7位で残留プレーオフに回ることとなった。 そして、17日に残留をかけたプレーオフ初戦でグループBで6位の石家荘永昌と対戦する。 2020.10.13 00:10 Tue
twitterfacebook
thumb

フェネルバフチェがアストン・ビラのタンザニア代表FWサマッタを獲得、4年契約を結び今季はレンタルで加入

フェネルバフチェは25日、アストン・ビラのタンザニア代表FWムブワナ・サマッタ(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は4年間となり、今シーズンはレンタル移籍での加入となる。 サマッタは、今年1月にヘンクからアストン・ビラへと完全移籍。アストン・ビラではプレミアリーグで14試合に出場し1ゴールを記録していた。 ヘンクでは、公式戦191い出場し76ゴール20アシストを記録。伊東純也とのコンビネーションも見せていた。 サマッタは今回の移籍について、「フェネルバフチェのクラブとしての大きさを知っています。トルコだけでなく、世界でも知られる偉大なクラブです。僕にとって、これは新しく大きな挑戦になるので、そのファミリーに加われて幸せです」とコメントしている。 2020.09.25 20:22 Fri
twitterfacebook
thumb

フェネルバフチェがヴォルフスブルクのDRコンゴ代表DFティセランを完全移籍で獲得

フェネルバフチェは15日、DRコンゴ代表DFマルセル・ティセラン(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は3年間となり、1年間の延長オプションが付いているとのことだ。 ティセランはモナコの下部組織で育ち、RCランスやトゥールーズなどでプレー。2016年8月にインゴルシュタットへ完全移籍しドイツに活躍の場を移すと、2018年7月にヴォルフスブルクへ完全移籍していた。 キャリアを通じてはリーグ・アンで61試合に出場し1ゴール1アシスト、ブンデスリーガで69試合に出場し2ゴール4アシストを記録。2019-20シーズンはブンデスリーガで15試合に出場し1ゴール1アシスト、ヨーロッパリーグで7試合に出場し1アシストを記録していた。 2020.09.16 09:55 Wed
twitterfacebook
thumb

マンジュキッチはセリエAに戻らず、フェネルバフチェと合意報道

現在は無所属となっている元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ(34)だが、新天地はトルコになりそうだ。トルコ『ファナティック』が報じた。 ディナモ・ザグレブやヴォルフスブルク、バイエルン、アトレティコ・マドリーでプレーしたマンジュキッチは、2015年7月にユベントスへ加入。センターフォワードだけでなくウイングのポジションでも起点となる活躍を見せ、公式戦162試合に出場し44ゴール17アシストを記録していた。 しかし、2019-20シーズンはマウリツィオ・サッリ監督の下で構想外となり、メンバー外になる状況に。その結果、2020年1月にカタールのアル・ドゥハイルへ完全移籍していた。 スターズ・リーグでは5試合に出場したものの、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けてリーグ戦が中断。7月に契約を解除し、フリーとなっていた。 そのマンジュキッチはフィオレンティーナやミランなどセリエAクラブへの加入が既定路線と思われていた中、『ファナティック』によるとフェネルバフチェと合意に達したとのことだ。 フェネルバフチェはコソボ代表FWベダド・ムリキ(26)がラツィオへと移籍。昨季のリーグ戦で15ゴールを挙げたストライカーを手放したことで、新たな点取り屋の獲得に動いていた。 2020.09.16 09:35 Wed
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly