フェイエ主将MFベルフハイスにローマ行きの可能性?

2020.10.30 18:28 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フェイエノールトに所属するオランダ代表MFステーフェン・ベルフハイス(28)にローマ行きの可能性があるようだ。『transfermarkt』が伝えている。トゥヴェンテでプロキャリアをスタートしたベルフハイスはAZ時代に台頭。その後、ワトフォードを経て2016年夏にフェイエノールトへレンタル移籍で加入すると、完全移籍に切り替わった2017年から絶対的な主力に君臨し、現在は背番号10と共にキャプテンを務めている。


右ウイングを主戦場に卓越した左足の技術、パス精度、決定力を併せ持つ万能型アタッカーは、直近3シーズンのエールディビジで毎シーズン20ゴール以上に関与しており、今シーズンここまでも6試合の出場で6ゴール4アシストを記録している。

オランダ代表としても通算15キャップを刻むベルフハイスに関しては以前からローマからの関心が伝えられており、今夏にも移籍に迫っていたとの報道もあった。

そういった中、フェイエノールトのキャプテンはオランダ『RTL 7』でローマとの関連について言及している。

「そのこと(ローマからの関心)については幾つかのことを知っているよ。だけど、僕はここにいる。確かに彼らからの関心はあったけど、具体的なものは何もなかったよ」

「これについてはかなり前から続いている話で、クラブと代理人は過去にそれについて話し合ったこともある」

「ローマ行きに関して具体的な考えはないよ。具体的な話がないのだからね。もちろん、その時が来れば、当然考えることになるはずさ。ただ、現時点で僕が焦点を当てるべきものではないよ」

なお、オランダ『Voetbal International』によると、ベルフハイスは2019年8月に2022年までの新契約にサインした際、金額は不明もクラブ側に不当な移籍金を要求しない旨を受け入れさせており、バーゲン価格での移籍が可能だという。

ローマは今夏、元スペイン代表FWペドロ・ロドリゲスを獲得した一方、トルコ代表FWジェンギズ・ウンデル、オランダ代表FWユスティン・クライファート、元アルゼンチン代表FWディエゴ・ペロッティら昨季の主力クラスがクラブを離れており、2列目の選手層に不安を抱えている。
関連ニュース
thumb

ローマに痛手、ジェコが内転筋のケガで2週間の離脱か

ローマに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコが、左足の負傷で約2週間の戦線離脱となる見込みだ。イタリア『TUTTOmercatoWEB.com』が報じている。 ジェコは、25日に行われたヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・2ndレグのブラガ戦で左足の内転筋を負傷。その後、行われた精密検査の結果、左足内転筋にグレードⅠの損傷が発見されたようだ。 ジェコはこの負傷で15日ほどの戦線離脱を余儀なくされる見込みだ。そのため、セリエA第24節のミラン戦(28日)と第25節のフィオレンティーナ戦(3月3日)、第26節のジェノア戦(3月7日)に加え、ELラウンド16・1stレグのシャフタール・ドネツク戦(3月11日)の4試合を欠場することになりそうだ。 2021.02.26 23:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ジェコ&マジョラル2戦連発のローマがブラガに連勝で順当にベスト16進出!《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32の2ndレグ、ローマvsブラガが25日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが3-1で勝利した。この結果、2戦合計5-1としたローマのベスト16進出が決定した。 ブラガホームで行われた1stレグをジェコとマジョラルのゴールによって2-0のスコアで先勝したローマ。今週末のリーグ戦でミランとの上位対決を控える中、1stレグから先発3人を変更。イバニェス、スピナッツォーラ、ムヒタリアンに代えてブルーノ・ペレス、ビジャール、加入後初スタメンのエル・シャーラウィが起用された。また、3バックの右にカルスドルプ、右ウイングバックにヴェレトゥと負傷者続出の最終ラインに変更を加えた。 立ち上がりからバランス重視の戦いを見せるローマは、ジェコのポストワークを起点にペドロとエル・シャーラウィの両シャドーが背後に抜け出して幾度か良い形を作り出すが、なかなか決定機まで至らない。 それでも、24分には最後尾のクリスタンテからのフィードに反応したジェコが落としたボールを受けたエル・シャーラウィがボックス左45度の得意な形からファーポストを狙った右足のシュートを放つ。これは右ポストを叩くも、こぼれ球に反応したジェコのシュートが左ポストの内側を叩いてゴールネットを揺らした。 1stレグに続くジェコの先制点によって俄然優位に試合を進められるようになったホームチームは、以降リスクを冒して攻めるブラガの攻勢に晒される。だが、シュポラールの強烈なミドルシュートをGKパウ・ロペスの好守で凌ぐなど、粘りの守備で耐える。 その後、前半終了間際の40分には左サイドに抜け出したエル・シャーラウィからの丁寧なマイナスの折り返しをボックス中央でフリーのペドロが左足ダイレクトで合わせるが、これは惜しくもクロスバーを叩いた。 迎えた後半、ビジャールを下げてペッレグリーニをハーフタイム明けに投入したローマは、後半も危なげなく試合を運んでいく。 後半に入ってなかなか決定機まで持ち込めない中、59分にはヴェレトゥとエル・シャーラウィを下げてスピナッツォーラ、カルレス・ペレス。67分には内転筋を気にしていたジェコを下げてマジョラルをピッチへ送り込む。 71分にはカルレス・ペレスのボックス内での仕掛けからPKを奪取。これはキッカーのペッレグリーニが枠の左に外してしまう。だが、直後の74分にはPKを外したペッレグリーニからの絶妙な浮き球のクロスをボックス左に走り込んだカルレス・ペレスが左足のダイレクトボレーで合わせ、突破を決定づける追加点を奪った。 その後、88分にクリスタンテのオウンゴールでクリーンシートを逃すも、試合終了間際にマジョラルがジェコに続き2試合連続となるダメ押しのゴールを決めたローマが3-1で勝利。2戦合計5-1のスコアで順当にベスト16進出を決めた。 2021.02.26 06:52 Fri
twitterfacebook
thumb

ザニオーロが復帰に向けて順調! ローマがボールを使った練習の様子を公開

ローマに所属するイタリア代表MFニコロ・ザニオーロが復帰に向けて順調な歩みを見せている。 ザニオーロは昨年1月に右ヒザの半月板損傷と前十字じん帯断裂の重傷を負い、同7月に戦列に復帰。だが、同9月に左ヒザ前十字じん帯断裂の重傷を負い、再び長期の離脱を強いられている。 その後、慎重かつ懸命にリハビリを進めた結果、同12月に行われた最新のメディカルチェックにおいて練習量の増加にゴーサインが出されたが、今年1月半ばに今度は新型コロナウイルスの陽性判定が出てしまい、今月初旬にようやくトリゴリアでのトレーニング復帰を再開していた。 そして、今回ローマの公式SNSが公開した23日のトレーニング風景を映した最新の投稿ではザニオーロが屋外でラダーを使ったエクササイズやランニングする姿と共に、ボールを蹴る様子が映されていた。 現時点で復帰時期は3月下旬、あるいは4月中と予想されているが、熾烈なチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いに身を置くローマにとって、終盤戦のザニオーロ復帰は大きな後押しとなるはずだ。 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr">Daje Nicolò <a href="https://twitter.com/hashtag/ASRoma?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ASRoma</a> <a href="https://t.co/2pkPF7lZV1">pic.twitter.com/2pkPF7lZV1</a></p>&mdash; AS Roma (@OfficialASRoma) <a href="https://twitter.com/OfficialASRoma/status/1364242550157107210?ref_src=twsrc%5Etfw">February 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.02.24 01:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマが10人のベネヴェント相手に痛恨ドロー…ラストプレーで獲得のPKはオフサイドで取り消しに《セリエA》

セリエA第23節、ベネヴェントvsローマが21日にスタディオ・チーロ・ヴィゴリートで行われ、0-0のドローに終わった。   前節、ウディネーゼに3-0の快勝を収めて3位に浮上したローマ(勝ち点43)は、13位のベネヴェント(勝ち点24)とのアウェイゲームで連勝を狙った。ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)のブラガ戦を2-0で先勝したチームだが、同試合でクリスタンテ、イバニェスとセンターバックの主力2選手が負傷。また、スモーリング、クンブラも離脱中という緊急事態を受けて、マンチーニの相棒に本職サイドバックのスピナッツォーラと今季セリエA初出場となるファシオを起用した。   立ち上がりから圧倒的にボールを握って最終ラインが度々相手陣内に侵入するなど、ベネヴェントを相手にハーフコートゲームを展開するローマ。しかし、中央のスペースをきっちり消す相手の守備を前に動き出しの少なさ、パススピードの遅さが目立ってなかなかフィニッシュまで持ち込めない手詰まりの状況が続く。   それでも、前半半ばを過ぎた34分には相手陣内のボックス手前で不用意な横パスをカットしたペッレグリーニがペナルティアーク付近で左足を振り抜き、最初の決定機を作り出す。   ここから攻撃のギアを上げて良い距離感でのダイレクトプレーを見せ始めた一方、徹底的に3バックの背後をラパドゥーラやカプラーリに走り込ませるベネヴェントのシンプルな攻めに手を焼き、幾度か際どいフィニッシュまで持ち込まれる場面も散見。ボールは握るも試合を支配するまでには至らず、ややフラストレーションが溜まる形で前半を終えることになった。   後半も試合展開に大きな変化はなし。50分にはペッレグリーニのショートスルーパスに反応したムヒタリアンが飛び出したGKの寸前でスライディングシュートを放つが、これはGKモンティポの好守に遭う。   相手の堅守に手を焼くローマだが、57分にはムヒタリアンへのアフターチャージで2枚目のイエローカードをもらったDFグリクが退場となり数的優位を手にする。そして、直後の58分には切り札のジェコをヴェレトゥに代えて投入し、前線の構成をジェコとマジョラルの2トップ、ムヒタリアンのトップ下という形に変更した。   相手が10人の戦いに慣れる前にゴールをこじ開けたいローマだったが、両ウイングバックのクロスの精度の問題などもあり、なかなか決定機まで持ち込めない。この状況を受けて、フォンセカ監督は72分、1枚カードをもらっていたファシオに代えてフアン・ジェズス、カルスドルプに代えてペドロを同時投入。並びをより攻撃的な[4-4-2]に変えてゴールをこじ開けにかかる。   さらに、82分にはブラガ戦で再デビューを飾ったエル・シャーラウィを最後の交代カードとして切ったアウェイチームは、試合最終盤にかけて決死の猛攻を仕掛けていく。94分にはパワープレーからゴール前でジェコが落としたボールをペッレグリーニが頭で合わすが、これはDFカルディローラのゴールカバーに遭う。   さらに、後半ラストプレーではエル・シャーラウィがボックス内でDFフロンに倒されて土壇場でPKを獲得。だが、VARのレビューの結果、エル・シャーラウィにパスを出したペッレグリーニが戻りオフサイドと判定されてこのPKは取り消しに。   そして、この直後に試合はタイムアップを迎え、10人のベネヴェント相手に痛恨のドローとなったローマは、3位こそキープもトップ4を争う下位チームに勝ち点差を詰められることになった。 2021.02.22 06:52 Mon
twitterfacebook
thumb

古巣ブラガを下したローマ指揮官、スクランブルな守備を評価「DF全員が本当に上手くプレー」

ローマのパウロ・フォンセカ監督が、ブラガ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 ローマは18日にヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32の1stレグで、フォンセカ監督の古巣であるブラガとの対戦した。 グループステージを危なげなく首位通過したローマは、開始5分にエディン・ジェコが先制ゴールを決めると、その後はブラガに押し込まれることも。それでも86分にボルハ・マジョラルが追加点を奪い、アウェイで0-2と勝利を収めた。 試合中にはケガ人が続出し、スクランブルな選手起用となったが、守備陣が上手く戦えたことを評価した。 「チームのメンタリティのデモンストレーションだった。センターバックと多くの問題に対処する必要があり、それに対する適切な解決策を見つけるのは簡単ではなかった」 「しかし、スピナッツォーラとカルスドルプはこのポジションでうまくやった。そして、ヴェレトゥもサイドで良いパフォーマンスだった。大変だったが、ディフェンダー全員が本当に上手くプレーしたと思う」 また、一時は確執も噂されたジェコがゴールを決め、途中出場のマジョラルもゴールを奪ったことも評価。ブラガの戦い方も称賛した。 「彼らが決めたゴールは大きかった。ジェコは本当に良いプレーをし、マジョラル上手くやった。しかし、チーム全体としては上手くいかなかったと思う」 「ブラガの素晴らしさに驚いた人も多いのではないかと思うが、こういったタフな試合を期待していた。前半は彼らは良いプレーをしていたが、常に上手く対応し、チャンスに変えることが難しかった。ただ、それはディフェンダーだけではなく、誰もが行った仕事に関わってくると思う」 2021.02.19 11:18 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly