1月加入のヘンダーソン将来も疑わしく? アヤックスがCL&EL不出場なら財政問題に直面

2024.05.11 12:55 Sat
アヤックスMFヘンダーソン
Getty Images
アヤックスMFヘンダーソン
アヤックスのイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソン(33)らがチーム事情により、クラブでの将来が疑わしいようだ。イギリス『The Athletic』のデイビッド・オーンスタイン記者が主張した。
PR
今季のエールディビジでよもやの不振に陥るアヤックス。現在は5位にまで挽回したが、一時は最下位に落ち込んだりとシーズンを通じて優勝争いに絡めず、失意の1年となっている。
昨年10月のヨン・ファント・シップ暫定体制発足から一時の残留争いから脱したが、2季連続でチャンピオンズリーグ(CL)出場ならず。良くても、ヨーロッパリーグ(EL)出場という状況だ。

それがクラブの財政に影響しているとのことで、ヘンダーソンをはじめ、オランダ代表FWステーフェン・ベルフハイス(32)といった有力選手の将来も不確実なものとなっているという。

アヤックス側も、選手側も別れを望んでいないが、EL出場も逃すようだとより厳しい財政事情が見込まれるクラブはチームにおける稼ぎ頭の将来を検討していく必要性が生じているそうだ。
ヘンダーソンに至っては今年1月に加入したばかりで、契約も2026年6月まで。あと2試合の現時点でEL出場となる5位をキープするアヤックスだが、いかに。



PR
関連ニュース

魅力的もプロジェクト面が…ポッター氏がアヤックスからの話を断る

グレアム・ポッター氏(48)がアヤックスから届く監督就任の話を断ったようだ。 ブライトン&ホーヴ・アルビオンでの手腕が買われ、2022年9月にチェルシー行きを決断したが、成績不振により、1年もたずして職を失ったポッター氏。以降はフリーの状況が続く。 現場から遠ざかってから1年が経つなか、最近では不振の今季をヨン・ファント・シップ暫定体制でやり過ごそうとしているアヤックスが新指揮官として招へいに動くとされる。 有力候補とも目されるが、イギリス『The Athletic』によると、話し合いに発展し、アヤックスに魅力を感じる状況だったが、プロジェクトが自分と合わないと辞退したという。 チェルシーではわずか7カ月の任期だったが、来る夏の動向が注目される指揮官の1人だが、新天地はどこになるのだろうか。 2024.05.10 17:40 Fri

今夏は各クラブが監督人事で大忙し、アヤックスは他クラブも狙うポッター氏の確保に動く

今夏のヨーロッパのクラブでは、監督の争奪戦になる可能性が高い。 すでにリバプールのユルゲン・クロップ監督、バイエルンのトーマス・トゥヘル監督の退任が決定しているが、後任監督は未定。リバプールはフェイエノールトのアルネ・スロット監督が就任濃厚と見られているが、バイエルンは後任候補からことごとく断られている状況だ。 そのほかにも多くの監督がチームを変える可能性があるとみられ、マンチェスター・ユナイテッドも不甲斐ない戦いからエリク・テン・ハグ監督の解任を求める声が高まっている。 そんな中、今シーズンは不振に喘いだアヤックスも監督交代を行う状況。その中で、グレアム・ポッター氏の招へいを目論んでいるという。イギリス『テレグラフ』が伝えた。 ポッター氏はチェルシーの監督を解任されて以降は無所属の状態が続いており、いくつかのクラブの監督候補に上がるも、フリーの状態が続いていた。 今夏はテン・ハグ監督の後任として、ユナイテッドが最終候補に残しているとも言われているが、ミランやポルト、フェイエノールとも関心を寄せている。 そんな中、アヤックスも招へいに前向き。魅力的なオファーを提示する準備を整えているという。 ただ、チェルシーでも高給取りだったポッター氏。アヤックスもそれ相応のサラリーを用意しなければいけない状況だ。一方で、選手の獲得には大金を必要としないことでも知られており、チームを再建するにはうってつけの存在と考えているという。 仮にアヤックスが交渉で手こずった場合には、多くのクラブが押し寄せてくる可能性が高く、奪われてしまう可能性も。各国で巻き起こる監督の争奪戦は選手の移籍以上に複雑な動きを見せるかもしれない。 2024.05.08 23:35 Wed

古巣アヤックスは「魅力的なクラブ」だが…テン・ハグ監督が復帰否定 「来季もユナイテッド」

アヤックス復帰の可能性が報じられるエリク・テン・ハグ監督(54)だが、現時点ではマンチェスター・ユナイテッド残留が有力のようだ。イギリス『メトロ』が伝えた。 2022年夏にアヤックスからユナイテッドへと移り、1年目はプレミアリーグ3位、EFLカップ(カラバオカップ)制覇、FAカップ準優勝と及第点以上の結果を残したテン・ハグ監督。2年目の今シーズンもFAカップでは決勝まで到達したが、度重なる主力の負傷離脱などさまざまな問題に悩まされ、チャンピオンズリーグ(CL)はグループステージ最下位で敗退、プレミアリーグでは現在6位と苦しんでいる。 就任したサー・ジム・ラトクリフ共同オーナーの主導によるクラブ改革が進む中、テン・ハグ監督の将来は不透明な状況。ヨン・ファント・シップ暫定監督の後任を探すアヤックスへの復帰話も浮上していた。 テン・ハグ監督はこの噂について『Viaplay』で、解任されない限りはユナイテッドと残す2025年6月までの契約を全うすると述べた。 「私は契約書にサインしたし、逃げ出すような人間ではない。だから来シーズンもマンチェスター・ユナイテッドにいると思う」 また、2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)でのベスト4入りなど、良い思い出が残るアヤックスへの想いも告白。古巣との接触は否定したが、いずれ戻る選択肢は頭にあるようだ。 「なぜ(復帰の可能性を)疑う必要があるんだ? 私はアヤックスでとても良い時期を過ごした。とても気持ち良く働くことができた。多くの可能性を秘めた魅力的なクラブだ」 2024.05.04 14:14 Sat

新監督探しのアヤックスがOBキヴをアシスタントコーチに? 将来的に指揮託すビジョンか

新監督招へいの動きが取り沙汰されるアヤックスだが、将来も睨み、クリスティアン・キヴ氏(43)をコーチとして招へいする可能性が浮上している。 イタリア『スカイ』によると、不振の今季をヨン・ファント・シップ暫定体制でやり過ごそうとしているアヤックスは新指揮官だけでなく、新たなアシスタントコーチも探しているという。 そこで挙がるのが古巣インテルのプリマヴェーラを指揮するキヴ氏。インテルでの現役時代が印象深いが、母国ルーマニアを飛び出し、国外挑戦の一歩目を踏み出したのがアヤックスだった。 そんなキヴ氏をアシスタントコーチとして招へいするのに深く興味を抱くというアヤックスは5年契約を打診し、2〜3年後にトップチームの指揮を任せるビジョンを思い描いているそうだ。 アヤックス首脳陣は先月20日に行われ、プリマヴェーラ優勝がかかったインテルvsカリアリを観戦し、現役時代にインテルで万能のレフティDFとして活躍したキヴ氏の指揮ぶりを視察したという。 なお、アヤックスは新指揮官として、チェルシー監督を辞してからフリーが続くグレアム・ポッター氏に関心が噂されている。 2024.05.01 11:40 Wed

新シーズンの復権目指すアヤックス、ユナイテッドで苦しむテン・ハグ監督の復帰に動く?

アヤックスはマンチェスター・ユナイテッドで苦しむエリク・テン・ハグ監督(54)の復帰を望んでいるようだ。 テン・ハグ監督は2017年よりアヤックスの指揮官に就任すると、3度のエールディビジ優勝、2度のKNVBカップ優勝を果たすなど手腕を発揮。2018-2019シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)でベスト4を達成し、評価を大いに高めた。 こうした功績もあり、2022年夏にマンチェスター・ユナイテッドの指揮官に就任。初年度からプレミアリーグ3位、EFLカップ(カラバオカップ)優勝と上々の成績を収めた。 しかし、プレミアリーグ優勝も期待された今シーズンは序盤から苦戦。リーグ戦34試合を消化して4位と13ポイント差の6位に沈んでおり、FAカップこそ決勝進出を果たしたがCLではグループステージ最下位で敗退するなど、全体的には失意のシーズンとなっている。 テン・ハグ監督への批判も強まりつつあり、FAカップの結果次第で解任の可能性も否定できない状況に。そんな中で、イギリス『デイリー・メール』によるとアヤックスが同監督の復帰に向けて動き出しているようだ。 アヤックスは今シーズン、マウリス・ステイン前監督の下でシーズンに臨むも一時は最下位にまで転落するなど低迷。昨年10月にステイン前監督を解任し、クラブの下部組織で監督経験のあったヨン・ファント・シップ氏を暫定指揮官に据えた。 ファント・シップ監督就任後は持ち直し、現在はエールディビジで5位にまで浮上。しかし、指揮官は今シーズン限りでの退任を明言しており、クラブは後任探しを続けていた。 テン・ハグ監督復帰となれば名門復権にまたとない人材となるが、指揮官自身はユナイテッドでの仕事継続を希望している模様。復帰があるとすればテン・ハグ監督がユナイテッドを解任された場合に限るため、アヤックスは状況を注視していると報じられている。 2024.04.30 13:20 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly