「ピッチ上では年齢は関係ない」来季はFC東京でプレー、飛び級で追加招集されたMF松木玖生がU-22日本代表での意気込み語る

2021.10.22 21:52 Fri
©超ワールドサッカー
AFC U23アジアカップウズベキスタン2022予選に臨むU-22日本代表が22日からトレーニングを開始した。

2022年6月にウズベキスタンで開催が予定されている同大会。日本は、10月26日にカンボジア代表と、28日に香港代表と対戦し、本大会出場を目指す。
22日のトレーニング初日には、9名が集合。大学所属のGK杉本光希(立正大学),、DF山原怜音(筑波大学)、MF松井蓮之(法政大学)、MF佐藤恵允(明治大学)、高校所属のDFチェイス・アンリ(尚志高校)、MF松木玖生(青森山田高校)、MF中村仁郎(ガンバ大阪ユース)、MF甲田英將(名古屋グランパスU-18)のユース組に加え、DF角田涼太朗(横浜F・マリノス)が参加した。

この日は、追加招集を受けた松木がオンライン取材に応じ「今日練習してみてレベル高く感じました」と飛び級で加わったチームの印象をコメント。「いるだけでは意味がないので、日本代表という日の丸を背負うからこそは、出場機会があればしっかり結果を残せていければと思います」と、高いパフォーマンスを見せると意気込みを語った。

急遽招集を受けた松木。U-22日本代表に招集されるのは今回が初めてのこととなる。週末のJリーグもあることから、試合はぶっつけ本番に近い形となるが「自分もこのU-22日本代表は経験したことがなく、初めてやる選手が多いですが、しっかりコミュニケーションをとって、良いアピールができればと思います」とコメント。アピールをしていきたいと語った。
今回のU-22日本代表は[4-3-3]のシステムを用いると見られ、松木はインサイドハーフでのプレーとなることが予想される。その点については「今日も冨樫(剛一)監督から得点を取るところを要求されたので、結果を残すところと、[4-3-3]のポジションはどこで出てもしっかりと相手を圧倒できるプレーをしたいと思います」と意気込みを語った。

相手は日本よりも格下。守備的に戦ってくることも予想されるが「実際にプレーしてみないとわからないですが、引いた相手に対してミドルシュートや崩しのところは上回れると思うので、そこは焦れないで徹底してやれば、自ずと1、2点取れると思います」と自信をうかがわせた。

世代別の代表を経験してきた松木だが、2世代も上のチームへと合流する。その点については「自分も目指すところは日本代表なので、このように呼ばれてまずは嬉しい気持ちと、ここで結果を残さないと次のキャンプには呼ばれないと思うので、戦いの場として、そして国際大会は今回は絶対に負けられない場なので、しっかり2試合勝っていきたいと思います」と語り、先に見据えるA代表のためにも、結果を残したいと意気込んだ。

年上の選手ばかりとなるが「ピッチ上では年齢は関係ないので、要求するところは要求するし、そこは遜色なくやれると思います」と力強く語る松木。先日は来シーズンからのFC東京への加入が発表され、大きな話題となった。

FC東京の選手としても見られる松木は「来季からプロサッカー選手としてサッカーに打ち込めることができるので、今は青森山田代表ですが、次はFC東京の代表として呼ばれるように、この試合でしっかり勝っていきたいと思います」と何としても勝利したいと語り、FC東京の選手として本大会出場を果たしたいと意気込んだ。

松木の世代ではないが、2024年のパリ五輪を目指すU-20世代。松木にとってのパリ五輪は「東京五輪でもすごく良い結果を出しているので、次は優勝に向けて取り組まないといけないところですし、そのメンバーに入るためには自チームで結果を残さないといけないと思います」とし、世代別の代表、そしてFC東京でも結果を残して、出場を果たしたいと語った。
関連ニュース

U-23日本代表MF鈴木唯人が鮮やかループ弾! ブレンビー快勝の皮切りに

ブレンビーIFのU-23日本代表MF鈴木唯人が華麗なゴールを決めた。 25日、デンマーク・スーペルリーガ第19節でオーデンセBKのホームに乗り込んだブレンビー。先発した鈴木は7分に先制ゴールをマークした。 中盤からのスルーパスに反応した鈴木は右ハーフラインから最終ライン裏に抜け出し、ワンタッチでボックス内へ侵攻。そのまま飛び出してきたGKを越えるループシュートを沈め、ブレンビーに幸先の良いリードをもたらした。 これで勢いに乗ったアウェイチームは11分に元ノルウェー代表FWオヒ・オモイユアンフォが追加点。終盤にもリードを広げたブレンビーは3-0の快勝を収め、勝ち点「40」でリーグ首位を走っている。 鈴木はこれが今シーズンのリーグ戦2得点目。リーグ戦では昨年10月上旬以来のゴールとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】鈴木唯人の先制ループ弾</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="in" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/Br%C3%B8ndby?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Brøndby</a> <a href="https://t.co/vfWYrk24mO">pic.twitter.com/vfWYrk24mO</a></p>&mdash; Brøndby IF (@BrondbyIF) <a href="https://twitter.com/BrondbyIF/status/1762057902355787956?ref_src=twsrc%5Etfw">February 26, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.28 15:22 Wed

U-23日本代表MF鈴木唯人がブレンビーで鮮烈ゴール!ボール奪取から即座の一振りにGK動けず

ブレンビーIFのU-23日本代表MF鈴木唯人が強烈な一撃を叩き込んだ。 国内リーグがウインターブレイク中のブレンビーは、現在ポルトガルのアルガルヴェ地方で行われている国際親善トーナメント「The Atlantic Cup2024」に参加中。 鈴木は3日のレアル・ソルトレイク(アメリカ)との一戦に先発出場し、35分にネットを揺らした。 15分に最終ラインのミスから先制を許したブレンビーだったが、相手の自陣深くでのビルドアップを連動してはめ込むと、ペナルティアーク内のパスに対して鈴木が猛チェイス。これが相手のミスを誘発してボックス内へボールが流れると、鈴木が即座にダイレクトで右足を振り抜き、同点ゴールを挙げた。 ブレンビーはこの6分後にニコライ・ヴァリーズが逆転ゴールを奪取。2-1で勝利を収めている。 <span class="paragraph-title">【動画】鈴木唯人が決めた見事な一振り</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="b6L_ycashHM";var video_start = 66;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.04 15:10 Sun

ハーツ小田裕太郎が終盤に劇的弾!振り向きざまの見事な反転シュートで逆転勝利もたらす

ハート・オブ・ミドロシアン(ハーツ)のU-23日本代表FW小田裕太郎が劇的な決勝点マークし、チームを逆転勝利へ導いた。 23日、スコティッシュ・プレミアシップ第12節延期分のハーツvsダンディーFCがタインカッスル・スタジアムで行われ、ホームのハーツが3-2で勝利を収めた。 前半で2点のビハインドから57分に1点を返したハーツは、73分に小田を投入。直後にデクスター・レンビキサのヘディングで追い付き迎えた86分、背番号「11」が起用に応える。 アラン・フォレストの横パスをボックス内で相手を背負いながら収めた小田は、守備陣が囲みに来る中で、振り向きざまに左足を一閃。限られたシュートコースから値千金の一撃を沈めた。 小田にとっては、昨年9月16日の第5節アバディーン戦以来となる、リーグ戦17試合ぶりとなる今季3点目。同試合では先発し、先制点を挙げていたが、ハムストリングに違和感を覚え、前半で途中交代。復帰後は途中出場が中心となっていたが、重要な局面で結果を残した。 スコティッシュ・プロフェッショナル・フットボールリーグ(SPFL)の公式YouTubeでは、ハイライトのタイトルに「小田祐太郎選手がゴール」と日本語が使用された。「裕」の漢字が異なってはいるが、印象的なゴールであったことは間違いない。 <span class="paragraph-title">【動画】小田裕太郎が終盤に劇的逆転弾!振り向きざまの見事な反転シュート</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="7qNjJR2aMO0";var video_start = 272;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.01.24 17:50 Wed

福田師王がボルシアMGのファーストチームに昇格! セカンドチームで13試合5ゴールの活躍、板倉滉と共闘へ

ボルシアMGは16日、U-22日本代表FW福田師王(19)がファーストチームに昇格することを発表した。 2023年1月に神村学園高等部からボルシアMGのU-19チームに加入した福田。今シーズンはセカンドチームへと昇格し、レギオナルリーガ(ドイツ4部)でプレー。13試合で5ゴールを記録している。 着実に成長を見せ、結果を残している福田は、ファーストチームのフレンドリーマッチなどにも登場。度々ゴールを決めており、今年に入ってもウィンターブレイク中のゴー・アヘッド・イーグルスとの親善試合で日本代表DF板倉滉と共にピッチに立ち、ゴールを記録していた。 そのプレーはファーストチームを指揮するジェラルド・セオアネ監督の目にも留まっており、若手ストライカーを引き上げる可能性があることを示唆していた中、16日にクラブが公式X(旧ツイッター)で発表した。 <span class="paragraph-title">【動画】福田師王は今年に入っての親善試合で技ありのポジション取りからゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="en" dir="ltr">114&#39; Tooor durch Shio <a href="https://twitter.com/hashtag/Fukuda?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw"> <a href="https://twitter.com/hashtag/DieFohlen?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DieFohlen</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/BMGGAE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BMGGAE</a> 3:2 <a href="https://t.co/K5nmQihaAT">pic.twitter.com/K5nmQihaAT</a></p>&mdash; Borussia (@borussia) <a href="https://twitter.com/borussia/status/1743639473072521545?ref_src=twsrc%5Etfw">January 6, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.01.16 22:25 Tue

パリ五輪行きを目指すU-23日本代表、3月にマリとウクライナと国内で対戦! 大岩剛監督「目の前の一戦一戦で勝負にこだわる」

日本サッカー協会(JFA)は15日、U-23日本代表が3月に行う2試合の対戦相手が決定したことを発表した。 すでに3月22日に京都のサンガスタジアム by KYOCERA、25日に福岡の北九州スタジアムで試合が行われることは発表されていた中で対戦相手も決定。22日はU-23マリ代表、25日はU-23ウクライナ代表と対戦することが決定した。 U-23マリ代表戦は、3月22日(金)の19時20分キックオフ。日本テレビ系にて全国生中継。サンガスタジアム by KYOCERAでは、2021年7月14日にMS&AD カップ 2021でなでしこジャパンがオーストラリア女子代表と対戦して以来、2度目の日本代表の試合となる。 U-23ウクライナ代表戦は、3月25日(月)の19時15分キックオフ。TBS系列にて全国生中継される。なお、ウクライナはすでにパリ・オリンピックの出場権を獲得している競合だ。 大岩剛監督は、最終予選前の大事な2試合に向けてコメントしている。 「いよいよオリンピックイヤーを迎え、改めて身が引き締まる思いです。我々の最初のターゲットは、4月から5月に開催されるAFC U23アジアカップカタール2024を勝ち抜き、パリオリンピック2024の出場権を獲得することです」 「そのため、大会直前の3月の活動で、京都でのU-23マリ代表戦に続き、欧州予選を突破したU-23ウクライナ代表と北九州で対戦できるこの2連戦は、非常に重要な試合になります。強豪国との対戦をリクエストしていた中、今回の試合が開催されることに、多くの関係者の皆さまへ御礼申し上げます」 「また、対戦相手のウクライナは国内が戦禍で大変な状況ですが、今回来日し対戦できることを感謝しています。我々のチームがこれまで積み上げてきたものを確認しながら、目の前の一戦一戦で勝負にこだわり、良い状態でアジア最終予選に向かうことができるよう、引き続き準備を進めていきます」 2024.01.15 16:15 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly