ブルース解任のニューカッスル、後任に前ローマ指揮官のフォンセカ氏を検討か

2021.10.22 16:48 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ニューカッスルがパウロ・フォンセカ氏の招へいに向け動き出しているようだ。イギリス『BBC』が伝えている。

今月初旬にサウジアラビアの政府系ファンド『PIF』によるクラブ買収を発表したニューカッスルは、プレミアリーグ8試合を終え3分け5敗と結果を出せずファンからの支持を失っていたスティーブ・ブルース監督を20日に解任。アシスタントコーチのグレアム・ジョーンズ氏に暫定指揮を任せつつ、現在19位に沈むチームの立て直しを任せられる後任候補を探している。

これまでその候補として、かつてボーンマスで指揮をとっていたエディ・ハウ氏や、ドルトムントでの指揮経験を持つルシアン・ファブレ氏、さらに現在ベルギー代表を率いるロベルト・マルティネス監督らの名前が挙げられていた。

しかし、スペイン人ジャーナリストのギジェム・バラゲ氏によると、現在はフォンセカ氏の招へいを検討しており、会談を行っているようだ。

フォンセカ氏はブラガやシャフタールで指揮をとったのち、2019年6月にローマの指揮官に就任。昨シーズンはヨーロッパリーグ(EL)でチームをベスト4に導いたものの、リーグ戦では7位でチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃したことで同クラブを退任している。

その後、フォンセカ氏は今夏にトッテナムの指揮官就任が濃厚とされていながら、土壇場で破談。現在はフリーの状態となっている。

ニューカッスルの新経営陣はシャフタールで多くのタイトルを獲得してきた指揮官の経験を高く評価しているとされており、今後交渉が加速していく可能性もあるだろう。

関連ニュース
thumb

ニューカッスルがイングランド代表GKポープの獲得を発表

ニューカッスルは23日、バーンリーからイングランド代表GKニック・ポープ(30)を完全移籍で獲得した。契約期間は2026年6月30日までとなる。 ニューカッスル加入の決まったポープは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ここに来たからには、来季のプレーが待ちきれないよ。この契約は実現するまでに2週間ほどかかったが、本当にすぐに決まった。ここに来られたことを嬉しく思っているし、ここでのプレーがとても楽しみだよ」 驚異的な反射神経を生かしたシュートストップを武器とするポープは、2016年夏にリーグ1(イングランド3部相当)のチャールトン・アスレティックからバーンリー入り。 2017-18シーズンに正守護神の座を掴むと、2021-22シーズンも正GKを務めたが、チームは7季ぶりにチャンピオンシップに降格が決定。しかし、ポープは今年11月に迫るカタール・ワールドカップの代表メンバー入りに向けてプレミアリーグ残留を希望していた。 2022.06.24 06:10 Fri
twitterfacebook
thumb

イングランド代表GKポープのニューカッスル移籍完了へ! 本日中にメディカル受診

バーンリーでプレーするイングランド代表GKニック・ポープ(30)のニューカッスル・ユナイテッド移籍が23日のうちに完了するようだ。 2021-22シーズンもバーンリーの正GKを託され、この6月の代表活動にも参加したポープ。個人としては順風満帆だが、バーンリーは7季ぶりにチャンピオンシップでの出直しを強いられ、今年11月に迫るカタール・ワールドカップの代表メンバー入りに向けてプレミアリーグ残留を望むといわれる。 そこで移籍先に浮上しているのが昨年10月にサウジアラビアの政府系ファンドを中心とするコンソーシアムに買収され、頭抜けた資金力を手にしたニューカッスルだ。すでにスロバキア代表GKマルティン・ドゥブラフカという好ストッパーがいるものの、先日にバーンリーとの合意報道が飛び出した。 そして、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、ポープのニューカッスル入りが秒読み段階に。今日中にメディカルチェックを受けるという。 2022.06.23 16:00 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシーGKケパにニースがレンタルでの獲得を画策? 本人も出番求む

チェルシーのスペイン代表GKケパ・アリサバラガ(27)に対し、ニースが1年レンタルでの獲得を検討しているようだ。 2018年8月にGK史上最高額となる7100万ポンド(当時のレートで約102億円)の移籍金でアスレティック・ビルバオからチェルシーに加入したケパ。最初のシーズンこそ守護神としてヨーロッパリーグ(EL)優勝に貢献したものの、翌シーズン以降は著しいパフォーマンス低下に批判が集中し、セネガル代表GKエドゥアール・メンディ(30)に定位置を明け渡している。 フランス『Foot Mercato』によると、スペイン代表GKに関心を寄せるニースは6シーズンにわたって在籍したアルゼンチン人GKワルテル・ベニテス(29)が契約満了でPSVにフリー移籍。新シーズンはケパを1年レンタルで獲得し、すでにパリ・サンジェルマン(PSG)から完全移籍で獲得したポーランド人GKマーシン・ブルカ(22)と定位置争いをさせる思惑があるようだ。 なお、ケパ本人も今秋に開催されるカタール・ワールドカップ(W杯)のスペイン代表メンバー選出に向け、出場機会を求めてチェルシーを離れることを希望しているとみられ、ラツィオやニューカッスルなども新天地の候補に挙がっているようだ。 2022.06.22 17:11 Wed
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルがGKポープ獲得で基本合意! 今週中にも移籍完了へ

ニューカッスル・ユナイテッドがバーンリーからイングランド代表GKニック・ポープ(30)の獲得を決定的なモノとしたようだ。 昨年10月にサウジアラビアの政府系ファンドを中心とするコンソーシアムに買収され、上層部の体制が一新されたニューカッスル。資金力はあのパリ・サンジェルマン(PSG)やマンチェスター・シティにも引けを取らないとされ、来季は台風の目として注目される。 昨年11月就任のエディ・ハウ監督による立て直しぶりとともに、イングランド代表DFキーラン・トリッピアーやブラジル代表MFブルーノ・ギマランイスを獲得した今年1月の補強効果も印象的だったが、今夏も増強の噂が多々。なかでも、加熱するのがGK補強の動きだ。 当初こそマンチェスター・ユナイテッドで出番を得られずにいるイングランド代表GKディーン・ヘンダーソンを獲得しようとする動きが取り沙汰されたが、昇格組のノッティンガム・フォレストが争奪戦で優勢の様相に。そこで新たに目を光らすのがポープとされる。 そのポープは2021-22シーズンも正GKを務めたが、チームは7季ぶりにチャンピオンシップでの出直しが決定。今年11月に迫るカタール・ワールドカップの代表メンバー入りに向けてプレミアリーグ残留を望むといわれるなか、ニューカッスルの関心が噂されている。 そして、イギリス『The Athletic』のデイビッド・オーンスタイン記者によると、ニューカッスルは移籍金を巡ってバーンリーと基本合意。これからメディカルチェックが予定されており、ニューカッスルは今週中の移籍完了を目指しているという。 2022.06.22 15:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ニューカッスルにバイリーを売り込みか

マンチェスター・ユナイテッドは、コートジボワール代表DFエリック・バイリー(28)を今夏に売却したい考えのようだ。 エリク・テン・ハグ監督が就任し、チーム改革が進められているユナイテッド。ここまで新戦力の到着はないが、バルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングをはじめとする複数の選手とのオペレーションが水面下で進行している状況だ。 一方で、余剰戦力の整理にも動いており、バイリーはその筆頭。昨季は公式戦7試合の出場にとどまり、テン・ハグ監督の構想にも入っていない。ユナイテッドは元々、同監督の教え子であるアヤックスのオランダ代表DFユリエン・ティンバー(20)の獲得を目指しており、バイリーは押し出される形で退団すると見られていた。 現状では今夏のティンバー獲得は失敗に終わる模様なのだが、バイリー売却の動きは変わらず進められているという。イギリス『ミラー』によれば、以前コートジボワール代表DFに関心を示していたニューカッスルに売り込みをかけているようで、2024年まで契約を残しているものの、移籍金わずか850万ポンド(約14億円)の逆オファーを出しているとのことだ。 2016年夏にビジャレアルから3000万ポンドの移籍金で加入したバイリー。在籍6年間での通算出場は113試合となっている。 2022.06.20 15:28 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly