鎌田の今季初ゴールなどでオリンピアコスを下したフランクフルトがグループ首位に浮上!《EL》

2021.10.22 06:35 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランクフルトは21日、ヨーロッパリーグ(EL)グループD第3節でオリンピアコスと対戦し3-1で勝利した。フランクフルトの長谷部誠はフル出場、鎌田大地もフル出場し59分に今季初ゴールを記録している。

フランクフルトのチャンスは13分、ボレの右クロスからボックス中央の鎌田がフリーでヘディングシュートを放ったが、これはゴール左。さらに23分には、左CKをボレが頭で合わせたが、シュートは相手GKのファインセーブに防がれた。

攻勢を続けるフランクフルトは25分、鎌田のパスをボックス内で受けたボレがシセに倒されPKを獲得。このPKをボレが確実にゴール左へ決め、先制に成功した。

しかし、フランクフルトは直後にセットプレーからピンチを迎える。29分、右サイドで与えたFKからヨルゴス・マスラスにクロスを入れられると、ボールがボックス内で競り合ったヤキッチの手に当たり、PKを献上。これをエル・アラビに決められ、試合は振り出しに戻った。

このまま前半終了かと思われたが、フランクフルトは左CKの二次攻撃から勝ち越しに成功する。48分、左CKをヒンテレッガーが頭で合わせるとこれがクロバーを直撃。こぼれ球をパシエンシアが繋ぐと、ボックス左横で再びボールを受けたパシエンシアのクロスをボックス内のボレがワンタッチではたき、最後はボックス右深くに駆け上がったソウの折り返しからA・トゥーレがゴールに押し込んだ。

勝ち越しに成功し後半を迎えたフランクフルトは、後半も先にスコアを動かす。59分、パシエンシアがペナルティアーク手前からミドルシュートを放つと、GKヴァツリークの弾いたこぼれ球を拾った鎌田が、相手GKを冷静にかわしてゴールへ流し込んだ。

その後もオリンピアコスを圧倒したフランクフルトだったが、追加点を奪うことはできず。鎌田の今季初ゴールなどで勝利したフランクフルトが、グループDの首位に立っている。

また、伊東純也の所属するヘンクはグループH第3節でウェストハムと対戦し0-3で敗戦した。伊東は83分までプレーしている。

前節のディナモ・ザグレブ戦を0-3で完敗したヘンクは、伊東が[4-3-3]の右ウイングで先発となった。

EL連勝中のウェストハムに対し、ヘンクは9分にスルーパスで右サイドを抜け出した伊東の高速クロスをオヌアチュがすべり込みながら合わせると、跳ね返ったボールをボンゴンダがダイビングヘッドで叩き込んだが、オフサイドディレイによりゴールが認められず。

膠着状態が続く中、ヘンクは前半終了間際に失点する。46分、クレスウェルの左CKをドーソンが合わせるとふわりと浮いたボールをゴールライン手前のヘイネンがクリアしようとしたが、わずかに届かずそのままゴールに吸い込まれた。

1点のビハインドで後半を迎えたヘンクは、クエスタを下げてサディックを投入。しかし、再びスコアを動かしたのはホームチームだった。57分、ボックス左横で獲得したFKからクレスウェルがクロスを供給すると、ニアのディオプがヘディングシュートを叩き込んだ。

さらにヘンクは、直後の59分にもボーエンにゴールネットを揺らされて3失点目。そのまま0-3で完敗したヘンクは、EL連敗でグループ最下位に沈んでいる。

その他、ケガで三好康児を欠いたアントワープはアウェイでフェネルバフチェと対戦し2-2でドロー。同じくケガで堂安律を欠いたPSVはモナコを相手に1-2で敗戦。北川航也の所属するラピド・ウィーンはホームでディナモ・ザグレブと対戦し2-1で勝利している。


関連ニュース
thumb

久保建英、アトレティコを下す劇的決勝弾! 今季初ゴールの心境は…?

今季初ゴールをマークしたマジョルカの日本代表MF久保建英がコメントした。スペイン『マルカ』が報じている。 ラ・リーガ15試合を消化して14位につけるマジョルカはリーグ7試合で白星から遠ざかるなか、4日の第16節で2位のアトレティコ・マドリーとのアウェイ戦に臨んだ。 68分にFWマテウス・クーニャに守りを崩され、1点を追ったマジョルカだが、80分にDFフランコ・ルッソが同点弾。さらに終了間際の劇的弾も生まれ、逆転勝ちした。 そんな試合で特大の輝きを放ったのが74分から出場した久保。1-1の後半アディショナルタイム1分、ロングカウンターから相手の最終ラインを抜け出すと、名手GKヤン・オブラクの股下を射抜く左足シュートでネットを揺らした。 大仕事をやってのけた殊勲の久保は試合後、「良いカウンターアタックでした。ケガの影響で力を出し切れていなかったですし、このゴールに救われました」とチームとしてだけでなく、個人としても大きな得点だったと振り返った。 また、「チームは良い感じでしたし、難しい場面での戦い方を知っています。最終的にすごく大きな3ポイントを掴めましたし、どんなチームとも競り合えることが示せたと思います」と続け、アトレティコからの勝利を喜んだ。 そして、今回のゴールは首位を走る保有元のレアル・マドリーを関節的に後押しするものにもなったが、スペイン『Movistar』でマジョルカのいち選手であると強調した。 「今の僕はマジョルカに100%を尽くします。それがマドリーの助けになるのなら、それはそれで嬉しいです。でも、今はマジョルカでプレーしていますし、マジョルカのことしか考えていないです」 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英の劇的すぎる今季初ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>カウンター!<br>ドリブル独走!!<br>冷静なフィニッシュ!!!<br>\<br><br>怪我を乗り越えた <a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%B9%85%E4%BF%9D%E5%BB%BA%E8%8B%B1?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#久保建英</a> 選手、王者アトレティコ相手に終了間際の決勝ゴール<a href="https://twitter.com/hashtag/WOWOW?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WOWOW</a> 独自カメラ映像や試合後は、6日月曜夜11時からの「リーガダイジェスト!」でたっっっぷりとお届けします<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ラ・リーガ</a> <a href="https://t.co/3JJbdLmSXx">pic.twitter.com/3JJbdLmSXx</a></p>&mdash; WOWOWサッカー (@wowow_soccer) <a href="https://twitter.com/wowow_soccer/status/1467252569278119939?ref_src=twsrc%5Etfw">December 4, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.05 09:45 Sun
twitterfacebook
thumb

PSV堂安律が左足強烈ショットで今季3ゴール目! アシストもマークして4発快勝に貢献《エールディビジ》

PSVの日本代表MF堂安律がチームの快勝に貢献した。 エールディビジ14試合を消化して、勝ち点31で3位につけるPSV。首位アヤックスを2ポイント差で追いかけるなか、4日の第15節に臨み、勝ち点26で4位のユトレヒトをホームに迎え撃った。 堂安は右ウィングで先発。12分に先制を許したが、リーグ2位の34得点を記録する攻撃が火を噴き、27分にギャクポ、35分にラマーリョがネットを揺らして、逆転する。 1点リードで後半に入ると、堂安がチーム3得点目。グティエレスがボールを持ち上がった51分、ボックス右から迷いなく振り抜いた得意の左足でニアサイドをぶち抜いた。 リーグ3試合ぶりの今季3得点目をマークした堂安は70分、今度はアシスト役に。ボックス右からの折り返しにニアサイドで反応すると、ヒールで流して、ムウェネのゴールをお膳立てした。 結局、フル出場の堂安は1得点1アシストの活躍。チームも4-1の快勝で飾り、リーグ2試合ぶりの白星で5試合負けなしとしている。 PSV 4-1 ユトレヒト 【PSV】 ギャクポ(前27) ラマーリョ(前35) 堂安律(後6) ムウェネ(後25) 【ユトレヒト】 ファン・デル・ホールン(前12) 2021.12.05 08:55 Sun
twitterfacebook
thumb

久保の今季初ゴールが決勝弾に!重要なCL控えるアトレティコはマジョルカに痛恨の逆転負け…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第16節のアトレティコ・マドリーvsマジョルカが4日に行われ、1-2でマジョルカが勝利した。マジョルカの久保建英は74分からでプレーし、90分に今季初ゴールを記録している。 今週のミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)最終節のポスト戦を控える2位アトレティコ・マドリー(勝ち点29)は、前節のカディス戦から先発を5人変更。スアレスやカラスコ、レマルら主力を温存し、移籍後初先発のマテウス・クーニャやアンヘル・コレア、コンドグビアらが先発で起用された。 一方、先週のミッドウィークに行われたコパ・デル・レイ1回戦で4部相手に延長120分を戦った14位マジョルカ(勝ち点16)は、その試合から先発を9人変更し、イ・ガンインやイドリス・ババ、GKマノロ・レイナら主力を起用。久保は公式戦3試合連続のベンチスタートとなった。 立ち上がりからゲームをコントロールするアトレティコだったが、9分にアクシデント。プレー中に足を痛めたサビッチがプレー続行不可能となり、エルモソが緊急投入された。 すると15分、アトレティコは左クロスのこぼれ球をゴール前で拾ったアンヘル・コレアがトラップで浮かせたボールをジャンピングボレーで狙ったが、シュートは相手DFに当たり枠の右に外れた。 対するマジョルカは28分、右サイドからダイアゴナルに切り込んだダニ・ロドリゲスがスルーパスを供給すると、これに反応したアブドンがボックス手前からミドルシュート。 34分にもロングスローのセカンドボールからイ・ガンインにゴールを脅かされたアトレティコはハーフタイムにかけてはマジョルカに盛り返されるなど、主導権を奪われて前半を終えた。 迎えた後半、先にチャンスを作ったのはアトレティコ。54分、グリーズマンの左CKから走り込んだフェリペがヘディングシュートを合わせたが、これはゴール右に逸れる。 先制点が遠いアトレティコは、60分にグリーズマンとデ・パウルを下げてフェリックスとレマルを投入。すると68分、ロングパスに抜け出したアンヘル・コレアがボックス右深くから折り返しを供給すると、ゴール前のクーニャが詰める。シュートはミートしなかったが、バウンドしたボールを再びクーニャが足の裏で押し込んだ。 先制を許したマジョルカは、74分にアントニオ・サンチェスを下げて久保を投入。すると80分、中盤で獲得した左FKからイ・ガンインがクロスを上げると、ゴール前で競り合ったルッソがヘディングシュートをゴール左へ流し込んだ。 このまま試合終了かと思われたが、マジョルカは終了間際に勝ち越しに成功する。90分、相手FKのクリアボールからカウンターを仕掛けるとアンヘルのロングパスに抜け出した久保がドリブルでボックス内まで持ち上がり、冷静にゴールネットを揺らした。 結局、久保のゴールが決勝点となりマジョルカがアトレティコに逆転勝利。リーグ戦8試合ぶりの黒星を喫したアトレティコは、CLポルト戦に向けて弾みを付けることはできなかった。 2021.12.05 04:40 Sun
twitterfacebook
thumb

オリジの後半AT弾でリバプールがウルブスに劇的勝利! 公式戦連続複数得点はストップも暫定首位浮上《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第15節、ウォルバーハンプトンvsリバプールが4日にモリニュー・スタジアムで行われ、アウェイのリバプールが0-1で勝利した。なお、リバプールのFW南野拓実はベンチ入りも出場機会はなかった。   3位のリバプール(勝ち点31)は前節、エバートンとのマージーサイド・ダービーに4-1のスコアで快勝し、3試合連続4ゴールを奪っての3連勝を飾った。その絶好調のクロップ率いるチームは、8位のウルブス(勝ち点21)とのアウェイゲームで4連勝を狙った。   週明けにチャンピオンズリーグ(CL)のミラン戦を控えるチームだが、すでに首位通過を決めているため、エバートン戦と全く同じスタメンを採用し、サラー、ジョタ、マネが引き続き3トップを組んだ。   立ち上がりからボールの主導権を握ったリバプールが押し込む形で試合を進めていく。だが、相手の集中した守備を前になかなかフィニッシュまで持ち込むことができない。18分には左CKの場面でアレクサンダー=アーノルドのクロスをファーサイドで競り勝ったジョタが頭で合わすが、これは相手DFのブロックに遭う。   以降も中盤での潰し合いが目立つクローズな展開が続く。激しいダービーから中2日というコンディション面の問題もあるか、流れの中で攻め切れないリバプールだが、29分にはチアゴの浮き球パスに反応したアレクサンダー=アーノルドのボックス内でのシュート、直後の32分にはアレクサンダー=アーノルドの右クロスにボックス左のジョタが飛び込むが、いずれのシュートも枠を外れる。   一連の攻撃でリズムを掴み始めたアウェイチームは38分、中央のジョタからのスルーパスに反応したロバートソンがボックス左に抜け出して得意の高速クロスを供給。これにニアでマネ、ファーでサラーが飛び込むが、相手DFの身体を張った寄せもあってサラーは押し込み切れない。その後、前半終盤にかけてはやや試合がオープンとなり、ウルブスにカウンターチャンスを与えたものの、最低限のゴールレスで前半を終えた。   互いに枠内シュート0での折り返しとなった試合は、後半に入ってより攻守が目まぐるしく入れ替わるオープンな展開となる。まずは立ち上がりの50分、リバプールが右CKの流れからサラーのシュートに反応したゴール右のチアゴに決定機も連続シュートは相手守備陣の身体を張ったブロックに遭う。   一方、後半に入って右サイドのアダマ・トラオレを起点とするカウンターが機能し始めたウルブスは59分、ボックス付近でのファン・ヒチャンの落としからデンドンケルがミドルシュートを枠に飛ばすが、これはGKアリソンの守備範囲。   すると、この直後の60分にはリバプールに最大の決定機が訪れる。ヘンダーソンが右サイドのスペースに出したフィードに対して、飛び出したGKとサリスがコミュニケーションミスを犯し、こぼれを拾ったジョタがボックス内に持ち込んでシュートを狙う。だが、GK不在の中で決死のゴールカバーに入っていたDFコーディにゴールライン上でブロックされてしまい、25歳のバースデーを自ら祝う古巣相手の恩返し弾とはならず。   この絶好機を逸して以降、徐々に攻撃が停滞してきたリバプールは68分にヘンダーソンを下げてオリジを投入し、[4-2-3-1]へ変更する。さらに、83分にはジョタを諦めてオックスレイド=チェンバレンをピッチへ送り込む。   この交代によってさらに前がかるアウェイチームは専守防衛の構えを見せるホームチームを押し込んでいくと、87分にはマネ、90分にはサラーと続けて枠内にシュートを飛ばすが、GKジョゼ・サのビッグセーブに遭う。   しかし、諦めずに攻め続けるリバプールは最後の最後に劇的ゴールを奪う。94分、ファン・ダイクの対角上のフィードに反応した右サイドのサラーが見事なファーストタッチで一気にスピードに乗ってボックス内に侵入。丁寧にゴール前のオリジの足元に横パスを入れると、オリジが見事な左足の反転シュートを流し込み、ウルブスゴールをこじ開けた。   そして、この直後に試合はタイムアップを迎え、公式戦連続複数得点が「18」でストップしたものの、接戦を見事に制したリバプールがリーグ4連勝で暫定首位に浮上した。 2021.12.05 02:07 Sun
twitterfacebook
thumb

奥川がアシストもケルンとドローのビーレフェルトは4試合勝利なし…《ブンデスリーガ》

奥川雅也の所属するビーレフェルトは4日、ブンデスリーガ第14節でケルンと対戦し1-1の引き分けに終わった。奥川はフル出場している。 前節バイエルンに惜敗し3試合ぶりの白星を目指す17位ビーレフェルト(勝ち点9)が、前節6試合ぶりの勝利を飾った10位ケルン(勝ち点18)をホームに迎えた一戦。ビーレフェルトの奥川は[4-2-3-1]の左MFで4試合連続のスタメンとなった。 一進一退の立ち上がりとなる中、ビーレフェルトは17分に失点する。中盤でキリアンがはじき返したボールをバイタルエリアで拾ったチホスがが反転からパスを供給。これを受けたエズジャンがゴールエリア左横まで切り込み冷静にシュートを流し込んだ。 先制を許したビーレフェルトは25分、中盤からのロングフィードで相手DFの裏に抜け出したクロスがGKとの一対一を迎えたが、シュートはGKシュワーブが右足でブロック。 さらにビーレフェルトは、前半アディショナルタイムにも左CKからファーサイドのクロスがヘディングシュートで合わせたが、これはゴールカバーに戻ったシュミッツにゴールライン上でのアクロバティックなクリアでかき出された。 1点のビハインドで後半を迎えたビーレフェルトは57分にF・クンゼを下げてラズミを投入。すると59分、左サイドからのスローインをボックス左でクロスが落とすと、ボックス左手前の奥川がワンタッチで中央へ。これをボックス内で受けたラズミがワントラップからシュートをゴール左隅へ流し込んだ。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、最後まで追加点は生まれず。試合は1-1の痛み分けに終わった。 2021.12.05 01:50 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly