CL3連勝を目指すユベントス、指揮官は集中を呼びかける 「インテルとの試合は考えるつもりもない」

2021.10.20 21:03 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスのマッシミリアー
ノ・アッレグリ監督が、ゼニト戦への意気込みを語った。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。

今季のチャンピオンズリーグ(CL)で昨季王者のチェルシーと同じグループHに入ったユベントスは、第2節でそのチェルシーをホームで下し、開幕2連勝で堂々の首位に立っている。その勢いのまま、セリエAではトリノとのダービーや、ローマとのビッグマッチを制し、公式戦5連勝と波に乗っている。

そんな中、20日にCL第3節で対戦するゼニトは、チェルシーとのアウェイ戦で善戦したロシア王者。アッレグリ監督はゼニトをヨーロッパ的で組織力の高いチームと分析。また、ゼニト戦後には国内リーグで大一番を控えるが、目の前の試合だけに集中することを強調した。

「ゼニトは良いチームだ。とてもヨーロッパ的で整備されたサッカーをする。ロンドンでの試合では守備面に優れており、素晴らしい試合をしていた。中盤と前線にテクニックのある選手が何人もいる。良い結果を得られればラウンド通過に近づくことができるので、我々にとっては重要な一戦だ」

「今はゼニト戦に集中する必要がある。良い結果を手にロシアを後にしたいからね。そのためにはインテルとの試合を頭から離さなければならない。ゼニトは技術的に秀でており、明日の試合を過小評価しないためにはそれが非常に重要になるだろう」

「彼らには特徴の異なる2人のストライカーがいる。一方はフィジカルが強く、もう一方は技術的に優れている。サンクトペテルブルクで勝ち点を獲得するためには、慎重に、かつ果敢に挑まなければならない」

アッレグリ監督はまた、チーム状況についても報告。先発出場する選手も示唆した。

「(マタイス・)デ・リフトは完全に回復しており、明日の夜は(ヴォイチェフ・)シュチェスニーや(レオナルド・)ボヌッチと同じように先発するだろう。最終的な決定は明日下すことになる。アルトゥールはより出場時間を増やすことができるようになったし、(アルバロ・)モラタは1分から出場する可能性がある」

アレックス・サンドロも復帰し、(マッティア・)デ・シリオも良いパフォーマンスを見せてくれている。(パウロ・)ディバラはトレーニングに励んでいるが、まだスカッドには入られらない。目標はインテルとの試合に間に合わせて、次の代表ウィークまでそれを継続させることだ」





関連ニュース
thumb

チュアメニ慰留は困難か...モナコSDが認める 「サッカー界がどのようなものかは分かっている」

多くのクラブが興味を示すモナコのフランス代表MFオレリアン・チュアメニ(21)だが、やはり慰留は難しいようだ。スペイン『FICHAJES FUTBOL』がスペイン『Agencia EFE』の情報をもとに伝えた。 ここ最近、各国のビッグクラブからの関心が伝えられているチュアメニ。2024年まで契約が残るなか、チェルシー、レアル・マドリー、ユベントスなど錚々たるチームが若き才能の動向を注視している。 モナコとしては当然、今季ここまで公式戦21試合の主力はチームに残しておきたいところ。しかし、スポーツ・ディレクターを務めるポール・ミッチェル氏は、この21歳の能力を称賛するとともに、移籍を防ぐのは困難であることを認めている。 「我々はチュアメニをより長くチームに残したいと思っているが、サッカー界がどのようなものかは分かっている。若さを重視するチーム同士の争奪戦になるだろう」 「彼は模範的な選手で、自身のキャリアにとても力を入れている。質問をするのが好きで常に向上心を持っており、ピッチの上ではリーダーだ。強くてダイナミックで、守備も攻撃もできる。彼のような選手はヨーロッパにはあまりいないよ」 2021.11.25 16:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ユベントスがヴラホビッチの獲得へ5000万ユーロを準備か

フィオレンティーナに所属するセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(21)の獲得に本腰を入れているようだ。イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えている。 『ガゼッタ・デロ・スポルト』によれば、得点力不足に悩むユベントスは新ストライカーの獲得に本腰を入れており、移籍金として5000万ユーロ(約64億5500万円)を準備しているという。 また、国外クラブへの売却を考慮しているフィオレンティーナに対し、ヴラホビッチは慣れ親しんだセリエAに留まることを望んでいるとのことだ。 今夏の移籍市場ではクラブ間の交渉がうまくいかずに残留となったヴラホビッチだが、今後のステップアップを目指す同選手は、先日にクラブが掲示した総額4000万ユーロ(約52億3000万円)相当の5年契約を固辞。現行契約は2023年まで残っているが、今冬あるいは来夏のタイミングでの退団が決定的な状況。 しかし、フィオレンティーナは7000万ユーロ(約90億円)とかなり高額な契約解除金を設定しており、ユベントスは交渉による値引きや選手の譲渡を含めたオファーによって、できるだけ早く獲得したいと考えているようだ。 2021.11.25 00:45 Thu
twitterfacebook
thumb

旧友の指揮するトッテナムを訪問したデル・ピエロ氏、ケインやソン・フンミンとの撮影にも応じる

イタリアのレジェンドがロンドンのトレーニング場を訪れた。 ユベントスで長らく活躍した元イタリア代表FWアレッサンドロ・デル・ピエロ氏。公式戦通算706試合で290ゴール69アシストを記録した、名実ともにクラブの象徴的存在といえるレジェンドだ。 現役を引退後はサッカー解説者や実業家として活動している。 23日にはチャンピオンズリーグ(CL)グループH第5節で、チェルシーとのアウェイ戦に臨む古巣のためにスタンフォード・ブリッジを往訪。自身のインスタグラムに白黒のストライプ柄のスーツでピッチに立つ姿を公開していた。 それとは別に、同じくロンドンに拠点を構えるトッテナムもデル・ピエロ氏来訪のインスタグラムを更新。FWハリー・ケインやMFソン・フンミンらがトレーニング場でデル・ピエロ氏と写真撮影に応じる姿を投稿した。 「スパーズの組織全体や彼らが構築し続けているものに本当に感銘を受けた」とイタリア『スカイ・スポーツ』に語ったデル・ピエロ氏。トッテナムを訪れた目的はどうやらユベントスの時代のチームメイト、アントニオ・コンテ監督に会うためだったようで、しばし旧交を温めた模様だ。 「アントニオに会えて良かったよ。彼は微笑んでいて比較的リラックスしていた。直近のリーズ・ユナイテッド戦に勝ったことで少し落ち着いたのかもしれないね」 <span class="paragraph-title">【写真】デル・ピエロとツーショットを取るトッテナムの面々</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CWn5gS8t7Z3/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CWn5gS8t7Z3/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CWn5gS8t7Z3/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Tottenham Hotspur(@spursofficial)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CWohmjAItaT/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CWohmjAItaT/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CWohmjAItaT/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Tottenham Hotspur(@spursofficial)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.11.24 21:45 Wed
twitterfacebook
thumb

チアゴ・シウバが結果を左右するスーパークリアで、指揮官に31個目のクリーンシートをプレゼント

チェルシーのブラジル代表DFチアゴ・シウバが見事なカバーリングでチームを救った。 チェルシーは23日、チャンピオンズリーグ(CL)グループH第5節でユベントスをホームに迎えた。すでに前節突破を決めているユベントス(勝ち点12)が自陣で守備ブロックを構えるのに対し、引き分け以上でグループステージ突破の決まるチェルシー(勝ち点9)が攻勢に出る展開でゲームは推移する。 チェルシーは25分にDFトレヴォ・チャロバーが先制点を挙げたが、直後にピンチを迎えた。ライン押し上げのギャップを突かれ、MFマヌエル・ロカテッリの浮き球からFWアルバロ・モラタに決定機を許してしまう。 GKとの一対一からループで頭上を抜かれ、試合は振り出しかと思われたが、チアゴ・シウバが懸命にカバー。オウンゴールにもなり兼ねない難しい処理だったが、ゴールラインぎりぎりでボールをかき出し、事なきを得た。決まっていれば趨勢もわからなくなっていただけに、試合結果を左右するビッグプレーとなった。 T・シウバのファインプレーでピンチをしのいだチェルシーは、後半も攻勢をかけ続けて次々と追加点を奪取。4-0の快勝を収めて首位に浮上し、グループステージ突破も決めている。 チェルシー就任からちょうど50試合目の節目を迎えたトーマス・トゥヘル監督にとっては、31試合目のクリーンシートとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】ラインぎりぎりのクリアでチームを救ったチアゴ・シウバ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Oh my! Thiago Silva is a Rolls Royce of a defender! <a href="https://twitter.com/hashtag/CHEJUV?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CHEJUV</a> <a href="https://t.co/KZpLtGvrJU">pic.twitter.com/KZpLtGvrJU</a></p>&mdash; Mohamed Wehliye (@WehliyeMohamed) <a href="https://twitter.com/WehliyeMohamed/status/1463245967570919424?ref_src=twsrc%5Etfw">November 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.24 21:15 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシーに粉砕されたユベントス…アッレグリ監督も落胆「前半は良いプレーができたが…」

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)での敗北を嘆いた。クラブ公式サイトが伝えている。 ユベントスは23日に行われたCLグループH第5節で、チェルシーと対戦。グループ首位の状態で迎えた一戦だったが、この日は立ち上がりから欧州王者に圧倒される苦しい展開に。前半先制点を許した後もボールを握られ続け、後半には3失点を喫するなど守備が崩壊。反撃の糸口すらつかめぬまま0-4で敗れ、グループ首位から転落する結果となった。 試合後、アッレグリ監督は特に後半になって相手を抑えられなかったことを落胆。一方で、すでにチームがグループステージ突破を決めていることを強調し、ここから改善していきたいと意気込んだ。 「前半の我々は良いプレーができたと思う。だが、後半は現在好調であり技術力も高いチェルシーのプレッシャーに苦しんでしまったね」 「4失点したことは残念に思っている。とはいえ、我々は今シーズンの最初の目標であるCLラウンド16への進出を、2試合を残した時点で達成したことは忘れないで欲しい」 「今日のような夜は、敗北からも何かを学ぶことができるという教訓にする必要があるだろう。今はこの試合の結果を忘れて、次の(セリエAで対戦する)アタランタ戦に向け集中しなければならない」 2021.11.24 11:49 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly