CL3連勝を目指すユベントス、指揮官は集中を呼びかける 「インテルとの試合は考えるつもりもない」

2021.10.20 21:03 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスのマッシミリアー
ノ・アッレグリ監督が、ゼニト戦への意気込みを語った。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。今季のチャンピオンズリーグ(CL)で昨季王者のチェルシーと同じグループHに入ったユベントスは、第2節でそのチェルシーをホームで下し、開幕2連勝で堂々の首位に立っている。その勢いのまま、セリエAではトリノとのダービーや、ローマとのビッグマッチを制し、公式戦5連勝と波に乗っている。

そんな中、20日にCL第3節で対戦するゼニトは、チェルシーとのアウェイ戦で善戦したロシア王者。アッレグリ監督はゼニトをヨーロッパ的で組織力の高いチームと分析。また、ゼニト戦後には国内リーグで大一番を控えるが、目の前の試合だけに集中することを強調した。

「ゼニトは良いチームだ。とてもヨーロッパ的で整備されたサッカーをする。ロンドンでの試合では守備面に優れており、素晴らしい試合をしていた。中盤と前線にテクニックのある選手が何人もいる。良い結果を得られればラウンド通過に近づくことができるので、我々にとっては重要な一戦だ」

「今はゼニト戦に集中する必要がある。良い結果を手にロシアを後にしたいからね。そのためにはインテルとの試合を頭から離さなければならない。ゼニトは技術的に秀でており、明日の試合を過小評価しないためにはそれが非常に重要になるだろう」

「彼らには特徴の異なる2人のストライカーがいる。一方はフィジカルが強く、もう一方は技術的に優れている。サンクトペテルブルクで勝ち点を獲得するためには、慎重に、かつ果敢に挑まなければならない」

アッレグリ監督はまた、チーム状況についても報告。先発出場する選手も示唆した。

「(マタイス・)デ・リフトは完全に回復しており、明日の夜は(ヴォイチェフ・)シュチェスニーや(レオナルド・)ボヌッチと同じように先発するだろう。最終的な決定は明日下すことになる。アルトゥールはより出場時間を増やすことができるようになったし、(アルバロ・)モラタは1分から出場する可能性がある」

アレックス・サンドロも復帰し、(マッティア・)デ・シリオも良いパフォーマンスを見せてくれている。(パウロ・)ディバラはトレーニングに励んでいるが、まだスカッドには入られらない。目標はインテルとの試合に間に合わせて、次の代表ウィークまでそれを継続させることだ」



関連ニュース
thumb

ヴラホビッチ、ユベントス行き濃厚か

フィオレンティーナのセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(21)のユベントス行きが濃厚となっているようだ。 昨季のセリエAで37試合21ゴールを挙げ、一気にブレイクを果たしたヴラホビッチ。今季もここまで公式戦24試合に出場し20ゴールを記録している中で、連日のように様々なクラブからの関心が報じられている。 最近ではアーセナル行きの噂があったが、フィレンツェ地元紙などイタリアメディアが伝えるところでは、ユベントス行きが濃厚となっているようだ。メディアによって数字はばらつきがあるが、共通している部分は年俸700万ユーロ(約9億円)の5年契約であることと、移籍金は6000万ユーロ(約77億円)以上であること。 先日、スポーツ・ディレクターを務めるダニエレ・プラデ氏は、イタリアSportitalia』の取材に対し、「十分なオファーは受け取っている」と明かしながらも、最終決定は本人次第とコメントしている。そのヴラホビッチは、報道によればユベントス行きを希望しているとのことで、早ければ今週中にメディカルチェックに入る可能性もあるようだ。 2022.01.25 18:08 Tue
twitterfacebook
thumb

準々決勝の日程が決定! インテルvsローマ、ミランvsラツィオなど《コッパ・イタリア》

コッパ・イタリア準々決勝の日程が決定した。 1月12日から20日にかけて行われたベスト16では、前回王者ユベントスや、ファイナリストのアタランタ、ミラノ勢が順当に駒を進める中、一昨シーズンの覇者ナポリは、合計3人の退場者を出したフィオレンティーナとの大荒れの試合で、延長戦までもつれ込んだ結果、2-5の敗戦を喫した。 準々決勝では、インテルvsローマや、ミランvsラツィオなど、セリエA上位陣によるビッグマッチが実現。ナポリを破ったフィオレンティーナはアタランタと、ユベントスはサッスオーロと対戦する。 ◆コッパ・イタリア準々決勝日程 ▽2/8(火) 《29:00》 インテル vs ローマ ▽2/9(水) 《29:00》 ミラン vs ラツィオ ▽2/10(木) 《26:00》 アタランタ vs フィオレンティーナ 《29:00》 ユベントス vs サッスオーロ 2022.01.25 16:44 Tue
twitterfacebook
thumb

引く手数多のFWヴラホビッチに90億円超のオファー、フィオレンティーナは「ドアは全て開いている」も代理人に苦言「何を望んでいるのか」

今冬の移籍市場で注目を集めているフィオレンティーナのセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(21)だが、スポーツ・ディレクター(SD)を務めるダニエレ・プラデ氏が現状を明かした。 190cmの長身でありながら、万能型のストライカーであり、昨シーズンはセリエAで37試合に出場し21ゴールを記録し一気にブレイクしたヴラホビッチ。今シーズンも、ここまで21試合で17ゴールを記録し、去就が注目されている。 ヴラホビッチには、アーセナルとユベントスが熱心な関心を寄せている状況が続いており、今冬の移籍市場で仕留めたい両者は、多額の移籍金を払う準備ができている。 そんな中、プラデSDは『Sportitalia』に対して、ヴラホビッチの状況についてコメント。極めて重要なオファーが届いているとし、クラブとしてはオープンな状況であると主張した。 「市場は31日に終了するが、どうすれば終わったと言えるのだろうか。万が一の場合に備えている」 「我々には重要なスカウティング部門があり、ジョー・バローネによってとても良くマネジメントされている。我々は、自分たちの仕事のプログラムに満足している」 「我々は彼に向けた重要なオファーをいくつか受けた。とても充実したオファーだったが、彼の代理人からのフィードバックはなかった。我々では、常に大きな透明性があった」 「私はバローネが昨日言ったことを参照する。ドアは全て開いている」 一方で、代理人がこの状況を動かす気がないとプラデSDは指摘。2023年6月で契約満了を迎えることもあり、何を考えているのかが全く分からないため、今回オファーを明かしたとコメント。フリーでの移籍だけは避けたいと語った。 「彼が何を望んでいるのか、そして代理人が何を望んでいるのかを理解したいので、このことを発言する。また、契約更新のために席についてもらうこともできる」 「我々は彼をとても強気で売って欲しいというオファーを受けた。7500万ユーロ(約96億7200万円)を稼ぎ、貴重な資産を持つクラブが、彼をタダで失うわけにはいかないから発言している」 「我々は全てオープンだ。だから、代理人は我々に意図を言わなければならない」 「満足いくオファーであり全て有効だ。我々に合った支払い方法でも合った。選手の代理人との接触がなく、取引を進めることができなかった」 「重要な評価であり、7000万ユーロ(約90億2700万円)を超えている。何年にもわたって支払うことやトレードもない。会長は我々にそれを押し付けてきたんだ」 オファーはクラブとして十分と考えているフィオレンティーナ。代理人とヴラホビッチが何を望んでいるのか。今冬の移籍の実現もまだ可能性はありそうだ。 2022.01.25 10:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ミラン戦は枠内シュート0でドロー…アッレグリ監督「良い試合だった」

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督がミラン戦のパフォーマンスに満足感を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 23日に行われたセリエA第23節でミランと対戦したユベントス。90分を通して、相手にゴールを脅かされ続けるも失点を許さず、ゴールレスドローでタイムアップを迎えた。 アウェイの地で勝ち点1を獲得したアッレグリ監督は枠内シュート0という内容ながらも、チームのパフォーマンスに満足感を示した。 「良い試合だった。多くのコンペティションを戦ってきたが、今夜は1月を最高の形で締めくくり、首位に肉薄することが重要だった」 「最後の25メートル、30メートルではもっと明晰に、冷静にラストパスを出さなければならなかったが、今夜はバランスの取れた試合だった」 「ミランの素晴らしいチームと対戦したが、このポイント差をキープしていることが重要だ。チームとしてより良いプレーができるようになり、ボールを持つ時間もよくマネジメントできるようになったので、満足している」 「結果が出ることで自信もつき、12試合で8回も無失点を記録した。(パウロ・)ディバラのコンディションが上がり、(アルバロ・)モラタがより多くのゴールを決め、(モイゼ・)ケアンも我々を助けてくれるだろう」 「トップ4入りを目指しているのだから、チームスピリットを失ってはいけない。我々は一歩一歩前進しており、シーズン当初から考えると、現在の順位には満足している」 2022.01.24 12:30 Mon
twitterfacebook
thumb

キエーザ、左ヒザの手術成功も7カ月アウト…ユーベが発表

戦線離脱が続くユベントスのイタリア代表FWフェデリコ・キエーザだが、手術が無事に成功したようだ。 9日に行われたセリエA第21節のローマ戦で左ヒザを負傷したキエーザ。後日のクラブメディカルで左ヒザの前十字じん帯損傷がわかり、近日中に手術を受ける見通しだった。 そして、23日にクラブが発表したところによると、発熱で延期された手術は同日午後にオーストリアで行われ、無事に成功。全治約7カ月が見込まれ、当初の見立てどおり、今季復帰が絶望的となった。 今季のキエーザは公式戦18試合の出場で4得点4アシストを記録。ユベントスはもちろんだが、今年3月にカタール・ワールドカップ(W杯)出場権をかけてプレーオフを戦うイタリア代表にも大打撃となる。 2022.01.24 12:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly