久保、堂安、大迫が不在ならば…サイドの選択肢減る11月、今こそ日本代表に呼ぶべきドリブラーは三笘薫

2021.10.16 10:35 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
12日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選でオーストラリア代表相手にホームで劇的勝利を飾った日本代表。首の皮一枚繋がったものの、オマーン代表がベトナム代表に勝利したことで、グループ4位に転落。ストレートでW杯出場権を得られる2位以上に向けて、勝ち点を落とせない厳しい戦いがこの先も続いていく。

オーストラリア戦で、日本代表は初めて[4-3-3]のシステムを採用。これまでの[4-2-3-1]から中盤3枚の構成へと変え、両サイドには、左に南野拓実、右に伊東純也と盤石の2人を配置。後半途中からは南野に代えて浅野拓磨を投入していた。

そのスピードを買われて起用された浅野だが、右サイドで先発したサウジアラビア代表戦では結果を残せず、原口元気と途中交代していた。

同じくサイドを主戦場とする三好康児はこの2試合で出番がなかったが、10月の最終予選では久保建英がケガで招集外だったことに加え、堂安律がサウジアラビア戦を前にケガで離脱。古橋亨梧はクラブでFWとして起用されており、オーストラリア戦でも大迫勇也に代わって途中からトップの位置に入り、実質的に伊東、原口、浅野、三好の4名がサイドを主戦場とする選手だったことになる。

11月にはベトナム、そしてオマーンとアウェイで戦う日本だが、ここにきて久保と堂安の離脱が長引くことが判明。堂安は復帰までに、ここから1カ月程度、久保に関しては1カ月半分から2カ月を要すると見られている。

つまり、2列目の人選は11月も苦しい状況になり、10月の2試合では伊東の突破が唯一のプラス材料だった。そこで、2列目サイドの攻撃的な選手として11月の試合で期待が懸かるのが、三笘薫だ。

ベルギーのユニオン・サン=ジロワーズでプレーする三笘は、ここまでジュピラー・プロ・リーグ4試合に途中出場して1アシストをマーク。唯一の先発出場となったカップ戦ではゴールを決めており、新天地で適応してきている状況。何より、Jリーグ時代に無双したドリブルのキレはベルギーでも通用している。

11月の2試合で森保一監督がシステムを[4-2-3-1]に戻すのか、[4-3-3]を継続するのは分からないが、川崎フロンターレ時代に経験した[4-3-3]の左ウイングが三笘にとってのベストポジションとなるだろう。[4-2-3-1]の場合、守備のタスクも考慮すると先発起用は難しいかもしれないが、三笘のドリブルはジョーカーとしても使え、東京オリンピック3位決定戦のメキシコ戦のように、相手ディフェンスが疲弊した後半途中でのキレのあるドリブルは大きな武器となり得るだろう。

さらに、森保監督体制下で絶対的なFWのファーストチョイスであった大迫の負傷も判明。当面の試合出場が難しいと見られており、こちらも11月の最終予選に間に合うか定かではない。

その場合、オーストラリア戦の後半のように古橋を最初からFWとして起用するパターンも大いに考えられ、そうなると左サイドの選択肢がまた1つ減ることとなる。

三笘はクラブのインタビューで「ワールドカップやフル代表に入って、日本を代表するサッカー選手になりたいと思っています」と目標を口にしていたが、期待されながらも中々実現してこなかった。しかし、A代表デビューのタイミングが、今は近づいているのかもしれない。



1 2

関連ニュース
thumb

初陣は黒星、なでしこジャパン池田太監督が振り返る「色々な気づきがあったことが良かった」

なでしこジャパンの池田太監督が、初陣となったアイスランド女子代表戦を振り返った。 なでしこジャパンは25日、国際親善試合でアイスランド女子代表と対戦。池田新体制にとっての初陣となった試合だった、0-2で敗れた。 ボールを握るなでしこは、ポゼッションというところでは要所に良さを見せるも、ゴールに迫るシーンが作れない。すると相手の得意な形から失点。要所に良さも見せる中、後半にも失点し、0-2で敗戦となり、初陣を飾れなかった。 試合後、池田監督は試合を振り返り、敗戦したことを残念がった。 「0-2という結果は非常に残念に思いますし、こちらに来て短い準備の中、選手たちに共有し、トライしてもらうというところでは、選手のピッチでの取り組みが見られたことは1つ収穫として残ったところです」 そんな中、要所で見せていた組み立ての部分については「どうやって前進していこうかというところでは、早い準備を求めていましたし、サポートの角度も意識して連続していこうというところで、自陣から相手陣に入るところまではできた部分はあったと思います」とコメント。「最後のアタッキングサードでの停滞感、フィニッシュまで繋がるところの共有はまだまだというのが正直なところです」と、シュートシーンでの精度やアグレッシブさには物足りなさを感じたようだ。 ただ、2度目の合宿でありトレーニングもオランダ入りして2度しかしていない状況。その点を踏まえ、「もちろん、もっともっと合わせていく部分は必要だと思いますし、可能な選手たちだと思います。ただ、単純なミスも多いので、そこの精度も求めていきたいです」と、コンビネーションは上げられるとしながらも、プレー精度を上げたいと語った。 一方で、失点シーンは相手の得意な形でやられてしまった。その点については「試合開始から少し相手の中盤に対する守備の同時性が足りなく、展開されてしまう。大きな展開をされる前に我々が奪うというところは上げていきたいですし、展開された後の守備の粘り、組織の構築もこれから構築する必要があると思います」と語り、しっかりと修正したいとした。 この試合では、DF熊谷紗希(バイエルン)、FW岩渕真奈(アーセナル)はベンチ入りも起用されなかった。先発メンバーの選び方については「海外との対戦に関して、経験を積みながら、もちろん勝利を目指していましたが、選手の組み合わせ、ポテンシャルを見たいと思っていましたし、コンディションを含めた全体のバランス、見たい選手のバランスを考えてメンバーを選びました」とコメント。様々な要素を考えての選考とした。 その中で、これまでセンターバックで起用されていたDF宝田沙織(ワシントン・スピリット)を左サイドバックで起用した理由については「相手のワイドな選手にはスピードがストロングな選手がいたので、宝田選手のスピード、または高さというところのプラス要素を考えて起用しました」とコメント。プレーぶりについては「宝田選手のプレーに関しては、守備もそうですが、そこから出ていく推進力もそうですし、力を発揮してくれたと思います」と、一定の評価を下した。 このチームのコンセプトである「奪う」という点についても言及。ある程度できた部分もあったと、初陣での手応えを語った。 「前から守備に行くというところで、もちろん相手のボールの動かしに対して、相手の立ち位置に対してどう守備をしていくかというところで、2トップが相手の中盤を見ながら、アンカーを消していくというところもありましたし、我々のボランチがそこを見るということもありました」 「ピッチ内、または選手たちがそれを感じて、修正するというところもできたところもありました。もっともっとスムーズに早い段階でコミュニケーション取りながらやれた方がベストですが、色々な気づきがあったことが良かったです」 次はオランダ女子代表戦が控えている。そこに向けては「今の段階では自分たちが積み上げたものをまずはぶつけていこうと思っています」と、自分たちがどこまで通用するかを見たいとし、「アグレッシブなプレーを選手たちに求めたいですし、相手のやり方をもっと分析してやらなければと思っていますが、まずは積み上げてきているものをぶつけてみようと思っています」と、オランダ戦もスタイルを貫いて戦いたいと語った。 2021.11.26 21:15 Fri
twitterfacebook
thumb

PSVで輝き出す堂安律に「頼りがいがある」 今夏回想の指揮官が残留喜ぶ

PSVを率いるロジャー・シュミット監督が今夏の日本代表MF堂安律を振り返った。オランダ『ED』が報じている。 昨夏に出場機会を求めてアルミニア・ビーレフェルトにシーズンローンで移った堂安。ドイツでの堂々たるプレーぶりを受けて、ビーレフェルトの買い取り話や他のブンデスリーガクラブ行きの憶測もあったが、最終的に具体化せず、PSVに今季復帰した。 来年1月もサウサプトンが獲得を目指しているとの噂が浮かび上がるが、その一方で、PSVでも出場機会を増やしつつある堂安。東京オリンピック参戦による合流遅れや負傷離脱もあったが、ここまで公式戦10試合の出場で2得点1アシストを記録している。 そして、25日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループB第5節のシュトゥルム・グラーツ戦に先発すると、1アシストを記録して、マン・オブ・ザ・マッチに。そんな堂安だが、今夏を振り返ったシュミット監督は残留という結果に喜びの思いを口にした。 「当時の彼は常に先発というわけじゃなく、主軸になりたいという思いがあった。その件について話し合いをして、リツも疑問を投げかけてくれた」 「彼に自らの価値を認めさせるのはそう容易いことじゃなかった。また、後からの合流に短期間のケガもあり、彼にとって難しい夏になってしまった」 「とはいえ、彼をキープできて、非常に嬉しく思っている。オフェンス面で多くのものをもたらすことができ、ディフェンス面も非常に頼りがいがある」 「今の彼を見ていると、トレーニングでも、試合でも精神面にシャープだとわかる。本当に全力でやってくれている」 2021.11.26 17:40 Fri
twitterfacebook
thumb

尚志の17歳DFチェイス・アンリにシュツットガルトが本腰か? 伊藤洋輝の成功の再現を目指す

日本代表MF遠藤航、DF伊藤洋輝が所属するシュツットガルトだが、新たな日本人選手獲得に動く可能性があるようだ。ドイツ『キッカー』が報じた。 過去にはFW岡崎慎司(現:カルタヘナ)やDF酒井高徳(現:ヴィッセル神戸)、MF細貝萌(現:ザスパクサツ群馬)も在籍するなど、日本人選手との関わりも強い。 そのシュツットガルトは、今年6月に磐田からレンタル移籍で獲得した伊藤が、当初の想定よりも戦力として計算できる事態に。Bチームの予定が、現在ではファーストチームのレギュラーに定着しており、レンタル期間終了後に完全移籍に切り替えたい考えを持っているようだ。 若手を見出す力に長け、ドルトムント時代にはMF香川真司(現:PAOKテッサロニキ)を見出したことでも知られるスヴェン・ミスリンタート氏がスポーツ・ディレクター(SD)を務めていることもあり、伊藤の成功の再現を狙っているとされている。 そんな中でシュツットガルトが注目しているのが、尚志高校に所属するDFチェイス・アンリ(17)とのことだ。 高校生ながら、その並外れた身体能力で高く評価され、10月には、U-22日本代表としてAFC U23アジアカップウズベキスタン2022予選を戦っていた。 また、所属の尚志高校では全国高校サッカー選手権大会の福島県予選決勝で、土壇場での勝ち越しゴールを記録するなど、勝負強さも持ち味だ。 『キッカー』によれば、9月にはセカンドチームのトレーニングにゲストとして参加。印象的なプレーを見せており、獲得を希望しているという。 アヤックスなど、若手育成に優れたチームも興味を示している中、伊藤の成功例を知るシュツットガルトがどこまで本気なのか。チェイス・アンリの決断に注目が集まる。 2021.11.26 12:45 Fri
twitterfacebook
thumb

「大事になら無くて良かった」ヒザ負傷で前節欠場の吉田麻也、回復を報告「ご心配おかけしました!」

サンプドリアの日本代表DF吉田麻也が回復を報告した。 日本代表の守備の要として、そしてキャプテンとしてカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選を戦っている吉田。サンプドリアでも守備の要として、セリエAでは先発フル出場を続けていた。 しかし、11月シリーズの代表活動後に負傷していたことが判明。21日に行われたセリエA第13節のサレルニターナ戦は大事を取って欠場。チームは4試合ぶりに勝利し、シーズン3度目のクリーンシートを達成していた。 ヒザを負傷していたとされる吉田だが、自身のインスタグラムを更新。既にトレーニングに復帰していることを報告した。 「少し膝を痛めましたがもう練習復帰しております!ご心配おかけしました!」 昨シーズンもフル稼働した吉田は、今夏は東京オリンピックにオーバーエイジとして出場。終了後には間も無くシーズンが開幕し、その後は3度アジアとイタリアを行き来するなど、体への負担は計り知れない。 この報告にはファンも「無理せずに回復管理しながら頑張ってください」、「大事になら無くて良かった」、「安心しました!」、「無理だけはしないでください!!」と、日本の大黒柱の復帰に安堵する声が多く寄せられた。 <span class="paragraph-title">【写真】ヒザ負傷の吉田麻也がトレーニング写真で回復アピール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CWt1FNKIlta/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CWt1FNKIlta/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CWt1FNKIlta/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Maya Yoshida(@mayayoshida22)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.11.26 10:52 Fri
twitterfacebook
thumb

新生なでしこジャパンの初陣はアイスランドに完敗…要所で見せた可能性を次節オランダ戦へ《国際親善試合》

なでしこジャパン(日本女子代表)は25日、国際親善試合のアイスランド女子代表戦をオランダのヤンマースタジアムで戦い、0-2で敗戦した。 2019年のフランス女子ワールドカップ(W杯)はベスト16、自国開催となった東京オリンピックをベスト8で終えたなでしこは、高倉麻子前監督の退任に伴い、池田太氏を新指揮官に招へい。 2カ月後にW杯予選を兼ねるAFC女子アジアカップインド2022を控える中、現在欧州遠征中のチームは、新体制初の対外試合となる今回の一戦でアイスランドと対戦した。 注目の新生なでしこの初陣のメンバーはGKに池田咲紀子、4バックに右から清水梨紗、南萌華、三宅史織、宝田沙織。中盤は右から成宮唯、猶本光、長野風花、長谷川唯。2トップに小林里歌子、植木理子のベレーザコンビが起用された。なお、26歳のMF成宮はこれが代表デビュー戦となった。 立ち上がりは自分たちでボールを握って右サイドでのコンビネーションを起点に相手を押し込む形を作ったなでしこ。 しかし、フィニッシュまであと一歩という状況が続くと、14分には中盤でのボールロストから右サイドのスベインディス・ジェーン・ヨンスドッティルに展開されると、そのままボックス右まで持ち込まれて右足のシュートを許す。シュートはGK池田の守備範囲だったものの、ボールを弾き切れずにゴール左隅へ決まった。 相手の狙いの形から先手を許したなでしこは、すぐさま反撃を開始。前からボールを奪いに行く積極性を見せつつ、ボックス付近で小林が続けてシュートまで持ち込んでいく。 一方、失点後の守備の局面では高さやフィジカルの優位性を生かすアイスランドのシンプルな背後への攻めやクロスに苦戦。とりわけ、スベインディス・ジェーン・ヨンスドッティルのロングスロー、セットプレーの局面で後手を踏む場面が散見。30分にはそのロングスローの流れからゴール前で混戦を作られると、アルベルツドッティルにクロスバー直撃のシュートを打たれるピンチも招いた。 その後、前半終盤にかけては内と外でボールを出し入れしながら長谷川らを起点としたコンビネーションで相手の堅守攻略を図るも、決定機らしい決定機を作れぬままハーフタイムを迎えた。 後半もスタートは同じメンバーで臨んだなでしこだが、幾度か良い背後への抜け出しを見せるものの、ことごとくオフサイドとなる。流れを変えたい池田監督は57分、成宮、猶本を下げて宮澤ひなた、隅田凜を最初の交代カードとして投入。この変更で若干攻撃のアプローチに変化が生まれるも、相手を脅かすまでには至らず。 逆に、70分には相手最終ラインからのフィードに反応したスベインディス・ジェーン・ヨンスドッティルに右サイドのスペースへ抜け出されると、そこからの折り返しを、ゴール前のベルグリンド・ビョルグ・ソルバルズドッティルにワンタッチで押し込まれ、1失点目と似たような形から痛恨の2失点目を喫した。 何とか一矢報いたいなでしこは76分に長谷川、小林を下げて林穂之香、田中美南を同時投入。以降もブレないスタイルで相手ゴールを目指したものの、最後まで攻撃の糸口を見いだせないままタイムアップを迎えた。 これまで3戦全勝だったアイスランド相手に完敗の新生なでしこは、池田新体制の初陣を飾ることはできず。今回の敗戦で出たチームとしての課題を短い期間に修正し、現地時間29日に行われるオランダ女子代表との一戦に臨むことになった。 なでしこジャパン 0-2 アイスランド女子代表 【アイスランド】 スベインディス・ジェーン・ヨンスドッティル(14分) ベルグリンド・ビョルグ・ソルバルズドッティル(70分) 2021.11.26 05:40 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly