ウルグアイ代表26名が発表! 海外組30名から8名が招集外に、国内組4名を追加招集《カタールW杯南米予選》

2021.10.02 10:15 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウルグアイサッカー協会(AUF)は1日、10月のカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選に向けたウルグアイ代表メンバー26名を発表した。

オスカル・タバレス監督は、9月17日に海外組30名を発表。そこから8名が外れることとなり、国内組が新たに4名加わった。

既に発表されていた海外組から外されたのは、DFマキシミリアーノ・ファルコン(コロコロ)、DFジョナタン・ラク(ティフアナ)、MFダビド・テランス(アトレチコ・パラナエンセ)、MFブリアン・ロサーノ(サントス・ラグナ)、MFマヌエル・ウガルテ(スポルティング・リスボン)、MFマウロ・アランバリ(ヘタフェ)、FWマキシミリアーノ・ゴメス(バレンシア)、FWホナタン・ロドリゲス(クルス・アスル)の8名となった。

また、GKセルジオ・ロシェ(ナシオナル)、DFジョバンニ・ゴンサレス、FWファクンド・トーレス、FWアグスティン・アルバレス(いずれもペニャロール)が招集されている。

その他、FWルイス・スアレス(アトレティコ・マドリー)やMFフェデリコ・バルベルデ(レアル・マドリー)、MFルーカス・トレイラ(フィオレンティーナ)、DFディエゴ・ゴディン(カリアリ)、FWエディンソン・カバーニ(マンチェスター・ユナイテッド)ら主軸が順当に招集されている。

ウルグアイは、南米予選で4勝3分け2敗の勝ち点15で3位に位置。10月は7日にホームでコロンビア代表(13pt/5位)と、10日にアウェイでアルゼンチン代表(18pt/2位)、14日にはアウェイでブラジル代表(24pt/1位)とビッグゲームが続く。

今回発表されたウルグアイ代表メンバー26名は以下の通り。

◆ウルグアイ代表メンバー26名
GK
フェルナンド・ムスレラ(ガラタサライ/トルコ)
マルティン・カンパーニャ(アル・バーティン/サウジアラビア)
セルジオ・ロシェ(ナシオナル)※追加招集

DF
セバスティアン・コアテス(スポルティング・リスボン/ポルトガル)
マティアス・ビニャ(ローマ/イタリア)
ディエゴ・ゴディン(カリアリ/イタリア)
マルティン・カセレスディエゴ・ゴディン(カリアリ/イタリア)
ホセ・ヒメネス(アトレティコ・マドリー/スペイン)
ロナルド・アラウホ(バルセロナ/スペイン)
マキシミリアーノ・ファルコン(コロコロ/チリ)※招集外に
ホアキン・ピケレス(パウメイラス/ブラジル)
ジョナタン・ラク(ティフアナ/メキシコ)※招集外に
ジョバンニ・ゴンサレス(ペニャロール)※追加招集

MF
ナイタン・ナンデス(カリアリ/イタリア)
ガストン・ペレイロ(カリアリ/イタリア)
マティアス・ベシーノ(インテル/イタリア)
ロドリゴ・ベンタンクール(ユベントス/イタリア)
ルーカス・トレイラ(フィオレンティーナ/イタリア)
マウロ・アランバリ(ヘタフェ/スペイン)※招集外に
フェデリコ・バルベルデ(レアル・マドリー/スペイン)
マヌエル・ウガルテ(スポルティング・リスボン/ポルトガル)※招集外に
ジョルジアン・デ・アラスカエタ(フラメンゴ/ブラジル)
ダビド・テランス(アトレチコ・パラナエンセ/ブラジル)※招集外に
ニコラス・デ・ラ・クルス(リーベル・プレート/アルゼンチン)
フェルナンド・ゴリアラン(サントス・ラグナ/メキシコ)
ブリアン・ロサーノ(サントス・ラグナ/メキシコ)※招集外に
ブリアン・ロドリゲス(ロサンゼルスFC/アメリカ)

FW
ルイス・スアレス(アトレティコ・マドリー/スペイン)
エディンソン・カバーニ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
マキシミリアーノ・ゴメス(バレンシア/スペイン)※招集外に
ダルウィン・ヌニェス(ベンフィカ/ポルトガル)
ホナタン・ロドリゲス(クルス・アスル/メキシコ)※招集外に
ファクンド・トーレス(ペニャロール)※追加招集
アグスティン・アルバレス(ペニャロール)※追加招集


関連ニュース
thumb

ウルグアイ代表DFゴディン、新天地はブラジル王者のアトレチコ・ミネイロに決定

アトレチコ・ミネイロは12日、カリアリのウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン(35)がフリートランスファーで加入したことを発表した。 契約期間は2022年12月31日までとなり、延長のオプションも付いているとのことだ。 ゴディンはウルグアイのCAセロ、ナシオナルでプレーしたのち、2007年8月に海を渡りビジャレアルへと加入。2010年8月にはアトレティコ・マドリーへと完全移籍した。 チームの中心選手として守備を支えると、ラ・リーガ、コパ・デル・レイで1度ずつ、ヨーロッパリーグで2度の優勝を経験。2019年7月にインテルへと完全移籍し、2020年9月からカリアリへと移籍してプレーしていた。 アトレティコでは公式戦389試合で27ゴール14アシストを記録。インテルでは36試合で2ゴール1アシスト、カリアリでは40試合で1ゴール2アシストを記録していた。 今シーズンはヒザの負傷もありながら、セリエAで11試合に出場し1アシスト、コッパ・イタリアで1試合に出場し1アシストを記録していた。 また、ウルグアイ代表としても公式戦153試合に出場し8ゴールを記録していた。 ゴディンは1月に退団する旨を明言していたが、それが現実のものに。バレンシアへ移籍するという報道もあったが、新天地はブラジルとなった。 アトレチコ・ミネイロには、ブラジル代表FWフッキやチリ代表FWエドゥアルド・バルガスらが所属。2021シーズンのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAでは優勝を果たしていた。 2022.01.13 16:28 Thu
twitterfacebook
thumb

スアレスからのクリスマスメッセージにファン反応、ブラジルの名門を思わせる子供の服に「コリンチャンスへのレターだ」

アトレティコ・マドリーのウルグアイ代表FWルイス・スアレスからクリスマスのメッセージが送られた。 バルセロナからアトレティコへと加入して2シーズン目を迎えたスアレス。開幕からラ・リーガ、チャンピオンズリーグ(CL)の全試合に出場し、ここまで古巣戦でのゴールを含む8得点をマークしている。 オフに入ったスアレスはクリスマスに自身のインスタグラムを更新。妻のソフィア・バルビさんとのツーショットや家族の集合写真を投稿し、「みなさん、メリークリスマス!みなさんの幸せをお祈りします」とのメッセージを添えた。 これにはバスケットボールのスペイン代表ルディ・フェルナンデス、アーティストの「Marama」や「PAPA G」など、多方面からも反応が寄せられた一方、子供たちの着る服のデザインが一部ファンの中で話題を呼んだ。 黒地に白文字、肩には赤いラインの入ったセーターは、ブラジルの名門・コリンチャンスを彷彿とさせたようだ。「コリンチャンスのサポーターへのレターだ」、「コリンチャンスのお父さんが来る」など、加入を期待する声も散見された。 アトレティコはリーガ4連敗で現在5位、ウルグアイ代表もカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選で7位と低迷し、本選出場に黄色信号が灯っている。スアレスには一層の期待がかかることが予想されるため、オフ期間中の十分な休息を願うばかりだ。 <span class="paragraph-title">【写真】コリンチャンス風のセーターを着たスアレスの息子</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CX4QQQYMEPT/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CX4QQQYMEPT/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CX4QQQYMEPT/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Luis Suarez(@luissuarez9)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.12.26 21:40 Sun
twitterfacebook
thumb

福岡退団のFWブルーノ・メンデスが赤黒チェックのルームウェアで登場「あなたの家族へメリー・クリスマス」

アビスパ福岡のブラジル人FWブルーノ・メンデスからクリスマスのメッセージが届けられた。 2019年にセレッソ大阪へ期限付き移籍で加入して2シーズンを過ごした後、今季は福岡にウルグアイのデポルティボ・マルドナドからの期限付き移籍で加わったブルーノ・メンデス。 今シーズンは明治安田生命J1リーグで19試合に出場し、4得点を記録。福岡のJ1残留・躍進に貢献した。 7日に期限付き移籍期間の満了が発表されていたブラジル人FWは、25日に自身のインスタグラムを更新。妻、子供、2匹の愛犬とともに、赤と黒のチェック柄の家族ルックに身を包んだ写真とクリスマスメッセージを投稿した。 「私の家族からあなたの家族へメリー・クリスマス。たくさんの祝福があり、イエスの愛があなた方一人一人の生活に溢れることを願っています」 メッセージにはファンからも多くの「メリー・クリスマス」の声が寄せられただけでなく、今季福岡でともに戦ったDFドウグラス・グローリやMFカウエからもリプライが寄せられることとなった。 陽気な性格でチームメイトからもファンからも愛されるブルーノ・メンデス。来季はどのクラブでプレーをするのだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】赤黒チェックのウェアでメンデスからクリスマスのメッセージ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CX4xKfSOVmF/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CX4xKfSOVmF/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CX4xKfSOVmF/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Bruno Mendes(@bmendes9.oficial)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.12.26 21:16 Sun
twitterfacebook
thumb

ウルグアイ代表監督にウルグアイ人のディエゴ・アロンソ氏が就任!

ウルグアイサッカー協会(AUF)は15日、ウルグアイ代表の新指揮官にディエゴ・アロンソ氏(46)を招へいしたことを発表した。 現在カタール・ワールドカップ南米予選真っ只中のウルグアイ代表だが、14試合を消化した現時点で4勝4分け6敗の7位。本大会ストレートインとなる4位までまだ1ポイント差と逆転可能な状況だが、目下4連敗中と本大会行きに暗雲が立ち込めていたため、11月20日にオスカル・タバレス監督を解任していた。 そして、4大会連続ののW杯出場のためにチームの立て直しを託されたのは、メキシコのパチューカとモンテレイで2度のCONCACAFチャンピオンズリーグ制覇に導いた若き名将アロンソ氏。 現役時代にバレンシアやアトレティコ・マドリーでもプレーした元ウルグアイ代表FWのアロンソ氏は、2011年に現役を引退。その後、指導者に転身を図ると、母国の名門ペニャロールやパラグアイのオリンピアの指揮官を経てメキシコのパチューカとモンテレイを指揮。 2019年12月からは元イングランド代表デイビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務めるメジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミで初代監督を務めていた。 2021.12.15 23:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ウルグアイ代表新監督候補だったガジャルドがリーベル続投を発表! 今季自身初のリーグ制覇に導く

リーベル・プレートは8日、マルセロ・ガジャルド監督(45)の来季続投を発表した。 ガジャルド監督は8日に行われた公式会見の場で、「リーベル・プレートに残ることを決めた。もう1シーズン、契約を延長する準備はできている。役員会とプレーヤーたちに、私の決断を発表したところだ」と、来シーズンもチームを率いることを明かした。 現役時代にアルゼンチン代表として44キャップを刻んだガジャルド監督は、リーベルやモナコ、パリ・サンジェルマンなどで活躍。2011年の引退と同時に、自身最後の所属クラブとなったウルグアイのナシオナルで監督業をスタートさせ、2014年からリーベルの指揮を執ってきた。 同クラブでは、2度のコパ・リベルタドーレスや、3度のコパ・アルヘンティーナなど、これまで12個のタイトルを獲得。そして、先月25日には自身初となるリーガ・プロフェシオナル・デ・フットボル(アルゼンチン1部リーグ)のタイトルを獲得した。 その卓越した手腕は南米のみならずヨーロッパでも評価されており、ロナルド・クーマン解任時にはバルセロナの新指揮官候補として名前が挙がっていた。 さらに、直近ではカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選で7位に低迷するウルグアイ代表が解任したオスカル・タバレス前監督の後任候補筆頭として、接触を図っていた。 2021.12.09 06:30 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly