ハメス・ロドリゲスのアル・ラーヤン移籍が正式決定! 完全移籍での加入に

2021.09.23 01:51 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カタールのアル・ラーヤンは22日、エバートンからコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約に関する詳細は明かされていない。

昨夏、レアル・マドリーやバイエルンでプレーした頃の恩師であるカルロ・アンチェロッティ監督との深い結びつきもあり、エバートン入りしたハメス。プレミアリーグ初挑戦となった中、ケガもありながら公式戦26試合の出場で6得点9アシストの活躍を披露した。

だが、今季からアンチェロッティ監督のマドリー復帰が決まり、後任にラファエル・ベニテス監督が就くと、一転して構想外に。ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)抵触の恐れがあるエバートンは高給取りのハメス売却に前向きだが、移籍先が決まらずにいた。

そういった中、ハメスはヨーロッパでのキャリアを一先ず終え、来年のワールドカップ開催地でもあるカタール行きを選択することになった。

なお、アル・ラーヤンは元フランス代表DFのローラン・ブラン氏が指揮官を務め、同僚にはハメスと同じポルトで活躍したアルジェリア代表MFヤシン・ブラヒミが在籍している。



1 2

関連ニュース
thumb

ベニテス解任のエバートン、後任候補にルーニーが浮上

エバートンの新指揮官候補として、ダービー・カウンティのウェイン・ルーニー監督(36)が浮上している。 エバートンは16日、今季から指揮を執っていたラファエル・ベニテス監督(61)の解任を発表。プレミアリーグで暫定15位と低迷したことや、退屈と揶揄される守備的なスタイルも相まってその手腕を疑問視され、首を切られることとなった。 クラブが後任探しに奔走する中、イギリス『スカイ・スポーツ』はルーニー監督就任の可能性を報じた。本人はダービーでの指揮に満足しているとされるものの、下部組織から長年エバートンに所属していたという経歴から、オファーを断るのは難しいと予想している。 また、『スカイ・スポーツ』はルーニー監督のほか、昨年までチェルシーで指揮を執っていたフランク・ランパード氏(43)やベルギー代表のロベルト・マルティネス監督(48)、ブライトンのグレアム・ポッター監督(46)、元ローマ指揮官のルディ・ガルシア氏(57)、クラブのアシストタントコーチを務めるダンカン・ファーガソン氏(50)といった名前を後任候補に挙げている。 2022.01.17 16:09 Mon
twitterfacebook
thumb

エバートンが今季就任のベニテス監督を解任…チームは暫定15位に低迷…

エバートンは16日、ラファエル・ベニテス監督(61)の解任を発表した。 また、後任人事に関しては決まり次第、改めてアナウンスされる予定だ。 レアル・マドリーに旅立ったカルロ・アンチェロッティ監督の後任として今季からエバートンを率いるベニテス監督。元リバプール指揮官ということもあり、歓迎ムードとはいかなかったが、シーズン序盤は4勝2分け1敗と上々のスタートを切り、久々のプレミアリーグでの船出は決して悪くなかった。 しかし、度重なる負傷者や新型コロナウイルスの影響などで徐々にパフォーマンスが低下すると、2度の3連敗を経験するなど急失速。直近のノリッジ戦で今季3度目の連敗を喫したことで、現時点での戦績は5勝4分け10敗の暫定15位に。 また、今冬にアストン・ビラへ新天地を求めたフランス代表DFリュカ・ディーニュとの衝突や退屈と揶揄される守備的なスタイルに関して多くのファンの不興を買ったことも、その手腕を疑問視する結果に繋がっていた。 そして、ノリッジ戦後後にクラブ幹部と緊急ミーティングを行った中、解任という結論に至った。 2022.01.17 00:25 Mon
twitterfacebook
thumb

ノリッジにも敗北のエバートン、上層部がベニテスの進退巡ってミーティング

エバートン内部がラファエル・ベニテス監督(61)の進退を巡り、慌ただしくなっているようだ。 今季からエバートンを率いるベニテス監督。久々のプレミアリーグ復帰となったが、ここまで暫定15位に沈み、思い描いたような歩みとは至っていない。 そうしたなか、15日に敵地で行われた第22節でノリッジ・シティと対戦。ここ8試合未勝利で最下位に沈む相手との一戦だったが、1-2で敗れてしまった。 エバートンはこれで今季10敗目。昨年10月から数えて、12月6日に行われた第15節のアーセナル戦で手にした1勝どまりと不振を極めている。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、エバートン上層部はノリッジ戦後、オーナーを含めてミーティングを実施。ベニテス監督の進退を話し合ったという。 そんなベニテス監督を巡ってはファンの間でも不信感が募っている様子で、ノリッジ戦でも一部ファンから監督交代を求めるバナーが掲げられていた。 ノリッジ戦での敗北が拍車をかけ、クラブ重役の動きも忙しなくなりつつあるベニテス監督だが、続投の可能性を問われ、巻き返しに意欲を示した。 「私はプロであり、十分な経験もある。問題解決のためにここに来たわけで、この5カ月間だけでのことじゃない。時間が必要なのだ」 「昨季のチームトップスコアラーがシーズンの半分もいないのだから、より難しい。そんな彼らが戻って、立て直せるのを願っている」 2022.01.16 12:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ベニテス監督が喧嘩別れのディーニュに言及「同じボートにちゃんと漕いでない者がいれば…」

エバートンのラファエル・ベニテス監督が、先日退団したフランス代表DFリュカ・ディーニュに言及した。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。 2018年夏に加入したディーニュは、この3年半で公式戦127試合に出場するなど不動のレギュラーとして活躍していた。ところが、昨年12月に行われたリバプール戦において、戦術面を巡りベニテス監督と衝突したことをきっかけにその地位が崩壊。以降はベンチ外処分を受けるなど一度もピッチに立てていなかった。 すると、追い出されるようにしてアストン・ビラ移籍が決定。去り際に28歳は「美しい恋愛を壊すのは、時に外から来た一人の人間だ。こんな形で終わるとは思わなかった」と、指揮官への不満を暗に述べ、エバトニアンとの別れを惜しんだ。 そのディーニュにベニテス監督が言及。あくまで指揮官としての立場を貫くコメントを残した。 「私は監督であり、自分の決断に責任を負わなければならない」 「私の決断とは、チームやクラブ、将来のことを考えることだ。我々は前に進まなければならない」 「私の気持ちは常に変わらない。チームのためにベストを尽くそうとしているのだ」 「もし自分の乗るボートで、誰かが期待したほどの力で漕いでいなかったとしたら、その時にある決断を下さなければならない」 「将来のことを考えると、新しい選手が加わることで競争力が生まれ、チームのバランスが整うという点では、全体的に良い方向に向かうと思う」 「タイミングの良し悪しは関係ない。我々は前に進まなければならず、次の試合や今後より強く、より競争力を高めるために何ができるかを考えなければならない」 2022.01.15 18:52 Sat
twitterfacebook
thumb

エバートン、アストン・ビラからエル・ガジをレンタルで獲得

エバートンは13日、アストン・ビラに所属するオランダ人MFアンワル・エル・ガジ(26)を今季終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「34」を着用する。 エバートンへの加入が決まったエル・ガジは、公式サイトで「とても興奮しているよ。エバートンはビッグクラブだし、早くプレーしたいね」 「チームメイト、クラブ、そしてもちろんファンの皆さんに、自分の良さを見せたいと思っている。そして彼らを笑顔にしたいんだ。そのためにハードワークする準備はできているし、クラブのために全員で協力し合いたいと思っているよ」 モロッコにルーツを持つウインガーのエル・ガジは、アヤックスのユース出身。188cmと長身ながらスピードに優れるドリブラーで2018年夏にアヤックスからレンタル移籍でアストン・ビラに加入。 当時チャンピオンシップ(イングランド2部相当)では31試合に出場で5ゴール6アシストをマーク。昇格プレーオフ決勝のダービー戦では先制点となるゴールを挙げ、クラブの昇格に貢献。 この活躍が認められ、翌シーズンに完全移籍を果たすと2シーズン半で公式戦83試合に出場し20ゴール10アシストを記録していた。 現在、15位と低迷するエバートンは、今冬の移籍市場ですでにウクライナ代表DFビタリー・マイコレンコ、スコットランド代表DFネイサン・パターソンをそれぞれディナモ・キエフ、レンジャーズから獲得しており、エル・ガジは今冬3人目の新戦力となった。 2022.01.14 06:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly