決勝ゴールのジェコ、得点で交代を回避していた「あとで監督に聞いてみよう」

2021.09.22 13:55 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコがフィオレンティーナ戦を振り返った。

インテルは21日、セリエA第5節でフィオレンティーナと対戦。23分にリッカルド・ソッティルに先制を許したインテルだったが、ハーフタイムで修正。52分にマッテオ・ダルミアンのゴールで追いつくと、55分にジェコがヘディングでゴールを決め逆転に成功。87分にはイバン・ペリシッチがダメ押しゴールを決めて、1-3で勝利を収めた。

この試合で決勝ゴールを決めたジェコは、加入後のセリエAで5試合に出場し4ゴール目。チームを勝利に導いたが、チリ代表FWアレクシス・サンチェスが交代の準備をしていた中でのゴール。これによって交代を回避できたと『DAZN』のインタビューで冗談を語り、チームの勝利だと喜んだ。

「何かを見て考えを変えようと思ったのか、あとで監督に聞いてみようと思う(笑)」

「この勝利は素晴らしいチームの1つだ。なぜなら、僕たちは素晴らしいチームだからだ」

「前半は苦戦したけど、フィオレンティーナの前半は素晴らしく、幸いにも1-0で折り返せた」

「彼らはハーフタイムの後で少し落ちたが、僕たちはチームとしてより完成度が高まり、2ゴールを決めて試合をひっくり返すことができた」

また、アルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスとのコンビには懐疑的な目を向けられていた中、その点は全く問題ないと語り、勝利を重ねたいと語った。

「才能がある選手はいつでも一緒にプレーすることができる。これらの素晴らしいチャンピオンと一緒にいることができて嬉しい」

「今日は素晴らしいチームとして勝利した。今シーズン何度も勝利できることを願っている」




1 2
関連ニュース
thumb

伏兵コンビ、ダンブロージオ&ディマルコ弾のインテルが10人エンポリに快勝《セリエA》

インテルは27日、セリエA第10節でエンポリとのアウェイ戦に臨み、2-0で快勝した。 3日前に行われた前節ユベントスとのイタリア・ダービーを引き分けに持ち込まれた3位インテル(勝ち点18)は、ユベントス戦のスタメンから4選手を変更。ジェコやシュクリニアル、ペリシッチにチャルハノールら主力がベンチスタートとなった。 立ち上がりからインテルがボールを保持する流れとなったものの13分、ストヤノビッチのミドルシュートでゴールを脅かされる。 さらに19分、CKの流れからルペルトに決定的なシュートを打たれたが、ゴールライン前のダブロージオが好カットで凌いだ。 インテルは23分、セットプレーの流れからディマルコがミドルシュートでゴールに迫ると、34分に先制した。ボックス右からサンチェスの上げた柔らかいクロスに流れの中で上がっていったダンブロージオがヘディングシュートを流し込んだ。 迎えた後半、開始3分にサンチェスがヘディングシュートでゴールに迫ったインテルは、52分に数的優位となる。バレッラに対しリッチがスライディングタックルを見舞うと、ボールに行けずファウル。一発退場となった。 63分にはバレッラの右クロスからラウタロが決定的なヘディングシュートを放つも、GKヴィカーリオのファインセーブに阻まれた。 それでも67分、インテルが追加点を奪う。ラウタロの右クロスをファーサイドのディマルコがボレーで蹴り込んだ。 終盤にかけてはインテルが余裕を持って時間を消化し2-0で快勝。リーグ戦3試合ぶりの勝利としている。 2021.10.28 05:41 Thu
twitterfacebook
thumb

ユーベとドローのインテル、指揮官は終盤のPK被弾悔やむ 「今日の唯一の欠点は…」

インテルのシモーネ・インザーギ監督がユベントス戦の結果に悔しさを滲ませた。クラブ公式サイトが伝えている。 インテルは24日、セリエA第9節でユベントスと対戦。15分にFWエディン・ジェコが先制点を挙げ、1点をリードすると、危なげない試合運びで試合終盤を迎えた。 しかし、85分に思わぬ落とし穴が。DFデンゼル・ダンフリースがボックスぎりぎりの位置で相手DFアレックス・サンドロを蹴ったとして、VARの末にPKを献上してしまう。これを相手に決められ、“イタリア・ダービー”は結局、1-1でドロー決着。PK判定を巡っての抗議で、インザーギ監督が退場処分を受けたこともあり、後味の悪い結末となった。 試合後、インザーギ監督は終了間際の失点での敗戦を悔やんだ。 「ユベントスに何も譲ることなく、終始試合をリードしていただけに残念だ。2ポイントを捨てる形になったことには納得がいかない」 「審判は私から2メートルの位置にいて、『PKではない』と言っていたが、その後に呼び戻された。95分間共にいてくれたファンの人々、そして素晴らしい相手に試合をリードしてくれた選手たちに申し訳ない」 「トラブルは一度もなかったし、最初から最後までうまくゲームをコントロールできた。我々は、自分たちのパフォーマンスをスタートから見せた。前半、フィールド全体で相手のプレスによって苦労したし、ユベントスが後半から危険な選手を投入することはわかっていた」 「後半はよりコンパクトで、高い位置を取らないようにしていたが、カウンターの非常に強力なチームに、ゼロからチャンスを作られてしまった」 「チーム全体が助け合い、守備もしっかりしていた。今日の唯一の欠点は、我々が影響の大きなPKを科されたという結果だ」 また、ボックス内か外か、微妙な場面でPK判定を下した審判に向けては、皮肉を込めた言い方で批判した。 「相手に何も譲らず、優勢な状況の中で、 試合終了の数分前にPKを取られてしまったのは残念だ。審判が『PKではない』と合図しているのを見て、腹が立った。退場処分は問題ない。私が間違っていたのだ。審判の合図が間違っていたようにね」 2021.10.25 15:16 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:インテル 1-1 ユベントス《セリエA》

セリエA第9節、インテルvsユベントスのイタリア・ダービーが24日に行われ、1-1で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ▽インテル採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211025_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ハンダノビッチ 6.0 PKで失点も安定感あるゴールキーピングだった DF 37 シュクリニアル 6.0 ソリッドな守備でモラタに対応 6 デ・フライ 6.0 守備をよく統率していた 95 バストーニ 6.0 長短のフィードでいなしていた MF 36 ダルミアン 6.0 高い位置を取ってアレックス・サンドロを牽制 23 バレッラ 6.0 とりわけ前半は攻撃によく絡んだ 77 ブロゾビッチ 5.5 前半は攻撃を指揮。後半は両脇を使われた 20 チャルハノール 6.5 強烈なミドルシュートで先制点を演出。流れの中でのプレーも〇 (→ガリアルディーニ 5.0) 攻守に凡庸 14 ペリシッチ 6.0 左サイドからの仕掛けが良いアクセントになっていた (→ダンフリース 5.0) 厳しい判定だったが、痛いPK献上 FW 9 ジェコ 6.0 厳しいマークに遭いながらも先制点を挙げる 10 ラウタロ・マルティネス 5.0 虎視眈々とゴールを狙うも、効果的な仕事はできなかった (→サンチェス 5.5) うまく試合に入っていた 監督 S・インザーギ 6.0 勝利に値する内容だったが、VARに泣いた ▽ユベントス採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211025_5_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div></div> GK 1 シュチェスニー 5.5 枠内シュート2本。失点を除いて難しいセーブシーンはなかった DF 6 ダニーロ 5.5 セーフティーなプレーを続けた 19 ボヌッチ 6.0 ラウタロを封殺。ジェコの仕事も制限 3 キエッリーニ 6.0 フィードで攻撃に絡んでいった 12 アレックス・サンドロ 6.0 思うように打開できていなかったが、貴重なPK獲得 MF 11 クアドラード 5.5 一定の攻め手となった (→キエーザ 6.0) 右サイドでプレー。ディバラと共に攻撃を活性化 14 マッケニー 5.5 前半はセンター、後半は左サイドでプレー。さほど効果的なプレーはなかった 27 ロカテッリ 6.0 縦パスの意識が高かった (→アルトゥール -) 20 ベルナルデスキ - 肩の脱臼で18分に交代 (→ベンタンクール 5.5) 前半は左サイドで、後半は本職のセンターでプレー。無難だった FW 9 モラタ 5.5 チャンスメークを担うも、フィニッシュワークで仕事をしきれず 44 クルゼフスキ 5.5 ブロゾビッチを監視つつのプレー。ただ攻撃面で違いを生み出せず (→ディバラ 6.5) 負傷明け。攻勢を強めた要因に。PKで同点弾 監督 アッレグリ 6.0 ディバラの投入が利いた。よく引き分けに持ち込んだ ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ディバラ(ユベントス) チャルハノールと迷ったが、引き分けに持ち込んだユベントスからディバラを選出。負傷明けながら負傷前の好調時と変わらないプレーを披露。 インテル 1-1 ユベントス 【インテル】 ジェコ(前15) 【ユベントス】 ディバラ(後44)【PK】 2021.10.25 05:48 Mon
twitterfacebook
thumb

ディバラの終盤PK弾でイタリア・ダービーはドロー決着《セリエA》

セリエA第9節、インテルvsユベントスのイタリア・ダービーが24日に行われ、1-1で引き分けた。 前節ラツィオに1-3と敗戦し、リーグ初黒星を喫した3位インテル(勝ち点17)は、5日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のシェリフ戦ではジェコの1ゴール1アシストの活躍で今季のCL初勝利を挙げた。そのシェリフ戦のスタメンから3選手を変更。チャルハノールやバストーニ、ダルミアンが先発に戻った。 一方、前節ローマにウノゼロで勝利した5位ユベントス(勝ち点14)は、4日前に行われたCLではゼニト相手にまたもウノゼロ勝利。公式戦4試合連続1-0での勝利としたユベントスはゼニト戦のスタメンから4選手を変更。キエッリーニやダニーロ、クアドラードが先発に戻り、決勝点を挙げたクルゼフスキがモラタと2トップを形成した。そしてベンチには負傷明けのディバラが戻ってきた。 インテルが押し込む入りとなった中、ユベントスは7分にFKの流れからモラタのボレーシュートがGKハンダノビッチを強襲した。 そのユベントスはベルナルデスキが肩の脱臼により治療を行っていた矢先、数的優位となっていたインテルが隙を突く。15分、チャルハノールの強烈なミドルシュートが枠の右角に直撃し、ルーズボールをジェコが押し込んだ。 公式戦5試合ぶりに失点したユベントスは、ベルナルデスキがプレー続行不可能となったことを受けてベンタンクールをそのまま左サイドに投入。そのユベントスは23分にクアドラードのミドルシュートでゴールに迫るも、ハーフタイムにかけては好機を生み出せず、インテルの1点リードで前半を終えた。 後半からマッケニーを左サイドに移してベンタンクールをセンターに据えたユベントスが前がかる入りとなった中、インテルは60分にジェコのヘディングシュートで牽制。 インテルが主導権を渡さずに時間を進める中、ユベントスは65分にクルゼフスキとクアドラードに代えてディバラとキエーザを投入。 この交代によってユベントスの圧力が強まると69分、アレックス・サンドロがミドルシュートでゴールを脅かせば、71分にはディバラが直接FKでGKハンダノビッチを強襲した。 終盤にかけてはインテルが試合を締めにかかっていたが、85分に落とし穴。アレックス・サンドロがボックスぎりぎりの位置でダンフリースに蹴られとしてVARの末にPK判定となった。このPKをディバラが決めてユベントスが同点に追いついた。 このまま1-1で終了。ユベントスが同点に持ち込み、イタリア・ダービーは引き分けに終わった。 2021.10.25 05:47 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル、バレッラの契約延長が決定的に! CEOも明言

インテルとイタリア代表MFニコロ・バレッラ(24)の契約更新が迫っているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が伝えている。 2019年夏にカリアリからレンタルでインテルに加入し、翌夏に完全移籍を果たしたバレッラ。レンタル時から主力として活躍し、在籍2年強で早くも公式戦100試合出場を目前にしている。 今季もここまでセリエA8試合、チャンピオンズリーグ3試合の全公式戦で先発出場しており、シモーネ・インザーギ新監督の信頼を掴む。リーグ戦では1ゴール6アシストと、公式戦46試合に出場した昨季以上の存在感を放っている。 インテルはそんなバレッラへの信頼を強調すべく、昇給を含めた新たな5年契約を用意。締結されれば、現行契約から2年延長する格好となる。 24歳のイタリア代表の契約に関して、CEOのジュゼッペ・マロッタ氏も「合意に近づいている」と明言。正式発表までまもなくのようだ。 2021.10.23 14:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly