「口を閉じろ」相手サポーターの暴言にポグバが“挑発”で返す

2021.09.21 21:25 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバが相手サポーターからの挑発に応戦した。

ユナイテッドは19日、プレミアリーグ第5節でウェストハムとアウェイで対戦。ポグバは先発出場を果たした。

試合は先制を許す苦しい展開を強いられたものの、ユナイテッドがポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとイングランド代表MFジェシー・リンガードのゴールで勝ち越すと、後半アディショナルタイムに献上したPKチャンスをスペイン代表GKダビド・デ・ヘアが見事なセーブ。2-1の逆転勝利を収めた。

リンガードと交代したポグバは73分でピッチを後にしたが、試合終了後、ロッカールームへと引き上げる最中に複数のウェストハムサポーターがポグバに突っかかり、「ポグバ、お前は口を閉じていろ」「くたばれ」といった暴言を吐いた。

するとポグバは足を止め、そのサポーターと目を合わせながら口をポカンと開けて静止。「口を閉じろ」という発言に挑発し返した。ノリノリで煽り返していたポグバだったが、最終的にはアシスタントコーチのマイケル・キャリック氏に止められている。



1 2
関連ニュース
thumb

「生きた伝説」まさに注目の的!ウォーミングアップ中のC・ロナウドに全ての視線が集まる「すべてを語る画像」

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、文字通り注目を集めている。 9月には代表通算ゴール数を単独トップの「111」とし、ギネス世界記録に認定されたC・ロナウド。サポーターはもちろんのこと、選手や対戦相手もその一挙手一投足を気にかけている。それを証明するかのような1枚の写真が公開された。 タペストリーを手にしていることから、試合開始前のコイントス時だろうか。ピッチサイドで体を温めるC・ロナウド。そのジャンプ力も目を見張るが、驚くのはベンチの選手や指揮官の視線だ。その場にいる誰もがC・ロナウドに目を向けている。 しっかりと見つめる者もいれば、横目でうかがうようにしている者も。文字通り注目の的となったC・ロナウドに対し、SNSには「すべてを語る画像!」、「映画の役割を与える」、「アイドル」、「一眼レフマジック」、「生きた伝説」などのコメントが寄せられた。 C・ロナウドは10月9日に行われた国際親善試合、カタール代表戦でも1ゴール。さらには、12日のカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選でルクセンブルク代表を相手に通算58度目のハットトリックを達成した。記録を更新し続ける男からは誰もが目を離せないようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】視線集中!その場にいる全員がC・ロナウドを見ている!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">All eyes on Ronaldo <a href="https://t.co/SmqYFFyOWg">pic.twitter.com/SmqYFFyOWg</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1448959345207746586?ref_src=twsrc%5Etfw">October 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.16 21:10 Sat
twitterfacebook
thumb

「なぜ僕らのためにこれをしないのか?」ブラジル代表でネイマールのゴールをアシストしたフレッジの絶妙パスにユナイテッドサポが疑問

マンチェスター・ユナイテッドのブラジル代表MFフレッジがピンポイントのパスでネイマールのゴールをお膳立てした。 日本時間15日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選第12節。10試合で9勝1分け無敗で首位をひた走るブラジルは4位のウルグアイ代表とホームで対戦した。 フレッジもこの試合に先発出場。10分には見事なアシストでネイマールの代表通算70得点目を演出した。右サイドからのボールを中央で受けると、左足でのコントロールからすぐさま最終ラインの背後へ浮き球のパス。ネイマールの動き出しに合わせ、距離のある縦パスをピンポイントで送り届けた。 素晴らしいアシストで先制点を導いたフレッジには、SNS上でさまざまな声が上がった。「フレッジ先生」、「もっと攻撃的な役割を与えて」などのほか、ユナイテッドのサポーターからは「なぜ僕らのためにこのようなプレーをしないのか?」と現状を憂うコメントも。それに応えるように「前回の試合で見せたけど、カバーニが逃したんだ」などの意見も寄せられた。 フレッジは日程面から16日に控えるレスター・シティ戦への出場はできない。そのため、来週20日にホームで行われるチャンピオンズリーグ(CL)のアタランタ戦に照準を合わせることになる。ファンからの評価が割れるセレソンは、オールド・トラッフォードでも結果を残すことができるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】フレッジがピンポイントパスでネイマールのゴールをお膳立て</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CVEf3dtNY_3/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CVEf3dtNY_3/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">View this post on Instagram</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CVEf3dtNY_3/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">CONMEBOL(@conmebol)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.10.16 20:55 Sat
twitterfacebook
thumb

クリロナの起用法を巡る意見にスールシャールが応答「やはり全ての試合に出すわけにはいかない」

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの起用方を巡って、マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が、アレックス・ファーガソン氏の意見に答えた。イギリス『サン』が伝えている。 発端となったのは、2日に行われたプレミアリーグ第7節のエバートン戦のこと。この試合でスールシャール監督は疲労による理由からロナウドをベンチスタートとし、結果的に1-1の引き分けに終わっていた。 エバートン戦直後、試合を生で観戦していたファーガソン氏は「最高の選手は常に先発するべきだ」と意見。また、『サン』によれば、ある情報筋が「ロナウドがベンチスタートとなったことにひどく失望していた」と舞台裏を明かしているようだ。 ロナウドほどの選手となれば、起用する監督にもある種のプレッシャーがまとわりついてしまうが、ノルウェー人指揮官は「リラックスしている」とコメント。レジェンドの意見にも配慮しつつ、やはり全ての試合に出場させることはできないと、筋を通した。 「私は現役時代に(ファーガソン)監督とは何度も意見が食い違ったことがあり、それを妻に伝えたこともあるが、見出しを飾るようなことはなかった」 「サー・アレックスも私が気にしていないことをわかっていると思うよ。我々だって皆、クリスティアーノを見たい。彼はユニークで一線を画し、見事なキャリアを築いてきた。誰もが見たいと思うのは当然だろう」 「しかし実際のところ、彼を全ての試合に出場させることはできない。これは物理的な性質であり、人間の性質だ」 「彼(ファーガソン)はこの仕事がいかに難しいか知っている。彼だって常に同じ11人を選んでいたわけではないのだから」 「ライアン・ギグスやウェイン・ルーニー、デイビッド・ベッカムといった最高の選手を休ませるために、時にはリスクを冒していた。それがうまくいくこともあれば、そうでないこともあった」 なお、ユナイテッドは16日にプレミアリーグ第8節のレスター・シティ戦を控えている。公式戦ここ6試合は2勝1分け3敗と失速気味だが、スールシャール監督は果たして周囲を納得させるような采配を見せることはできるだろうか。 2021.10.16 19:50 Sat
twitterfacebook
thumb

フライト時間はたった10分、 ユナイテッドが160kmの近距離を飛行機で移動の珍事

マンチェスター・ユナイテッドの面々が、予想外の移動を強いられることとなった。イギリス『サン』が報じた。 インターナショナル・マッチウィークが明けての初戦。ユナイテッドは16日にプレミアリーグ第8節でレスター・シティと対戦する。 アウェイゲームに臨むユナイテッドは、4勝2分けで1敗の勝ち点14で4位に位置。一方のレスターは、2勝2分け3敗の勝ち点8で13位につけている。 ここ2試合はリーグ戦で勝利がないユナイテッド。そのアウェイゲームが行われるキングパワー・スタジアムは、100マイル(約160km)しか離れておらず、アウェイゲームでも近郊といえる。 しかし、ユナイテッドの面々はマンチェスター空港にそれぞれの自家用車で到着。ポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスはポルシェの電気自動車で空港に現れるなど、選手たちが集まった。 選手たちがマンチェスター空港に集まった理由は、たった160kmの距離をプライベートジェットで移動するため。時間にして約10分間のフライトとなるが、ユナイテッドは空路で移動することとなった。 しかし、これはビッグクラブならではの移動というわけではない。その理由は、なんと金曜日に高速道路であるM6が閉鎖され、陸路での移動ができなくなったからだという。 思わぬ形で空路を使うこととなったユナイテッドの面々。近い距離でありながらも移動時間が大幅に減ることはプラスに働くだろうか。 2021.10.16 19:35 Sat
twitterfacebook
thumb

元ユナイテッドのエブラ氏がバロンドールに意見「メッシ有利の風潮にうんざり」

元フランス代表のパトリス・エブラ氏が、バロンドールに物申している。『EUROSPORT』がコメントを伝えている。 今月8日に明らかとなった2021年度のバロンドール候補者30名。チャンピオンズリーグ覇者のチェルシーや、その決勝で火花を散らしたマンチェスター・シティからは、それぞれ最多となる5選手がノミネート。また、ここ10年以上同賞を総ナメにしてきたFWリオネル・メッシとFWクリスティアーノ・ロナウドももちろん候補者入りしている。 2009年の初受賞から最多6度のバロンドーラーに輝いているメッシは今年も有力候補の一人となっているが、エブラ氏はメッシ有利の風潮のうんざりしている模様。コパ・アメリカ制覇については称賛しているものの、クラブでは何も勝ち取っていないと、納得いかないという反応を示した。 「彼は昨シーズン何を勝ち取った? コパ・アメリカは素晴らしい。しかし、バルセロナで何かしたのか?」 「私の意見では、今年のバロンドールはエンゴロ・カンテかジョルジーニョのためのものだ。メッシに与えやすいような流れにはうんざりしているよ」 ◆2021年度バロンドール候補30名 メイソン・マウント(チェルシー/イングランド) エンゴロ・カンテ(チェルシー/フランス) セサール・アスピリクエタ(チェルシー/スペイン) ジョルジーニョ(チェルシー/イタリア) ロメル・ルカク(インテル→チェルシー/ベルギー) クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス→マンチェスターユナイテッド/ポルトガル) ブルーノ・フェルナンデス(マンチェスター・ユナイテッド/ポルトガル) リヤド・マフレズ(マンチェスター・シティ/アルジェリア) ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ/イングランド) ルベン・ディアス(マンチェスター・シティ/ポルトガル) ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ/ベルギー) フィル・フォーデン(マンチェスター・シティ/イングランド) モハメド・サラー(リバプール/エジプト) ハリー・ケイン(トッテナム/イングランド) カリム・ベンゼマ(レアル・マドリー/フランス) ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー/クロアチア) ペドリ(バルセロナ/スペイン) ルイス・スアレス(アトレティコ・マドリー/ウルグアイ) ジェラール・モレノ(ビジャレアル/スペイン) ニコロ・バレッラ(インテル/イタリア) ラウタロ・マルティネス(インテル/アルゼンチン) レオナルド・ボヌッチ(ユベントス/イタリア) ジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス/イタリア) シモン・ケアー(ミラン/デンマーク) ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン/ポーランド) アーリング・ハーランド(ドルトムント/ノルウェー) リオネル・メッシ(バルセロナ→PSG/アルゼンチン) ネイマール(PSG/ブラジル) キリアン・ムバッペ(PSG/フランス) ジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン→PSG/イタリア) 2021.10.16 14:25 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly