久保在籍のマジョルカ、シャルケのアメリカ代表FWホッペを獲得!

2021.09.01 06:38 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マジョルカは8月31日、シャルケからアメリカ代表FWマシュー・ホッペ(20)を完全移籍で獲得した。保有元のシャルケが同日に発表している。

なお、『ESPN』が伝えるところによれば、マジョルカと2025年までの4年契約にサインしたホッペの移籍金は、300万ユーロ(約3億9000万円)ほどになったようだ。

アリゾナにあるバルセロナのアカデミー育ちの194cmの大型ストライカーは、2019年夏にシャルケのユースチームに加入。2020年11月のボルシアMG戦でトップチームデビューを飾った。

ブンデスリーグデビュー5戦目となったホッフェンハイム戦では初ゴールを含む3ゴールを叩き込み、アメリカ人選手として史上初となるブンデスリーガでのドライアーパックを達成。シャルケに昨シーズンのブンデスリーガ初勝利と共に359日、31戦ぶりとなるリーグ戦での白星をもたらし、一躍新たなスター候補として注目を浴びていた。

そして、昨シーズンはチームが最下位に低迷していた中、リーグ戦22試合6ゴール1アシストの数字を残していた。

また、アメリカ代表として臨んだゴールドカップ2021においては5試合1ゴール1アシストと印象的な活躍を見せ、同国の優勝に大きく貢献していた。

戦術面の向上やポジショニングの改善は求められるものの、傑出したアスリート能力、得点感覚、スター性を持つそのポテンシャルの高さを考えれば、2部降格のシャルケでプレーを継続する可能性は低いと見られていた。

以前にはアーセナルとエバートンからの関心も伝えられていたが、新天地は日本代表MF久保建英も在籍するマジョルカとなった。


関連ニュース
thumb

【ラ・リーガ第15節プレビュー】首位マドリーと3位セビージャの上位対決! チャビ体制連勝狙うバルサはビジャレアル戦

先週末に行われた第14節では快勝のレアル・マドリーがゴールレスドローで取りこぼしとなったレアル・ソシエダを抜き首位に浮上。また、チャビ初陣となったエスパニョールとのダービーを制したバルセロナ、アトレティコ・マドリーが勝ち点3を手にしている。 11月最後となる今節では首位のレアル・マドリー(勝ち点30)と、3位のセビージャ(勝ち点28)による上位対決に注目が集まる。 前節、格下グラナダ相手にDFメンディの今季初ゴールなどで大量4ゴールを挙げて4-1の快勝を収めたアンチェロッティ率いるチーム。さらに、チャンピオンズリーグ(CL)では前回対戦で敗れたシェリフを相手にDFアラバ、MFクロース、FWベンゼマと後半序盤までに3ゴールを重ね、久々のクリーンシートも記録する3-0の完勝。インテルとの最終節を前に決勝トーナメント進出を決めた。そのシェリフ戦では足に軽傷を負ったアラバの状態は気がかりも、主力を早い時間帯にベンチへ下げることに成功。対戦相手に比べて準備期間は1日短いものの、悪くないコンディションで臨めるはずだ。 対するセビージャは前節、下位に沈むアラベス相手に2度のビハインドを背負う苦しい戦いを強いられたが、試合終了間際にMFラキティッチが決めた劇的同点ゴールによって辛くもドローに持ち込んだ。そして、グループ最下位で臨んだCLではホームでヴォルフスブルクを相手にMFジョルダン、FWラファ・ミルのゴールで2-0の勝利。今季CL初勝利を挙げて最終節での逆転突破に望みを繋いでいる。今回のビッグマッチに向けてはDFジエゴ・カルロスやDFヘスス・ナバスと最終ラインに負傷者が出ている中、同胞の相手エースとマッチアップするDFクンデのパフォーマンスがより重要となりそうだ。 その上位対決に比べると、バルセロナ(勝ち点20)が7位、ビジャレアル(勝ち点16)が12位と、順位表上では大きく見劣りするが、浮上のキッカケを探る両者の対決にも大きな注目が集まるところ。 前節、チャビ新体制がお披露目となったバルセロナは、FWデパイのPKによるゴールでバルセロナ・ダービーに勝利したものの、多くの負傷者の影響もあり、攻守両面で課題は少なくない。直近のCLではベンフィカ相手に指揮官が志向するスタイルの一旦は垣間見えたが、崩しの局面での連携、精度向上は急務。そういった中、対戦相手のビジャレアルは同じく攻撃に問題を抱えているものの、守備の安定度は高いだけに、新指揮官が直近2試合で出た課題をいかに修正できるかが、勝利のカギを握る。 対するビジャレアルは前節のセルタ戦を1-1のドローで取りこぼすと、直近のCLのマンチェスター・ユナイテッド戦では試合の大半を支配しながらも、相手守護神デ・ヘアの牙城を破れずにいると、ミス絡みで喫した2失点によって0-2の敗戦を喫した。対戦相手同様にパンチ力不足が指摘される中、コンディションにやや不安を抱えるFWジェレミ・ピノ、FWダンジュマの2選手をサポートする選手の台頭が求められるところだ。 現在、4位のアトレティコ(勝ち点26)はオサスナの堅守を攻略し、前節公式戦2試合ぶりの白星を手にした。しかし、直近のCLミラン戦ではホームで消極的な戦いに終始した中、試合終了間際に伏兵メシアスに手痛い決勝点を奪われ、0-1で敗戦。最終節を前にグループ最下位に転落している。ここ最近では攻守両面でどっちつかずの戦いぶりが目立っており、シメオネ監督としては今後の巻き返しに向けて改めてチームの方向性を示したい。今回、敵地で対峙する16位のカディス(勝ち点12)はダイレクト志向が強いチームスタイルの相手だけに、局面でのデュエルをきっちり制して自陣にブロックを敷く相手に対して、前線のアイデアを生かした攻めで崩し切りたい。 バレンシア相手に数的不利の戦いを強いられ、ゴールレスドローに終わったレアル・ソシエダ(勝ち点29)は前節終了後に2位へ転落。今節からは追う立場として仕切り直しの勝利を目指す。対戦相手の11位エスパニョール(勝ち点17)は、ヨーロッパリーグ(EL)から中2日で戦うには非常にタフな相手だが、エースのFWオヤルサバルらの戦列復帰によって前線の駒は揃ってきており、選手層の部分で相手を押し切りたい。 最後に、6戦未勝利で13位まで順位を落としたマジョルカ(勝ち点13)は、9月中旬に行われたレアル・マドリー戦を最後に2カ月間の離脱が続いていたMF久保建英がようやくチームトレーニングに復帰。古巣である19位のヘタフェ(勝ち点9)をホームで迎え撃つ今回の一戦ではメンバー入りの可能性が出てきている。チームとしては次節アトレティコ戦での復帰を予定しているが、試合展開次第では、より勝ち点を獲得しやすいヘタフェを相手に崩しの切り札として投入される可能性は十分にあるはずだ。 《ラ・リーガ第15節》 ▽11/26(金) 《29:00》 アスレティック・ビルバオ vs グラナダ ▽11/27(土) 《22:00》 アラベス vs セルタ 《24:15》 バレンシア vs ラージョ 《26:30》 マジョルカ vs ヘタフェ 《29:00》 ビジャレアル vs バルセロナ ▽11/28(日) 《22:00》 ベティス vs レバンテ 《24:15》 エスパニョール vs レアル・ソシエダ 《26:30》 カディス vs アトレティコ・マドリー 《29:00》 レアル・マドリー vs セビージャ ▽11/29(月) 《29:00》 オサスナ vs エルチェ 2021.11.26 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ヒザの負傷で離脱中の日本代表MF久保建英、今週末にも復帰の可能性

日本代表MF久保建英が、今週末にも復帰する可能性があるようだ。スペイン『Diario de Mallorca』が伝えた。 9月22日に行われたラ・リーガ第6節のレアル・マドリー戦で先発した久保。しかし、ヒザを負傷し前半のみでの交代となると、右ヒザ半月板の損傷と診断。当初は松葉杖をつく姿が見られた。 当初は1カ月程度の離脱とみられていた中、回復が思うように進まず、2カ月が経過。しかし、久保はジムでのトレーニングを積み重ね、体を大きくすると、無理をせずにヒザの回復に努め、24日のトレーニングでは全体練習に合流した。 負傷後、初のチームトレーニング参加となった久保。個別メニューではすでにボールを蹴るなど力強い姿を見せているが、残りの時間でヒザがどのような反応を見せるかを見守ることとなるようだ。 ルイス・ガルシア・プラサ監督は12月の復帰を示唆していたが、予想よりも回復が早い状況。久保離脱後はリーグ戦でわずかに1勝(4分け3敗)と結果が出ず、チームも失速して13位に順位を落としているだけに、復帰が待たれるところだ。 27日には第15節でヘタフェをホームに迎えるが、昨シーズン久保が在籍したクラブであり、古巣対決に。それでもヒザのケガは無理はさせられないため、慎重に判断することになるが、メンバー入りする可能性があるようだ。 12月4日にはアトレティコ・マドリー戦が控えており、ルイス・ガルシア・プラサ監督は慎重を期すのか、判断が注目される。 <span class="paragraph-title">【動画】ハードな個人トレーニングをこなす久保建英</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="OgP82M2oZko";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.11.25 12:30 Thu
twitterfacebook
thumb

「マジョルカほんまええチーム」全体練習復帰の久保建英を同僚たちが“手荒い”歓迎「こんなに愛されてるなんて」

マジョルカの日本代表MF久保建英がチームの全体練習に復帰した。 久保は9月に行われたレアル・マドリー戦でヒザを負傷。当初の想定よりも重傷だったようで、復帰に時間を要していた。 それでも、懸命にリハビリを続けると、24日の練習でいよいよ全体練習に復帰。マジョルカの公式YouTubeチャンネルは「タケ・クボがチームメイトとの練習に復帰した Take is back! 」と題して、復帰後初練習前の様子を公開。動画では、久保の両サイドにマジョルカの選手たちが並んでトンネルを作り、久保が叩かれながら走り抜ける姿があった。 およそ2カ月ぶりの復帰となった久保を歓迎したマジョルカ。久保の離脱後、1勝4分け3敗と苦しんでおり、タケにかかる期待は自然と大きくなっているようだ。 微笑ましい光景には、ファンからも「マジョルカほんまええチーム」「こんなにチームメイトに愛されてるなんて幸せ」「ヘタフェ戦期待しています!」など久保の復帰を喜ぶ声が多く寄せられた。 マジョルカは、27日に行われるラ・リーガ第15節でヘタフェと対戦。久保にとっては古巣対決となる一戦だが、復帰はなるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】イ・ガンインらマジョルカメンバーが久保建英を手荒く歓迎!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Y1tiO3aVeCE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.11.25 11:50 Thu
twitterfacebook
thumb

「今日はやりすぎ」復帰間近の久保建英がハードな練習に思わず愚痴る…ファンも「めちゃくちゃしんどそう」

マジョルカの日本代表MF久保建英が復帰に近づいている。 久保は9月に行われたレアル・マドリー戦でヒザを負傷。リハビリを続けてきたが、ルイス・ガルシア・プラサ監督は、11月27日に行われるヘタフェ戦は様子を見るものの、12月4日に行われるアトレティコ・マドリー戦での復帰は間違いないと明言した。 およそ2カ月ぶりの復帰が間近に迫っている久保が、実戦に向けて急ピッチで調整を進める中、マジョルカの公式YouTubeチャンネルは24日、「タケ・クボのハードなトレーニング」と題して練習の様子を公開した。 理学療法士とマンツーマンでのメニューをこなす久保だが、ダッシュの連続に顔をゆがめる場面も。カメラマンが「(コーチが)君を苦しめてるね」と話かけると、久保も思わず「今日はやりすぎ。ラウール(コーチ)はやり過ぎてるよ」と愚痴った。 トレーニングに励む久保には、ファンから「めちゃくちゃしんどそう」「早く体力取り戻さないとね!」「タケ頑張れ!」「期待してるぞ救世主」といった反応が寄せられている。 今回は、個別のメニューとなった久保。今週中にチーム練習に合流するようなことがあれば、ヘタフェ戦での復帰の可能性も出てきそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英が思わず愚痴ったハードすぎる練習</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="OgP82M2oZko";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.11.24 17:40 Wed
twitterfacebook
thumb

久保不在のマジョルカがラージョに完敗で6試合勝利なし…《ラ・リーガ》

久保建英の所属するマジョルカは22日、ラ・リーガ第14節でラージョ・バジェカーノと対戦し1-3で敗戦した。久保はケガのためベンチ外となっている。 4試合連続ドロー中の13位のマジョルカ(勝ち点15)が、3試合ぶりの白星を狙う7位ラージョ(勝ち点20)のホームに乗り込んだ一戦。 久保の欠場が続くマジョルカは、立ち上がりからやや押し込まれる展開となると16分に失点。コメサーニャのスルーパスをボックス左へ斜めに走り込んだグアルディオラがダイレクトシュートを対角線に流し込んだ。 先制を許したマジョルカは、20分にもロングカウンターからドリブルで持ち上がったアルバロ・ガルシアにゴールネットを揺らされ、連続失点を喫した。 2点を追うマジョルカの反撃は33分、イ・ガンインのスルーパスでボックス内まで侵入したアントニオ・サンチェスが決定機を迎えたが、シュートは飛び出したGKのブロックに阻まれた。 チャンスを逃したマジョルカは、39分に右CKの混戦でカテナにゴールネットを揺らされたが、GKマノロ・レイナのキャッチを邪魔したカテナがキーパーチャージと判定され、難を逃れた。 後半もラージョに主導権を握られるマジョルカは、両サイドを経由しアタッキングサードまでボールを運ぶが、アイディアなく単調な攻撃でラージョ守備陣を攻略できず。 するとラージョは62分、右サイドからのパスをボックス右手前のトレホがヒールパスで繋ぐと、ボックス内で受けたグアルディオラがバルイェントに引き倒されてPKを獲得。このPKをトレホがゴール中央に決め、試合を決定づける3点目を奪った。 その後も互いに選手交代を行っていく中で膠着した展開が続いたが、81分にラージョにチャンスが訪れる。イシのパスをボックス右で受けたポソのクロスをゴール前のアルバロ・ガルシアがヘディングで流し込んだが、これはオフサイドの判定で取り消された。 マジョルカは89分に途中出場アブドンのゴールで1点を返したが反撃はここまで。ホームで完勝のラージョは3試合ぶりの白星、敗れたマジョルカは6試合勝利なしとなっている。 2021.11.23 06:50 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly