「でかっ」久保建英が船釣りで大物ゲット!石垣島観光に「良いリフレッシュになりました」

2022.06.23 12:05 Thu
©超ワールドサッカー
日本代表MF久保建英が束の間のオフを満喫しているようだ。
PR
久保は22日にインスタグラムを更新。「Off in Okinawa石垣島に行ってきました!」とバカンスに訪れた石垣島の海や、釣りに興じる姿、さらにはスキューバダイビングする姿の写真をアップした。
多くの釣果を上げた久保だが、中には久保の上半身くらいのサイズがある大物を釣り上げ笑顔を見せる場面もあった。

ファンも「沖縄最高ですね‼」、「釣りの才能もあるんやね」、「でかっ」、「たくさん釣れましたね」、「すごく楽しそう」とピッチとは違く久保の姿に続々とコメントをしている。

久保は「良いリフレッシュになりました。」とも綴っており、オフシーズンでしっかりと英気を養ったようだ。


PR
1 2
関連ニュース

古巣対決の久保建英が敵ファンにも大人気!マイクが拾ったカタコトの日本語も話題「ありがとうって言ってる?」

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英が敵地のファンからも歓声を浴びた。 18日にラ・リーガ第25節でマジョルカとアウェイで対戦したソシエダ。久保にとってはレンタルとはいえ計2シーズンを過ごした古巣との対決となった。 フル出場した久保は古巣への恩返し弾となる先制ゴールもマーク。チームの公式戦6試合ぶりの勝利に大きく貢献していたが、ゴールを決めても喜びを露わにすることはなかった。 古巣への敬意を示した久保だが、試合後にはマジョルカのサポーターたちからの久保人気も明らかになった。 ソシエダの選手たちがドレッシングルームへと戻っていく中、着ていたユニフォームを脱ぎながらマジョルカのサポーターたちのもとへと歩いていく久保。どうやらマジョルカ時代の知人にユニフォームをプレゼントする約束をしていたようだ。 そんな久保に対し、マジョルカサポーターの子どもたちも大興奮。目を輝かせて久保とハイタッチを交わしていた。 その様子はソシエダの公式YouTubeチャンネルでも公開されており、SNS上のファンからは「タケがマジョルカでも愛されてたのがよくわかる」、「ほっこり」、「レンタル先でこんなに愛されるってすごいな」と反響。また、映像に「アリガトー」と久保に向かって叫ぶような大きな声もはいっており、「ありがとうって言ってる?」と注目を集めていた。 <span class="paragraph-title">【動画】「ありがとうって言ってる?」久保建英が歓声を浴びる</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="bKp_evnIOIY";var video_start = 610;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.20 12:55 Tue

久保建英らがカタカナユニフォームを着用も、日本のファンからはツッコみも「フォントをなんとかして」「パワポの初期フォントみたい」

レアル・ソシエダとマジョルカの選手たちが特別のユニフォームを着用した。 ラ・リーガ第25節、マジョルカvsレアル・ソシエダが18日にエスタディ・デ・ソン・モイシュで行われた。 ソシエダのMF久保建英にとっては計2シーズンを過ごした古巣との対戦。また、両チームのスポンサーはどちらも日本の企業が務めており、ソシエダは『YASUDA group(ヤスダグループ) 』、マジョルカは『株式会社タイカ』と契約を結んでいる。 そんな両チームの一戦では、選手たちが特別仕様のユニフォームを着用。試合中は通常のユニフォームを着用したものの、選手名がカタカナで記載されたユニフォームを着用して入場した。 珍しいカタカナユニフォームに、ファンからは「ユニの名前カタカナになってるのちょいダサでええな」、「ユニの名前カタカナになってるのちょいダサでええな」、「パワポの初期フォントみたいやな」、「フォントがデフォルトすぎ」、「これ絶対にフォント選びのミスだよな」、「フォントをもうちょっとなんとかしてあげてw」と様々な反響が寄せられている。 日本でも注目の一戦は、久保の恩返し弾も生まれたソシエダが1-2で勝利し、公式戦6試合ぶりの白星を手にしている。 <span class="paragraph-title">【写真】フォントは合っていない?ソシエダがカタカナユニフォームを着用</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr"> 特別仕様のユニフォームでピッチへ<a href="https://twitter.com/hashtag/RCDMallorcaRealSociedad?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#RCDMallorcaRealSociedad</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/WeareReal?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WeareReal</a> <a href="https://t.co/sBW2SJ4GEx">pic.twitter.com/sBW2SJ4GEx</a></p>&mdash; レアル・ソシエダ (@RealSociedad_JP) <a href="https://twitter.com/RealSociedad_JP/status/1759285705271034114?ref_src=twsrc%5Etfw">February 18, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【写真】マジョルカもカタカナユニフォームを用意</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">両チームの選手たちは<br>日本語特製ユニフォームで入場しました<a href="https://twitter.com/hashtag/RCDMallorcaRealSociedad?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#RCDMallorcaRealSociedad</a><a href="https://twitter.com/gel_taica?ref_src=twsrc%5Etfw">@gel_taica</a> <a href="https://t.co/Gvnc87BYV4">pic.twitter.com/Gvnc87BYV4</a></p>&mdash; RCDマジョルカ (@RCD_Mallorca_JP) <a href="https://twitter.com/RCD_Mallorca_JP/status/1759368483476054271?ref_src=twsrc%5Etfw">February 19, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.19 16:15 Mon

「トップレベル」「足の振りが早い」久保建英が古巣・マジョルカ相手に巧みなゴール! 今季リーグ戦7点目もノーセレブレーション「特別感ある」

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英が、古巣相手に見事なゴールを記録した。 18日、ラ・リーガ第25節でソシエダはアウェイでマジョルカと対戦。久保は古巣対決に先発出場を果たした。 試合は開始4分にマジョルカが先制する展開に。すると迎えた38分に再三チャンスを作っていたソシエダが仕留める。ハーフウェイライン付近でウマル・サディクが潰された中、主審はプレーオン。ファウルが疑わしい中、ソシエダはプレーを止めないでいると、自陣でのボール奪取からスルーパス。これを受けた久保がドリブルで持ち運び、ボックス内に入ったところで左足シュート。タイミングを外した中で見事にゴールを決めた。 このゴールにファンは「やっぱりトップレベル」、「久々のゴール嬉しい」、「ワンテンポ早いシュートさすが」、「二桁ゴールいって欲しい」、「足の振りが早いんだよね」、「喜ばないのが特別感ある」と称賛のコメントが集まった。 久保は今シーズンのラ・リーガで7点目。この試合のマン・オブ・ザ・マッチ(MOTM)にも選出されている。試合は後半アディショナルタイムにミケル・メリーノのゴールが決まり、ソシエダが土壇場で勝利を掴んでいる。 <span class="paragraph-title">【動画】上手いシュート!久保建英が古巣相手に今季リーグ戦7点目を奪う!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="loAtvD3ToHE";var video_start = 244;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.19 10:15 Mon

久保建英が鮮烈恩返し弾で6戦ぶりゴールもたらす! ソシエダは主審が主役の一戦で劇的逆転勝利【ラ・リーガ】

ラ・リーガ第25節、マジョルカvsレアル・ソシエダが18日にエスタディ・デ・ソン・モイシュで行われ、アウェイのソシエダが1-2で勝利した。なお、ソシエダのMF久保建英はフル出場した。 7位のソシエダは、直近のコパ・デル・レイで接戦を演じた16位のマジョルカと対戦した。前節のオサスナ戦を0-1で落としたチームは、直近のチャンピオンズリーグ(CL)のパリ・サンジェルマン戦に0-2で敗れて公式戦連敗。さらに、公式戦5試合連続無得点と苦しい戦いが続く。 久々の得点と共に白星を目指したこの一戦では、PSG戦から先発2人を変更。アンドレ・シウバ、バレネチェアに代わってサディク、ザハリャンが久保とトリデンテを組んだ。なお、オヤルサバルは再びのベンチ外となった。 コパ前回対戦はクローズな展開でのゴールレスドローとなったが、この試合ではいきなりスコアが動く。4分、マジョルカが相手陣内右サイドでのロングスローをボックス内のラリンがマイナスに落とすと、これに前向きで反応したアントニオ・サンチェスが左足のボレーシュートをゴール左下隅に突き刺した。 一瞬の緩みから先制を許したソシエダは、ラリンとの接触で鼻から流血したスベルディアの応急処置による数分間の中断を経てすぐさま反撃に転じる。 12分にはボックス右でボールを受けた久保からのマイナスの折り返しに反応したスビメンディが、利き足とは逆の右足ダイレクトシュートでゴールに迫る。だが、これはGKライコビッチの好守に遭う。さらに、16分にはゴール前に飛び込んできたメリーノのヘディングでの落としをサディクがダイレクトで狙うが、これは枠を捉え切れない。 以降は後ろ重心のマジョルカの守備ブロックの前でボールを動かすにとどまるラ・レアル。公式戦5試合連続無得点という現状を反映するかのごとく、なかなか攻め手を見いだせない。 しかし、その苦境のなかでやはり決定的な仕事を果たしたのは、頼れる日本人エースだった。 38分、ハーフウェイライン付近でボールキープを試みたムリキを2人で囲んでスベルディアがボール奪取。右サイドで浮いた久保に縦パスを送る。得意のカットインでボックス付近まで運ぶと、対峙したDFナスタシッチの股間を抜く鋭い左足シュート。これがGKライコビッチの手をはじいてゴール左隅に突き刺さった。 昨年12月9日のビジャレアル戦以来、今季リーグ7点目となる久保の恩返しゴールによって公式戦6試合ぶりにゴールを挙げたソシエダは、そのままの勢いで追加点を目指していく。終盤にかけてはセットプレーを起点にメリーノらが決定機に迫る。 ハーフタイム直前には再三の判定にフラストレーションを溜めたマジョルカ陣営が熱くなったなか、カピタンのライージョが続けて2枚のカードを受けて退場となり、スコアは1-1のイーブンもラ・レアルが数的優位を得て試合を折り返した。 後半は専守防衛のマジョルカ、リスクを冒してゴールを目指すソシエダという明確な構図の下で進んでいく。 相手が10人で守り慣れる前にゴールをこじ開けたいイマノルのチームは、引いた相手を外に広げつつミドルシュートやセットプレーと幾つかの形からゴールを目指す。しかし、アギーレ監督の下で堅守速攻を常とするホームチームのソリッドな守備に手を焼く。 結局、早い時間帯にゴールを奪えなかったラ・レアルは、アンドレ・シウバ、バレネチェア、トゥリエンテスと異なる特徴を持つ前線の選手を投入し、攻撃に変化を加えていく。しかし、適宜フレッシュな選手を投入し、守備の強度を落とさないタフなマジョルカを前に逆転ゴールが遠い。頼みの久保はゴール前を固めつつも、自身がボールを持った際にはしっかりと寄せてくる相手の守備にうまく対応される。 1-1のまま試合は最終盤に突入するも、ボックス右角で久保が放った左足シュートもわずかにクロスバーの上を越える。これで万事休すかに思われたが、最後の最後にゴールをこじ開けた。 93分、相手陣内左サイドからパチェコが正確なクロスを供給すると、ゴール前にポジションを取っていたメリーノが渾身のヘディングシュートをゴール右隅に突き刺した。 そして、このまま何とか逃げ切ったソシエダが久保の恩返し弾とメリーノの土壇場弾によって公式戦6試合ぶりの白星を手にした。一方、物議を醸す再三の判定で悔しい負けとなったマジョルカは、試合終了後に出場がなかった控えDFファン・デル・ヘイデンも主審への抗議で退場となる後味の悪い幕切れとなった。 2024.02.19 04:41 Mon

「静かすぎ」「心配の兆候」アジアカップ敗退から中2日でフル出場の久保建英は及第点も精彩欠く「疲れているのは明らか」

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英が中2日でフル出場も精彩を欠いていたと評価されている。 6日、コパ・デル・レイ準決勝1stレグでソシエダはアウェイでマジョルカと対戦した。 アジアカップ2023を戦っていたが、2日に行われた準々決勝でイラン代表に敗れて敗退。翌日にはチームに合流した久保は、中2日で異動を伴った中で先発フル出場を果たした。 しかし、疲労や負傷の影響もありプレーは精細を欠くことに。右サイドから左サイドにポジションを変えるなどした中、71分には味方との連携から左サイドのスペースを突くと、ボックス内左から絶妙なパス。フリーのウマル・サディクが流し込むだけだったが、まさかのミスキックで決定機逸。0-0のゴールレスドローに終わった。 フル出場を果たした久保についてスペイン『ElDesmarque』は6点(10点満点)の評価を与え、前半は良いところがなかったとコメント。疲れが見えたとした。 「前半、彼の姿はほとんど見られなかった。静かすぎた。その後、自分のポジションに集中し、より良くなった」 「最終的にはアンデル・バレネチェアとサイドを変えることとなった。彼が疲れて到着していることは明らかだった」 また、スペイン『Noticias de Gipuzkoa』も6点(10点満点)を与え、コンディションに心配な点があるとした。 「彼にとって試合に入るのは難しかった。時差ぼけ、心配なテーピング、そしてセットプレーに参加しなかったという事実が、心配の兆候となっている。ただ、サディクのチャンスをお膳立てしていた」 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英が最大のチャンスを演出も味方がミスキックでふいに…</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="H16PfCh2ldc";var video_start = 185;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.07 11:10 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly