ミランが逸材MFアドリ獲得に迫る! ボルドー会長も交渉認める

2021.08.12 16:04 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランがボルドーのフランス人MFヤシン・アドリ(21)の獲得に迫っているようだ。フランス『レキップ』など複数メディアが報じている。

新シーズンに向けてセリエAとチャンピオンズリーグ(CL)の二束の草鞋を履くミランは、チェルシーからフランス代表FWオリヴィエ・ジルーを獲得したほか、レアル・マドリーからスペイン人MFブラヒム・ディアスの再レンタルに成功。その一方で、トルコ代表MFハカン・チャルハノール、ノルウェー代表FWイェンス・ペーター・ハウゲの移籍により、前線の陣容は手薄な状況だ。

とりわけ、チャルハノールの抜けた攻撃的MFの補強は急務となっている。これまではレアル・マドリーの元スペイン代表MFイスコ(29)らの名前が挙がっていたが、ここに来てボルドーの逸材MFの獲得に迫っているようだ。

『レキップ』によると、ミランはアドリ獲得に向けて1000万ユーロ(約12億9000万円)の移籍金に各種インセンティブを含めたオファーを掲示。また、同選手とは2025年までの4年契約で個人間の合意を取り付けているようだ。

また、ボルドーのジェラール・ロペス会長はフランス『RMC sport』で、「ミラノは良い位置にあると言って間違いない。交渉がまとまれば、数日中に移籍が完了するだろう」と、21歳MFのミラン行きが近づいていることを認めている。

パリ・サンジェルマンのアカデミー育ちでフランスのアンダーカテゴリーの代表で常に主力を担ってきたアドリは、2019年2月からボルドーでプレー。昨シーズンはチームが残留争いを強いられた中、攻撃的MFやセントラルMFを主戦場にリーグ戦35試合2ゴール5アシストの数字を残していた。

186cmの恵まれたサイズに加え、足元のテクニックとパスセンス、創造性を兼ね備えた万能型のMFは、ドリブルとラストパスでチャンスを創出し、長いレンジから枠を捉える強烈なミドルシュートで自らゴールもこじ開けられる、チャルハノールの後継者としては打ってつけのプロフィールを持つ。

なお、ミランとボルドーでプレーしたフランス人の大型攻撃的MFと言えば、元フランス代表MFヨアン・グルキュフの名前が真っ先に浮かぶところ。その先輩はスタッド・レンヌから鳴り物入りで加入したミランで期待外れに終わり、後に加入したボルドーで大活躍を見せたが、アドリはミラノの地でどのようなキャリアを歩むことになるのか…。

関連ニュース
thumb

バルセロナ、ケシエ加入を公式発表! 4年契約&5億ユーロの契約解除条項

バルセロナは4日、ミランを退団したコートジボワール代表MFフランク・ケシエ(25)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの4年となり、契約解除金は5億ユーロ(約707億円)に設定されている。 なお、6日にシウタ・エスポルティバのクラブオフィスで契約書へのサイン、その後にトレーニング場で新ユニフォームを着用してのお披露目、同施設のプレスルームで公式会見が行われる予定だ。 2017年夏にアタランタから加入したケシエは、最初の2年間をローンプレーヤーとして過ごすと、2019-20シーズンから完全移籍に移行。昨季も攻守両面のパワフルさをもって公式戦39試合に出場し、チームの11年ぶりとなるセリエA優勝に貢献した。 しかし、契約最終年となったミランからの延長オファーを固辞し、今年初旬の段階でバルセロナ行きを決断。その後はメディカルチェックまで完了させ、クラブがラ・リーガのサラリーキャップの問題をクリアするのを待っていた。 2022.07.04 20:46 Mon
twitterfacebook
thumb

11年ぶりセリエA王者のミランが新ユニフォームを発表!伝統の赤黒ストライプで袖口にはイタリア国旗のカラー

ミランとサプライヤーのプーマは4日、2022-23シーズンのホームユニフォームを発表した。 そのデザインは伝統の赤と黒のストライプ。黒をベースに赤の縦ラインが施されている。シーズンごとにストライプの細かい仕様が変更されているが、不揃いな幅のストライプになっていた2021-22シーズンのものから、均一の太さのストライプに戻る。 そして、特徴的なのが袖口。イタリア国旗の色である緑・白・赤の3色があしらわれている。 ミランのチーフ・レベニュー・オフィサーであるキャスパー・スタイルスヴィグ氏は、ユニフォーム発表に際し、次のようにコメントしている。 「2022-23シーズンの新しいホームユニフォームを本日発表できることを嬉しく思う。このユニフォームには、クラブが19回目のスクデットを獲得した時のトリコローレ(イタリア国旗)のシンボルを誇らしく表現している。ミラノの街と親密な関係にある私たちのクラブの伝統と未来、そしてピッチの内と外の両方での革新的なビジョンを表している」 <span class="paragraph-title">【写真】カッコイイ!!ミランの2022-23シーズンホームユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/acmilan220704_tw1.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/acmilan220704_tw2.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/acmilan220704_tw3.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/acmilan220704_tw4.jpg" style="max-width:100%;"></div> 2022.07.04 18:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ロマニョーリがフルアムからのオファーを保留、本人の希望はあくまでラツィオ行きか

フルアムからオファーを受ける元イタリア代表DFアレッシオ・ロマニョーリ(27)だが、本人の希望はあくまでラツィオ加入のようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 6月に7年間在籍したミランを退団し、現在はフリーとなっているロマニョーリ。ミランでは公式戦247試合に出場してキャプテンも務めるなど経験豊富なセンターバックに対しては、守備陣刷新を目論むラツィオが獲得に関心を示しており、ロマニョーリもまた子供時代からのファンを公言してきたクラブへの加入に前向きな姿勢を示していた。 しかし、ラツィオ側が提示した年俸280万ユーロ(約3億9400万円)の条件にロマニョーリ側は納得せず、交渉は頓挫。その様子を見て、今季プレミアリーグ昇格を決めたフルアムがより好条件となる年俸400万ユーロ(約5億6400万円)の4年契約を提示した。 ロマニョーリはラツィオに対して年俸330万ユーロ(約4億6000万円)を求めていたことから、フルアムのオファーは金額的に十分なものとなっているが、移籍専門家であるアルフレッド・ペドゥーラ氏によると選手は決断を保留としているようだ。 ロマニョーリの第1希望はあくまでラツィオ行きであり、クラブから条件を改善したオファーが届くのを待っているという。 ラツィオのマウリツィオ・サッリ監督はロマニョーリ獲得を強く望んでおり、クラブは最終的に加入が実現することを確信しているようだが、果たして。 2022.07.04 11:52 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサのオファー拒否報道のミラン、今夏4試合目のプレシーズンマッチ実施が決定

セリエA王者のミランが、新たなフレンドリーマッチの予定を発表した。 11年ぶりにセリエAを制したミラン。連覇を目指す新シーズンに向けては、様々な補強の話も出ている状況だ。 すでにプレシーズンマッチに関して発表されており、ドイツでケルンと7月16日に、ハンガリーでザラエゲルセギ・トルナ・エジレト(ZTE)と7月23日に対戦。その後オーストリアでキャンプを行い、フランスでマルセイユと7月31日に試合を行うとしていた。 そんな中、オーストリアキャンプ中の7月27日にヴォルフスベルガーとの対戦が決定したと発表した。 セリエAは8月13日に開幕。ミランはウディネーゼと対戦するが、急遽バルセロナから打診を受けているジョアン・ガンペール杯(8月6日予定)に関しては拒否する方向だという。 2022.07.04 09:55 Mon
twitterfacebook
thumb

今季のスーペル・コッパは来年8月にサウジアラビアで開催か

今季のスーペル・コッパは来年8月18日にサウジアラビアで行われるようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。 昨季セリエA王者ミランとコッパ・イタリア王者インテルによる“ミラノ・ダービー”となった今季のスーペル・コッパ。 他国ではシーズン開幕前に行われることの多いリーグ王者とカップ王者によるカードだが、イタリアではシーズン前の過密日程を考慮し、近年は1月に開催されていた。しかし、今年は11月からカタール・ワールドカップが開催されるイレギュラーなシーズンとなるため、2022-23シーズンのスーペル・コッパは2023年8月18日の開催を予定しているとのこと。 また、近年はサッスオーロ本拠地マペイ・スタジアムやイタリア・ミラノのサン・シーロの国内で開催されたスーペル・コッパだが、今季は3年ぶりに国外開催となる見込み。候補としてはサウジアラビアのキング・ファハド国際スタジアム(収容人数:67000人)とキングサウード大学スタジアム(収容人数:25000人)の2カ所が検討されているようだ 2022.07.04 07:01 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly