「もう一段階成長したい」自身の成長を胸に鳥栖から清水へと移籍した松岡大起が決意を語る「勝つために自分の全力を尽くす」

2021.08.05 18:48 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
清水エスパルスは5日、サガン鳥栖から完全移籍で加入したMF松岡大起(20)の入団会見を実施した。

鳥栖の下部組織で育った松岡は、高校2年次の2018年にトップチームデビュー。2024年のパリ・オリンピック世代の1人で、Jリーグ屈指の若手注目株だ。

2020シーズンは明治安田生命J1リーグで32試合に出場するなどチームを支える主軸となると、今シーズンも上位に位置するチームでアンカーや3バックの一角などで21試合に出場。主軸としてプレーしていた。

その松岡は、2日に清水への電撃移籍が発表。多くの驚きを呼んだ移籍となった。

松岡は入団会見の冒頭で「これからしっかり自分の特徴や、やるべきことをやって、チームが勝つために全力で頑張ります」とコメント。下位に沈むチームにおいて、しっかりと結果を残したいと意気込んだ。

簡単ではない今回の移籍。「この決断は簡単ではなかったですし、その上で自分は人間的にもプレーヤーとしても、もう一段階成長したいと思って決断しました」と、自身の成長を考えて移籍したとのこと。合流してあまり時間は経っていないが「実際に清水に来て、まだわからないことがたくさんありますが、これからもっともっと自分としてもチームとしてもよくなるためにやっていこうと思いますし、今はすごくワクワクしています」と新天地への期待を口にした。

今回の清水移籍に当たっては周りにも相談したと語った松岡。「チームメイトになったことがある権田(修一)選手や原(輝綺)選手に連絡して、今もサポートしてもらったり、鈴木唯人選手や中村慶太選手は話していたので、今もサポートしてもらっています」とコメント。これまで知っている選手たちと連絡を取っていたと明かした。

その清水では「自分としてしっかりチームが勝つためにやらないといけないと思っていますし、自分としてやるべきことはチームが勝つために自分の全力を尽くすだけだと思っています」と語り、何よりも勝利を目指すと語った。

U-18から所属し、金明輝監督の下で育った松岡。その慣れた鳥栖を離れ、現在は下位で苦しむ清水移籍への決め手については「自分自身はたくさんの方に相談させてもらいましたし、その中で自分自身、全てリリースに書いてあった通りですが、自分自身が成長するために選びましたし、その中で大熊さんだったり清水の方々の話もたくさん聞いた上で、自分の中のもっと成長できるんじゃないかというのを感じていました。それで選びました」と語り、自身のさらなる成長が見込めることを理由に挙げた。

豊富な運動量とインテンシティの高い守備が売りの松岡。自身のストロングポイントについては「しっかりコミュニケーションをとること、ボールを奪い切るところは特徴として持っていると思います」とコメント。「清水に来てもっと色々なことができるようならなければいけないと思っています。チームのコンセプトをいち早く理解して、味方とコミュニケーションをしっかり取ってプレーしていきたいと思います」と、早くチームに馴染みたいと語った。

自身にとって鳥栖以外のユニフォームを着るのはプロになって初。オレンジのユニフォームについては「周りの選手とかも違和感ないと言っていたので、自分としてもしっくり来ています」とコメント。清水のサポーターについては「サッカー王国というイメージがあって、清水のファン・サポーターの方もすごくサッカーへの思いが熱いと感じます」と語り、「サガン鳥栖もそうでしたが、清水に来てすごく感じます。そういう部分のサッカーへの思いは数日ですが、凄いと感じています」と、ファンの熱量をすでに感じていると明かした。

現在は東京オリンピックが行われており、U-24日本代表は準決勝でU-24スペイン代表に敗戦。明日、3位決定戦でU-24メキシコ代表と対戦する。

パリ・オリンピック世代の選手もMF久保建英やGK谷晃生らが出場しているが、オリンピックについては「自分の中で出たいという気持ちは凄く強くありますが、自チームで出て活躍しないと出られないと思いますし、1日1日を全力でやらないとそういうこともないです」とコメント。「目標ではありますが、1日をどう生活するか、サッカーが上手くなるためにどう行動するかを考えています」とし、遠くの目標の前に日々の行動やプレーを大事にしたいと語った。

松岡のデビューは早ければ9日に行われる横浜F・マリノス戦。背番号「33」を着てIAIスタジアム日本平で躍動する松岡が見られるか注目だ。

関連ニュース
thumb

「素敵なご家族」「素敵な家族写真」札幌MF小野伸二が43歳のバースデーにファミリーショット公開! 元日本代表やブンデス公式からも祝福の声届く

プロ生活25年目、北海道コンサドーレ札幌の元日本代表MF小野伸二が43歳の誕生日を迎えた。 1998年に浦和レッズでプロ生活をスタートさせた小野は、同年に日本代表史上最年少でワールドカップ(W杯)に出場。2001-02シーズンにはフェイエノールトへ加入し、UEFAカップ(現:ヨーロッパリーグ)のタイトルを獲得した。 以降は浦和復帰経て、ボーフム、清水エスパルス、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(WSW)、札幌、FC琉球を渡り歩き、2021年から再び札幌でプレーしている。 27日に43歳の誕生日を迎えたファンタジスタは自身のインスタグラムを更新。小野らしい自然体の文章を綴っている。 「43歳になりました。今まで通り「楽しむ」事と「感謝の気持ち」を忘れずに精一杯やっていきます。こんなおじさんをよろしくお願いします」 日本が誇る至高のプレーメイカーには、MFチャナティップ(川崎フロンターレ)やFW森本貴幸(台中Futuro)ら現役選手をはじめ、元日本代表の福西崇史氏や播戸竜二氏、ファンからも多数の祝福の声が寄せられている。 その小野は、誕生日に際して妻と2人の娘とのファミリーショットをインスタグラムに投稿。ファンは、「素敵」、「素敵なご家族」、「素敵な家族写真」との声。また、「まだまだプレーみたいです」、「いつまでもカッコいい伸二さんでいてください」、「いつまでも応援してます」と、43歳になっても活躍する姿を見たいという声が多く集まった。 また、ブンデスリーガの日本語版ツイッターアカウントも、ボーフム時代の写真を引用し、祝福のメッセージを充てている。 今季のリーグ戦では1試合の2分のみの出場にとどまっている小野。トレーニングでは相変わらず異次元のボールタッチを披露しているだけに、公式戦のピッチでも輝く姿を見たいとの声も、多数上がっている。 <span class="paragraph-title">【写真】わんこや娘さんも一緒に!小野伸二43歳の家族ショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Ci_6Avdv7Lr/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Ci_6Avdv7Lr/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Ci_6Avdv7Lr/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">小野伸二 / shinji ono(@shinjiono7)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【写真】ブンデス公式から小野への祝福メッセージとボーフム時代の一枚</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">43歳の誕生日おめでとう、小野伸二!<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%96%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ブンデスリーガ</a> <a href="https://t.co/ormG4yDBfL">pic.twitter.com/ormG4yDBfL</a></p>&mdash; ブンデスリーガ 日本語版 (@Bundesliga_JP) <a href="https://twitter.com/Bundesliga_JP/status/1574533035265085440?ref_src=twsrc%5Etfw">September 26, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.27 18:05 Tue
twitterfacebook
thumb

磐田が台風15号の被災地に飲料水を提供、磐田市と清水エスパルスに

ジュビロ磐田は27日、台風15号で被災された方への支援を発表した。 台風15号に伴う豪雨により、静岡県の全域で大きな被害に。静岡市では6万世帯を超える断水の被害に。そのほか、静岡県西部でも浸水の被害などが起きている。 アスルクラロ沼津、藤枝MYFCは物資を集めて支援のために運ぶことに。また、清水エスパルスは、パートナー企業からウォーターサーバー用のボトル(9.5L)を提供してもらい、静岡市清水区在住の被災者に提供することを26日に発表していた。 そんな中、磐田も支援を発表。飲料水を提供するという。 サーラグループからは飲料水500mlを1440本提供してもらい磐田市に。株式会社伊藤園からは飲料水500mlを7200本を協力してもらい、清水エスパルスに提供するとした。 磐田は声明を発表している。 「台風15号にともなう豪雨により被災された皆様へ、心よりお見舞い申し上げます」 「磐田市をはじめ、ホームタウンエリアである静岡県西部地域にも浸水などの被害が出ており、また静岡県全域でも断水等で困窮されている方が多くいらっしゃいます」 「被災された方々に謹んでお見舞い申し上げますとともに、救援・復旧活動に尽力されている方々に深く敬意を表し、皆様の安全と一日も早く平穏な日常が戻ってくることを、心より願っております」 2022.09.27 17:38 Tue
twitterfacebook
thumb

これぞJリーグ、6万世帯の断水続く静岡市に静岡のクラブが団結! 沼津、藤枝、清水が水など物資の支援に動く

これがJリーグが築き上げてきた理念の表れと言えるのかもしれない。 台風15号の影響で、静岡県静岡市では6万世帯以上が断水状態に。不急の目処が立っていない。 26日には静岡県が自衛隊に災害派遣要請を行い、流木の撤去などを要請している状況だ。 そんな中、同じ静岡県に本拠地を置くクラブが動きを見せていた。 静岡県東部に本拠地を置くアスルクラロ沼と、静岡市の西側にある藤枝市を本拠地とする藤枝MYFCが立ち上がった。 沼津は「緊急募集 被災地へ向けた救援物資「水」を集めています」とし、26日の18時までに未開封の水を救援物資として届けることを決定。ファン・サポーターにクラブハウスへと持ってきてもらうように協力を呼びかけた。 また、藤枝も水に限らず支援物資の募集を訴え、クラブの事務所へ持ち寄ってもらうことを訴えていた。 そんな中、藤枝は18時半にクラブのツイッターを更新。集まった物資を静岡市に届けるために出発することを伝え、協力に感謝した。 なお、沼津は27日に物資を運ぶという。 また、被害を受けている清水エスパルスも市民のためにと動き、株式会社ジャパネットウォーターから飲用水を提供してもらったとのこと。ウォーターサーバー用のボトル(9.5L)を約2500本用意。一世帯あたり1本となるが、配布が決定した。 なお、27日(火)の16時からIAIスタジアム日本平で配布を行うという。車がない方も、代理での受け取りが可能とのこと。静岡市清水区在住で被災されている方にとっては、大きな助けとなることは間違いない。 <span class="paragraph-title">【写真】藤枝MYFCが支援物資を静岡市へ配達</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">急なお願いにも関わらずご協力いただいた皆様、ありがとうございます。<br>本日便 出発いたします。<a href="https://twitter.com/hashtag/%E8%97%A4%E6%9E%9DMYFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#藤枝MYFC</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%8F%B0%E9%A2%A815%E5%8F%B7%E8%A2%AB%E5%AE%B3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#台風15号被害</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%9D%99%E5%B2%A1?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#静岡</a> <a href="https://t.co/26OFgUIVfB">pic.twitter.com/26OFgUIVfB</a></p>&mdash; 藤枝MYFC (@fujiedamyfc_pr) <a href="https://twitter.com/fujiedamyfc_pr/status/1574330903706619904?ref_src=twsrc%5Etfw">September 26, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.26 19:50 Mon
twitterfacebook
thumb

アメリカ戦で背中から落下したGK権田修一が冨安に続き日本代表を離脱…理由は「ケガのため」

日本サッカー協会(JFA)は25日、ドイツ遠征中の日本代表からGK権田修一(清水エスパルス)が離脱することを発表した。 JFAの発表によると、権田はケガのためチームを離脱するという。 権田は23日に行われたキリンチャレンジカップ2022のアメリカ代表戦で先発出場。しかし、前半終盤にCKの対応で飛び出ると、吉田麻也(シャルケ)の上に乗っかる形となり落下。背中を強打し、頭も打っているように見えた。 前半はそのままプレーを続行したがハーフタイムでGKシュミット・ダニエル(シント=トロイデン)と交代していた。 日本は、すでにクラブ事情によりDF冨安健洋(アーセナル)が離脱しており、2人目の離脱者となった。 2022.09.25 20:20 Sun
twitterfacebook
thumb

「No.1ストライカーは自分」緊急招集も9ゴールと爆発したU-19日本代表FW千葉寛汰、U-20W杯へ「ターニングポイントになる」

U-19日本代表のFW千葉寛汰(FC今治)が、U-20アジアカップ予選を振り返った。 U-19日本は、10日からラオスで集中開催されているU-20アジアカップ予選に参加。グループCに入り、イエメン、パレスチナ、ラオス、グアムと同居した。 A代表のレベルで考えればどのチームも力の差がある格下。日本は12日の初戦でラオスを0-4で下すと、14日にグアムを9-0、16日にパレスチナと0-8で破っていた。 そして迎えた18日は、グループで一番力のあるイエメンと対戦。相手がマンツーマンで守備をするなど強度に苦しんだが、セットプレーからオウンゴールが決まり1-0で勝利。4戦全勝、無失点で予選突破を決めた。 千葉は初戦が終わった段階で緊急招集されると、2戦目のグアム戦でダブルハットトリックとなる6ゴールを記録。さらに3攻めのパレスチナ戦でもハットトリックを達成。9ゴールを記録した。 イエメンを終えた翌日、千葉はメディアのオンライン取材に応対。急遽の招集を受けての予選を振り返った。 「招集がかかったのは急でしたけど、自分自身この代表への思いは常に持っていて、悔しい思いをしていたので、今治でここに入るために一生懸命やっていて、いつ入っても良い準備をしていました」 「呼ばれた瞬間からこのチャンスを生かして、自分の価値を再び示すという思いとともに、合流しました」 その中で2試合で9ゴールを記録した千葉。「大会を振り返ってはこれだけ多くのゴールを奪えたのはもちろんチームメイトのおかげですが、苦しい試合で点を取れないというのが今の実力、自分に足りないところを突きつけられたと思います」とイエメン戦でゴールを決められたなかったことを反省。「さらにレベルアップが必要ですし、再び競争があるなと。そこに向かってチームでやってきたいと思います」と、さらに力をつけたいとした。 千葉は清水エスパルスから育成型期限付き移籍で今治に加入。明治安田生命J3リーグでは13試合で3得点を記録していた。 千葉は、今治で試合にでていることが急遽招集されても活躍できた要因だと語った。 「間違いなくコンスタントに試合に出られているので、コンディションよくプレーできました。日頃から毎週末タフな試合をコンスタントにできていることは今回生かされました」 「プレー面では、今治であまり得点は取れていないですが、こっちにきて自分の特徴である得点感覚が発揮されたので、こっちで得点感覚が少し戻った感覚があるので、得たものをチームで生かしたいと思っています」 清水ユース時代はエースとして活躍。この世代でも重要なストライカーとして戦ってきた一方で、最近は遠ざかっていた。 今回も追加招集という形になったが「ここ最近入れず、今回入って、代表で戦える喜び、責任、誇りは改めて感じました」とコメント。「このエンブレムをつけて戦えることは当たり前じゃないことを感じられたので、入れなかった期間は非常に良い時間だったと思いますし、努力できたのでこういう結果につながったと思います」と、悔しい思いをしてきたものの、それがプラスに働いたとした。 また「ここから最終予選(U-20アジアカップ)、W杯に向けて競争が激しくなると思いますし、チームでどれだけ結果を出せるかが重要になるので、そこでしっかりアピールしてまた呼んでもらえるように努力したいと思います」と、更なるアピールをしていきたいと意気込んだ。 さらに自分ではエースだと思っていると断言。「(序列について)そこは監督が判断する部分なので凄く難しいですが、自分は選ばれなくなった時でもこの世代のNo.1ストライカーは自分だという思いは捨てずに無くさずにやってきましたし、来てからもそれを証明しようと思ってやっていたので、監督、スタッフがどういう評価をしてくれているかわからないですが、自分ではこのチームのエースだと思ってやっています」とコメント。その言葉通り、格下相手とはいえ多くのゴールを決め、数字で証明したことは間違いない。 改めてU-20W杯については「自分はその大会が凄くターニングポイントになると思っていますし、そこで世界で活躍して、上のステージに羽ばたきたいという思いが常にあるので、要になると思います」とコメント。「何がなんでも選ばれて、必ず活躍したいという気持ちは冨樫さんのU-20W杯に向けたチームができた時から常に思っています」と、自身のステップアップのためにも、出場してしっかり活躍したいとした。 2022.09.19 18:55 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly