「健全な戦いでなければならない」PSG指揮官ポチェッティーノ、ドンナルンマvsナバスの守護神争いに言及

2021.07.30 14:22 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)のマウリシオ・ポチェッティーノ監督がインタビューに応じ、新戦力や自身について語った。

今夏はすでにモロッコ代表DFアクラフ・ハキミ、オランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥム、スペイン代表DFセルヒオ・ラモス、イタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマと4名の実力者が加入したPSG。チャンピオンズリーグ(CL)優勝やリーグ・アンの王座奪還に向け、フランス代表MFポール・ポグバの獲得など更なる補強も噂されている。

フランス『ル・パリジャン』のインタビューに応えたポチェッティーノ監督は、そんなPSGの補強方針について「私が選手の名前を挙げているわけではない」としながらも「クラブは黙々と良い仕事をしてくれている。移籍市場の終わりには、新しい選手を迎え入れるだろうし、何人かの選手が去っていくのを見るだろう」と、ここまでの動きを高く評価した。

また、今夏話題となるも、23日のクラブとの契約延長をもって決着となった自身の去就問題についても振り返った。

「かなりの数の噂があった。それが今のサッカー界の現実であることはわかっているがね。クラブでは、選手や監督の動きがあるから、噂は常に存在する」

「会長や、スポーツ・ディレクター(SD)のレオナルドとは、常に穏やかで流動的な関係を保っているし、物事は常に明確だ」

さらに、新加入のGKドンナルンマと、コスタリカ代表GKケイロル・ナバスとの正守護神争いについても言及。公正に行われなければいけないことを強調した。

「誰もが競争のマネジメントを理解しているし、健全な戦いでなければならない。我々のやり方では、誰が優れているか、誰が調子が良いかを評価し、公平性を保つようにするだろう」

「クラブは組織として決定を下す。移籍してきた選手は自分の状況を受け入れなければならない。PSGには、すべてのポジションで競争があり、常に進化することが必要だ」

関連ニュース
thumb

【CLグループ第2節プレビュー①】昨季準決勝再現カードに、ミランvsアトレティコ!

【CLグループ第2節プレビュー①】昨季準決勝再現カードに、ミランvsアトレティコ! チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第2節が9月28日と29日にに開催される。ここではグループステージ第2節1日目となるグループA~Dの戦いを展望を紹介していく。 ◆師弟対決にも注目集まる昨季準決勝の再現カード~グループA~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210926_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> パリ・サンジェルマン(PSG)とマンチェスター・シティの優勝候補2クラブに、RBライプツィヒの三つ巴が予想されるグループAの初戦では、昨季準優勝チームのシティがライプツィヒを6-3で粉砕した一方、PSGはクラブ・ブルージュ相手に痛恨のドロースタートとなった。 今回の第2節では今グループステージ初勝利を目指すPSGと、連勝を目指すシティによる、昨季の準決勝再現カードに大きな注目が集まる。 PSGはFWメッシ、FWネイマール、FWムバッペの新トリデンテが初お披露目となった今季CL初戦を1-1のドローで終えた。結果に関してはホームで勇敢な戦いを見せたベルギー王者を賞賛すべきとの声もあるが、“MNM”の著しい守備の貢献度の低さや、崩しの局面での利他的なプレーの少なさという、新トリデンテの問題点が早くも露呈した。現時点で格上と言えるシティとの対戦で同じ轍を踏んだ場合、限りなく敗戦の可能性は高いと言わざるを得ない。そのため、ポチェッティーノ監督の選手選考、“MNM”の連携面での改善を含め、初戦からの変化に期待したいところだ。 一方、初戦ではMFエンクンクにハットトリックを許したものの、MFグリーリッシュら攻撃陣の頼もしい活躍によって大勝スタートを飾ったシティ。直近のプレミアリーグでは3連敗中だった宿敵チェルシーに対して、1-0のスコア以上の内容で完勝し、リベンジを達成した。今週末にはリーグ戦でリバプールとのビッグマッチを控えているが、まずは敵地でPSGをきっちり叩きたい。 今回の一戦ではヒザの問題を抱えるメッシが復帰濃厚と見られており、バルセロナ時代の恩師であるグアルディオラ監督との師弟対決にも注目が集まる。これまで両者は通算4度対戦しており2勝2敗の戦績だが、スペイン人指揮官はメッシとネイマールを擁したバルセロナ相手にいずれも敵地で敗れており、パルク・デ・プランスに乗り込む一戦では初勝利といきたい。 また、ビッグマッチの裏で開催されるもう1試合では、ライプツィヒとクラブ・ブルージュが初勝利を懸けて激突する。シティ戦での大敗に加え、直後のケルン戦でも1-1のドローを喫し、公式戦4戦未勝利の苦境に立たされていたライプツィヒだが、直近のヘルタ・ベルリン戦では今季最多の6ゴールを奪う大勝を収め、公式戦5試合ぶりの白星を挙げた。MFダニ・オルモの離脱は痛恨も、エンクンクやMFハイダラが好調を維持しており、曲者クラブ・ブルージュとのホームゲームでは自慢の攻撃力を武器にきっちりと打ち勝ちたい。 【グループA】 ▽9/28(火) 《28:00》 パリ・サンジェルマン vs マンチェスター・シティ RBライプツィヒ vs クラブ・ブルージュ ◆初勝利を懸けた強豪対決~グループB~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210926_101_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今グループステージ最激戦区のグループBの初戦では“死の組”という下馬評通り、早くも激闘が繰り広げられた。 ポルトをホームで迎え撃ったグループ本命のアトレティコ・マドリーは、課題の攻撃陣が相手の堅守をこじ開けることができず、0-0のドロースタートに。一方、今大会屈指の名門対決となったリバプールとミランの一戦は、最終的にMFヘンダーソンのスーパーゴールでホームチームが3-2の勝利を収めたものの、ミランも粘りの守備と効率良い攻めで一時逆転に持ち込む奮闘を見せるなど、開幕節で最もスペクタクルな一戦を演じた。 その“死の組”の第2戦では、共に初勝利を目指すミランとアトレティコが激突する。数人の主力不在も久々のCLの舞台でも十分に戦えることを示したミランは、以降のリーグ戦3試合ではユベントス相手に引き分けたものの、ヴェネツィア、スペツィアの格下2チームにきっちり勝ち切り、2連勝中だ。久々のサン・シーロでのCLホームゲームに向けては主砲イブラヒモビッチが引き続き不在となるが、チェルシー時代の昨季にゴールを挙げたFWジルーに加え、レアル・マドリーからレンタル加入中のMFブラヒム・ディアスを含め、高いモチベーションで昨季スペイン王者撃破を目指す。 対するアトレティコは電撃復帰のFWグリーズマンの深刻な不調など、攻撃面で停滞感が漂っており、前述のポルト戦を含め直近の公式戦4試合の内、3試合で無得点に終わっている。とりわけ、先週末のアラベス戦ではリーグ最下位相手に今季初黒星を喫しており、チーム状態は最悪と言える。地力や経験では優位に立つものの、サン・シーロでの一戦は非常にタフなモノになるはずだ。 グループステージ2連勝で首位固めといきたいリバプールは、難所エスタディオ・ド・ドラゴンでポルトと対戦する。ミラン戦以降は公式戦2試合連続で3-0の勝利と好調を維持していたが、直近のブレントフォード戦では格下相手に今季最多3失点を喫してのドローと思わぬ躓きに。今週末には昨季リーグ王者シティとの重要なビッグマッチを控える中、堅守ポルトを相手に白星を取り戻せるか。なお、EFLカップのノリッジ戦で2ゴールを挙げる活躍を見せたFW南野拓実に関しては、リーグ戦と異なる5枚の交代枠が有利に働き、今季CL初出場も期待されるところだ。 【グループB】 ▽9/28(火) 《28:00》 ポルト vs リバプール ミラン vs アトレティコ・マドリー ◆ドルトムント&アヤックスが連勝狙う~グループC~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210926_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ドルトムントがタレントの質で頭一つ抜けているものの、本命不在と目されるグループCだが、その初戦ではドルトムントとアヤックスが地力、経験の差を見せつけて白星発進となった。 難所イスタンブールに乗り込んでベジクタシュと初戦を戦ったドルトムントは、試合終盤の失点によって2-1の最少得点差での勝利となったが、相手GKデスタノギュルの再三に渡るビッグセーブがなければ、大差での圧勝もあり得た快勝と言える内容だった。 ホーム開幕戦で連勝を狙う今節はスポルティング・リスボンと対戦。開幕から負傷者に悩まされるチームは、守備陣の主力が続々と復帰を果たした一方、直近のボルシアMG戦ではいずれも軽傷を抱える主将MFロイスと主砲FWハーランドの2選手が欠場。前半のMFダフードの退場が流れに大きく影響を与えたが、攻撃のパンチ力不足で指揮官の古巣に0-1の敗戦を喫した。その黒星からのバウンスバックを図る一戦に向けては、その2選手の出場の可否が微妙な状況にあり、間に合わない場合は16歳FWムココと新戦力FWマレンの2トップでの戦いを強いられる。 対するスポルティングはアヤックスとの初戦を1-5の大敗で終え、久々のCLは厳しい船出となった。だが、直近のリーグ戦2試合では堅守を取り戻し、MFポロの2試合連続のゴールによっていずれも1-0のスコアで競り勝っており、ロイスとハーランドが不在となる場合、格上相手にも十分戦えるはずだ。 ドルトムント同様に初戦を白星で飾ったアヤックスは、ベシクタシュ相手のホームゲームで連勝を狙う。スポルティングとの初戦では加入2年目のFWアラーが圧巻の4ゴールを挙げるなど、攻撃陣が大爆発し、望外のスコアでの大勝スタートとなった。また、その直後に行われたリーグ戦のカンブール戦では9-0という衝撃的なスコアで圧勝すると、以降も5-0、3-0と好調を維持。FWバチュアイやMFピャニッチら実力者を擁するトルコ王者への警戒は必要だが、普段通りの戦いができれば、連勝の可能性は高いはずだ。 【グループC】 ▽9/28(火) 《25:45》 アヤックス vs ベシクタシュ 《28:00》 ドルトムント vs スポルティング・リスボン ◆初勝利を懸けて3年連続の対戦~グループD~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210926_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ボルシアMGをシェリフに入れ替えた以外、昨季と全く同じ顔触れとなったグループD。注目の初戦では本命レアル・マドリーが、昨季のグループステージで連勝したインテルを再び退けた一方、モルドバ勢として史上初の本戦出場となったシェリフは格上シャフタールを2-0で破る、歴史的な大金星を挙げている。 第2節の注目は奇しくも3年連続の対戦となるシャフタールとインテルによる、初勝利を懸けた一戦だ。 勝ち点3を最も計算できるシェリフとの初戦で、まさかの完敗スタートとなったシャフタールだが、以降の公式戦では3連勝とバウンスバックに成功。とりわけ、22日に開催されたウクライナ・スーパーカップでは昨季リーグ王者ディナモ・キエフを相手にFWラシナ・トラオレの2ゴールなどで、3-0の快勝を収めてデ・ゼルビ新体制での初のタイトルを獲得。そのタイトル獲得の勢い、インテルを良く知る前サッスオーロ指揮官の采配によって難敵撃破を狙う。 対するインテルはホームでのマドリーとの初戦で互角以上の戦いぶりを見せたが、試合終了間際の失点によって0-1の敗戦スタートとなった。以降のリーグ戦ではボローニャ、フィオレンティーナ、アタランタ相手に2勝1分けと上々の結果を残して好調を維持している。その中で3試合連発を含む4ゴールを挙げている絶好調のFWジェコの活躍に期待が集まる。 なお、両者は2019-20シーズンのEL準々決勝(インテルが5-0で勝利)で対戦すると、昨シーズンのグループステージの2度の対戦はいずれも0-0のドローに終わったが、最終順位はシャフタールが3位、インテルが最下位となっていた。 また、グループ本命として白星発進を飾ったマドリーは、シェリフ相手に連勝を目指す。インテル戦以降はバレンシアに劇的な逆転勝利、マジョルカに6-1の圧勝を飾ったアンチェロッティ率いるチームだが、直近のビジャレアル戦では内容面は充実も相手の堅守をこじ開けられず、今季初の無得点で公式戦連勝が「5」でストップしている。とはいえ、シェリフとの実力差は大きく、対戦相手の初戦の結果から“油断”というマイナスの要素を排除されており、勝ち点3奪取の可能性は限りなく高いはずだ。その中でFWアザールやFWヨビッチらに目に見える結果が出ると、今後の戦いに向けて大きなプラスとなる。 【グループD】 ▽9/28(火) 《25:45》 シャフタール vs インテル 《28:00》 レアル・マドリー vs シェリフ 2021.09.28 19:00 Tue
twitterfacebook
thumb

アネルカ氏が理想の監督像を語る「アジアでやりたい」

元フランス代表の二コラ・アネルカ氏が、フランス『Le Parisien』のインタビューで自身の持つ監督像について語った。 現役時代はアーセナルやチェルシー、パリ・サンジェルマン(PSG)やレアル・マドリーなどそうそうたるビッグクラブを渡り歩いたアネルカ氏。フランス代表としても69試合14ゴールの成績を残すなど、1990年代後半から2010年代初頭まで第一戦で活躍した。 2015年のムンバイ・シティ退団を最後に、明言はしていないものの現役から退いており、その後はローダJCのクラブコンサルタントやリールのアカデミーコーチなどを歴任。そしてこの度、フランス『RMC Sport』の解説者に就任した。 しかしながら、『Le Parisien』のインタビューの中で、同氏は「解説者は通過点に過ぎない」とコメント。将来的に監督になることを示唆しており、理想の監督像を語っている。 「私は他の者たちが犯した過ちを繰り返さないように、まずはユースチームから始めて、理想的にはリザーブチームも経由したい。そして時が来たら、プロチームにステップアップする」 「私は攻撃的なサッカーをする。将来的にはDF専門やFW専門のコーチが必要になるだろう。いずれにせよ、私はそういうやり方をとる。カルロ・アンチェロッティのマン・マネジメント、アントニオ・コンテの戦術、アーセン・ヴェンゲルのカウンター攻撃、そして何よりも、サム・アラダイスの選手たちの能力を最大限に引き出す能力など、かつての恩師たちを参考にしながらね」 現実的なキャリア形成を話したアネルカ氏だが、ヨーロッパで監督になるつもりはないと明言。ただ、古巣であるPSGに関しては、この限りではないようだ。 「私の考えはヨーロッパで監督をすることではない。むしろ、アジアやガルフの方に興味があるんだ。だが、今もしPSGの監督になるチャンスがあるなら、それを見過ごすことができようか。PSGは私が監督したいと思うヨーロッパ唯一のクラブだ」 なおアネルカ氏は、25日にパルク・デ・プランスで行われたリーグ・アン第8節のPSGvsモンペリエの観戦に訪れていた。 2021.09.28 14:35 Tue
twitterfacebook
thumb

アネルカ氏がフランスで解説者に就任!「私にとっては通過点」

元フランス代表の二コラ・アネルカ氏が、フランス『RMC Sport』の解説者に就任した。 現役時代はアーセナルやチェルシー、パリ・サンジェルマン(PSG)やレアル・マドリーなどそうそうたるビッグクラブを渡り歩いたアネルカ氏。フランス代表としても69試合14ゴールの成績を残すなど、1990年代後半から2010年代初頭まで活躍した。 2015年のムンバイ・シティ退団を最後に、明言はしていないものの現役から退いており、その後はローダJCのクラブコンサルタントやリールのアカデミーコーチなどを歴任。そしてこの度、解説者という新たなステップを歩み始めた。 これを受けてフランス『Le Parisien』のインタビューに応じたアネルカ氏は、現役時代を鑑みると自分にとっても驚きの選択と感じているという。しかしながら、解説者は通過点に過ぎないと、将来的に指導者になる考えを示唆した。 「私にとってもサプライズだった。メディアが何を求めているのか理解したいと思ったんだ。ライブで話すのは難しいので、コミュニケーション能力を鍛えなければならない。20年間のサッカー人生の中で、私はほとんどコミュニケーションをとってこなかったからね(笑)。少しずつコツを掴んできているところだよ」 「とはいえ、私はこれを一生の仕事にするつもりはない。これはトレーニングなのだ。将来のコーチングの仕事にも役立つだろう。もし、私が選手たちに話しかけられるようになりたいのであれば、人前で話せるようにならなければならない」 慣れない仕事と認めながらも、将来の糧にしようと目論みを語ったアネルカ氏。解説者を務めるプレッシャーは感じていないようだ。 「プレッシャーは感じていない。自分の本職ではない仕事で誰が僕を評価するんだい? 私も成長しました。長い間、メディアは私の敵のようなもので、いつも私を批判していた。もう戦争はしないよ」 2021.09.28 14:15 Tue
twitterfacebook
thumb

CL初戦ドローのPSG、エレーラは難敵相手の勝利を目指す 「シティは素晴らしいチームだが…」

パリ・サンジェルマン(PSG)の元スペイン代表MFアンデル・エレーラがチャンピオンズリーグ(CL)での勝利を目指した。クラブ公式サイトが伝えている。 昨シーズンのCLでは準決勝でマンチェスター・シティに敗れ、ベスト4に終わったPSG。今シーズンはFWリオネル・メッシ、MFジョルジニオ・ワイナルドゥム、DFアクラフ・ハキミ、GKジャンルイジ・ドンナルンマら大型補強を敢行し悲願のCL優勝を狙うが、15日に行われたCLグループA開幕節のクラブ・ブルージュ戦ではまさかのドローとなっている。 グループステージ2試合未勝利は避けたいPSGだが、28日に行われるCLグループA第2節では昨シーズンに敗れた相手であるシティと再戦。かつてマンチェスター・ユナイテッドに所属した経歴を持ち、シティをよく知る選手であるエレーラは前日会見に出席した際、厳しい相手であると認めつつそれでも勝利を目指す必要があると語った。 「シティは素晴らしいチームであり、とても尊敬している。でも、このグループは他にもグループステージ突破を目指すチームが2つあることを忘れてはならない。ブルージュとRBライプツィヒに敬意を払う必要があり、どの試合も僕らにとっては挑戦だ。それは受け入れないとね。選手にもファンにも夢を与えてくれる大会で、非常に強く堅実なチームと対戦する。僕たちは、すべての試合に勝ちたいという気持ちを示していきたい」 「彼らは(先週末のリーグ戦で)チェルシー相手によくプレスを仕掛けていた。それでも、今回は違う試合になるだろう。僕たちはプレッシャーがあってもボールをキープできるというキャラクターを見せる必要がある。僕らには小さなスペースで非常に危険なプレーができる選手もいるからね。昨シーズンより冷静に戦っていきたい」 「成功するためには全員の力が必要だ。チームのスター選手が違いを生み出すには、強力なブロックが後ろに必要になると思う。僕はこのチームの一員であることを誇りに思っており、そうした仕事ができることを嬉しく思っているよ」 「前向きな姿勢でプレーする必要がある。皆が期待を寄せていることは理解しており、それを好んでいるよ。そのために僕たちはここにいるのであり、責任を喜んで受け止める。CLを制する可能性があるチームは、おそらく10チーム程度だろう。僕たちはチームへの期待を自覚しているが、エリート大会でプレーしていて何も予測できないからこそ、CLではいつも大きな驚きがある」 2021.09.28 13:42 Tue
twitterfacebook
thumb

昨季CL準決勝で敗れたシティとの再戦にPSG指揮官は気合い 「世界最高の監督との対戦」

パリ・サンジェルマン(PSG)のマウリシオ・ポチェッティーノ監督がチャンピオンズリーグ(CL)での大一番に向けた意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 先週末のリーグ・アン第8節で勝利を収め、リーグ戦開幕から無傷の8連勝となっているものの、15日に行われたCLグループA開幕節ではクラブ・ブルージュ相手にまさかのドローとなったPSG。28日にホームで行われるCLグループA第2節でマンチェスター・シティと対戦する。 昨シーズンのCL準決勝で敗れた相手との再戦になり厳しい戦いが予想されるが、前日会見に出席したポチェッティーノ監督は勝利の可能性はあると強調。開幕直後は難しいチーム状況だったが、現在は落ち着いていると語った。 「我々の仕事は進行中であり、これは一意見ではなく事実だ。我々は自分たちがどこから来て、今どこにいるのかを見る必要があるだろう。これからマンチェスター・シティと、世界最高の監督であるジョゼップ・グアルディオラとの対戦になる。彼らは素晴らしいチームであり、我々同様CL制覇を夢見るクラブだ」 「彼らは我々より先を行っているかもしれないが、サッカーでは何が起こるかわからない。多くの欲望と決意を持って彼らに問題を起こさせ、彼らのクオリティを制限し、弱点を見つけて利用したいね。選手たちにとっては、自分たちの可能性を発揮できる試合だ」 「チームは落ち着いており、お互い仲良くやっている。良い雰囲気があると思うよ。PSGは他のクラブでは見られないような特殊な状況にある特別なクラブだ。それは理解する必要があるが、チームは非常に優れている」 「これが最初のテストになるとは思わない。試合ごとに、異なる課題を抱えているからね。徐々に選手が戻ってきたが、シーズンのスタートは簡単ではなかった。それでもメンバーが揃ってからは仕事ができるようになったと思う」 「自分たちに期待されていることはわかっている。そして明日ではなく今日、責任と厳しさを持って仕事をしなければならないことも理解しているつもりだ」 また、ポチェッティーノ監督は現在負傷中のイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティとアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの状態に言及。どちらもシティ戦出場の可能性があるとしつつ、公式戦3試合の出場で無得点が続くメッシの適応についても触れている。 「マルコはここ数日、良いトレーニングをしている。彼はチームの一員になるだろう。先発できるかどうかはまだわからないが、出場する可能性はある。レオ(リオネル・メッシ)についても同じ状況だ」 「レオは回復しており、スカッドには入ると思うが先発できるかはわからない。彼は世界最高の選手だが、他の人と同じ人間であることに変わりはないよ。新しいチーム、新しい文化、新しい国に適応する必要がある。20年間バルセロナにいて、ここではすべてが初めてだ。時間が経てばすべてうまくいき、一緒に本当の成功を手にできると信じている」 2021.09.28 11:49 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly