パリに慣れないメッシ、同僚ディ・マリアが明かす「彼は死にたいと思っているだろう」

2021.09.17 15:55 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カンテラ時代から21年間も過ごしたバルセロナを離れ、花の都・パリへと移住したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシだが、その生活にはまだまだ慣れていないようだ。

今夏、バルセロナを突如退団。クラブ、そしてメッシも望んでいない形で袂を分かつと、パリ・サンジェルマン(PSG)へと移籍。初の移籍を果たしていた。

これまでの出場は2試合。しかし、ここまでゴールは決められず、15日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のクラブ・ブルージュ戦ではブラジル代表FWネイマール、フランス代表FWキリアン・ムバッペと共演も不発に終わっていた。

キャリア初の移籍となったメッシだが、バルサ時代の同僚であるネイマールやアルゼンチン代表の同僚であるMFアンヘル・ディ・マリア、MFレアンドロ・パレデスもおり、指揮官も同胞のマウリシオ・ポチェッティーノ監督と知った顔が多い状況だ。

しかし、現在も自宅がなくホテル「ロイヤル・モンソー」で過ごしており、喧騒の中で過ごしている状況だ。

ただ、バルセロナ時代には海も近く、風景も良いカステルデフェルスに住んでいたこともあり、新たな家も同じような環境を求めているが、簡単には見つからない状況だという。

そん7か、チームメイトであるディ・マリアがアルゼンチン『Ole』でメッシの様子についてコメント。家を探しており、仲間と一緒に過ごせることも重要だと語った。

「近くで何かを探しているようだね、リー(レアンドロ・パレデス)は、ここから50mぐらいのところに住んでいるし、このあたりにいれば仲間と食事もできる。より快適だろう」

「妻はアント(アントネラさん)とよく話をしているし、子供たちは僕の子供と同じ学校に通っている」

「チロは3歳で、僕の娘と同級生なんだ。とても仲良しだよ」

ただ、やはり現在の環境にはうんざりしているとのこと。周囲の人たちの影響ではないものの、辛そうだと語った。

「彼は自殺したいと思っているだろう(笑)。これが初めてのことだし、それは全くもって簡単ではないね」

「レオが家に帰って食事をするときは、いつもバイクや車がいる。信じられない数だよ」

「ここの人たちはとても敬意を表していて、この辺りの広場に行くと、放っておいてくれるんだ。レオを連れてきたからには、どこにも行けないよ(笑)」

同じく今夏の移籍市場で話題をさらったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、12年ぶりにマンチェスター・ユナイテッドへと復帰。東京ドーム2個分の敷地がある自宅に住んでいたが、セキュリティなどの面から1週間で引っ越したとのこと。メッシも早く落ちつける場所を見つけて、パフォーマンスを上げられるだろうか。



1 2

関連ニュース
thumb

セルヒオ・ラモス、再び負傷か…直近のトレーニングを欠席

先日、パリ・サンジェルマン(PSG)でデビューを果たしたスペイン代表DFセルヒオ・ラモスだが、再びトレーニングを欠席したようだ。フランス『RMC Sport』が報じている。 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシなどを獲得した今夏の超豪華補強において、目玉の一人となったセルヒオ・ラモス。ふくらはぎのケガなどの問題でしばらく戦線から離れていたが、先月28日に行われたリーグ・アン第15節のサンテチェンヌ戦で先発出場し、待望のデビューを果たした。 今後、チャンピオンズリーグでの新天地デビューなど更なる活躍が期待されているが、今月1日に行われた第16節のニース戦では、休養のため再びベンチ外となっていた。 そんな中、『RMC Sport』によると、同選手は3日のトレーニングを欠席。4日に控える第17節のランス戦を前に再び負傷の可能性が浮上している。 2021.12.03 22:15 Fri
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチが自身をPSGに売り込み…今夏の逸話を自伝で告白「サッカー選手としてではない。SDとしてだ」

ミランのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチだが、今夏パリ・サンジェルマン(PSG)へと復帰する可能性があったことを明かした。 先日40歳になったイブラヒモビッチ。ケガなどで離脱するなど、欠場することが増えている一方で、ピッチに立てば抜群のパフォーマンスを披露。セリエAでは9試合で6ゴール2アシストと結果を残している。 ミランとイブラヒモビッチの契約は2022年6月30日までとなっているが、契約延長の意思を示していることもあり、まだまだミランでそのプレーを見ることができそうだ。 そのイブラヒモビッチだが、新たな自伝『Adrenalina』を出版。選手ではないイブラヒモビッチのことが書かれているという。 この自伝の中では、PSGに関して多くのページを割いているとのこと。その中で、今夏PSGのナセル・アル・ケライフィ会長とクラブに戻る可能性を話していたと明かしているとフランス『レキップ』が報じた。 しかし、PSG復帰は選手としてではなく、クラブ幹部として。レオナルド氏が務めるスポーツ・ディレクター(SD)に就任することを申し出ていたようだ。 「2021年夏。確かに俺は自分をPSGに提供した。サッカー選手としてではない。スポーツ・ディレクターとしてだ。ナセル・アル・ケライフィ会長に電話をかけ、彼に提案をした。『ミランとの契約を更新しないのであれば、PSGにやってきて、あなたのチームを整えることになる』と」 「ナセルは笑ってはいたが、ノーとは言わなかった。(代理人の)ミーノ・ライオラも『君の理想的な役割だ。完全に行かなければいけない』と同意してくれた。ただ、彼は俺がミランから離れられないことを分かっていたが、同意してくれた」 「もし、契約を延長していなければ、PSGのマネージャーの役割は良い未来だったはずだ。俺が話したPSGの選手でさあえ、そう思っていた」 「ある選手は言った。『ズラタン、あなただけが秩序を戻し、チームに規律をもたらすことができる』とだ。別の選手は『ズラタン、もしあなたであれば、ドレッシングルームでこのようなことは起きなかっただろう』とね」 「俺はこのプロジェクトを気に入っていたが、サッカーのキャリアを辞めることへの恐怖感やパニックを防ぐには十分ではなかった」 「言うことと、行動することは別のことだ。俺はパリに行き、チームのトレーニングを見て何千回も自問しただろう。『何故やめたのか?』とね」 <span class="paragraph-title">【写真】ピッチ外のイブラヒモビッチを綴った新たな自伝</span> <span data-other-div="photo"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CW-dtZNMKud/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CW-dtZNMKud/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CW-dtZNMKud/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Zlatan Ibrahimović(@iamzlatanibrahimovic)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.12.03 18:40 Fri
twitterfacebook
thumb

セルヒオ・ラモスがSNSでプチ炎上? ライバルチームの入場曲を流してしまう…

先日にパリ・サンジェルマン(PSG)デビューを果たしたスペイン代表DFセルヒオ・ラモスだが、SNSでプチ炎上を起こしていたようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシなどを獲得した今夏の超豪華補強において、目玉の一人となったセルヒオ・ラモス。しかし、35歳という年齢も影響してか、ふくらはぎのケガが思うように治らず、しばらくリハビリが続いていた。 そんな中、先月28日に行われたリーグ・アン第15節のサンテチェンヌ戦で先発出場し、待望のデビューを果たした。試合はメッシの3アシストの活躍で逆転勝利を収め、見事白星で飾った。 今後の更なる活躍が期待されるセルヒオ・ラモスだが、そんな矢先、インスタグラムに投稿したストーリーズが、サポーターの反感を買ってしまったようだ。 内容は自身のトレーニング中の姿を投稿したものだったが、BGMにヴァン・ヘイレンの楽曲『ジャンプ』を使用したことが問題に。この曲は、マルセイユの本拠地ベロドロームで入場曲として使われており、セルヒオ・ラモスは知らずに選んでしまったようだ。 両クラブは犬猿のライバル関係にあり、直接対決は“ル・クラスィク”と呼ばれ、世界屈指の盛り上がりを見せる。ただ、行き過ぎた熱狂的なサポーターが問題を起こすことも多く、今年10月の一戦でも21名の逮捕者を出していた。 セルヒオ・ラモスはサポーターから指摘を受け、該当の投稿を直ちに削除。郷に入っては郷に従え…、スター選手でも現地の“おきて”は守った方がよさそうだ。 2021.12.03 16:36 Fri
twitterfacebook
thumb

バロンドーラー・ロナウジーニョにはさすがの一言、芸術ループなど現役さながらのプレーで圧巻のハット!

元ブラジル代表FWロナウジーニョが現役さながらのテクニックを披露し、絶妙なループを含むハットトリックを達成した。 バルセロナやミランなどで活躍し、2005年にはバロンドールも受賞したロナウジーニョ。2018年1月の引退からおよそ4年の月日が経つが、その技術は全く衰えていないようだ。 11月30日、ブラジル国内のエスタディオ・レイ・ペレで行われたチャリティーマッチに出場したロナウジーニョ。世界最高峰のフットボーラーは圧巻のプレーで観衆を魅了した。 まずは教科書よりも優れたシザーズで相手を抜き去り、GKのタイミングをずれして右隅へ流し込むと、再び迎えた一対一でも冷静にネットを揺らして2点目を奪う。 極めつけは前半終了間際だ。絶妙なループシュートを沈めてハットトリックを達成し、衰え知らずのテクニックを見せつけた。 チャリティーマッチの映像を自身のインスタグラムで公開したロナウジーニョは、感謝とともに「まだフィールドでプレーできるね」と次のようなメッセージを添えている。 チャリティーマッチとはいえ、ファンタジスタの異名にふさわしいプレーを披露したロナウジーニョ。長年培われた技術は嘘をつかないようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】シザーズに芸術ループ、ロナウジーニョが衰えないテクニックを披露</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/tv/CW6_LGQM_Cr/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/tv/CW6_LGQM_Cr/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/tv/CW6_LGQM_Cr/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Ronaldo de Assis Moreira(@ronaldinho)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.12.02 20:05 Thu
twitterfacebook
thumb

去就注目のシャビ・シモンズ、同胞ファン・ブロンクホルスト監督率いるレンジャーズが接近か

去就が注目されているパリ・サンジェルマン(PSG)のU-19オランダ代表MFシャビ・シモンズ(18)にレンジャーズが接触したようだ。スペイン『アス』が報じている。 元々バルセロナの育成機関『ラ・マシア』の至宝として注目を浴びていたシャビ・シモンズ。だが、2019年夏にバルセロナではなくPSGとプロ契約を締結した。 しかしながら、世界のスーパースターがひしめき合うPSGでは出場機会に恵まれず、トップチームでの出場は昨季の2試合のみ。今季もU-19を主戦場としており、「若すぎる」というマウリシオ・ポチェッティーノ監督のコメントからも、ノーチャンスであることが窺える。 そんな中、現行契約が今季いっぱいとなっていることから、徐々に去就に関する噂が流れるようになった。一部ではバルセロナ復帰も囁かれているが、最近接触してきているのがレンジャーズなのだそう。 同クラブは、スティーブン・ジェラード監督がアストン・ビラに引き抜かれてしまったが、後任に元オランダ代表のジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト氏(46)を招へい。フェイエノールトでエールディビジ優勝、2度のKNVBカップ制覇に導いた手腕を持ち、2020年には中国スーパーリーグの広州城足球倶楽部でも指揮を執っていた。 そのオランダ人指揮官が同胞のシャビ・シモンズに興味を持っているとのことで、すでに代理人のミノ・ライオラとコンタクトを取ったとも言われている。 PSG退団は確実視されているシャビ・シモンズ。果たして来季はどこでプレーしているのだろうか。 2021.12.02 18:37 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly