スパーズ、ヴラホビッチをストライカー補強のトップターゲットに設定!

2021.07.29 22:53 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムがフィオレンティーナに所属するセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(21)を今夏のストライカー補強のトップターゲットに定めているようだ。イギリス『テレグラフ』が報じている。

トッテナムではマンチェスター・シティ行きが盛んに取り沙汰されるイングランド代表FWハリー・ケイン(28)の慰留が今夏における最大のテーマとなっている。

その一方で、ベンフィカからレンタルしていたブラジル人FWカルロスヴィニシウス(26)の買い取りを見送ったことで、純粋なセンターフォワードが不足している。

プレシーズンマッチでは韓国代表FWソン・フンミン、U-17イングランド代表FWデーン・スカーレット、アイルランド代表FWトロイ・パロットが最前線で起用されているが、ケインの去就に関わらず補強が必要なポジションだ。

ここまではサウサンプトンのイングランド代表FWダニー・イングス(29)が有力な獲得候補として挙がっているが、マネージング・ディレクターを務めるファビオ・パラティチ氏は前職のユベントス時代から関心を示していたヴィオラの若きエースをトップターゲットに定めているようだ。

セルビア屈指の名門パルチザン・ベオグラード育ちのヴラホビッチは、18歳となった2018年にフィオレンティーナへ5年契約で加入。加入2年目となった昨シーズンにブレイクの兆しを見せると、昨シーズンのセリエAでは37試合21ゴールという見事な数字を残し、一躍国内外のビッグクラブの関心を集める存在となった。

利き足は異なるものの、クラブのレジェンドである元アルゼンチン代表FWガブリエル・バティストゥータを彷彿とさせる天性の点取り屋は、190cmの屈強な体躯とパワフル且つ繊細な左足、傑出した得点感覚を備える大器だ。

その逸材に関してフィオレンティーナは新シーズン開始前に新契約締結を目指しており、現在は7000万ユーロ(約91億3000万円)に設定する契約解除金に関する代理人へのコミッションの金額を話し合うなど、今夏の流出回避に向けた動きを見せている。

ただ、昨シーズンを13位で終えるなどクラブとして低迷が続くフィオレンティーナの現状を考えれば、今夏に新天地を求める可能性は十二分にある。

『テレグラフ』が伝えるところによれば、ヴラホビッチを獲得するためには4000万ポンド(約61億3000万円)以上のオファーが必要だという。

パラティチ氏はヴラホビッチをケインの後釜ではなく、あくまでサポート役として考えており、ケインとヴラホビッチという強力コンビ実現に向けては財布の紐が堅いダニエル・レヴィ会長を説得できるかが重要となりそうだ。

関連ニュース
thumb

なぜ? アーセナルDFサリバに異変…ダービーで何かが足りないことが判明

アーセナルのフランス代表DFウィリアム・サリバに何かが足りなかったことが判明した。 1日、アーセナルはプレミアリーグ第9節でトッテナムと対戦。首位と3位によるノースロンドン・ダービーは大きな注目を集めた。 試合は、アーセナルがトーマス・パルティの衝撃ミドルで先制するも、ハリー・ケインのPKでトッテナムが追いつく展開に。それでも後半に、ガブリエウ・ジェズス、グラニト・ジャカがネットを揺らし、アーセナルが3-1で勝利。首位を守った。 しかし、試合中のサリバに異変があることが判明。他の選手に比べて、何かが足りないことが判明した。 それはショーツのライン。アディダスがサプライヤーを務めるアーセナルは、白のショーツの両サイドに赤いスリーストライプが入っている。 しかし、サリバが着用するショーツの右側は、なぜか2本に。スリーストライプになってから、2本になったことはないため、どこかで失われたことになる。 試合前に気が付かなかったのだろうが、果たしてどこに行ったのか。それとも、最初からなかった不良品なのかは不明だが、とにかくラインが1本足りないショーツをまさかの着用していたことになっていた。 <span class="paragraph-title">【比較写真】サリバのショーツには何かが足りない</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/arsenal20221002_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/arsenal20221002_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2022.10.02 23:28 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセナル首位堅持! ウーデゴールが明かすトッテナム戦ウラ話「事前スカウティングで…」

アーセナルのノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールがノースロンドン・ダービーを振り返った。 アーセナルは1日、プレミアリーグ第9節でトッテナムと対戦。MFトーマス・パルティの鮮烈ミドルで先制後、一時は同点とされたものの、後半にFWガブリエウ・ジェズスのゴールで勝ち越し、さらにMFグラニト・ジャカの左足も炸裂。最大のライバル相手に3-1で快勝を収めている。 ウーデゴールはクラブ公式サイトで試合を振り返り、パルティの先制ゴールはスカウティングと練習の賜物だったと明かしたほか、ファンへの感謝も語っている。 「パルティのゴールは素晴らしかった。事前スカウティングであのエリアがフリーになれる位置だと把握していたから、そのための練習に多くの時間を割いた。そして彼が美しいシュートを放った」 「2点目が取れた瞬間から、僕らが再びゲームを支配した。最終的には完勝だったと言っていいと思うよ。トッテナムが1人少なくなってからはボールを保持できたし、彼らはかなり苦しい思いをしたはずだ」 「ファンが僕たちをどれほど助けてくれているか、今の彼らがどれだけ僕たちを信じてくれているかよく知っている。何かを返さなくてはいけないね。今日の勝利はその1つだよ」 「(スタジアムは)最高の雰囲気だったし、この試合をサポートしてくれたファンに感謝している。最高の舞台でプレーできて、素晴らしい日になった」 2022.10.02 20:07 Sun
twitterfacebook
thumb

「最高にかわいい」「勝利の女神」カワイイが止まらない!岩渕真奈がノースロンドン・ダービーをスタジアム観戦「ノースロンドンは赤!」

アーセナルのなでしこジャパンFW岩渕真奈が、ノースロンドン・ダービーを観戦した。 アーセナルで2シーズン目を過ごしている岩渕。チームは、今シーズンのUEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)の出場権を掴むなどする中、なかなか試合に絡めていない状況が続いている。 その岩渕だが、1日に行われたプレミアリーグ第9節のアーセナルvsトッテナムのノースロンドン・ダービーをスタジアム観戦。自身のインスタグラムで報告した。 岩渕は「ノースロンドンは赤!とても良い雰囲気でした」と英語で投稿。「最高!!!アーセナル!!」とした。 岩渕はアーセナルのユニフォームを着用し、ニット帽を被った姿を投稿。メインスタンドからの様子を添えていた。 これには元なでしこジャパンでタレントの丸山桂里奈さんが「あら、まー可愛い」とコメント。またファンも「キュート」、「最高にかわいい」、「勝利の女神」とコメントを寄せていた。 ちなみに、先週はFA女子スーパーリーグ(FAWSL)で女子チーム同士のノースロンドン・ダービーが行われており、4-0でアーセナルが快勝。岩渕はベンチに入ったが、出番はなかった。 <span class="paragraph-title">【写真】カワイイが止まらない!アーセナルユニにニット帽コーデの岩渕真奈</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CjLGkDisdks/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CjLGkDisdks/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CjLGkDisdks/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">岩渕真奈/Mana Iwabuchi(@iwabuchi.m_jp)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.10.02 12:40 Sun
twitterfacebook
thumb

「文句をつけるのであれば前半」アーセナルに敗れたトッテナム、コンテ監督が振り返る「レッドカードで試合が終わった」

トッテナムのアントニオ・コンテ監督が、アーセナルとのノースロンドン・ダービーを振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 1日、プレミアリーグ第9節でトッテナムはアウェイでアーセナルと対戦。勝てば逆転で首位に立てるという大一番となった。 試合は互いに積極的なプレーを見せゴールに迫っていく中、アーセナルが先制。しかし、トッテナムも相手のクリアミスからPKを獲得すると、ハリー・ケインがしっかり決めて追いつく。 その後、トッテナムはチャンスを生かせずにいると、後半早々に失点。さらに、その後にエメルソン・ロイヤルが一発退場となり数的不利に。終盤にも失点を喫し、3-1で敗れた。 首位に立てない上、ライバル相手に敗戦となったトッテナム。コンテ監督は前半のうちに試合を決めるべきだったと振り返った。 「前半は試合に勝つ可能性を感じていたので難しい日だった。前半は試合を終わらせる可能性があったが、このタイプの試合では客観的でなければいけないし、冷静である必要があることはよく分かっているはずだ」 「繰り返すが、文句をつけるのであれば前半だ。多くのチャンスがあったと思うが、最後のパスで大きなミスを犯していた。だから、我々はガッカリしなければいけない」 「ボールを持ってプレーし、彼らのプレッシャーに打ち勝つたびに、彼らを攻撃できた。代わりに彼らを生かしてしまい、後半に2点目を許してしまった」 「もっと上手くやれるかもしれなかったが、ゴールを許すと、いつだってもっと上手くやれると思う。そして数分後、レッドカードが出たことで試合が終わってしまった」 2022.10.02 09:50 Sun
twitterfacebook
thumb

「我々は試合に勝つに値した」ダービーでトッテナムに完勝のアーセナル、首位キープにアルテタ監督は「自分たちに集中する」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、トッテナムとの“ノースロンドン・ダービー“を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 1日、プレミアリーグ第9節でアーセナルはトッテナムをホームに迎えた。 首位のアーセナルと3位のトッテナム、勝ち点差は「1」の中でのダービーは、ホームのアーセナルがコントロール。すると20分、トーマス・パルティが豪快なミドルシュートを叩き込み、口火を切る。 トッテナムは31分にPKを獲得しハリー・ケインが決めて同点に。前半はイーブンで折り返したが、後半早々の49分にガブリエウ・ジェズスがこぼれ球を詰めてネットを揺らしアーセナルが勝ち越しに成功する。 さらに62分にはトッテナムのエメルソン・ロイヤルがガブリエウ・マルティネッリへの危険なタックルで一発退場となると、グラニト・ジャカがダメ押しゴールを決め、3-1でアーセナルが勝利した。 ダービーで完勝し、首位を守ったアーセナル。アルテタ監督は、試合後にダービー勝利を喜んだ。 「本当に嬉しい。素晴らしいパフォーマンスだった。素晴らしい雰囲気の中でプレーできた素晴らしい日だった。このような特別な形でチームと繋がっているすべての人々にとても感謝している」 「多くの人を幸せにし、誇りに思う機会であり、我々はそれをすべての人に届けられたと思う」 「我々は試合に勝つに値した」 勝利を届けられたことを喜んだアルテタ監督。ただ、前半のうちにPKで追いつかれたシーンについては、起こりうるものだとし、選手たちの振る舞いを称えた。 「スパーズやすべてのビッグチームと対戦する時はそういうことは起こる。彼らのフロントスリーとのつながり方を見ていれば、何かが起こりそうな気はしていた」 「我々はそういうことを頭の片隅におきながらプレーしていたとは思えないし、選手たちの勇気や決断力、自由さ、頑張るというエネルギーが最初から感じられた。それこそが我々が彼らに求めていることだ」 これで今節も首位が確定。開幕から良い状態が続いている。アルテタ監督は首位にいることは理解しながらも、貪欲に、やるべきことをやり続けていくと語った。 「常にこの順位にいるクラブを見るのは素晴らしい。本当に素晴らしいし、良い気分になる」 「でも、我々は自分達に集中している。本当にハングリーで謙虚なチームだ。信じてもらいたい」 「自分たちがどこにいるかはわかっている。まだ何も成し遂げていないし、改善すべき点はたくさんある。それが、我々が向かう方向だ」 2022.10.02 09:05 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly