シティ、守護神エデルソンと新たに2028年まで契約か…さらなる延長画策

2021.07.29 11:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティがブラジル代表GKエデルソン(27)とのさらなる契約延長を画策しているようだ。

2017年夏にベンフィカから加入して以降、シティの絶対的守護神に君臨するエデルソン。最後の砦としてはもちろん、11人目のフィールドプレーヤーとしても卓越したキックセンスを武器にビルドアップにも積極的に加わっていけるなど、ジョゼップ・グアルディオラ監督のポゼッション戦術を体現する上でもはや欠かせぬピースだ。

そんなエデルソンはシティ加入から1年後の2018年夏に2025年までの新契約を締結。その猶予がまだ残っているが、シティはさらに将来を確固たるものにしようとしている模様だ。

イギリス『The Athletic』の記者を務めるサム・リー氏によると、シティは今夏、新たに3年延長オファーを用意。形になれば、現行のものとあわせ、2028年までの長期契約なる。

そんな昨季のプレミアリーグ王者は今夏、エデルソン以外にも主力数名との契約更新を検討。今夏の移籍も噂されるアルジェリア代表FWリヤド・マフレズ(30)やイングランド代表FWラヒーム・スターリング(26)のほか、同代表MFフィル・フォーデン(21)、同代表DFジョン・ストーンズ(27)らがその候補に挙がっているという。

関連ニュース
thumb

チェルシーがスターリングと個人間合意! 週給は現スカッド最高の30万ポンドか

チェルシーとマンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒーム・スターリング(27)が個人間合意に達したようだ。イギリス『テレグラフ』など複数メディアが報じている。 今夏の移籍市場でチェルシーが力を入れて獲得に動いていたスターリング。シティ側としても契約が1年を切ることに加え、ノルウェー代表FWアーリング・ハーランドなど前線に複数の選手が加わることから、前向きに交渉に取り組んでいる。 そして、チェルシーはクラブ間合意に先駆けて個人間合意に達した模様。伝えられるところでは、提示した週給は現スカッドで最高額となる30万ポンド。また、27歳はトーマス・トゥヘル監督との話し合いで、プロジェクトや野心に感銘を受けたとのことで、バルセロナやレアル・マドリー、バイエルン、パリ・サンジェルマンといった錚々たるクラブとの争奪戦を制するに至ったようだ。 残す問題はクラブ間合意だが、こちらも近くまとまると予想されている。これまでの情報によれば、チェルシーは推定4500万ポンド(約73億5000万円)の移籍金を準備しているとのことだ。 2022.07.07 13:26 Thu
twitterfacebook
thumb

シティの注目株ラヴィアがセインツと5年契約! 買い戻しOPありか

サウサンプトンは6日、マンチェスター・シティからU-21ベルギー代表MFロメオ・ラヴィア(18)の獲得を発表した。 契約は5年。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、取引額は移籍金1200万ポンド(約19億4000万円)+アドオンで、シティは4000万ポンド(約64億8000万円)の買い戻しオプションを有しての売却となるという。 ベルギー生まれながらガーナにもルーツを持つラヴィアは守備的MFで、2020年夏にアンデルレヒトからシティ入り。昨夏からトップチームの練習に加わって、カラバオカップでシニアデビューを果たすなど、公式戦2試合でプレーした逸材だが、移籍を決断した。 ラヴィアは「このクラブに加入できて本当に嬉しい。このクラブに根づく若手が活躍するカルチャーは本当に良いと思うし、ここにいられて本当に幸せだ。サウサンプトンからの興味を聞いたときはすごく喜んだよ。若手にとって成長できる機会だし、すごくワクワクしている」と話した。 サウサンプトンは今夏、アイルランド代表GKギャヴィン・バズヌ、ポーランド人GKマテウス・リス、U-21ドイツ代表DFアルメル・ベラ=コチャプを獲得。ラヴィアは4人目の新戦力となる。 2022.07.07 09:30 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコがジョアン・フェリックス売却を検討か?

アトレティコ・マドリーはポルトガル代表FWジョアン・フェリックス(22)の売却を検討しているようだ。スペイン『Fichajes』が伝えている。 2019年夏にベンフィカからアトレティコへと加入したジョアン・フェリックスだが、1億2720万ユーロ(約178億円)とも言われる移籍金に見合った活躍が出来ていないと、批判の対象になることも多い。だが、昨季は年明け以降に本領を発揮し、低迷していたチームのチャンピオンズリーグ(CL)出場権確保に大きく貢献した。 2022-23シーズンは1年を通した活躍が期待される22歳だが、ジャーナリストのエドゥアルド・インダ氏によると、アトレティコでの将来は必ずしも保証されていないとのこと。今年4月にアトレティコのエンリケ・セレソ会長が、「ジョアンはラ・リーガとこのクラブにふさわしい選手で、彼が去るべき理由は何ひとつない」とも語っていたが、財務上の問題が付き纏っているようだ。 その中で若きポルトガル代表FWはチーム内で最も高額な移籍金が望めるプレーヤーであり、金額次第では今夏の売却も躊躇しない考えとみられている。 なお、ジョアン・フェリックスに対してはマンチェスター・シティが関心を寄せている模様。しかし、今夏すでにノルウェー代表FWアーリング・ハーランドやイングランド代表MFカルヴァン・フィリップスに大金を費やしているため、少なくとも今夏の獲得は現実的でないと目されている。 2022.07.05 21:48 Tue
twitterfacebook
thumb

エンツォ・マレスカ氏がシティに帰還! リージョ氏に代わってペップのアシスタントに

マンチェスター・シティは5日、エンツォ・マレスカ氏(42)がアシスタントコーチに復帰したことを発表した。 シティでは2020年6月からジョゼップ・グアルディオラ監督の副官を務めていたフアン・マヌエル・リージョ氏(56)が、先月にアル・サッドの新監督就任のためクラブを退団。マレスカ氏の招聘に動いていた。そして、既報通りイタリア人指揮官がシチズンズに復帰した。 現役時代にWBAやユベントス、セビージャ、オリンピアコス、パレルモなどキャリア19年で4カ国11クラブを渡り歩いた同氏は、2017年6月にアスコリのアシスタントコーチとして指導者キャリアをスタート。その後、セビージャやウェストハムでアシスタントコーチを歴任し、2020年8月にマンチェスター・シティU-23の監督に就任した。 そのシーズンにプレミアリーグ2優勝に導くと、昨夏にセリエBのパレルモからの誘いを受け、初めてトップチームで指揮することに。だが、成績不振を理由にわずか3カ月で解任されてしまっていた。 そして、この度1年ぶりにシティに復帰したマレスカ氏。再び智将の下で働くことに意欲を示している。 「マンチェスター・シティに戻ってこられて本当に嬉しい。世界で最も大きなクラブの一つだ」 「このクラブのリザーブチームを率いたことで多くの経験を積むことができた。それに才能溢れる若者やスタッフとも出会えた」 「ペップから戻ってくるように頼まれてすごく誇らしかったよ。彼や選手たちをサポートできるのが待ち遠しいよ」 2022.07.05 21:07 Tue
twitterfacebook
thumb

プレミアで立見席が復活、過去の悲劇乗り越え厳格な規制のもとに順次導入

プレミアリーグとチャンピオンシップ(イングランド2部)で、立見席が復活することが許可されたようだ。イギリス『BBC』が報じた。 プレミアリーグのクラブでは、1990年代初頭に全てが座席になるスタジアムができ始め、現在のプレミアリーグのスタジアムでは立見席は存在しない。 これは過去にスタジアムで起きた「ヒルズボロの悲劇」と呼ばれる事故の影響もあり、立見席が禁じられていたことも影響。ただ、観客は着席するはずのエリアで立ち見を続けており、特にゴール裏ではどのスタジアムでも立ち見が行われている状況だ。 そんな中、2022-23シーズンからの導入を前に、2021-22シーズンの後半戦で、チェルシー、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナム、カーディフ・シティの5クラブは、政府の委託を受けて「早期導入者」としての試験に参加していた。 また、2022-23シーズンはブレントフォード、QPR、ウォルバーハンプトンが、ホームとアウェイで指定した座席エリアでの立ち見を行うこととなる状況。他クラブもシーズン中に参加する可能性がある。 さらにウェンブリー・スタジアムでは、シーズン後半に行われる国内での試合において、ファンに向けて小規模な指定立見席を用意するという。 なお、立見席を設けるためには、CCTV(防犯カメラ)の強化、スチュワードのトレーニング、ファンが個人のスペースを厳格に守ることなどの厳しい条件が設けられるという。 イギリスのデジタル・文化・メディア・スポーツ大臣であるナディン・ドリーズ氏は、立見席の復活についてコメントした。 「しっかりとした試験、徹底的な検証、近代的な技術のおかげで、我々のグラウンドで再び立ち見を許可する準備が整った」 「我々はテラス席を復活させるのではなく、厳しい安全基準を満たしたクラブにのみ許可される」 2022.07.05 12:35 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly