ボヌッチに主将は任せないと断言のアッレグリ「どこかで買い、街中などでそれをつけてプレーするしかない」

2021.07.28 12:08 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、チームのイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチにキャプテンを任せることはないと語った。『フットボール・イタリア』が伝えている。

アッレグリ監督は2014年から2019年までユベントスで指揮を執り、セリエA5連覇と4度のコッパ・イタリア優勝を達成。クラブに黄金時代をもたらしていたが、チャンピオンズリーグ(CL)優勝を果たせなかったこともあり退任となった。しかし、その後ユベントスは思うような結果を出せず、今季から再びアッレグリ監督が指揮を執ることになっている。

27日に復帰後初となる記者会見を行ったアッレグリ監督は、インタビューの中でチームのキャプテン人事について言及。契約満了により退団したものの再契約が濃厚のDFジョルジョ・キエッリーニや、FWパウロ・ディバラへの信頼を語る一方、かつて確執も噂されたボヌッチに対してはキャプテンや副キャプテンを任せることはないと断言。2017年夏にミランへ移籍しているボヌッチは、クラブでのキャリアがリセットされていると強調した。

「ボヌッチはユベントスを一度去ってから戻ってきた。つまりユベントスでのキャリアという意味では、ゼロからのスタートになってしまっている。副キャプテンはディバラになるだろう。私は彼に多くを期待している。彼と話をしたが、やる気に満ち溢れているよ」

「キャプテンと副キャプテンは、チームでどれだけプレーしたかに応じて決める。ユベントスではキエッリーニが最も経験豊富であり、それにディバラが続く」

「ボヌッチは1シーズン抜けた期間があった。彼の決断によってね。だから、もし彼がキャプテンマークを欲するのであれば、自分でどこかで買い、街中などでそれをつけてプレーするしかないね。彼自身も、そのことは受け入れているよ」

「私が以前にユベントスで指揮を執った最後のシーズンでは、マリオ・マンジュキッチサミ・ケディラがボヌッチに先んじてキャプテンの腕章をつけていた。ただそれは、単に彼が序列で遅れをとっていたからだ」

関連ニュース
thumb

ユベントス、ついにディバラと契約延長か

ユベントスはアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(27)との契約延長に近づいているようだ。 2015年夏にユベントスへと加入し、2017-2018シーズンからは背番号10を背負っているディバラ。歴代のレジェンドとの比較に苦しみながらも、ここまで公式戦通算258試合に出場し、102ゴール43アシストを記録と着実に結果を残している。 今季もここまで公式4試合に出場し、2ゴール2アシストと好調のディバラだが、ユベントスとの現行契約は来年6月まで。延長交渉は給与面の問題で難航しており、一時はオランダDFマタイス・デ・リフト(22)に並ぶチーム最高給となる1200万ユーロ(約15億6000万円)を要求し、破談になったとも報じられていた。 しかし、最近では契約延長の可能性が高まっているという見方も。そんな中、イタリア『トゥットスポルト』は、ユベントスとディバラが新たに5年契約を結び、今週中にも発表されるだろうと伝えた。 また、このタイミングで交渉が進展した理由にはディバラの代理人であるホルヘ・アントゥン氏の存在があるようだ。『トゥットスポルト』によれば、約2カ月前からトリノに滞在し、ユベントスとの交渉に臨んでいた同氏は17日、スポーツ・ディレクター(SD)を務めるフェデリコ・チェルビーニ氏らとさらに綿密な話し合い。同氏のアルゼンチンへの帰国が来週に迫った中で、交渉は最大の山場迎えているようだ。 2021.09.20 18:07 Mon
twitterfacebook
thumb

いまだ勝利なく絶不調のユベントス…ダニーロが低迷の原因指摘 「チームの問題は体力より精神面にある」

ユベントスのブラジル代表DFダニーロがチームの問題点を指摘した。『フットボール・イタリア』が伝えている。 昨シーズンのセリエAを4位で終え、10連覇を逃したユベントスは今夏に2014年から2019年までチームを率いたマッシミリアーノ・アッレグリ監督が再就任。復権を目指し、新シーズンに挑んだものの、ここまでのリーグ戦4試合で2分け2敗といまだ勝利はなく、チームは降格圏の18位に沈んでいる。 19日に行われたセリエA第4節ミラン戦でも、多くの負傷者を抱える対戦相手にホームで先制点を挙げながらリードを守り切れず。終盤にはGKヴォイチェフ・シュチェスニーの好セーブで辛くも失点を逃れるなど、守勢に回る展開のままドローに終わった。 ミラン戦後に『DAZN』のインタビューを受けたダニーロはまたしても勝利を逃したことに落胆。チームは結果を出せない原因に少しでも早く気がつくべきだと語った。 「僕たちはパフォーマンスではなく、結果に苦しんでいる。だから、もっとチームとしての力を発揮しなければならないという監督の意見には同意するよ。僕らは知的でなければならず、これらの結果の原因に気づく必要がある」 「前半はポゼッションを保ち、高い位置でプレスをかけ、準備したことをしっかりと実行できた。だからこそ、後半もその強さを維持する必要があったと思う。でも僕たちは、避けられるゴールを許してしまったね」 ダニーロはインタビューのなかで、現在のチームの問題点は精神面にあると指摘。そのうえで、まずは少しでも順位を上げていく必要があると強調した。 「僕の考えではあるけど、チームの問題は体力より精神面にあると思う。僕たちはプレスをかけたり、守備時にユニットとして動いたりすることができず、ボールを素早く動かせてもいない」 「他チームが何をしているかではなく、自分たちの仕事と進歩だけに集中する必要があると思う。本来の自分たちのレベルでプレーすることさえできれば、確実に順位を上げることはできるはずだ」 2021.09.20 16:47 Mon
twitterfacebook
thumb

ミランとドローで4試合未勝利のユベントス、指揮官は勝ち点獲得の重要性強調 「負けなかったことが重要」

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督がチームの課題を語った。クラブ公式サイトが伝えている。 ユベントスは19日に行われたセリエA第4節でミランと対戦した。いまだリーグ戦で白星がなく何としても勝利が欲しいチームは試合開始早々にFWアルバロ・モラタのゴールで先制に成功。しかし、その後は追加点を挙げられず、後半に同点ゴールを許すと、終盤にはGKヴォイチェフ・シュチェスニーの好セーブで辛くも失点を防ぎ、1-1のドローに終わった。 この結果、リーグ戦4試合未勝利となり、順位も18位と降格圏に低迷のアッレグリ監督は試合後、勝利こそ逃したものの、勝ち点1を得た重要性を強調。一方で、試合終盤の戦い方については修正が必要だとも認めた。 「前半はとても良いプレーができたが、後半は負ける恐れのある試合でもあった。試合のある局面で相手に得点させてはならないのだが、我々は少し決意に欠けていたと思う。我々が学ばなければならないのは、試合の終盤ではもっと意地を張り、ボールの奪い合いに勝利し、より良いプレーをすることだ」 「とはいえ、少なくとも首位との距離は変わらない以上、今日負けなかったことは重要だった。ただし、ここから順位を上げようと思うのであれば、最後の数分間を大切にしなければならない」 2021.09.20 10:40 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:ユベントス 1-1 ミラン《セリエA》

セリエA第4節、ユベントスvsミランが19日に行われ、1-1で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ▽ユベントス採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210920_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 シュチェスニー 6.0 開幕から自身のミスによって勝ち点を落としていた試合が続いたが、今日は救った DF 6 ダニーロ 5.5 レオンの対応に集中し、攻め上がることはなかった 19 ボヌッチ 6.0 持ち前のフィードでモラタの裏取りを生かす 3 キエッリーニ 6.0 レビッチの単騎突破を封じた 12 アレックス・サンドロ 6.0 果敢な攻撃参加でサーレマーケルスを押し込む MF 11 クアドラード 6.0 前半は攻め手となった (→キエーザ -) 30 ベンタンクール 5.5 アタッキングサードでパスが合わないことが多かった 27 ロカテッリ 6.0 レビッチに競り負けて失点に関与も、流れの中では縦パスが効果的に入っていた 25 ラビオ 5.0 左サイド起用はハマっていない様子 FW 10 ディバラ 6.0 前半は中盤とモラタのリンクマンとして機能も後半は消えてしまった (→クルゼフスキ -) 9 モラタ 6.5 裏抜けを狙い、先制点を奪取。攻め手となっていた (→ケアン 5.0) モラタと同様の仕事はできず 監督 アッレグリ 5.5 大分、内容は向上してきたが勝ち切れず ▽ミラン採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210920_5_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 16 メニャン 6.0 前半に1本、好守を見せた DF 23 トモリ 6.0 モラタの裏取りに苦戦も何とか対応 24 ケアー 5.5 ハムストリングを痛めて前半に負傷交代 (→カルル 6.0) 右サイドバックに入る。終盤、逆転弾に迫った 13 ロマニョーリ 5.5 大きなミスなく集中したプレーぶりだった 19 テオ・エルナンデス 5.0 失点の要因に。攻撃面でも違いを生めず MF 56 サーレマーケルス 5.0 アレックス・サンドロの攻め上がりに手を焼いた (→フロレンツィ 5.5) 可もなく不可もなし 8 トナーリ 6.0 CKから同点弾アシスト。攻守に戦った 10 ブラヒム・ディアス 6.0 バイタルエリアでボールを受けて好機を生み出しにかかっていた (→D・マルディーニ -) 79 ケシエ 5.0 いつもの躍動感がなかった (→ベナセル 5.5) ボールをうまく動かした 17 レオン 5.0 ダニーロの前にほぼ突破できず FW 12 レビッチ 6.0 キエッリーニに苦戦していたが、セットプレーで同点弾 監督 ピオリ 6.0 イブラヒモビッチとジルー不在の中、敵地でドローは及第点 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! モラタ(ユベントス) カウンターを狙っていたユベントスの攻撃を牽引。ナポリ戦、マルメ戦に続く3戦連発と好調を持続。 ユベントス 1-1 ミラン 【ユベントス】 モラタ(前4) 【ミラン】 レビッチ(後31) 2021.09.20 05:41 Mon
twitterfacebook
thumb

ユベントス逃げ切り失敗で未勝利継続、ミランは連勝ストップも敵地でドロー《セリエA》

セリエA第4節、ユベントスvsミランが19日に行われ、1-1で引き分けた。 前節ナポリ戦を圧倒された中1-2と逆転負けしたユベントスは、1分け2敗と未勝利が続く。そんな中、5日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)初戦ではマルメ相手に3-0と快勝。今季の公式戦初勝利を挙げた中、マルメ戦のスタメンからデ・リフトに代えてキエッリーニのみを変更した。 一方、ミランは前節ラツィオとの連勝スタート対決を復帰したイブラヒモビッチのゴールなどで2-0と快勝とした。3連勝発進とした中、4日前に行われたCLリバプール戦では劣勢の中で一時は逆転に成功したものの、2-3で敗戦。今季の公式戦初黒星となった中、リバプール戦のスタメンから2選手を変更カラブリアとベナセルに代えてロマニョーリとトナーリを起用した。 試合は開始4分にユベントスが先制する。相手CKをはね返してロングカウンターに転じると、ディバラのパスを受けたモラタが独走、GKとの一対一をチップキックシュートで制した。 その後も攻勢に出るユベントスは16分、アレックス・サンドロの左クロスにモラタがボレーで合わせてGKメニャンを強襲。18分にもディバラが右足ミドルでオンターゲットを記録した。 劣勢のミランは24分にトナーリがミドルシュートでGKシュチェスニーを襲うも、守勢が続く。そしてケアーがハムストリングを負傷し、35分にカルルを投入せざるを得なくなってしまった。 ハーフタイムにかけても攻守の切り替え鋭くゴールに迫るユベントスが流れを引き寄せたまま後半へ折り返した。 その後半も自陣に引きながらカウンターを狙うユベントスのペースで試合が進む。 攻め手のないミランは63分、サーレマーケルスとケシエに代えてフロレンツィとベナセルを投入。対するユベントスはモラタに代えてケアンを、クアドラードに代えて負傷明けのキエーザを投入した。 膠着状態が続いていた中、次にゴールを奪ったのはミラン。76分、トナーリの右CKからニアサイドのレビッチがヘッドで叩き込んだ。 終盤にかけてはミランが押し込む時間を増やした中、86分に逆転のチャンス。オーバーラップを仕掛けてボックス右に侵入したカルルがシュート。だが、GKシュチェスニーが好守で凌いだ。 このまま1-1でタイムアップ。ミランは連勝が止まったものの敵地から勝ち点1を持ち帰り、ユベントスは勝ち切れず未勝利が続いている。 2021.09.20 05:40 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly