主力が揃ったアーセナルがミルウォールとのPSMで4発快勝

2021.07.25 18:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルは24日、ミルウォールとのプレシーズンマッチを行い、4-1で勝利した。

アーセナルのトレーニンググラウンドで行われたこの一戦。アーセナルはガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン、MFエミール・スミス・ロウ、FWニコラ・ぺぺ、DFキーラン・ティアニー、MFトーマス・パルティなど主力選手が先発した。

試合は17分、ボックス手前からぺぺが浮き球のパス。これをボックス左でオーバメヤンがジャンピングボレー。シュートはクロスバーに直撃するが、跳ね返りをカラム・チャンバースが蹴り込み、アーセナルが先制する。

前半はアーセナルの1点リードで終えた試合。後半はアレクサンドル・ラカゼットらがピッチに立つ。

すると59分、ロブ・ホールディングから右に展開されると、チャンバースがダイレクトクロス。これをファーサイドでラカゼットがダイビングヘッド。アーセナルが追加点を奪う。

さらに65分にはバイタルエリアでスミス・ロウが相手のボールを奪うと左に展開。パスを受けたオーバメヤンがグラウンダーのパスで折り返すとラカゼットがスルーしたところをぺぺがダイレクトシュート。これが決まり、3-0とする。

勢いに乗るアーセナルは73分にウィリアンのスルーパスを受けたフォラリン・バログンがネットを揺らし4点目。終了間際に失点するも、4-1で勝利を収めた。

アーセナル 4-1 ミルウォール
【アーセナル】
カラム・チャンバース(17分)
アレクサンドル・ラカゼット(59分)
ニコラ・ぺぺ(65分)
フォラリン・バログン(73分)
【ミルウォール】
ミッチェル(89分)



1 2
関連ニュース
thumb

冨安フル出場のアーセナルが2連勝! 攻撃低調もウーデゴールの圧巻FK弾を守り抜く《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第5節、バーンリーvsアーセナルが18日にターフ・ムーアで行われ、アウェイのアーセナルが0-1で勝利した。なお、アーセナルのDF冨安健洋は先発フル出場した。 アーセナルは前節、ノリッジとの裏天王山に1-0で競り勝って待望の今季初勝利を手にした。同じく下位に沈むバーンリーのホームに乗り込んだこの一戦では連勝を狙った。そのノリッジ戦からは先発2人を変更。メイトランド=ナイルズとサンビ・ロコンガに替えて今季初先発のトーマス、スミス・ロウが起用され、前節プレミアリーグデビューを飾った冨安は引き続き右サイドバックで起用された。 立ち上がりからボールを握るアーセナルは、スタートは[4-3-3]もスミス・ロウとウーデゴールのインサイドハーフに加え、左ウイングに入ったサカが内よりのポジションを取って中央で起点を作り、ティアニーが左サイドで高い位置を取る。6分にはティアニーがボックス左に抜け出し、早速際どいクロスでチャンスを演出する。 ただ、以降はダイレクト志向が強いバーンリーの肉弾戦に手を焼き、セットプレーやロングボール、シンプルなサイドからのクロスでバーンズ、ウッドの2トップにフィニッシュまで持ち込まれる場面が増えていく。また、攻撃でもビルドアップの局面でミスが目立ち、序盤のように相手陣内の深い位置までボールを運べない。 それでも、29分には久々に良い形でボールが繋がり中央でフリーとなったサカが果敢な仕掛けをみせ、ペナルティアーク付近の好位置でFKを獲得。そして、キッカーのウーデゴールが壁の上を越える見事な左足の直接FKを左隅に突き刺し、苦しい展開の中で先制点を奪った。 その後は再びバーンリーのロングボールに手を焼くが、ボックス内でのバーンズの決定機をDF冨安、DFガブリエウのコンビでブロックするなど、守備陣が身体を張って1点を守る。さらに、前半終了間際の45分にはボックス中央で右サイドからペペの折り返しを受けたスミス・ロウに絶好機が訪れるが、ここはシュートを枠に飛ばせず。 1点リードで試合を折り返したアーセナルだが、後半は立ち上がりから押し込まれる展開に。深い位置まで相手の侵攻を許すと、続けざまに与えたCKから決定機を作られる。 さらに、57分にバーンズとグズムンドソンを下げてヴィドラ、コルネを投入したバーンリーに対して、押し込まれるアウェイチームは59分にもボックス内で混戦を作られ、最後はボックス左で浮いたコルネに右足のシュートを許すが、ここはGKラムズデールの好守で凌いだ。 後半に入って防戦一方のアーセナルは、61分にスミス・ロウを下げてサンビ・ロコンガを投入。中盤の守備強度を高めて逃げ切りを意識した戦い方にシフト。だが、68分にはホワイトからGKラムズデールへの不用意なバックパスをヴィドラにかっさらわれてラムズデールが遅れて接触。このプレーでバーンリーにPKが与えられる。だが、オンフィールドレビューの結果、当該プレーで接触がなかったとの判定で取り消しに。 VARに救われたアーセナルは自ら交代を要求したトーマス、足が攣ってしまったティアニーを下げてメイトランド=ナイルズ、ヌーノ・タヴァレスを続けて投入した。 試合終盤にかけては行ったり来たりの落ち着かない展開に。アーセナルとしては前がかりな相手を引っくり返したいところだったが、ポジティブトランジションの局面でミスが目立ち、追加点はおろかフィニッシュまで持ち込めない。 それでも、ここまで未勝利のバーンリーの拙攻にも救われたアーセナルは、何とかウーデゴールの虎の子の1点を守り切って開幕3連敗からの2連勝。ミッドウィークのEFLカップを挟んでトッテナムとのノースロンドン・ダービーに臨むことになった。 2021.09.19 01:08 Sun
twitterfacebook
thumb

エジルとの比較を気に留めないウーデゴール 「自分らしくプレーしたい」

ポジションがら、元ドイツ代表MFメスト・エジルとの比較対象になりやすいアーセナルのノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールだが、ほとんど気に留めていないようだ。 昨季途中にレアル・マドリーからアーセナルにレンタル加入し、公式戦20試合で2ゴール2アシストを記録したウーデゴール。ミケル・アルテタ監督の要望もあり、一度はマドリーにレンタルバックしながらも、アーセナルに完全移籍することになった。 今季はチームが不振に喘いでいることもあり真価を発揮できていないウーデゴールだが、ゲームメイカーとしての素質から、かつてアーセナルで7シーズン半の間、司令塔として活躍したエジルと比較されることが多い。 最盛期にはエレガントなボール捌きや類稀なるパスセンスを披露していたエジルに対し、マレーシア『Stadium Astro』のインタビューに応じたノルウェー代表MFは、子どもの頃から憧れの選手だったと称賛。比較されることについてはあまり気にしていないようだ。 「比較されることはあまり好きではないけど、彼は僕が若い頃に好きだった選手の一人で尊敬していた」 「彼は素晴らしい選手だから、そういうことを言われるのは嬉しい。それでも、あまり考えずに自分らしくプレーするようにしているんだ」 また、11日に行われたプレミアリーグ第4節のノリッジ戦で今季リーグ戦初勝利を挙げたものの、それまでチェルシーやマンチェスター・シティなどに敗れて開幕3連敗を喫していたチーム現状についてもコメント。自分たちを信じ、ハードワークを続けていれば自ずと結果は出ると主張した。 「リーグでも世界でも最高の2チームと対戦したんだ。冷静になって、自分たちのやっていることを信じ続けなければならないと思う」 「次の試合に向けて準備し、ハードワークを続け、信じることが大切だ。ここにいる全員が、チームのクオリティが順位表以上に高いことを知っているよ」 「それをピッチ上で示し、順位を上げていくだけだね。僕たちはこのプロジェクトを信じているいるんだ。落ち着いて懸命にプレーをすれば、結果はついてくるはずだ」 2021.09.18 21:26 Sat
twitterfacebook
thumb

アルテタ「ピッチに出れば、迷いもない」 上々デビューの冨安健洋に信頼寄せる

アーセナルでのキャリアが始まったばかりの日本代表DF冨安健洋だが、ミケル・アルテタ監督から早くも信頼を掴み取っているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 トッテナム行きも囁かれたが、今夏マーケットの最終日にアーセナル入りが決定した冨安。代表ウィークを挟み、11日に行われたプレミアリーグ第4節のノリッジ・シティ戦でいきなり右サイドバックとして先発デビューした。 アーセナルに合流してから2回しか練習に参加できなかった冨安だが、守りの面だけでなく、惜しいシュートを放つなど、攻撃にも果敢に参加。62分間のプレーでお役御免となったが、上々のパフォーマンスを披露した。 そんな冨安は18日に行われる第5節のバーンリー戦でも先発が予想されるなか、アルテタ監督は「彼を紹介する時間すらなかったが、ファンはすぐに迎えてくれ、彼らにどれだけ見る目があるのかがわかる」と信頼を口にした。 「彼が笑顔だったおかげかもしれない。彼はクリーンで、実直で、清々しさがある。ピッチに出れば、迷いもない。完全にコミットしていて、すべてのボールに向かっていく。安心感を与えてくれる」 スペイン人指揮官はまた、バーンリー戦で今季初勝利を手にしたといえど、いまだ厳しい目が周囲から向けられ、軟弱なイメージも少なくないチーム状況を尋ねられると、そうした意見を受け止めつつ、払拭を意気込んだ。 「変えることにトライする。聞きたくない言葉が使われているのは百も承知だが、こうした相手と戦うときに用いられてきた。それを変えよう。土曜日から物語を変え、違うものを出していくんだ」 なお、今節は1勝3敗の17位につけるアーセナルが1分け3敗の19位に沈むバーンリーのホームに乗り込む構図となる。 2021.09.18 18:30 Sat
twitterfacebook
thumb

「スパーズはアーセナルを追い越した」、アーセナルOBが率直な感想

かつてアーセナルに10年以上在籍した元スイス代表DFのヨハン・ジュルー氏(34)が、古巣とかつての宿敵トッテナムとの力関係に関して率直な感想を語った。 今年6月に現役引退を発表したジュルー氏は、2003年にアーセナルのユースに加入し、2004年から2014年まで在籍。アーセン・ヴェンゲル監督の下で、最終ラインのバックアッパーとして公式戦144試合に出場していた。 そのガナーズOBは、トッテナムが16日にヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)でスタッド・レンヌとの対戦を控える中、フランス『Ouest-France』でかつての宿敵について言及。 ここ10年間を通じて、「トッテナムはアーセナルを追い越した」と、両クラブの力関係に変化が起きたことを認めている。 「彼らの素晴らしいところ、例えばトッテナムのファンは複雑な時期にも常にクラブの近くにいたということだ。今、彼らは新たなスタジアムを持ち、興味深い結果を残しており、それが彼らの誇りとなっている」 「彼らはまだタイトルを逃しているが、ここ数年で大きく進歩した。プレミアリーグでは、アーセナルを追い越したほどだ。10年前のトッテナムとは明らかに違う」 なお、今シーズンのプレミアリーグではトッテナムがここまで3勝1敗、アーセナルが1勝3敗と、ジュルー氏の主張通りの力関係となっている。 そして、両チームは今月26日に行われるプレミアリーグ第6節で今季最初のダービーを控えている。 2021.09.17 00:08 Fri
twitterfacebook
thumb

ギャップ萌え、月間最優秀ゴール受賞の岩渕真奈がなにもないところでズッコケる「我々の心を掴んで離さない」

アーセナルのなでしこジャパンFW岩渕真奈が思わぬところで足を取られた。 FA女子スーパーリーグ(WSL)の開幕戦では昨季チャンピオンのチェルシー女子を撃破し、女子チャンピオンズリーグ(UWCL)でもグループステージ進出を決めたアーセナル女子。今季はここまで公式戦全勝と絶好調だ。12日のWSL第2節ではレディング女子と対戦した。 岩渕はレディング戦で61分から途中出場したが、4-0と大量リードで迎えた67分にハプニングが発生した。 CKを得て、スタンドの隅に転がっていったボールに小走りで寄っていくと、拾い上げようとかがんだところで突然スリップ。両手を広げてピッチに倒れる恥ずかしい姿をさらしてしまった。 実況からクレバーな選手だと紹介された直後に、何もないところで転倒。その瞬間を押さえた動画が公開されると、サポーターからは暖かな眼差しが。「可愛いがすぎる」、「OK,これは見逃せない」、「我々の心を掴んで離さないな」などのコメントが殺到した。 幸いケガなどはなく、やや照れながらチームメイトにボールを渡してタッチする岩渕。アーセナルの8月度月間ベストゴールを叩き出した実力とのギャップに、ファンは改めて心を奪われたようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】ボールを拾おうとしてズッコケる岩渕</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">You okay there, <a href="https://twitter.com/buchi_mana?ref_src=twsrc%5Etfw">@Buchi_Mana</a>? <a href="https://t.co/kNzXtbLcAJ">pic.twitter.com/kNzXtbLcAJ</a></p>&mdash; Arsenal Women (@ArsenalWFC) <a href="https://twitter.com/ArsenalWFC/status/1437763475200266241?ref_src=twsrc%5Etfw">September 14, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.16 05:35 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly