日本代表のレジェンド、MF長谷部誠とGK川島永嗣が対決後に2ショット「まこが反対のチームにいるのはいつぶりだろうか」

2021.07.25 13:23 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表を支えたレジェンドが共演した。

24日、プレシーズンマッチでドイツのフランクフルトとフランスのストラスブールが対戦。2-3でストラスブールが勝利した。

フランクフルトの本拠地ヴァルトシュタディオンで行われた一戦。ストラスブールの日本代表GK川島永嗣はフル出場。フランクフルトは日本代表MF鎌田大地が先発出場し前半のみプレー。MF長谷部誠は後半45分間をプレーした。

試合は6分、カウンターからフランクフルトが先制。ボックス左からのフィリップ・コスティッチのクロスに鎌田が飛び込むもあわず。それでも、ファーサイドに走り込んだアルディン・フルスティッチがダイレクトで蹴り込み、フランクフルトが先制する。

しかし20分、GKからのフィードが相手に奪われると、そこからまずい対応が続き、最後はリュドヴィク・アジョルクが蹴り込んでストラスブールが追いつく。

追いつかれたフランクフルトだったが、22分にすぐさま反撃。またしても左サイドに展開すると、ボックス左からのコスティッチのグラウンダーのクロスにフルスティッチがダイレクトシュート。これが決まり、フランクフルトがリードする。

後半に入り互いにメンバー交代。すると52分、大きな展開からアジョルクがダイレクトで折り返すと、FWアドリアン・トマソンがシュート。長谷部が懸命に戻るがブロックが間に合わずに2-2の同点となる。

追いつかれたフランクフルトは終盤にもミス。82分、ハーフウェイライン付近でバックパスを試みると、これが絶妙なライン裏へのパスになってしまい、最後はハビブ・ディアロが落ち着いて蹴り込み、逆転。ストラスブールが2-3で勝利した。

試合後、川島が自身のインスタグラムを更新。長谷部との久々の対戦を喜び、2ショットを披露。そこに鎌田の姿がなくツッコミを入れていた。

「練習試合で長谷部おじいちゃんと対戦。

「よく考えたら、まこが反対のチームにいるのはいつぶりだろうか(笑)」

「フットボールが見せてくれる素晴らしい景色でした。…大地はどこいった(笑)。」

両者はヨーロッパでの対戦経験はなく、ともに川崎フロンターレ、浦和レッズに在籍していた2007年11月11日まで遡るとみられる。

フランクフルト 2-3 ストラスブール
【フランクフルト】
アルディン・フルスティッチ(6分、22分)
【ストラスブール】
リュドヴィク・アジョルク(20分)
アドリアン・トマソン(52分)
ハビブ・ディアロ(82分)




関連ニュース
thumb

アーセナルで躍動中のDF冨安健洋、サッカーを始めた意外過ぎるキッカケは「アゴのケガ」

アーセナルの日本代表DF冨安健洋が、クラブのインタビューでサッカーを始めた意外なキッカケを明かした。 今夏の移籍市場でアーセナルは、1億5680万ポンド(約238億円)とプレミアリーグで最多の大金を投じ、将来性豊かな若手選手たちを獲得した。 その中の1人である冨安は、9月に入りチームに合流。1日半のトレーニングでノリッジ戦でプレミアリーグデビューを果たすと、冨安をよく知らない懐疑的なファンの評価を一蹴。素晴らしいパフォーマンスでスタンディングオベーションを受けると、18日のバーンリー戦でも出色の出来でクリーンシートに貢献していた。 日に日に評価が高まる冨安だが、クラブのインタビューでサッカーを始めたキッカケについてコメント。幼少期のある事件により、今の冨安があることが判明した。 「僕は水泳選手にはなりたかったわけではないんですが、2人の姉がいて、2人は水泳していました。だから、僕も姉たちのように水泳するつもりでした」 「でも、アゴをケガしてしまったので泳ぐことができず、サッカーを始めました。僕はサッカーをするために計画を変えたんです」 「僕はトレッドミルで遊んでいました。確か5歳の時かそれぐらいだったと思います。何歳だったかは覚えていません」 「姉はケガをしたといい、僕は祖母のところに行って『ケガをした』と言いました」 「僕は病院に行きました。手術の間、僕は常に『暑い、暑い、暑い』と言っていたようです。でも、そんなことは覚えていません。でも祖母が言っていました」 <span class="paragraph-title">【動画】冨安健洋がサッカーを始めたきっかけを語る</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ6T3dsaWZxWSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.21 19:30 Tue
twitterfacebook
thumb

「2-0にすることはできたはず」シント=トロイデンの監督が鈴木優磨が逸した決定機を悔やむ

シント=トロイデンのベルント・ホラーバッハ監督が、ヘンク戦の敗戦を悔やんだ。ベルギー『Voetbal Belgie』が伝えた。 シント=トロイデンは19日、ジュピラー・プロ・リーグ第8節でヘンクとの“リンブルフ・ダービー”を戦った。 この試合では、シント=トロイデンのGKシュミット・ダニエル、DF橋岡大樹、FW林大地、FW鈴木優磨が先発出場。またヘンクの伊東純也も先発。さらに、FW原大智、MF伊藤達哉が途中出場と、合計7名の日本人選手がピッチに立った試合となった。 試合はヘンクが押し気味に進める中で、シント=トロイデンもチャンスを作る展開に。すると前半アディショナルタイムに林、橋岡とつなぎ、最後は鈴木が橋岡のクロスをヘディングで合わせ先制。今夏移籍に揺れた鈴木の初ゴールでシント=トロイデンが先制する。 後半に入りヘンクが盛り返すと、73分にジョセフ・ペイントシルが決めて同点に。83分には伊東の折り返しをポール・オヌアチュが決めて、ヘンクが逆転勝利を収めていた。 この試合を振り返ったホラーバッハ監督は敗戦を悔やむと共に、ヘンクのクオリティの高さを評価した。 「彼らはより多くのボールポゼッションを見せていたが、我々も危険だった。林は得点のチャンスがあり、鈴木はハーフタイムの直前に得点した」 「後半になると彼らもあげてきて、さらにクオリティの高いプレーをすることは分かっていた。ヘンクはゴールを奪うために多くを要しない」 また、この試合では1-0で迎えた59分に鈴木が大チャンス。左からのクロスをフリーでヘディングしたが、叩けつきすぎるミスを犯しGKがセーブ。2-0とするチャンスを逸していた。 ホラーバッハ監督はそのシーンを指摘しながらも、選手たちのパフォーマンスを評価し、前を向くと語った。 「また、オヌアチュを守るのはとても難しい。ただ、鈴木が2-0にすることはできたはずだ」 「残念ながら我々は2失点をした。それは苦しい。しかし、全力を尽くした、選手たちはそれを目指した」 「一刻も早く背筋を伸ばし、仕事を続けなければいけない。順調に進んでおり、この3試合で一歩前進できた。新しい選手の適応も順調に進んでいる。努力を続ければ、すぐに勝利を確信することができるだろう」 <span class="paragraph-title">【動画】監督が悔やんだ鈴木優磨の決定機(1:55〜)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Vu4gIQ3-duA";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.09.21 14:50 Tue
twitterfacebook
thumb

「彼は良い補強」アーセナルの元右SBが冨安フィーバーのファンに警告「適応する時間が必要」

かつてアーセナルでプレーした元カメルーン代表DFローレン氏が、日本代表DF冨安健洋について言及した。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えた。 今夏の移籍市場では若手選手を大量に補強。アーセナルは1億5680万ポンド(約238億円)とプレミアリーグで最多の大金を投じ、将来性豊かな選手たちを獲得した。 その中の1人である冨安は、9月に入りチームに合流。1日半のトレーニングでノリッジ戦でプレミアリーグデビューを果たすと、冨安をよく知らない懐疑的なファンの評価を一蹴。素晴らしいパフォーマンスで、スタンディングオベーションを受けていた。 その冨安は2試合目となったバーンリー戦ではフル出場を果たすと、空中戦の勝率100%を誇るなど、2試合連続で高いパフォーマンスを見せていた。 現役時代は右サイドバックとしてアーセナルを支え、2003-04シーズンの無敗優勝メンバーでもあるローレン氏が冨安のプレーに言及。盛り上がるサポーターに対して「時間が必要だ」と警告した。 「彼は良い補強だと思うが、まだクラブに到着したばかりだ。我慢しなければいけない。彼は適応する時間が必要だ」 「プレミアリーグは簡単に加われるリーグではない。彼が新たな文化、新たなクラブ、新たなシステムに適応するのに時間が必要であることは誰もが知っている」 「彼はボールの扱いに慣れ、バックラインでプレーするやり方を理解しているように見えるが、適応するまでには時間が必要だ」 「これまではノリッジとバーンリーに対して、とても良いパフォーマンスに見えた。上手くいけば、彼はさらに改善し続けるだろう」 アーセナルの右サイドバックは問題を抱えており、務められる選手としてはDFエインズリー・メイトランド=ナイルズ、DFセドリック・ソアレス、DFカラム・チャンバースなどがいるが、現時点では冨安が最右翼と言える。 ただ、ローレン氏は競争がしっかりとあるとし、全体としてレベルが上がることがチームを助けるとの見解を述べた。 「今はしっかりとした競争があり、チームはその競争の恩恵を受けるはずだ」 「選手たちがレベルを上げ、誰もが期待するレベルに上手くなれば、右サイドバックのポジションは面白いシーズンになる」 アーセナルは22日にカラバオカップでウィンブルドンと対戦。26日にはトッテナムとの“ノース・ロンドン・ダービー”が控えており、冨安の真価が問われることになりそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】冨安健洋、アーセナル合流初日の舞台裏秘蔵映像</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIxSm9HMUV1aSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.21 13:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ブンデス初先発のDF伊藤洋輝にシュツットガルト指揮官「上手くプレーした」、早々の交代は戦術的なものと説明

シュツットガルトのペッレグリノ・マタラッツォ監督が、ブンデスリーガで初先発したDF伊藤洋輝について言及した。ドイツ『Liga Insider』が伝えた。 シュツットガルトは19日、ブンデスリーガ第5節でホームにレバークーゼンを迎えた。 開幕戦でグロイター・フュルトに5-1で快勝したシュツットガルトだったが、その後の3試合では1分け2敗。開幕戦以来の勝利を目指した。 しかし、立ち上がりから2失点を喫すると、そのまま1-3で敗戦。4試合勝利から見放されている。 初先発となった伊藤は60分に交代。3試合連続の出場となったものの、チームは勝利を収められず。マタラッツォ監督は伊藤のプレーについて評価した。 「早い段階でパスゲームに緊張感を感じていたと思う。しかし、その後、彼は自分自身を安定させ、守備的に上手くプレーした」 一方で、60分と早い時間帯に伊藤を交代させたことについてはパフォーマンスとは関係ないと明言。相手を考えた戦術的な変更による交代だと語った。 「ムサ・ディアビのようなスピードのあるプレーヤーと、最終ラインの戦いになる」 「彼は優れたビルドアップができ、相手の裏に浮き球のパスを送るなど、試合を加速させることもできる」 「伊藤洋輝に対する決定ではなく、ディアビとパスカル・シュテンツェル対して、コンスタンティノス・マヴロパノスをピッチに立たせるという判断だった」 決してパフォーマンスの悪さからの交代ではないとしたマタラッツォ監督。今後も高いパフォーマンスを見せ、信頼を得られるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】伊藤洋輝が初先発のシュツットガルトvsレバークーゼン</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="gRyvbtdQoUI";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.09.21 12:17 Tue
twitterfacebook
thumb

「今では足手まとい」元日本代表の10番・香川真司がPAOKで戦力外に

PAOKテッサロニキに所属する元日本代表MF香川真司(32)だが、チームに居場所は無くなってしまったようだ。 2021年1月に無所属状態からPAOKへと加入した香川。日本代表の元10番の加入ということもあり、加入時は現地で大きな話題となった。 その香川は加入1年目はギリシャ・スーパーリーグで5試合に出場。またキペロ・エラーダス(国内カップ戦)でも3試合に出場し1アシストを記録。しかし、プレーオフを含め、3月後半からは全く試合に出場しなかった。 そんな中迎えた今シーズンは、ラズバン・ルチェスク監督が就任。UEFAヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の予選では出場機会を与えられ、スーパーリーグでも開幕戦のPASヤニナ戦には先発出場したものの、16日のECL初戦のリンカーン戦や19日に行われたアステラス・トリポリス戦はメンバー外となっていた。 ギリシャ『SPORtime』によると、香川の評価は大きく下がっているとのこと。ルチェスク監督は構想に入れていないようだ。 香川との契約に関しては、選手としての能力もさることながら、プロモーションという観点も大きかったとのこと。日本市場の開拓や香川の代理人を務めるアルトゥーロ・カナレス氏からのアプローチも影響したとのことだ。 『SPORtime』は「今ではチームの足手まといになっている」と香川を厳しく評価し、期待に応えられていないとしている。 今夏の退団の可能性もあったが、全てうまく進展しなかったとのこと。ルチェスク監督からは退団を許可されているとのことだが、どうなるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】PAOKでの香川真司の唯一のアシスト</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJrRjNHYnBtMCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.21 09:40 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly