日本代表GK川島永嗣がメスの2月度月間MVPに選出

2018.03.07 12:40 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽メスは3日、2月の月間MVPを発表した。2月度の月間MVPは日本代表GK川島永嗣が選ばれた。

▽川島は、昨年11月終わりからレギュラーポジションを獲得。2月はリーグ・アンで4試合に出場していた。

▽チームは第24節のマルセイユ戦(6-3で敗戦)、第25節のモンペリエ戦(0-1で敗戦)、第26節のトロワ戦(1-0で敗戦)、27節のギャンガン戦(2-2の引き分け)と白星に恵まれなかったものの、川島のパフォーマンスが評価され、ファン投票により川島が38.5%の支持を獲得していた。

▽なお、2位には37.7%の支持を受けたFWノーラン・ルーが入った。ルーは、今シーズンのリーグ・アンで11ゴールを決めているチームの得点源。2月はギャンガン戦で1ゴールを記録していた。3位は14%のMFフロラン・モレだった。

▽メスは厳しい戦いが続いており、現在勝ち点20の最下位。残り10試合で、リーグ・アン残留を目指す。
コメント
関連ニュース
thumb

マジョルカは連勝ならず…4位セビージャに完敗で乾所属エイバルの残留が決定《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第36節のセビージャvsマジョルカが12日に行われ、2-0でセビージャが勝利した。マジョルカの日本代表MF久保建英は86分までプレーした。 来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場を狙う4位セビージャ(勝ち点63)が、逆転での残留を目指す18位マジョルカ(勝ち点32)をホームに迎えた一戦。 リーグ戦3連勝中のセビージャは、直近のビルバオ戦から先発を3人変更。スソやエン=ネシリ、グデリに代えてムニル、オリベル・トーレス、フェルナンドを先発で起用。3トップはオカンポス、ムニル、オリベル・トーレスが並んだ。 一方のマジョルカは、直近のレバンテ戦で採用した[4-2-3-1]から[4-3-3]に布陣を変更。レバンテ戦で今季4点目をマークした久保は3トップの右で先発出場となった。 立ち上がりから地力に勝るセビージャが押し込む展開で試合が推移するも、マジョルカの守備に手を焼き、決定機がないまま時間が経過。32分にはオカンポスの縦パスからボックス右深くまで抜け出したヘスス・ナバスの折り返しをニアに走り込んだフェルナンドが合わせたが、これもGKマノロ・レイナの好セーブに阻まれ 主導権を握るセビージャは38分、ボックス右深くまで侵入したオカンポスのクロスをファーサイドのレギロンが頭で折り返すと、これがポソの手に当たる。主審はそのままプレーを流したが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入でセビージャにPKが与えられる。 これをキッカーのオカンポスがゴール左隅へ冷静に決め、セビージャが41分に先制した。 迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはマジョルカ。50分、ショートコーナーの流れからバイタルエリア左でボールを受けたフラン・ガメスがクロスを入れると、ボックス中央のクチョ・エルナンデスが頭で合わせる。ふわりと浮いたシュートはGKボノの好セーブに防がれた。 その後は互いに選手交代で展開の打開を図るが膠着した状態が続く。そんな中、再びスコアを動かしたのはセビージャ。84分、GKボノのパントキックからロングカウンターに転じると、相手DFの裏に抜け出したエン=ネシリが飛び出したGKの上を越すループシュートを流し込み、待望の追加点を奪った。 結局、試合はそのまま2-0でタイムアップ。リーグ4連勝を飾ったセビージャは、13日に行われるビジャレアルが勝利しなければ、今節でトップ4フィニッシュが決まることになった。 また、マジョルカが敗れたことで同日に勝利した乾の所属するエイバルの1部残留が決定した。 2020.07.13 07:03 Mon
twitterfacebook
thumb

冨安が追加点&終了間際の同点被弾に関与のボローニャ、パルマとの中位対決はドロー《セリエA》

ボローニャは12日、セリエA第32節でパルマとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。ボローニャのDF冨安健洋はフル出場している。 10位ボローニャと12位パルマの中位対決。前節サッスオーロ戦で得点と失点に絡んだ冨安は右サイドバックで10試合連続先発となった。 控え主体のメンバーで臨んできたパルマに対し、ボローニャは開始3分、オルソリーニの右CKからダニーロのヘディングシュートで先制する。 さらに16分、冨安のパスを受けたボックス手前右のロベルト・ソリアーノが左足でゴール左へ蹴り込み、加点に成功した。 前半終盤、センターバックのバニの負傷によりエムバイェを右サイドバックに投入したボローニャは冨安を左センターバックに回す。 迎えた後半、クルゼフスキら主力を投入してきたパルマが前がかる中、守備に徹するボローニャが凌ぎながら時間を消化していく。 終盤の88分には大ピンチを迎えるも、イングレーゼのシュートはエムバイェがゴールライン前で好ブロックを見せ、失点を阻止。 しかし、終了間際の追加タイム3分にCKからクルティッチにゴールを許したボローニャは、同5分に同点とされる。 左サイドからのガリオーロのアーリークロスを冨安と競り合っていたイングレーゼに押し込まれ、痛恨の失点。2点のリードを守り切れなかったボローニャは中位対決を引き分けている。 2020.07.13 04:41 Mon
twitterfacebook
thumb

吉田がダメ押し点&先制被弾に関与のサンプ、ウディネーゼとの下位対決を制す《セリエA》

サンプドリアは12日、セリエA第32節でウディネーゼとのアウェイ戦に臨み、3-1で逆転勝利した。サンプドリアのDF吉田麻也はフル出場している。 16位サンプドリアと15位ウディネーゼによる残留争い。前節はセリエA最高の攻撃力を誇るアタランタの前に2失点を喫した中、吉田は4バックの右センターバックで4試合連続先発となった。 慎重な入りを見せた中、サンプドリアは14分、クアリアレッラの左クロスからガストン・ラミレスのダイビングヘッドでゴールに迫るも、GKの好守に阻まれた。 その後、20分にワラセにCKからヘディングシュートでゴールを脅かされ、互いに一つずつ決定機を作った中、サンプドリアは37分に失点する。ロングボールに対し、吉田がラザーニャと競り合うも、ルーズボールをラザーニャに拾われ、そのままミドルシュートを叩き込まれた。 それでも追加タイム1分、浮き球パスをエクダルが胸でトラップし、そのパスをクアリアレッラがボレーでゴールへ流し込んで、1-1とし前半を終えた。 迎えた後半、一進一退の攻防が続いた中、65分にデ・パウルのミドルシュートでGKアウデーロが強襲されたサンプドリアは、終盤の82分に途中出場のガッビアディーニがGK強襲のシュートで牽制する。 すると84分、サンプドリアがゴラッソで逆転する。左サイドからのクロスの浮いたルーズボールをボナッツォーリが見事なバイシクルシュートでゴールへ蹴り込んだ。 その後、87分に追いつかれかけるもヌイティンクのゴールはVARの末にハンドと判定され、ノーゴールに。 そして追加タイム4分に吉田のロングフィードをボックス右で受けたガッビアディーニがダメ押しのゴールを決めたサンプドリアが下位対決を制している。 2020.07.13 04:38 Mon
twitterfacebook
thumb

フル出場の乾がPK獲得のエイバル、降格決定済みのエスパニョールに勝利!マジョルカの結果次第で残留へ《ラ・リーガ》

エイバルは12日、ラ・リーガ第36節でエスパニョールとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。エイバルのMF乾貴士はフル出場している。 前節レガネスとの残留争いをゴールレスドローとし、降格圏のマジョルカと4ポイント差となっている15位エイバル(勝ち点36)は、乾が[4-2-3-1]の左MFで先発に戻った。 前節降格の決まった最下位エスパニョール(勝ち点24)に対し、立ち上がりから圧力をかけたエイバルだったが、徐々に押し込まれ始めると20分にピンチ。FKからエスピノーサのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKドミトロビッチがセーブした。 すると23分、乾の仕掛けからPKを獲得する。ロングボールを受け、ボックス左に侵入した乾がビクトル・ゴメスをかわしにかかったところで相手のハンドを誘った。このPKをエスポジトが決め、エイバルが先制に成功した。 さらに34分、エイバルはスローインの流れからボックス左のクリストフォロがバックヘッドで逸らすと、エスピノーサの手に当たって2つ目のPKを獲得。キッカーのエスポジトはGKディエゴ・ロペスにシュートを止められるも、ルーズボールを押し込んでエイバルが加点に成功した。 エイバルが2点をリードして迎えた後半、55分に乾がチャンスメーク。ボックス左へ抜け出した乾がマイナスにパスし、キケ・ガルシアがシュート。だが、GKディエゴ・ロペスにセーブされた。 その後は守勢に回ったエイバルだったが、エスパニョールの反撃を許さずに時間を消化。2-0で勝利し、このあと試合を行うマジョルカがセビージャに敗れれば今節で残留が決まることになった。 2020.07.12 22:58 Sun
twitterfacebook
thumb

下位相手に痛恨ドローのリバプール、プレミア歴代最多勝ち点記録更新に黄色信号が灯る《プレミアリーグ》

南野拓実の所属するリバプールは11日、プレミアリーグ第35節でバーンリーと対戦し、1-1の引き分けに終わった。南野はベンチ入りも出場機会はなかった。 2017-18シーズンのマンチェスター・シティが記録したプレミアリーグ歴代最多勝ち点(100)の更新を狙うリバプール(勝ち点92)は、ミッドウィークに行われた第34節のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦からスタメンを4人変更。負傷が発表されたヘンダーソンやチェンバレン、アーノルドらに代えてマネ、ファビーニョ、ロバートソンらがスタメンに名を連ねた。 立ち上がりから攻勢に出るリバプールは16分、マネのパスで左サイド深くまで侵入したロバートソンがマイナスの折り返しを供給。ニアのフィルミノがスルーしたボールをボックス中央のサラーが左足で狙ったが、シュートは相手GKのセーブに阻まれた。 さらに18分にもリバプールに決定機。最終ラインから供給されたロングフィードのクリアボールをボックス内で回収したサラーがフィルミノとのパス交換からシュートを放ったが、これもGKポープの好セーブに防がれた。 膠着状態が続く中、リバプールは34分に右CKのセカンドボールからチャンス。C・ジョーンズのパスをバイタルエリア中央で受けたファビーニョがボックス右へ浮き球のパスを入れると、ファーサイドから走り込んだロバートソンがヘディングシュ-ト。これがゴール左に突き刺さった。 迎えた後半も主導権を握るリバプールは49分、サラーのスルーパスに抜け出したフィルミノがボックス左からシュートを放ったが、これは右ポストに弾かれた。 追加点が遠いリバプールは、クーリングブレーク直後にピンチを迎える。69分、自陣で獲得したFKからバーズリーがロングフィードを供給。これをボックス内のタルコウスキが折り返すと最後はジェイ・ロドリゲスがワンバウンドしたボールをハーフボレーでゴール左隅に突き刺した。 同点とされたリバプールは、81分にワイナルドゥムを下げてチェンバレンを投入。すると後半アディショナルタイム3分、ファン・ダイクのロングパスで右サイドを抜け出したアーノルドの折り返しをゴール前のサラーが右足で合わせたが、これが相手GKにキャッチ去れ万事休す。 結局、試合はそのまま1-1で終了。下位相手に勝ち点3を取りこぼしたリバプールがプレミアリーグ歴代最多勝ち点を更新するには、残りの3試合を全勝することが絶対条件となった。 2020.07.12 01:10 Sun
twitterfacebook