日本代表のレジェンド、MF長谷部誠とGK川島永嗣が対決後に2ショット「まこが反対のチームにいるのはいつぶりだろうか」

2021.07.25 13:23 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表を支えたレジェンドが共演した。

24日、プレシーズンマッチでドイツのフランクフルトとフランスのストラスブールが対戦。2-3でストラスブールが勝利した。

フランクフルトの本拠地ヴァルトシュタディオンで行われた一戦。ストラスブールの日本代表GK川島永嗣はフル出場。フランクフルトは日本代表MF鎌田大地が先発出場し前半のみプレー。MF長谷部誠は後半45分間をプレーした。

試合は6分、カウンターからフランクフルトが先制。ボックス左からのフィリップ・コスティッチのクロスに鎌田が飛び込むもあわず。それでも、ファーサイドに走り込んだアルディン・フルスティッチがダイレクトで蹴り込み、フランクフルトが先制する。

しかし20分、GKからのフィードが相手に奪われると、そこからまずい対応が続き、最後はリュドヴィク・アジョルクが蹴り込んでストラスブールが追いつく。

追いつかれたフランクフルトだったが、22分にすぐさま反撃。またしても左サイドに展開すると、ボックス左からのコスティッチのグラウンダーのクロスにフルスティッチがダイレクトシュート。これが決まり、フランクフルトがリードする。

後半に入り互いにメンバー交代。すると52分、大きな展開からアジョルクがダイレクトで折り返すと、FWアドリアン・トマソンがシュート。長谷部が懸命に戻るがブロックが間に合わずに2-2の同点となる。

追いつかれたフランクフルトは終盤にもミス。82分、ハーフウェイライン付近でバックパスを試みると、これが絶妙なライン裏へのパスになってしまい、最後はハビブ・ディアロが落ち着いて蹴り込み、逆転。ストラスブールが2-3で勝利した。

試合後、川島が自身のインスタグラムを更新。長谷部との久々の対戦を喜び、2ショットを披露。そこに鎌田の姿がなくツッコミを入れていた。

「練習試合で長谷部おじいちゃんと対戦。

「よく考えたら、まこが反対のチームにいるのはいつぶりだろうか(笑)」

「フットボールが見せてくれる素晴らしい景色でした。…大地はどこいった(笑)。」

両者はヨーロッパでの対戦経験はなく、ともに川崎フロンターレ、浦和レッズに在籍していた2007年11月11日まで遡るとみられる。

フランクフルト 2-3 ストラスブール
【フランクフルト】
アルディン・フルスティッチ(6分、22分)
【ストラスブール】
リュドヴィク・アジョルク(20分)
アドリアン・トマソン(52分)
ハビブ・ディアロ(82分)




関連ニュース
thumb

鎌田途中出場のフランクフルト、ケルンにドローで未勝利続く《ブンデスリーガ》

フランクフルトは25日、ブンデスリーガ第6節でケルンをホームに迎え、1-1で引き分けた。 フランクフルトのMF鎌田大地は61分から出場し、MF長谷部誠はベンチ入りも出場機会はなかった。 フランクフルトは前節、開幕4連勝のヴォルフスブルクを相手に1-1で引き分けた。4分け1敗と未勝利が続く中、鎌田と長谷部は共にベンチスタートとなった。 2勝2分け1敗のケルンに対し、フランクフルトは14分に先制される。ディフェンスライン裏をヘクターに取られ、ボックス左からの折り返しをスクヒリにダイレクトで蹴り込まれた。 失点後、好機を生み出せずにいたフランクフルトだったが、前半追加タイム6分に追いつく。左サイドからのコスティッチのクロスをファーサイドのボレがダイレクトで合わせた。 1-1で迎えた後半、フランクフルトは54分にピンチ。ミドルシュートをGKトラップが弾いたプレーからネットを揺らされるも、VARの末オフサイドがあったとしてノーゴールに。 61分に鎌田が投入された中、フランクフルトは69分にCKの流れからヒンテレッガーのボレーが枠を捉えるも、GKホルンの守備範囲。 結局、両チーム勝ち越しゴールを奪うには至らず勝ち点1を分け合い、フランクフルトの未勝利が続いている。 2021.09.26 00:55 Sun
twitterfacebook
thumb

ベッカーの劇的弾でウニオン・ベルリンが2勝目!日本人対決は実現せず《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第6節のウニオン・ベルリンvsビーレフェルトが25日に行われ、1-0でウニオン・ベルリンが勝利した。ウニオン・ベルリンの原口元気は81分からプレー、遠藤渓太はベンチ入りも出場せず、ビーレフェルトの奥川雅也は78分までプレーしている。 前節のドルトムント戦で今季初黒星を喫したウニオン・ベルリンは、その試合から先発を2人変更。原口と遠藤はドルトムント戦に続きベンチスタートとなった。 一方、今季いまだに勝利のないビーレフェルトは、前節ホッフェンハイム戦の先発からヴィマーをラズミに変更。奥川はトップ下で6試合連続の先発出場となった。 立ち上がりから拮抗した展開が続く中、先に決定機を迎えたのはウニオン・ベルリン。19分、右サイド高い位置でボールを受けたアウォニーのクロスをゴール前フリーのクルーゼがドンピシャのヘディングで合わせたが、これはGK正面を突いた。 やや押し込む時間帯が続いたウニオン・ベルリンだったが、31分にアクシデント。左クロスをクリアしたバウムガルトルが飛び込んできたクロスと頭同士で接触。バウムガルトルは担架に乗せられピッチを後にし、代わりにイェッケルが投入された。 ゴールレスで迎えた後半も膠着状態が続く中、ビーレフェルトは60分にチャンス。シェプフのパスをボックス右で受けたクロスがカットインからシュートを放ったが、これは相手GKがキャッチ。さらにその1分後にはボックス右手前から中央に切り込んだハックがミドルシュートを狙ったが、これは相手GKの好セーブに防がれた。 その後は互いに選手を入れ替えながら勝ち越しゴールを目指したが、膠着状態が続く。そんな中、ビーレフェルトは78分に奥川を下げてクルーガーを投入。一方のウニオン・ベルリンは81分にプロメルに替えて原口をピッチに送り出した。 すると85分、ロングパスをボックス内のベッカーが胸で落とすと、ボックス手前に走り込んだ原口がダイレクトシュートで合わせたが、このシュートは枠 の上に外れた。 このまま試合終了かと思われたが、ウニオン・ベルリンが88分に試合が動く。サイドチェンジから左サイドでボールを拾ったクルーゼがボックス左へパスを送ると、ベッカーの落としから最後はベーレンスが難しい角度からのシュートをゴールにねじ込んだ。 結局、これが決勝点となりウニオン・ベルリンが1-0で勝利。ウニオン・ベルリンが今季2勝目を飾った。 2021.09.26 00:30 Sun
twitterfacebook
thumb

古橋亨梧の復帰、10月の代表ウィーク明けか

復帰が待たれるセルティックの日本代表FW古橋亨梧だが、インターナショナルブレイク明けになるようだ。スコットランド『Daily Record』が報じた。 今夏にヴィッセル神戸から加わってから公式戦9試合で7ゴールとセンセーショナルな活躍を披露して、セルティックファンの心を早々に掴んだ古橋。だが、先の代表ウィーク中にヒザを痛めて以降、セルティックでも欠場が続いている。 もはやセルティックの攻撃に欠かせぬ存在だけに、早期復帰が願われるが、アンジェ・ポステコグルー監督は11日に行われたスコティッシュ・プレミアシップ第5節のロス・カウンティ戦に先駆けた会見で3〜4週間の離脱見込みを口にした。 そんな古橋だが、練習を再開。見込みよりも早い復帰が期待されたが、元横浜F・マリノス指揮官は「キョウゴがインターナショナルマッチウィークまでに戻ってこれるどうかは疑わしいところが、懸命に努力している」との見解を示した。 なお、セルティックの代表ウィーク前最終戦は10月2日に行われるリーグ戦第8節のアバディーン戦。インターナショナルブレイク明けの初戦は同月16日に行われる第9節のマザーウェル戦となる。 2021.09.25 17:15 Sat
twitterfacebook
thumb

「驚きの連続」2試合でファンのハートを鷲掴みにした冨安健洋、アーセナルデビュー戦を振り返る「一生忘れない」

日本代表DF冨安健洋が、アーセナルでのデビュー戦について振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 今夏の移籍市場最終日にボローニャからアーセナルへと加入した冨安。若手主体に補強を行った今夏の締めくくりとなる補強となった。 その後日本代表の活動に参加した冨安は、チームに合流して1日半のトレーニングで、ノリッジ戦のピッチにスターティングメンバーとして立った。 開幕から無得点で3連敗と最悪のスタートを切っていたアーセナル。ミケル・アルテタ監督の手腕にも非難が集まる中、アーセナルファンにとっては馴染みがなく、名前もプレーもよく分からない日本人DFということもあり、冨安の獲得には懐疑的な目が向けられていた。 さらに開幕3試合でチームのウィークポイントとして見られていた守備陣を担うということもあり、スタメンに名を連ねた際にも、「誰だ?」という声が出るほど。全く期待を受けていなかった状態だった。 しかし、冨安は右サイドバックとして先発出場すると、攻守にわたって高いパフォーマンスを披露。あわやアーセナルのリーグ戦初ゴールとなりかけたボレーシュートを放つなど、プレーでファンの心を掴み、後半に途中交代する際にはスタンディングオベーションで見送られた。 その次のバーンリー戦では先発フル出場。空中戦の勝率100%という衝撃のスタッツを残すなど、一気にファンを虜にしている。 その冨安は、26日に行われるトッテナムとの“ノース・ロンドン・ダービー”に向けたマッチデープログラムで自身のデビュー戦について振り返り、アーセナルファンの歓声に衝撃を受けたと語った。 「デビューの日は驚きの連続でした。プレミアリーグでプレーすることは僕の大きな夢だったので、僕にとっては特別な日でした」 「特に、エミレーツ・スタジアムでプレーできたことは、本当に素晴らしいことでした」 「あんな音は今まで聞いたことがありません。人生で初めてです。本当に特別なものでした。一生忘れないと思います」 「もちろん、あの音には驚かされました。あんなに多くのサポーターの前に立ったこともありません。でも、試合中はプレーに集中していました。自分のパフォーマンスに集中する必要があったので、そうしました」 「僕にとっては驚きの連続でした。ピッチに入った瞬間から、その声が聞こえてきました。そして、僕がボールを持ったり、プレーするたびに、その音が聞こえてきました。ゴールの時も良かったです」 <span class="paragraph-title">【写真】まるでナイスカップル! 冨安と岩渕のアーセナルコンビ2ショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CUH9vrZD74Q/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CUH9vrZD74Q/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CUH9vrZD74Q/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">岩渕真奈/Mana Iwabuchi(@iwabuchi.m_jp)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 【動画】冨安健洋を探せ! アーセナル集合写真撮影の舞台裏 <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJyTG1YazFCVCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.25 13:55 Sat
twitterfacebook
thumb

負傷の久保建英、最低1カ月アウトか

マジョルカの日本代表MF久保建英はすぐにピッチに戻れなさそうだ。 今季からラ・リーガ昇格を果たしたマジョルカにレアル・マドリーからのレンタルで2年ぶりに復帰した久保。残留が第一目標のチームが開幕から2勝2分け1敗とまずまずのスタートを切るなか、日本の未来を背負って立つ20歳のレフティも開幕戦こそ途中出場だったが、それから先発が続き、主力の座を射止めている。 そのなか、22日に敵地で行われた第6節で保有元のレアル・マドリーを相手に先発したが、前半のみの出場で交代。今季最多6失点の大敗で2敗目を喫したルイス・ガルシア・プラサ監督は試合後、本人からヒザの痛みを直訴されたことを明らかにすると、久保も翌日に自身のインスタグラムで戦線離脱を報告した。 渦中の久保はマジョルカからの一時離脱とともに、10月の代表活動にも参加できない見通しも示唆しており、全治などが気になるところだが、現時点でクラブから音沙汰なし。そうした状況のなか、スペイン『COPE』が少なくとも1カ月の離脱になる模様だと報じた。 伝えられるところによれば、試合後に松葉杖姿も目撃されたという久保は現所属先のマジョルカだけでなく、保有権を持つレアル・マドリーの医療機関でも検査を受診。基本的に保存治療で回復を目指していくことになり、1カ月強でチームに合流する見通しだという。 マジョルカでゴール、アシストともにないものの、攻撃陣の軸として光るプレーを披露して、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の2試合が行われる10月の代表活動でも活躍が期待された久保。早期復帰が待たれるところだ。 2021.09.25 12:55 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly