“笑顔”が似合う稀代の天才、記録以上に記憶に残るロナウジーニョ

2021.07.19 11:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカー界にはこれまでも数々の天才と呼ばれる選手は存在した。

大半はその国を代表する選手であり、引退後もレジェンドとして大きく扱われ、事あるごとに駆り出されることが多い。もちろん、タイトルも獲得し、名実ともに世界的に名の知れた選手たちだ。

テクニックのある選手、多くのゴールを決めた選手、タイトルを数多く獲った選手など様々。中には、スタジアムや大会に名を残す人もいる。

数いる天才の中、最もサッカーを楽しみ、最も楽しませてくれた男と言っても過言ではないのがロナウジーニョだ。

◆“笑顔”が似合う天才

ロナウジーニョの名前を聞いてまず最初に思い浮かべるのは何か。素晴らしいテクニック、あっと驚くパフォーマンス…どれも間違ってはいないが、やはりあの“笑顔”だろう。

ロナウジーニョ以上にタイトルを獲った選手も、ロナウジーニョ以上に功績を残した選手も多くいる中、あの笑顔でプレーを続けた選手はいない。誰よりもサッカーを楽しみ、それがどんな場面であっても崩れることはない。まるで遊んでいるかのようなプレースタイルは、一気にファンを虜にした。

その笑顔には歴代のレジェンドたちも称賛の言葉を残しておりミシェル・プラティニ氏は「あの笑顔でみんなを引きつける」と評価すると、最大のライバルであるアルゼンチンのレジェンドであるディエゴ・マラドーナ氏も「楽しそうにプレーし、その喜びをピッチにもたらしている」と称賛したほどだ。

そのロナウジーニョはブラジルのグレミオでキャリアをスタート。2001年にパリ・サンジェルマン(PSG)に引き抜かれヨーロッパへと渡る。

当時のPSGは今のクラブとは違い、多くの資金をバックに選手を獲得していたわけではなかった。それでも、その才能には多くのクラブが注目しており、アーセナルもPSGより前に目をつけていた。しかし、イギリスの労働許可証が取得できずに断念していた過去もある。

自身初のヨーロッパ挑戦となったロナウジーニョ。テクニックの高さはあるものの、激しいプレースタイルのフランスで当初は苦しむ。

しかし、徐々にサッカーに慣れると、得点を奪うようになる一方で、ブラジル人に有りがちなピッチ外での問題で監督との仲も怪しくなった。



関連ニュース
thumb

10人のバルセロナが格下カディスと辛くもドロー…守護神の好守に救われるもクーマン体制終焉近づく…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第6節、カディスvsバルセロナが23日にエスタディオ・ラモン・デ・カランサで行われ、0-0のドローに終わった。 1試合未消化ながら首位と5ポイント差のバルセロナは、カディスとのアウェイゲームで公式戦3試合ぶりの勝利を目指した。マンデーナイト開催となったグラナダ戦ではピケとアラウホの2センターバックをルーク・デ・ヨングと共にパワープレー要員として参加させる終盤の力業で、辛くもホームで勝ち点1を拾ったが、クーマン監督に対する風当たりはさらに強くなっている。 そういった中、前日会見で短い声明を読み上げ、質疑応答を拒否した崖っぷちのオランダ人指揮官は、必勝が求められるアウェイゲームに向けて先発4人を変更。負傷のアレックス・バルデに替えてミンゲサを起用したほか、エリック・ガルシア、コウチーニョ、セルジ・ロベルトに替えて、ピケとL・デ・ヨング、プリメーラ初スタメンとなるガビを起用した。 戦前の予想通り、アウェイのバルセロナがボールを握り、ホームのカディスが堅守速攻で応戦する構図で試合が進んでいく。 70%を超えるボール支配率を記録したバルセロナだったが、[4-4-2]のコンパクトな守備ブロックを敷く相手に対して、なかなか攻撃のスイッチを入れるパスが入らず、“ボールを持たされる”展開に。 そうなると、左ウイングに入るデパイの個での打開、L・デ・ヨングの空中戦に期待が懸かったものの、相手の集中した守備にうまく潰されてしまい、攻撃が著しく停滞した。 それでも、相手の要所で見せる果敢なカウンターアタックに対しては、ディフェンスリーダーのピケを中心に危なげなく対応。相手にシュートを1本も打たせずに試合を折り返した。 互いに決定機ゼロという見どころを欠いた前半45分を経て、試合はイーブンの状況のまま後半に突入。バルセロナはデミルを下げて後半開始からセルジ・ロベルトを右ウイングバックに配置した。 だが、キックオフ直後にはアグレッシブに入ったカディスの圧力に晒されてボックス手前のネグレドにゴール左上隅を捉えたシュートを打たれるが、これは守護神テア・シュテーゲンのビッグセーブで凌いだ。 前節のグラナダ戦のように相手のファーストシュートでゴールを割られずにすんだバルセロナは、ここから反撃を開始。50分には右サイドに流れたL・デ・ヨングからの絶妙なグラウンダーのクロスを、ファーに走り込んだデパイが左足ダイレクトで狙うが、ここはシュートをうまくミートできず。続く52分にはペナルティアーク付近で右から内へ切り込んだデパイが相手DFの股間を抜く左足のシュートを放つが、枠の左隅を捉えたシュートはGKレデスマの好守に阻まれた。 序盤の攻防を経て試合は前半同様に膠着状態に陥っていく。そういった流れの中でバルセロナに痛恨のアクシデントが発生。65分、直前に1枚イエローカードをもらっていたフレンキー・デ・ヨングが自身のボールコントロールのミスをリカバリーしようとした際に、相手のエスピノに不可抗力ながらも足裏を見せたタックルを見舞い、2枚目のカードをもらった退場となった。 この退場で窮地に追い込まれたクーマン監督はL・デ・ヨング、ガビを続けてベンチに下げてコウチーニョとニコ・ゴンサレスを投入。最前線にデパイを置く[4-4-1]の布陣に変更した。 格下相手に勝ち点3を持ち帰りたいものの、数的不利を撥ね返すほどのパワーを出せないバルセロナは、80分にデストを下げてリキ・プッチを投入。だが、そのリキ・プッチがファーストプレーでいきなりボールを失い、中央を持ち上がったエスピノからボックス右へ走り込むサルビは決定的なスルーパスを通される。だが、この絶体絶命のピンチはGKテア・シュテーゲンが完璧な飛び出しとコース取りで防ぎチームを救った。 守護神の2つのビッグセーブに報いたい攻撃陣は試合終盤に何とか見せ場を作る。90分、ボックス手前で得たFKの場面でリキ・プッチが横にずらしたボールを名手コウチーニョが狙うも枠を大きく外す。さらに、93分にはカウンターから攻撃参加を見せたピケの絶妙なスルーパスに反応したデパイがボックス右からファーポストを狙った右足のシュートを放つが、これは枠の左に外れた。 その後、不可解な形でピッチに2つ目のボールが入ったところをブスケッツが外に蹴り出したプレーに対して、イエローカードとカディスにFKが与えられたことを受け、猛抗議のクーマン監督が退席処分に。さらに、このセットプレーの流れからアラルコンにボックス内でシュートを打たれるが、これはGKテア・シュテーゲンのセーブで何とか凌いだ。 そして、この直後に試合はタイムアップを迎え、10人のバルセロナは前節のグラナダ戦に続き、格下相手にドローに持ち込むことが精いっぱいだった。これで公式戦3試合未勝利のブラウグラナは、指揮官更迭待ったなしの状況となった。 2021.09.24 07:03 Fri
twitterfacebook
thumb

バルセロナがトルコの超新星エムレ・デミル獲得を発表! 来夏バルサBに加入

バルセロナは23日、U-19トルコ代表MFエムレ・デミル(17)の完全移籍での獲得に関して、保有元であるトルコのカイセリスポルと合意したことを発表した。 移籍金は200万ユーロ(約2億6000万円)+ボーナスとなり、2027年6月30日までの長期契約を結ぶデミルの契約解除金は4億ユーロ(約517億円)に設定されている。 なお、来年1月15日に18歳の誕生日を迎えるデミルは、2021-22シーズンはレンタルという形でカイセリスポルに残留し、来夏にバルセロナBへ加入する予定だ。 カイセリスポルの下部組織出身のデミルは、175cmの左利きの攻撃的MF。2019年1月にクラブ史上最年少となる15歳と7日でトップチームデビューを飾ると、17歳ながらここまで公式戦31試合に出場し、3ゴール1アシストを記録。また、トルコの世代別代表でも常に主力を担っている。 トップ下や左右のウイングを主戦場に、リオネル・メッシを彷彿とさせる超絶技巧を駆使したドリブル突破、創造性を感じさせるラストパスを特長とするアタッカーで、フィジカル面においても大きな伸びしろを感じさせる。 バルセロナはそのトルコの超新星に以前から強い関心を示しており、数年前にはシウタ・エスポルティバ・ジョアン・ガンペールに招待し、トレーニング参加を通じてテストも行っていた。 現在、バルセロナではラピド・ウィーンから買い取りオプション付きのレンタルで加入しているオーストリア代表MFユスフ・デミル(18)が在籍しているが、来シーズンはもう一人のデミルもプレーすることになった。 <span class="paragraph-title">【画像】トルコの超新星が来季から加入</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> [BREAKING NEWS]<br><br> Agreement to sign Emre Demir<br><br> 17-year-old Turk to join Barça B from Kayserispor next season for 2 million euros plus variables on a contract until 30 June 2027<a href="https://twitter.com/hashtag/For%C3%A7aBar%C3%A7a?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ForçaBarça</a> <a href="https://t.co/FQiGMOCSBa">https://t.co/FQiGMOCSBa</a></p>&mdash; FC Barcelona B (@FCBarcelonaB) <a href="https://twitter.com/FCBarcelonaB/status/1441060484648681473?ref_src=twsrc%5Etfw">September 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.09.24 00:49 Fri
twitterfacebook
thumb

プジョル氏、クーマン監督の異例の“3分会見”に反応「難しい時期」

バルセロナのレジェンドであるカルレス・プジョル氏が、先日のロナルド・クーマン監督による“3分会見”に理解を示している。『フットボール・エスパーニャ』が伝えた。 会長交代や重鎮リオネル・メッシの退団など過渡期を迎えているバルセロナ。クラブ全体を包む底知れない緊張感がピッチ上にも悪影響を及ぼし、直近の公式戦2試合においては、チャンピオンズリーグでバイエルンに0-3の惨敗、ラ・リーガでは格下グラナダ相手に、クラブの攻撃哲学に反するロングボール、クロス一辺倒の戦いを見せて、同点に持ち込むのがやっとの内容だった。 そんな中、23日に行われるカディス戦の試合前会見に出席したクーマン監督は、用意してきた短い声明文を読み上げると共に、メディアからの質問を一切拒否。わずか3分で終了する異例の会見となった。 同クラブの下部組織出身で、かつての黄金時代をキャプテンとして支えたプジョル氏は、古巣の現状を嘆くも、未来永劫バルセロナが栄えていく未来を願った。 「簡単ではない時期が続いている。だが、我々が手を差し伸べ、チームを助けてこそ、前に進むことができると思う。ビスカ・バルサ!これからも、いつまでも」 2021.09.23 16:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ケガ、盟友の移籍…バルサ加入後良いことなしのアグエロが劇的イメチェンもファンの反応はイマイチ

今夏マンチェスター・シティからバルセロナへと加入したアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが、驚きのイメチェンを敢行した。 フリートランスファーでバルセロナへと加入し、アトレティコ・マドリーに在籍していた2011年以来10年ぶりにラ・リーガの舞台へと戻ってきたアグエロ。しかし、ケガの影響もあり、まだバルセロナの選手としてプレーしていない。 また、盟友であるリオネル・メッシとの共演も期待されていた中、クラブが莫大な負債を抱えていたこともあり、ラ・リーガの規制に引っかかった結果、退団することに。一緒にピッチに立つことはなく、メッシはパリ・サンジェルマン(PSG)へと移籍してしまっていた。 バルセロナ移籍後、ここまで良いことがないアグエロだが、心機一転を図るためにイメージチェンジを敢行。なんと髪を全て剃り落とし、丸坊主姿になったのだ。 自身のインスタグラムでは「何が起きた」とし、坊主姿を投稿。バルセロナもこれに乗っかり、アグエロのビフォー・アフターの写真をSNSに投稿した。 これにはファンも当然反応。しかし、評判はあまり芳しくなく、「マスチェラーノじゃねーか」「まるでマスチェラーノ」「どうした?」と坊主姿にツッコミが相次ぎ、泣いている絵文字を投稿するファンが多く見られた。 チームとしても苦しい状況が続き、去就に関して騒がしくなってきたロナルド・クーマン監督はついに会見での質疑応答を拒否するという事態に。アグエロの復帰でチームに何かが変わることをファンも待ちわびていることだろう。 <span class="paragraph-title">【写真】アグエロの劇的ビフォーアフター</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">✂AGÜEROOOOOOOHHH! <a href="https://t.co/PQe3n4xNSA">pic.twitter.com/PQe3n4xNSA</a></p>&mdash; FC Barcelona (@FCBarcelona) <a href="https://twitter.com/FCBarcelona/status/1440724473221550093?ref_src=twsrc%5Etfw">September 22, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ4WDlsamFTciIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.23 11:43 Thu
twitterfacebook
thumb

苦境のクーマンが公式会見で異例の対応! 質疑応答拒否に加え、忍耐求める声明を読み上げ

バルセロナを率いるロナルド・クーマン監督がカディス戦に向けた公式会見の場で、メディアからの質問を拒否する異例の対応を見せた。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 就任2年目のクーマン監督だが、今夏はクラブの深刻な財政難の影響もあり、エースFWリオネル・メッシら主力が大量に流出。その一方で、新戦力補強はFWセルヒオ・アグエロらフリー加入の選手などに留まり、難しい序盤戦を過ごしている。 とりわけ、チャンピオンズリーグ(CL)初戦ではバイエルンに0-3のスコア以上の惨敗を喫すると、直近のグラナダ戦では今季未勝利の相手に対して、ホームで痛恨の1-1のドロー。加えて、後半半ば過ぎにDFジェラール・ピケをフォワードとして起用し、クラブの攻撃哲学に反するロングボール、クロス一辺倒の戦いぶりがファン、識者の不興を買っていた。 これを受け、クラブはクーマン監督の更迭を視野に入れ、すでに後任探しをスタートしたと見られている。 そういった苦境の中、23日に控えるラ・リーガ第6節のカディス戦に向けた公式会見に出席したクーマン監督は、会見の冒頭に事前に用意してきた短い声明を読み上げると共に、メディアからの質問を拒否する意向を宣言する異例の対応を見せた。 「クラブと監督は再構築のプロセスを遂行中だ」 「クラブの財務状況はスポーツ面の問題に関係しており、その逆もまた然りだ。つまり、大きな投資をせずに、フットボールチームを再建しなければならないということだ。それには相応の時間が必要だ」 「我々が抱えている若い才能は、数年後には世界的なスターになる可能性がある。チームを再構築上での良い部分は、チャビやイニエスタの時代のように、若いプレーヤーにもチャンスがあることだ。しかし、我々は忍耐を求めている」 「ラ・リーガで上位に入ることは成功と言えるだろう。ヨーロッパのフットボールは若いプレーヤーにとって良い学びの場と言えるが、チャンピオンズリーグで奇跡(優勝)を期待することはできない。バイエルン戦の敗北は、そのような観点から見なければならない」 「我々が行っているプロセスは、スカッドを無条件で支持することを意味する」 「言葉でも行動でも、我々が行っているプロセスを支持する。記者たちがこのプロセスを理解していることも私は知っている」 「このような状況はクラブの歴史上、決して初めてのことというわけではない。この困難な時期に、皆さんのサポートを期待している。チームとしては、ホームでのグラナダ戦でのファンからのサポートに満足している」 今シーズンここまでのバルセロナの現状に関しては、前経営陣の放漫経営の影響に加え、度重なる負傷者と必ずしもクーマン監督一人の責任とは言えない。だが、現在の苦境を脱するためには、やはりピッチ上でチームが見せるパフォーマンスとそれに伴う結果しかない…。 2021.09.22 23:23 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly