スペイン指揮官がOGを与えたGKを擁護「子供たちに教訓を与えることになった」

2021.06.29 15:25 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スペイン代表のルイス・エンリケ監督が、クロアチア代表との一戦を振り返った。スペインサッカー連盟(RFEF)が伝えた。スペインは28日、ユーロ2020のラウンド16でクロアチアと対戦。すると20分に衝撃のシーンが。ペドリがバックパスを送ると、GKウナイ・シモンがトラップ失敗。そのままゴールに吸い込まれ、クロアチアが先制する。

よもやの失点となったスペインだが38分にパブロ・サラビアのゴールで同点に。さらに後半には、セサル・アスピリクエタ、フェラン・トーレスがゴールを決めて逆転に成功した。

失意のオウンゴールからバウンスバックを見せたが、試合終盤にまさかの展開に。85分にミスラフ・オルシッチ、92分にマリオ・パシャリッチがネットを揺らし3-3となり延長戦に突入する。

その延長戦では、100分にアルバロ・モラタがゴールを奪い勝ち越すと、103分にはミケル・オヤルサバルがゴールを奪い、3-5に。そのまま逃げ切り、ベスト8に進出した。

ルイス・エンリケ監督は激闘を振り返り「ジェットコースターに飲み込まれそうになった。家族が耐えられたかどうかはわからない。このような試合で2度目のチャンスがきたことは不思議なことだ」とコメントした。

それでも「唯一のミスは、1-3になった時のプレーだ。そのタイミングでロングボールを蹴ってはいけない。例えそれができた場合でもだ。3-5になった時は、チームがやるべきプレーをした」と語り、2点リードした後の戦い方が失敗だったと振り返った。

この試合で延長戦で勝ち越しゴールを奪ったモラタについて言及。グループステージでは決定機逸やPK失敗などで批判が集まり、脅迫を受けていたが、ルイス・エンリケ監督は信じていたと明かした。

「私は何カ月も前から言っていることを守っている。我々は1人の選手に依存してゴールを決めるような代表チームではない」

「アルバロの全てを評価しない監督は世界中にいないだろう。彼がスペイン人であることはとても幸運だ」

また、先制点に繋がるオウンゴールを与えてしまったGKダニ・オルモについても言及。ミスが起こるという教訓になったとし、咎めるつもりはないとした。

「サッカーはミスの多いゲームであり、選手になりたい子供たちに教訓を与えることになった。ミスではなく、トライを心配しなければならない。彼は信じられないようなセーブをし、個性を発揮している」

1 2

関連ニュース
thumb

W杯で日本とも対戦するスペインは24名で臨む? ルイス・エンリケ監督がユーロに続く可能性を示唆

スペイン代表のルイス・エンリケ監督が、カタール・ワールドカップ(W杯)のメンバーについて言及した。スペイン『アス』が伝えた。 スペインは27日、UEFAネーションズリーグ(UNL)リーグAグループ2の最終節でポルトガルとアウェイで対戦した。 勝てば逆転でグループの首位フィニッシュとなるスペイン。難しいアウェイゲームとなったが、前半はボールを保持してポルトガルにプレーさせない方法を選択する。 ゴールレスで後半を迎えると、選手交代で流れを作りに。なかなかゴールが生まれなかったが、88分にアルバロ・モラタが値千金のゴール。これが決勝点となり、0-1で勝利。グループ首位でベスト4入りを果たした。 ポルトガル戦の勝利を喜んだ中、記者会見ではW杯に向けたメンバーについての質問が。カタールW杯では、日本代表ともグループステージでは同居しているが、メンバー選考は苦悩が続くとコメント。26名ではなく24名にする可能性もあると語った。 「現在、26人全員がベンチにいることができる。ただ、それはグループの健康に影響を与える可能性もある。26人のリストでも、24人のリストでも構わない。まだ決めていない」 「アンス・ファティがバルサでプレーするのを見る必要がある。ラポルテはすでに回復し、チームでトレーニングを行っている。オヤルサバルに関しては何も言わない方が良いだろう」 「どのように進むかを見たいと思う。ただ、それは難しいリストであり、私が望む全ての選手が参加できるわけではないというのが事実だ」 スペインは昨年行われたユーロ2020でも、26名登録が可能なところ24名の選出に留めており、準決勝でイタリア代表のPK戦で敗れたが、好成績を収めていた。 今回のカタールW杯も26名の登録が可能だが、ユーロでの成功を知るルイス・エンリケ監督は、同じ方法を取る可能性もあるとのこと。一体どのメンバーが残り、誰が落選するのか。日本にとっても注目が集まることとなる。 <span class="paragraph-title">【動画】スペインが劇的勝利でポルトガルを抜きベスト4入り!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="98XysWkMfwI";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.28 12:23 Wed
twitterfacebook
thumb

殊勲のモラタ「僕らはステップアップが必要なときにそうしてきた」

スペイン代表が27日にUEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグA・グループ2最終節のポルトガル代表戦を制して、ファイナル4進出を決めた。 この最終節を前にしてポルトガルに首位の座を奪われたスペインだが、直接対決を88分にFWアルバロ・モラタが決めた決勝ゴールで勝利。逆転での4強入りを果たした。 『UEFA.com』によると、殊勲のモラタは試合後、『TVE』で「難しい試合だった。ポルトガルが擁する選手の実力を見てもね。最後まで戦い抜いたよ」と振り返った。 続けて、アシストしたDFニコ・ウィリアムスの活躍にも触れ、「彼は代表で2試合目だったけど、カルバハルのパスからカギを握るプレーを披露してくれた」と称賛した。 この試合をもって今活動が打ち上げられ、次の集合時はいよいよカタール・ワールドカップ(W杯)に向かうことに。29歳のストライカーはチームにもコメントしている。 「僕らはステップアップしないといけないときにそうしてきた。負けたとしても、フィールドにすべてを残さなければならないし、そうしてきたんだ」 2022.09.28 11:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ポルトガルに勝利し逆転ベスト4のスペイン、ルイス・エンリケ監督「勝利は最高の解毒剤」

スペイン代表のルイス・エンリケ監督が、ポルトガル代表戦を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 スペインは27日、UEFAネーションズリーグ(UNL)リーグAグループ2の最終節でポルトガルとアウェイで対戦した。 勝てば逆転でグループの首位フィニッシュとなるスペイン。難しいアウェイゲームとなったが、前半はボールを保持してポルトガルにプレーさせない方法を選択する。 ゴールレスで後半を迎えると、選手交代で流れを作りに。なかなかゴールが生まれなかったが、88分にアルバロ・モラタが値千金のゴール。これが決勝点となり、0-1で勝利。グループ首位でベスト4入りを果たした。 試合後、ルイス・エンリケ監督はポルトガル戦を振り返り「それは素晴らしいスポーツだった。勝利は落ち込んだり、悲しんだりした時の最高の解毒剤だ」とコメント。「サッカーでは平等が原則だ。ボールを持つことを行い、立ち上がりを戦った。400回ほどのパスを成功させたと思う。前半は我々のものであることを示す必要があり、後半はチャンスを作った」とフラッシュインタビューで語った。 その後の記者会見では、改めて試合の狙いを口に。選手交代が差を生んだとした。 「目的はポルトガルからボールを奪うことだった。前半ではあまり深い位置までいけなかったが、それは私のせいだ」 「後半は修正した。ベンチから出場した選手たちが決定的な役割を果たしてきたが、ポルトガルの消耗は最初から出ていた選手たちによるものだった」 <span class="paragraph-title">【動画】スペインが劇的勝利でポルトガルを抜きベスト4入り!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="98XysWkMfwI";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.28 10:57 Wed
twitterfacebook
thumb

逆転敗退のポルトガル、サントス監督「徐々に我々のゲームができなくなった」

ポルトガル代表が27日のUEFAネーションズリーグ(UNL)・グループA・グループ2最終節でスペイン代表をホームに迎え撃ち、0-1で敗北した。 前節のチェコ代表戦を制してスペインから首位の座を奪い、この最終節を迎えたポルトガル。引き分け以上でも準決勝進出が決まる状況下だったが、GKウナイ・シモンの牙城を崩せずの時間が続くと、88分にFWアルバロ・モラタの一発を浴び、接戦を落とした。 直接対決で敗れ、2位転落で逆転敗退のフェルナンド・サントス監督は徐々にトーンダウンしてしまったと感じているようだ。『UEFA.com』がポルトガル『RTP』を介したポルトガル代表指揮官のコメントを掲載している。 「前半はよくオーガナイズされたチームだった。スペインのポゼッション下で、うまくいっていたんだ。しかし、スペインを崩すとなると、もっとボールを動かし、アグレッシブなプレッシャーでリカバリーも素早くする必要があった。我々は前半にいくつかのチャンスを作ったが、スペインからは何も生み出されていなかったと思う」 「後半も非常にうまくいっていたんだ。ハーフタイム後の15分間にどんどんプレッシャーをかけ、2、3点を決める場面を作り出した。しかし、それからはボールを持てず、チームは下がり、プレスをやめ、苦戦してしまったね。もっとボールを持てるようにヴィティーニャとジョアン・マリオを送り出したが、それでもそうできなかった。そのなかで、2つの素晴らしいチャンスもあったが、ゴールに結びつけられなかったよ」 「相手に関係なく、同じパターンのプレーをしないといけない。しばらくはそうできたのだがね。ボールを動かし、プレスをかけ、チャンスを作り、後半も高い位置で守備ができたんだ。しかし、後半にボールを持てなくなり、奪い返しても、我々のゲームができなくなってしまった。そして、スペインが押し始め、まともなチャンスがないまま得点を許してしまったね」 2022.09.28 10:00 Wed
twitterfacebook
thumb

UNL準決勝進出チームが決定! ファイナルズは来年6月にオランダ開催

27日、UFFAネーションズリーグ(UNL)・グループAの全日程が終了し、準決勝に進出する4チームが出揃った。 グループ1は前大会王者のフランス代表、デンマーク代表を退けたクロアチア代表が初の4強入りを果たした。 グループ2では最終節でポルトガル代表との直接対決を制したスペイン代表が、2大会連続で準決勝へ駒を進めた。 グループ3はイングランド代表、ドイツ代表の不振、伏兵ハンガリー代表が大躍進を果たした中、最終節でそのハンガリーを破ったイタリア代表が逆転で2大会連続のベスト4進出を決めた。 グループ4はベルギー代表が本命に挙げられていた中、その本命に2連勝を飾るなど、5勝1分けの見事な戦績を残したオランダ代表が2大会ぶりの4強入りを決めている。 なお、スペインとオランダは準優勝を経験しているが、いずれのチームが勝利した場合でも初優勝となる。 また、一斉開催の形式で行われる今回のファイナルズは、グループ4のオランダ、ベルギー、ポーランド、ウェールズが開催地に立候補しており、同グループを勝ち抜いたオランダで全試合が開催される。今後、実施予定の組み合わせ抽選会に関しても、ホスト国のオランダは2023年6月14日の準決勝初戦を戦うことがすでに決定している。 ◆UNL準決勝 ▽2023/6/14(水) オランダ vs グループA1/2/3の勝者 [ヨハン・クライフ・アレーナ] ▽2023/6/15(木) グループA1/2/3の勝者 vs グループA1/2/3の勝者 [デ・カイプ] ◆UNL決勝 ▽2023/6/18(日) 準決勝の勝者 vs 準決勝の勝者 [ヨハン・クライフ・アレーナ] ◆UNL3位決定戦 ▽2023/6/18(日) 準決勝の敗者 vs 準決勝の敗者 [デ・カイプ] 2022.09.28 06:09 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly