監督探し難航のC・パレス、ハビ・グラシア招へい検討か

2021.06.28 00:36 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
新監督探しに難航するクリスタル・パレスは、新たにスペイン人指揮官のハビ・グラシア氏(51)の招へいに動いているようだ。イギリス『アスレティック』が報じている。

パレスは今シーズン限りでロイ・ホジソン監督が退任。後任候補として、元チェルシー監督のフランク・ランパード氏や元ウォルバーハンプトンのヌーノ・エスピリト・サント氏、そしてバーンリーのショーン・ダイチ監督、元ドルトムント監督のルシアン・ファブレ氏らの名前が挙がっていた。

しかし、直近で最有力候補に挙がっていたファブレ氏に振られたことで、新監督人事はまたしても振り出しに戻っていた。

そういった中、『アスレティック』はパレスが新たな候補として前バレンシア指揮官の招へいを検討していると主張している。

これまでオサスナやマラガ、ルビン・カザンといった国内外のクラブの指揮官を歴任してきたグラシア氏は、今シーズンからバレンシアの新監督に就任したが、成績不振を理由に今年5月始めに解任されていた。

ただ、2018年1月から2019年9月まで率いたワトフォード時代にプレミアリーグを経験し、2018-19シーズンにはFAカップ準優勝に導くなど、堅実なチーム作りは一定の評価を集めていた。

関連ニュース
thumb

ヴィエラ監督率いるC・パレスがマリ代表MFドゥクレ獲得に迫る

クリスタル・パレスがRCランスのマリ代表MFシェイク・ドゥクレ(22)獲得に迫っているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 2018年2月に母国マリのクラブからRCランスの下部組織へと入団し、同年7月には18歳でファーストチームデビューを果たしたドゥクレ。中盤の低い位置から広い視野を活かした長短のパスでゲームメイクに関与するレジスタで、今季はリーグ・アンで34試合1得点1アシストを記録。RCランスは昇格1年目ながら7位でフィニッシュしており、ドゥクレは替えの利かない主軸としてチームの大躍進に貢献していた。 クリスタル・パレスは以前からドゥクレ獲得へ向けてRCランス側と交渉に臨んでおり、先週には1450万ポンド(約24億円)のオファーを提示するも突き返された模様。それでも粘り強く調整に取り組んだ成果が実り、この度1800万ポンド(約30億円)で決着する見通しとなったようだ。 どうやらボーナス諸々を含めると総額2200万ポンド(約36億4000万円)まで膨れ上がる可能性は残されているようだが、財政規模の小さいRCランスは売却に疑問を抱いておらず、取引は無事成立へと向かっているとみられる。 フランス代表のレジェンドであるパトリック・ヴィエラ監督が率いるクリスタル・パレスはすでにダービー・カウンティからイングランド人FWマルコム・エビオウェイ(18)を獲得しており、WBAを退団したイングランド代表GKサム・ジョンストン(29)も加入の公式リリースを待つのみの情勢となっている。 2022.06.29 15:34 Wed
twitterfacebook
thumb

クリスタル・パレス、3部降格のダービーから若手FWエビオウェイを獲得

クリスタル・パレスは26日、ダービー・カウンティを退団したイングランド人FWマルコム・エビオウェイ(18)をフリーで獲得した。契約期間は2027年6月30日の5年間となる。 ナイジェリアにルーツを持つロンドン生まれの18歳は、アーセナルとレンジャーズのアカデミーを経て2021年にダービーに加入。今年2月に行われたハル・シティ戦でトップチームデビューを果たすと、ウェイン・ルーニー監督の信頼を勝ち取り、以降は主力としてプレー。このデビューシーズンにチャンピオンシップ(イングランド2部)で16試合1ゴール2アシストの数字をマークした。 クリスタル・パレスへのステップアップを果たしたマルコムは、公式サイトでダービーへの感謝と移籍の喜びを語った。 「ダービー・カウンティーの皆には、この1年余り、素晴らしいサポートをいただき、自分の力を発揮する機会を与えていただいたことに感謝しています。特に昨シーズンのような苦しい時のサポーターの声援には感謝している」 「クリスタル・パレスは素晴らしいチームであり、大きな可能性を秘めている。だからここに来ること出来てとてもうれしいよ、新シーズンは必ずチームに貢献したいと思っているよ」 2022.06.27 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

C・パレスがダービーの逸材エビオウェイを確保! ユナイテッドとの争奪戦制す

クリスタル・パレスがダービー・カウンティの逸材確保に成功したようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 今回、パレスが獲得を決定的なモノとしたのは、ダービーのイングランド人FWマルコム・エビオウェイ(18)。 ナイジェリアにルーツを持つロンドン生まれの18歳は、アーセナルとレンジャーズのアカデミーを経て2021年にダービーに加入。今年2月に行われたハル・シティ戦でトップチームデビューを果たすと、ウェイン・ルーニー監督の信頼を勝ち取り、以降は主力としてプレー。このデビューシーズンにチャンピオンシップ(イングランド2部)で16試合1ゴール2アシストの数字をマークした。 右ウイングを主戦場とする185cmの大型レフティは、基本的なフィジカル能力が高いものの、巧みなステップワーク、相手DFを見ながら逆を取る駆け引きの巧さが印象的。フィニッシュや最後の質は課題も、カットインからの左足のシュート、クロスは強烈なアピールポイントだ。 今シーズンの後半戦での活躍によって一躍プレミアリーグの複数クラブの注目を集めたエビオウェイに対しては、マンチェスター・ユナイテッドが獲得に動いていたと言われる。 だが、ロマーノ氏によると、パレスは同選手の獲得に向け、個人間、クラブ間の交渉をすでに完了させており、近日中に2027年までの5年契約での加入が公式にアナウンスされる見込みだ。 パレスは近年、MFエベレチ・エゼ、MFマイケル・オリーズとチャンピオンシップの有望株を獲得し、主力に組み込んでおり、エビオウェイもその流れに乗ることが期待される。 2022.06.25 15:56 Sat
twitterfacebook
thumb

C・パレスのヴィエラ監督が選手に呼びかけ 「より高い水準を目指そう」

クリスタル・パレスのパトリック・ヴィエラ監督が2021-22シーズンを振り返り、チームとしてのさらなる成長を誓った。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 現役時代はアーセナルやユベントス、インテルなど数々のビッグクラブでプレーし、1998年に開催された自国開催のワールドカップ(W杯)では優勝メンバーとなった元フランス代表のヴィエラ監督。ニューヨーク・シティやニースなどの指揮を経て、2021-22シーズンからC・パレスに赴くと、昨年10月には後にプレミアリーグ連覇を成し遂げるマンチェスター・シティとのアウェイ戦を2-0の勝利で飾るなど、優れた手腕を発揮し、12位でフィニッシュした。 資金力に乏しいクラブを8シーズン連続のプレミア残留に導き、リーグの年間最優秀監督賞にもノミネートされたヴィエラ監督はクラブ公式サイトによるインタビューで、選手たちの絶え間ない努力を褒め称えつつ、来シーズンのさらなるパワーアップを呼びかけた。 「シーズンが深まるにつれて選手たちが進歩していった。このことには本当に満足している。来シーズンは彼ら一人ひとりに対して、より高いレベルの選手となることを要求するだろう。我々コーチングスタッフも試合展開の向上を目指さなければならない。選手には我々コーチングスタッフに対して新たな選択肢を提示してくれることを期待しているよ」 クリスタル・パレスはこれまで堅守速攻をベースとしてプレミア残留を目指すのがノルマだったが、ヴィエラ監督は就任1年目から攻撃的なスタイルを展開し、プレミアの舞台でクラブの過去最多タイとなる「50」得点、失点数「46」を記録。得失点差が「+4」となり、クラブ史上初めて得点数が失点数を上回るシーズンとなった。だが、ヴィエラ監督はまだまだゴールを積み重ねられると確信しているようだ。 「私たちはゴール数を増やせるはずだ。早く判断し、早く動き出し、そしてチャンスを作る。ゴールを奪うためのポジションを見つけて侵入する。ポゼッションやディフェンスの改善だって可能だ。私は周囲の人間に対して高い要求をする。自分自身に対してはもっと厳しい姿勢だ。来シーズンはチーム全員でより高い水準を目指そう」 2022.06.21 14:10 Tue
twitterfacebook
thumb

C・パレス、WBA退団のGKサム・ジョンストン獲得へ

クリスタル・パレスがWBAを退団したイングランド代表GKサム・ジョンストン(29)を獲得することで合意に至ったようだ。著名なイングランド人ジャーナリストであるアラン・ニクソン氏が報じている。 マンチェスター・ユナイテッドのユース出身であるジョンストンは、トップチームでの出場機会はなかったものの、2016-17シーズンから2シーズン在籍したアストン・ビラで台頭。2018年にはユナイテッドからの完全移籍でWBAに加入した。 そのWBAでは2020-21シーズンのプレミアリーグでのプレーを含め、在籍4シーズンで公式戦167試合に出場するなど守護神として活躍。また、出場試合数は3試合に留まるが、定期的にイングランド代表にも招集されている実力者だ。 WBAとの契約延長を固辞し、今シーズン限りでの退団が決定したイングランド代表GKに関しては、トッテナムなど幾つかのプレミアリーグのクラブが関心を示してきたが、新天地はイーグルスになる模様だ。 ニクソン氏によると、ジョンストンとパレスは2026年までの4年契約という条件で合意。近日中にも移籍が公式にアナウンスされる見込みだ。 今シーズンのパレスではスペイン人GKビセンテ・グアイタ(35)が守護神を担い、元イングランド代表GKジャック・バトランド(29)がセカンドGKを担ってきた。だが、グアイタと守護神を争うジョンストンの加入によって、バトランドの移籍が濃厚となった模様だ。 2022.06.18 15:20 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly