中島翔哉がポルティモネンセ復帰か? 52億の解除金はネックも、選手譲渡で減額なるか

2021.06.19 18:52 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ポルトに所属するMF中島翔哉(26)だが、古巣であるポルティモネンセに復帰する可能性があるようだ。ポルトガル『A Bola』が報じた。

2019年7月にアル・ドゥハイルからポルトへと加入した中島。加入当初は出場機会を得ていたものの、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による中断後は出場機会をもらえず。また、セルジオ・コンセイソン監督の信頼を失い、リーグ優勝のセレモニーにも出席しないなど、立場が危うくなっていた。

それでも、今シーズンの開幕前にチームメイトからの熱望もあり、監督と和解。出場機会を少し取り戻した中、2021年1月にアル・アインへとレンタル移籍していた。

新天地での躍動が期待された中、2試合に出場したところでトレーニング中に負傷。脛骨骨折とじん帯損傷の重傷を負い、アル・アインでのキャリアを終えていた。

移籍時の新型コロナウイルスの検査結果に改ざんが疑われるなど、ピッチ外での話題が多い中島だが、新シーズンからはポルトへ復帰することとなる。しかし、ポルティモネンセが獲得に動いていると報じられている。

中島はポルトと2023年6月末までの契約を結んでおり、4000万ユーロ(約52億3000万円)という高額な契約解除条項が設定されているが、ポルトはポルティモネンセのFWベト(23)の獲得に1000万ユーロ(約13億円)を提示しているようだ。

ポルティモネンセとしては、ベトを譲渡することに加えて金銭を支払い、中島を獲得する可能性があるという。

ポルティモネンセには日本代表GK中村航輔やDF安西幸輝が所属。MF本田圭佑も冬に獲得したが、登録が間に合わずに退団していた。中島にとっても再びプレー機会を得る上では良い移籍となるが、果たしてどのような結末を迎えるだろうか。



1 2
関連ニュース
thumb

鹿島がDF安西幸輝を完全移籍で獲得、2年ぶりの復帰で背番号は内田篤人がつけていたSB伝統の「2」

鹿島アントラーズは19日、ポルティモネンセのDF安西幸輝(26)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は内田篤人がつけていた「2」となる。 兵庫県出身の安西は東京ヴェルディの下部組織で育ち、2014年のトップチーム昇格を経て、2018年に鹿島へ完全移籍した。 左右のサイドバックとサイドハーフをこなして、加入初年度にクラブの悲願だったAFCチャンピオンズリーグ(ACL)制覇に貢献。2年目の2019年7月にポルティモネンセへと完全移籍した。 鹿島では明治安田生命J1リーグで通算43試合6得点、YBCルヴァンカップで4試合に出場していた。 ポルティモネンセでは、加入初年度からリーグ戦20試合に出場すると、レギュラーに定着した2020-21シーズンは、左サイドバックを主戦場にリーグ戦31試合に出場していた。 安西はクラブを通じてコメントしている。 「鹿島アントラーズに復帰することになりました。2018年に移籍し、ACL優勝、クラブワールドカップ出場、そして、日本代表と色々な経験をして、1年半の中で大きく成長することができました」 「自分にとって鹿島は大切なクラブであり、自分を必要としてくれたさまざまな方々の協力でまた帰ってくることができ、本当に感謝しています。鹿島のために戦います。すべては勝利のために、持っている力をピッチで出し切ります!応援、よろしくお願いします!」 なお、背番号「2」は前述の内田の他、元ブラジル代表DFジョルジーニョ、元日本代表DF名良橋晃と鹿島の歴代サイドバックが着用していた番号となる。 2021.07.19 17:40 Mon
twitterfacebook
thumb

鹿島が日本代表DF安西幸輝を再獲得か? 既にポルティモネンセと合意報道も

鹿島アントラーズが、ポルティモネンセに所属する日本代表DF安西幸輝(26)の再獲得に近づいているようだ。ポルトガル『SIC Noticias』が報じた。 伝えられるところによれば、ポルティモネンセとの契約を2022年まで残している安西だが、すでに今夏での退団に迎っているとのこと。そしてポルティモネンセと鹿島はすでに安西の移籍について話し合いを実施しており、この度合意に至ったようだ。なお、鹿島は安西と5年契約を結ぶとのことだ。 兵庫県出身の安西は東京ヴェルディの下部組織で育ち、2014年のトップチーム昇格を経て、2018年に鹿島入り。左右のサイドバックとサイドハーフをこなして、加入初年度にクラブの悲願だったAFCチャンピオンズリーグ(ACL)制覇に貢献した。 そして加入2年目となった2019年7月にポルティモネンセへ完全移籍。加入初年度からリーグ戦20試合に出場すると、レギュラーに定着した2020-21シーズンは、左サイドバックを主戦場にリーグ戦31試合に出場していた。 なお、同紙は移籍金について明かしていないが、ポルトガル『レコード』によればポルティモネンセは安西を獲得した当初、移籍金を4000万ユーロ(約52億円)に設定していたようだ。 2021.07.16 00:01 Fri
twitterfacebook
thumb

浦和からポルティモネンセにレンタル中のDFマウリシオはサウジアラビア行きへ

浦和レッズからポルティモネンセへとレンタル移籍しているブラジル人DFマウリシオ(29)だが、サウジアラビアのクラブへと完全移籍するようだ。ポルトガル『O Jogo』が報じた。 マウリシオは、ポルティモネンセやポルトのBチーム、マルティもでプレーした後、2017年8月に浦和へと完全移籍で加入した。 浦和ではセンターバックの一角として90試合に出場し8ゴール1アシストを記録。2017年のAFCチャンピオンズリーグや2018年の天皇杯優勝などを経験した。 2020年8月にポルティモネンセへとレンタル移籍すると、今シーズンはプリメイラリーガで33試合に出場し1ゴールを記録していた。 報道によれば、マウリシオはサウジアラビアのアル・バティンに完全移籍する予定。3年契約を結ぶとのことだ。 2021.06.23 12:55 Wed
twitterfacebook
thumb

中村航輔&安西幸輝のポルティモネンセにインビュラが加入

ポルティモネンセは9日、フリーのDRコンゴ代表MFジャネリ・インビュラ(28)を2022年6月までの契約で獲得したことを発表した。 マルセイユの活躍したセントラルMFのインビュラは、ポルトを経て2016年夏に当時のストーク・シティのクラブレコードだった2400万ポンドで移籍。しかしチームにフィットせず、その後はトゥールーズ、ラージョ、レッチェとレンタルに出されていた。そして昨年3月にストークとの契約を解除してロシアのソチに加入するも、9月に退団しフリーとなっていた。 ポルティモネンセには日本代表GK中村航輔とDF安西幸輝が所属し、浦和レッズからレンタル中のFWファブリシオ、DFマウリシオ、そして昨季まで浦和に在籍していたMFエヴェルトンらが在籍。現在、18チーム中11位に付けている。 2021.03.10 07:30 Wed
twitterfacebook
thumb

本田圭佑、やっぱり選手登録が間に合わずポルティモネンセ退団へ「人生は思ったようにいかないからおもろい」

先日ポルティモネンセに加入したMF本田圭佑(34)だが、懸念されていた選手登録が間に合わなかったようだ。 ボタフォゴを退団していた本田は、4日に「8ヵ国目はポルトガルでプレーします」と自身のツイッターで言及。さらに、自身が最高経営責任者(CEO)を務める会社が運営するプレミアム音声サービス『NowVoice』を利用して独自に記者会見を行い、ポルティモネンセに加入することを発表していた。 しかし、その後もチームからは公式に発表がなされないまま、7日に入団会見を実施。意気込みを語っていた。 そんな中、ポルトガル『レコルド』が選手登録の期限に間に合わない懸念を報道。それに対し、本田はツイッターで「何も聞いてないけど、事実やったらしゃーない」とツイートしていた。 本田はその後にツイッターを更新。「ガチで登録できなかったみたいです。これからどうしようか議論します」と語り、『NowVoice』でその経緯を語った。 本田は「結論としては認められなかった。タイミングが間に合わなかった」と報告。ポルティモネンセでのリーグ戦出場が不可能となった。 また「2月末には試合に出ているイメージだった。であれば、1週間ぐらいには移籍を決めておきたい」とコメント。ポルティモネンセでのプレーができない以上は退団することを明かした。 ボタフォゴでは東京五輪を見据えてボランチなどを務めてプレーの幅を広げていたが、「チームによります」とこの先のプレーポジションについては決めていないとコメント。「監督、戦術、リーグにおけるチームの状況、選手の特徴と全部総合的に考えてどのポジションでプレーしようか考えようと思っているので、今この段階で決めることはないです」と加わるチームに合わせるとした。 また、「ここに残るつもりで色々準備してやってきたので、部屋や仕事環境も整えていたので、また詰めないといけない」と途方に暮れている様子。「人生はおもろい。思ったようにいかないからおもろいんですけど」と語り、「自分の中では切り替えている」と語った。 この先の移籍先についても語り、ファンからはJリーグ復帰も待望されている中、「日本は日本人なので一番好きです。もちろんです」と語り、「日本に住んで、日本でサッカーするというのは、後悔のない人生を歩もうとした時には、ずっといる場所という意味では性に合わないです」と語り、「ネガティブに捉えて欲しくはない。良い意味で否定するなら、日本は良すぎる。良すぎる環境が性に合っていない」と語り、チャレンジを続けたい意向を明かした。 移籍期間は国によって異なっており、まだ登録が間に合う国は数多くある。果たして本田の新天地はどこになるだろうか。 2021.02.10 23:33 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly