「ここまでで一番すごいゴール」ウクライナ代表FWの綺麗に曲がるミドルシュートに絶賛

2021.06.14 18:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
11日に開幕を迎えたユーロ2020。初戦から各グループで激しい争いが繰り広げられている。ここまでで7試合が行われたが、13日に行われたグループC第1節、オランダ代表vsウクライナ代表の一戦でスーパーゴールが生まれた。

試合はグループ突破候補本命のオランダが優位で試合を進めると、前半はゴールレスで折り返したものの、後半に入ってウクライナは2ゴールを許し、苦しい展開となる。

それでも75分、攻め手のなかったウクライナだったが個人技で1点を返す。ボックス手前右でボールを持ったFWアンドリー・ヤルモレンコがFWロマン・ヤレムチュクとのパス交換でペナルティーアーク手前まで切り込むと、そこから得意の左足で振り抜いた。

美しい弧を描いたコントロールシュートは、相手GKマールテン・ステケレンブルフを避けるように、枠外からカーブしてゴール左へと吸い込まれていった。

このゴールで勢いに乗ったウクライナは直後に同点に追いついたものの、試合終了間際の85分に勝ち越しを許し、初戦を落とした。

それでも、ヤルモレンコのスーパーゴールはユーロ2020の公式ツイッターも「第1節でアンドリー・ヤルモレンコのゴラッソより良いゴールはある?」と取り上げ、ファンからも「間違いなくここまでで一番」「ヤルモレンコらしいゴールだ」「今大会ベスト10には入るだろう」などファンからもゴールのクオリティを認める声が相次いでいる。

ウクライナ代表は17日に北マケドニア代表、21日にオーストリア代表と対戦する。

1 2
関連ニュース
thumb

シェフチェンコ監督がウクライナ代表を退任!自身のSNSで感謝を綴る

ウクライナ代表を率いるアンドリー・シェフチェンコ監督(44)が、契約満了に伴い同代表監督を退任したことを明かした。 退任に伴い、シェフチェンコ監督は自身のインスタグラムで選手や協会、ファンへの感謝を綴った。 「今日、私とウクライナサッカー協会(UAF)との契約が終了しました。代表チームでの5年間は、私たちに現代サッカーができる能力があることを証明するという、難しい仕事でした。ウクライナ代表で働く機会を与えてくれたUAFの会長と執行委員会に感謝しているよ」 「すべての選手、チームに協力してくれた人、関わってくれた人々に感謝している。また、応援や批評をしてくださったファンの皆さんにも感謝を伝えたい。私たちは一緒になって、私たちのサッカーが競争的で、生産的で、エキサイティングなものになり得ることを示すことができました」 現役時代にディナモ・キエフやミラン、チェルシーで活躍したシェフチェンコ監督は、2016年2月からミハイロ・フォメンコ前監督(67)の下でアシスタントコーチを務めると、ユーロ2016で退任したフォメンコ前監督のの後任としてウクライナ代表監督に就任。 2018年のロシア・ワールドカップの出場を逃したが、ユーロ2020予選では10戦無敗でグループBを首位で突破。今年6月に行われた本大会ではグループCを3位通過したものの、準々決勝でイングランド代表に敗戦していた。 5年間指揮官を務めたシェフチェンコ監督のウクライナ代表代表での通算成績は25勝13分け14敗となっている。 2021.08.02 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

初の準々決勝に臨むも4失点での完敗にシェフチェンコ監督「負傷交代が分かれ目」

ウクライナ代表のアンドリー・シェフチェンコ監督が敗戦の要因を語った。ウクライナサッカー協会(FFU)が伝えている。 ラウンド16で延長戦の末にスウェーデン代表を下し、初のベスト8入りを果たしたウクライナ。3日の準々決勝ではドイツ代表を破って駒を進めたイングランド代表と対戦した。 だが、開始早々に失点を喫すると、後半にも追加点を許して0-4の敗戦。シェフチェンコ監督は試合後、「今日のゲームはアクシデントが分かれ目になったと思う」と前半でのDFセルゲイ・クリフツォフの負傷交代をターニングポイントに挙げた。 「クリフツォフは経験豊富なディフェンダーで対人にも強い。彼の負傷も影響を及ぼした。特に今日のような戦いで、イングランドに対抗できるような屈強なディフェンダーはそういない」 「イングランドは強みを生かして、とても理にかなったプレーをしていた。我々のミスを突いて後半畳みかけ、ゲームをコントロールした。我々はミスが増え、対抗することができなかった」 「イングランドは個としてもチームとしても強く、素晴らしいコーチもいるし、決勝まで行くとだろう思っている」 また、ユーロで初のベスト8入りという歴史を作ったチームに対して「パフォーマンスにはとても満足しているし、彼らの献身には感謝しかない」と述べた上で、ウクライナがさらなる高みを目指すために国内レベルの向上か、海外でプレーする選手が増える必要があると語っている。 「我々はいいところもあったけれど、基本的な部分でうまくいかないこともあった。ただ、選手たちは諦めることなく、自分たちの戦いを見せてくれたと思う」 「15年が経って、(2006年の)ワールドカップ準々決勝で敗れたチームはユーロの準々決勝まで進んだ。強固な国内大会がないと、そこにたどり着く可能性は低くなる。このレベルで競争するには、5代リーグでプレーするプレーヤーが必要だろう」 2021.07.04 18:25 Sun
twitterfacebook
thumb

先制点を含む2ゴールでベスト4入りに貢献のケイン「完璧な夜だった」

イングランド代表FWハリー・ケインがユーロ2020ベスト4入りを喜んだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ラウンド16で宿敵ドイツ代表を退けたイングランド。3日の準々決勝ではスウェーデン代表を破り、初のベスト8進出を果たしたウクライナ代表と対戦した。 キャプテンとしてチームを引っ張るケインが開始早々の4分に先制点を記録。後半にもチームに3ゴールが生まれ、最終的に4-0の圧勝で準決勝進出を決めた。 立役者の1人となったケインは試合後、興奮冷めやらぬ様子で再び自国でビッグトーナメントを戦えることへの喜びを語った。 「この先、このような大きな大会の中で、ウェンブリーでプレーできる機会があるかどうか。今、僕らにはその機会がある。このチャンスを両手でしっかりと掴まないといけないね」 「僕らはこの状況を楽しむべきだよ。(ウェンブリーでの)ドイツ戦が終わった後は気持ちも高ぶっていたし、スタジアムの熱気もすごかっただろ。そのエネルギーをデンマーク戦にも持ち込めたらいいね」 「僕らは正しい方向に進んでいる。けど、まだ何も成し遂げていない。僕らの目標はメジャートーナメントで勝つということ。そのために一歩ずつ進んでいくよ」 「ただ、今日はこれ以上、望めないくらい完璧な夜だったよ!」 2021.07.04 10:58 Sun
twitterfacebook
thumb

ケイン2発含む4発のイングランドがウクライナに完勝で6大会ぶりベスト4《ユーロ2020》

ユーロ2020準々決勝、ウクライナ代表vsイングランド代表が3日にローマで行われ、0-4でイングランドが完勝した。 ラウンド16でスウェーデン代表を延長終了間際の劇的弾で制し、初のベスト8進出を果たしたウクライナは、ヤルモレンコやヤレムチュク、ジンチェンコらが先発となった。 一方、ドイツ代表に後半終盤の2ゴールで勝利したイングランドは4バックに戻し、今大会初先発のサンチョが2列目の右に配置された。 5バックで構えるウクライナに対し、イングランドが押し込む展開で立ち上がっていくと、開始4分に先制する。スターリングのスルーパスに反応したボックス中央のケインがシュートを蹴り込んだ。 先制後もイングランドが敵陣で試合を進めて主導権を握る中、33分に追加点のチャンス。ライスの強烈なミドルシュートがGKを強襲した。 さらに40分、ショーのクロスを受けたサンチョがボックス内からGK強襲のシュートを浴びせたが、前半のうちに追加点は奪えず1点のリードで後半へ折り返した。 それでも後半開始1分、イングランドが突き放す。左サイドからのショーのFKをマグワイアがヘッドで叩き込んだ。さらに50分、左サイドからのショーのクロスをケインがヘッドで押し込み3-0とした。 余裕のイングランドはライスに代えてヘンダーソンを投入。すると63分、マウントの右CKからヘンダーソンのヘディングシュートが決まって4-0。 勝負を決めたイングランドはスターリング、ショー、フィリップスをお役御免とし、ラッシュフォード、ベリンガム、トリッピアーを投入した。 終盤にかけてもウクライナの反撃を許さなかったイングランドが快勝で6大会ぶりベスト4進出を決め、準決勝ではウェンブリーでデンマークと対戦することになった。 2021.07.04 05:51 Sun
twitterfacebook
thumb

堅守イングランドと対戦のウクライナ、ジンチェンコ「誰にでも弱点はある」

ウクライナ代表DFオレクサンドル・ジンチェンコが、イングランド代表戦に向けて意気込みを語った。ウクライナサッカー協会(FFU)が伝えている。 3日にユーロ2020準々決勝のイングランド戦を控えるウクライナ。オランダ代表、オーストリア代表、北マケドニア代表からなるグループCを1勝2敗の3位で通過。ラウンド16ではスウェーデン代表と対戦し、ジンチェンコ、FWアルテム・ドヴビクのゴールで2-1の勝利を収めた。 試合に先駆けた会見に、アンドリー・シェフチェンコ監督とともに出席したジンチェンコは、誇りと決意を胸に戦うことを誓った。 「今大会でこの段階にいる選手は、キャリアの中で長い道のりを歩んできたと思うよ。明日フィールドに出るときは、自分が歩んできた道を目の当たりにすることになる。国を代表するすべての選手と同じように、大きな責任を感じているよ。ウクライナ代表にユニフォームに袖を通すことは、とても名誉で誇らしいことさ」 また、マンチェスター・シティで共に戦うDFカイル・ウォーカーとDFジョン・ストーンズについても言及。2人を擁するスリーライオンズは今大会いまだ無失点と堅守を誇る。 「数字が物語ってるよ。イングランドはこの大会で失点をしていないからね。イングランドは、ほぼ完璧なディフェンスをしているけど、完璧なチームは存在しないし誰にでも弱点はあるよ」 「カイル・ウォーカーとジョン・ストーンズは、素晴らしいシーズンを過ごしていた。彼らの攻略法は監督が教えてくれる。次のステージに進むためには、チームの各選手が人生で最高の試合をしなくてはいけないよ」 2021.07.03 18:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly