「本当にショック」…ベルギー指揮官がエリクセンを知る者多しチーム内の動揺を明らかに

2021.06.13 12:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが突如ピッチに倒れ込む姿はベルギー代表勢にも相当なショックがあったようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。

ユーロ2020の優勝候補に目されるベルギー。12日にサンクトペテルブルクで行われたグループB第1節でロシア代表と対戦すると、3-0の快勝で飾り、しっかりと白星スタートを切った。

だが、同じグループの他会場で行われたデンマーク代表vsフィンランド代表ではエリクセンが前半終了間際に意識を失い、病院に搬送される事態に。スタジアムも一時静寂に包まれた。

ベルギーを率いるロベルト・マルティネス監督は試合後、エリクセンと縁のある選手も多数いる自チームの様子に言及。結果的に快勝したが、動揺があったことを認め、無事を祈った。

「我々はあの試合のライブ中継を観て、(エリクセンの異変から)その5分後に予定したミーティングに入った。想像できると思うが、フットボールについての話しは一番したくなかった。本当にショックで、本当に悲しかった」

「ドレッシングルームで泣く者もいた。トーマス・フェルマーレントビー・アルデルヴァイレルトヤン・ヴェルトンゲン、そしてロメル・ルカクだったりはクリスティアンと時間を過ごした同僚だからね」

「本当にショックで、クリスティアンに思いと祈りをただただ送ることしかできない。それから彼が快方に向かっているという良い知らせを受けたが、我々はクリスティアンとその家族、そしてチームに思いを寄せている」

関連ニュース
thumb

再生回数約700万回!無人のゴールへ流し込むだけなのにボールを踏んで決定機逸「プスカシュ賞もの」

なかなかお目に掛かれないスーパーゴールもあれば、外す方が難しいようなミスある。 再び脚光を浴びているのはベルギー、ジュピラー・プロ・リーグ2020-21シーズンの第5節、メヘレンvsオーステンデの一戦での一コマだ。両チームゴールレスで迎えて67分にそれは起きた。 クロスに対応したDFのキックが中途半端なクリアとなり、ゴール前に大きく浮きあがる。これを処理しようと飛び出したGKだが、パンチングはヒットし損ね、自身も相手選手との交錯で転倒。ゴールはがら空きの状態となる。 両チームの選手がボックス左でのこぼれ球に反応すると、攻撃側の選手が先に触り、ループ気味のシュートが無人のゴールへ。これはバーに阻まれるも、唯一詰めていたU-21ベルギー代表MFアステル・ブランクスが胸コントロールして流し込む。 かに思えたが、ブランクスはキックの瞬間に球を踏んでしまい、バランスを崩して尻もちをついてしまう。しかも、シュートになり損ねたボールは無常にもポストに。最後は慌ててカバーに入った守備陣に対応された。 頭を抱え、手で顔を覆ってうなだれるブランクス。動画の閲覧者からは「ミスを完遂」、「プスカシュ賞もの」、「トーレスやヴェルナー以上だわ」などのコメントが。多くの人の目を惹いたこの動画は、再生回数700万回に到達しようとしている。 試合も終了間際にオーステンデにゴールを許し、敗れたメヘレン。現在はヴォルフスブルクでプレーするブランクスだが、当時17歳の彼にとっても忘れない記憶となっているだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】百聞は一見に如かず!情報が多すぎる決定機逸</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">What have we just witnessed <br><br>(via <a href="https://twitter.com/ElevenSportsBEf?ref_src=twsrc%5Etfw">@ElevenSportsBEf</a>)<a href="https://t.co/QDG0RhDGH1">pic.twitter.com/QDG0RhDGH1</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1437445972213354496?ref_src=twsrc%5Etfw">September 13, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.17 05:35 Fri
twitterfacebook
thumb

主力温存のベルギーがプラート弾でベラルーシを下し無敗をキープ!《カタールW杯欧州予選》

ベルギー代表は8日、カタールW杯欧州予選グループE第6節でベラルーシ代表と対戦し、1-0で勝利した。 欧州予選無敗でグループ首位に立つベルギーは、3-0と快勝した直近のチェコ戦から先発を7人変更。ルカクやアザール、カラスコ、ヴェルトンゲン、GKクルトワら主力を温存しバチュアイやルケバキオ、サーレマーケルズ、ボヤタ、GKカスティールスらを起用した。 予選3連敗中の4位ベラルーシに対し、トロサール、バチュアイ、ルケバキオを前線に並べた[3-4-3]で試合に臨んだベルギーは3分、左サイド高い位置でパスを受けたティーレマンスの折り返しをバチュアイがニアで合わせたが、これは相手GKが正面でセーブ。 その後も攻勢を続けるベルギーは、比較的容易にアタッキングサードまでボールを運ぶが、なかなか決定的な場面を作り出すことができない。20分にはアルデルヴァイレルトの右クロスのこぼれ球をボックス内で拾ったバチュアイがチャンスを迎えたが、胸トラップから右足で放ったシュートはゴール左に外れた。 ベルギーは31分にも、ショートコーナーのセカンドボールに反応したボヤタがボックス手前からダイレクトシュートを狙うと、クロスバーの跳ね返りをバチュアイがダイビングヘッドで押し込むが、これはバチュアイのオフサイドを取られた。 先制のチャンスを逃したベルギーだが、直後にスコアを動かす。33分、ボックス右でトロサールからパスを受けたサーレマーケルズが縦に仕掛けるも相手DFが体をぶつけてブロック。しかし、このこぼれ球に素早く反応したプラートがダイレクトシュートでゴールを狙うと、これがゴール左隅に吸い込まれた。 迎えた後半はベラルーシが積極的な入りを見せる中、徐々に主導権を握り返すベルギーは、60分にトロサールを下げてアザールを、76分にルケバキオを下げてベンテケを投入。 その後も膠着状態が続いたが、ベルギーは83分にペナルティアーク右横でサーレマーケルズが倒されFKを獲得。これをアザールが直接狙ったが、ゴール右を捉えたシュートは相手GKの好セーブに阻まれた。 結局、試合はそのまま1-0でタイムアップ。プラートのゴールで逃げ切ったベルギーが予無敗をキープしている。 また、同日に行われたグループE第6節のもう一試合のウェールズ代表vsエストニア代表は、0-0の引き分けに終わった。 2021.09.09 05:50 Thu
twitterfacebook
thumb

欧州予選2試合先発のクルトワ、ひと足先にレアル・マドリー復帰へ

ベルギー代表GKティボー・クルトワがひと足先に代表活動を切り上げ、レアル・マドリーに帰還するようだ。 今季も復職したカルロ・アンチェロッティ監督の下で正GKを務めるクルトワ。今月の代表ウィークでもベルギー代表から順当に招集され、守護神としてカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループEの2試合に先発して、連勝に貢献した。 今後のベルギーはロシアまで飛び、今月の代表ウィーク最終戦として8日に第6節のベラルーシ代表戦へ。スペイン『マルカ』によると、短期間で180分間プレーのクルトワは5日にホームで行われた第5節のチェコ代表戦を最後に所属先に戻るという。 オーバーワークを懸念して、ベラルーシ戦を欠場するクルトワ自身もチェコ戦後、ベルギー『HLN』で「いつだってプレーしたいが、長い旅だ。別のGKにとっても、自分の力を示す良い機会になると思う。ちょっとした休息になる」と話した。 今季のレアル・マドリーはここまでラ・リーガ3試合を消化して2勝1分け無敗。代表ウィーク明けの12日にホームで行われる第4節でセルタと対戦する。 2021.09.07 16:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ベルギー代表でも躍動のルカク、チェルシー合流前に太もも検査

ベルギー代表FWロメル・ルカクがチェルシー合流前に検査を受けるようだ。イギリス『イブニング・スタンダード』が報じた。 今夏のチェルシー復帰からさっそくセンターフォワードとして秀逸な存在感を発揮するルカク。今月の代表ウィークでも順当に招集されると、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループE第5節のチェコ代表戦が代表通算100試合目となり、1得点1アシストの活躍で自らのメモリアルを飾った。 自身が持つ代表歴代最多得点数も「67」に伸ばして、好調ぶりをアピールするルカクだが、チェコ戦後にケガの不安を抱える現状を明らかに。「まず太もものスキャンをしてみる。しばらく小さな問題に悩まされているんだ。それからチェルシーに戻ることになるだろうね」と今後の見通しを話した。 ちなみに、チェコ戦でのイエローカードにより、8日にアウェイで行われる次節のベラルーシ代表戦は累積警告で出場停止。代表ウィーク明けの初戦は11日にホームで予定するプレミアリーグ第4節のアストン・ビラ戦となる。 2021.09.07 08:45 Tue
twitterfacebook
thumb

代表100戦目のルカクが自ら祝砲! ベルギーが難敵チェコに快勝《カタールW杯欧州予選》

カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選のグループE第5節、ベルギー代表vsチェコ代表が5日に行われ、ホームのベルギーが3-0で快勝した。 グループEで3勝1分けの無敗で首位に立つベルギーが、2勝1敗1分けで2位に付けるチェコをホームで迎え撃った首位攻防戦。 前節、エストニア代表に5-2で打ち勝ったホームチームは、その一戦から先発3人を変更。ボヤタ、サーレマーケルズ、トロサールに替えてヴェルトンゲン、カスターニュ、ティーレマンスが起用された。 試合は早い時間帯にこの日の主役が魅せる。8分、この試合がベルギー代表での通算100試合目となったルカクはヴァナケンのスルーパスに抜け出すと、冷静にGKとの一対一を制し、代表通算68点目のゴールを祝砲とした。 一方、先制を許したチェコはアクシデントに見舞われる。開始直後にルカクとの接触で足を痛めていたGKヴァツリークがプレー続行不可能となり、14分に控えGKスタネクの緊急投入を余儀なくされた。 以降も主導権を握って積極的に2点目を狙うベルギーはルカクやカラスコが幾度か決定機に絡んでいくが、GKスタネクの好守もあって早い時間帯の2点目とはならず。それでも、危なげなく相手の攻撃を撥ね返すと、前半終了間際の41分にはロングボールを回収しての二次攻撃からティーレマンスのパスをヴァナケンが絶妙なヒールパスでボックス内へ流すと、最後はエデン・アザールが冷静に右隅へ流し込んだ。 迎えた後半はビハインドを背負うチェコがリスクを冒して攻勢を見せる。立ち上がりの48分にはぺセクのスルーパスに抜け出したヴィドラがボックス内でGKと一対一の絶好機を迎えるが、ここはGKクルトワがビッグセーブで阻む。 さらに、押し込むアウェイチームは63分にもボックス中央でゴールを背にしてボールを受けたフロジェクが見事な左足の反転シュートを枠の左隅に飛ばすが、これもGKクルトワのビッグセーブに阻まれた。 守護神の2つのビッグセーブに救われてクリーンシートを継続するベルギーは直後に攻撃陣が応える。65分、ボックス手前でティーレマンス、ルカクと繋ぎ3人目の動きでボックス内へ飛び出したサーレマーケルズが冷静なチップキックを流し込み、待望の代表初ゴールとした。 この3点目でチェコの気勢を削ぐことに成功したベルギーはここからゲームコントロール優先の試合運びにシフト。相手の攻撃を冷静に受け止めながらルカクを起点としたカウンターで更なる追加点も狙っていく。 70分を過ぎると、アザールを下げてトロサール、80分過ぎにはルカク、ティーレマンス、ヴァナケンを下げてデンドンケル、バチュアイ、ルケバキオの投入で試合をクローズ。 このまま3点差を維持したベルギーが難敵チェコの力の差を見せ付けてホームで快勝を収めた。 また、同日行われたベラルーシ代表vsウェールズ代表は、ベイルのの2つのPKを含むハットトリックの活躍でアウェイのウェールズが2-3で勝利している。 ベルギー代表 3-0 チェコ代表 【ベルギー】 ルカク(8分) アザール(41分) サーレマーケルズ(65分) 2021.09.06 05:56 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly