「全てのヒーローがマントを着ているわけではない」バロンドール授賞式でドログバが感動のスピーチ、エリクセンの命救ったケアーに敬意

2021.11.30 15:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバ氏が、ステージ上で改めて敬意を示した。29日、『フランス・フットボール』が主催するバロンドールの授賞式が開催。パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが2年ぶり7度目の受賞を果たした。

授賞式では他の表彰もされた中、プレゼンターを務めていたドログバ氏が壇上でスピーチ。1人の選手への敬意を表した。
「この場を借りて、私にとって大切なことをお話ししたいと思います。今年、本当に功績のあった人物に敬意を表したいと思います」

「この男はヒーローです。これはフットボールや我々よりも大きいことです」

「ケアーは友人でもある、クリスティアン・エリクセンの命を助けました。賢い人々は、全てのヒーローがマントを着ているわけではないと言いました。シモン・ケアー、ありがとう」

これは、今夏行われたユーロ2020のデンマーク代表vsフィンランド代表の一戦で、デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが卒倒し、ピッチ上で心肺停止になった事件に関するものだ。

エリクセンがピッチ上で倒れた際、DFシモン・ケアーが最初に異変に気がつき駆け寄ると、救助を呼び、その後はエリクセンの妻のケア、チームメイトとともにエリクセンを囲う壁を作るなど、素晴らしい対応を見せていた。ドログバ氏は改めて賛辞の言葉を送り、会場は拍手に包まれることとなった。

1 2

関連ニュース
thumb

「神が戻ってきた」「奇跡を起こして」41歳イブラヒモビッチ、ヒザの手術から復活…絶不調のチームを救えるか「気合いを入れてくれ」

ついに“神”が復活を果たした。 昨シーズンはセリエAで11年ぶりにスクデットを獲得したミラン。しかし、今シーズンは不調を極め、現在公式戦7戦未勝利。2023年は初戦で勝利も、その後は勝ちなしという状況だ。 セリエAでも3連敗を喫しており、不振を極めるチームだが、大きな戦力の復帰が近づいている。 それは元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ。2022年5月に左ヒザの手術を受け、全治7~8カ月とされていた中、3日にはついにトレーニングに復帰。そして、予定よりも早く全体練習に復帰したのだ。 ミランはイブラヒモビッチのトレーニング再開の様子を投稿。すでにボールを使ったトレーニングも行い、ミニゲームではシュートを決めるシーンも見られた。 元気な姿を見せたイブラヒモビッチには「神が戻ってきた」、「イブラを頼りにしている」、「みんなに気合いを入れてくれ」、「信頼している」、「奇跡を起こして」、「復活した」と待望の復帰に喜びの声が集まっている。 昨年10月に41歳となったイブラヒモビッチ。苦しむチームを生き返らせる起爆剤になるのか。まさに“神”となる日が近づいている。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】ヒザの手術から9カ月…イブラヒモビッチが練習でゴールも</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/CoXzs8DgC6J/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/CoXzs8DgC6J/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/CoXzs8DgC6J/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">AC Milan(@acmilan)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CoXkBYEgUzV/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CoXkBYEgUzV/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CoXkBYEgUzV/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">AC Milan(@acmilan)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.02.08 09:10 Wed
twitterfacebook
thumb

「批判する権利がある」リーグ3連敗、7戦未勝利のミラン、指揮官がダービー前半の戦いに「我々のミスだった」と反省

ミランのステファノ・ピオリ監督が、インテルとの“ミラノ・ダービー”を振り返った。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。 5日、セリエA第21節でミランはインテルと対戦した。前節のサッスオーロ戦では2-5の惨敗。カタール・ワールドカップ(W杯)の中断明けはリーグ戦6試合を戦い1勝2分け2敗、公式戦では6戦未勝利の状態でインテル戦に臨んだ。 守備崩壊からこの試合では3バックを採用したミラン。守備に重心を置いてプレーしたため、インテルに終始押し込まれる展開となる。 CKから先制を許したが、なかなか攻撃に出ることができず、そのまま1-0で終了。リーグ戦3連敗となった。 ピオリ監督は守備的に戦った選択を振り返り、もっと攻撃に出れればよかったとコメント。ただ、守備自体は悪くなかったと振り返った。 「よりコンパクトな守備をしたかったので、相手が来るのを待っていた。我々は失点したが、守備は悪くはなかった」 「ボールがあればチャンスは来るのだから、もっとドリブルが必要だった。数的優位に立つことも多かったが、前半はキックを多用し、重心を上げていくことができなかった」 「ボールの動きが鈍いということもあったが、準備していたような攻撃を出せなかったものの、チームとしてはうまく機能していたように思う」 「プレーのやり方を変えるのは難しくはなかった。選手たちは正しい信念を持って、1週間取り組んだ」 「昨シーズンは守備がしっかりできていなかったことは明らかで、相手と対峙するのに適切なポジションを取れたと思う。もちろん守備だけの試合はしたくなかったが、これは我々のミスだった」 「前半はボールを運ぶことができず、後半はより攻撃的で積極的なサッカーができることを示した」 中断明けからは全く結果を残せていないミラン。完全に失速し、迷走状態が続いている。ピオリ監督は、チームの状況を理解しているとコメント。これまでの戦い方ではより酷い結果になっていたとした、 「監督として私は状況を理解しており、我々が自分達のサッカーをしていたら、より困難な状況になっていたと確信している。以前のような距離感がない」 「より密度が高くなったが、アグレッシブに攻めることを忘れてはいけない。我々は再び競争力を高めるため、全ての仕事を捨てることはない」 また、ファンについても言及。批判を受けることは当然だとした。 「彼らには批判する権利があり、パフォーマンスは標準には達していない。私が得たものは全て情熱とアイデアで手に入れたものであり、再びチャレンジする」 2023.02.06 11:55 Mon
twitterfacebook
thumb

「いつだって大きな喜び」ダービー勝利のインテル指揮官、ミラン撃破のチームを称える「前半ほぼ完璧」

インテルのシモーネ・インザーギ監督が、ミランとの“ミラノ・ダービー”を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 5日、インテルはセリエA第21節でミランと対戦した。 首位のナポリを追いかけるインテル。勝ち点差が離されているだけに、勝利してついていきたいところだ。 前節大量失点を喫しているミランは重心を低く保つ中、インテルは押し込み続けていく。しかし、主導権こそ握るも、ゴールは遠く。それでも34分にハカン・チャルハノールのCKからラウタロ・マルティネスがヘディングでゴール。インテルはこのゴールを守り、ダービーを制した。 インザーギ監督はダービー勝利を喜び、チームのパフォーマンスを称えた。 「素晴らしい試合ができた。監督として、チームがこのようにプレーするのを見るのは喜びだ。良い試合だった。私はチームを称えた」 「選手たちには決断力があり、気配りもあった。20日間で2度のダービーで勝利した。簡単ではなかったし、満足している。自信を持って楽しめた」 「今は全ての選手の回復に努める。そして自分たちに目を向ける必要がある。このチームが火曜日(1月31日)にアタランタに対してとても挑戦的な(コッパ・イタリアの)準々決勝を戦ったことを忘れないで欲しい」 試合内容についても完璧とコメント。改めて喜びを噛み締めている。 「前半はほぼ完璧だったし、後半は常に試合をコントロールした。今はこの勝利を楽しんでいる」 「アタランタとの素晴らしい試合から、このような形でダービーに勝てたことは、いつだって大きな喜びだ」 <span class="paragraph-title">【動画】インテルがラウタロのゴールで不調ミラン撃破!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="WtwcElcKIac";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.06 10:45 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:インテル 1-0 ミラン《セリエA》

セリエA第21節、インテルvsミランのミラノ・ダービーが5日に行われ、1-0でインテルが勝利した。 超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ▽インテル採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230205_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 24 オナナ 5.5 枠内シュート0、守備機会なし DF 37 シュクリニアル 6.0 前半は隙を見ての攻撃参加が効いていた。後半はレオンを監視 15 アチェルビ 6.0 要所を締めたプレーでクリーンシートに貢献 95 バストーニ 6.0 高い位置を取って攻撃をサポート MF 36 ダルミアン 6.0 球際で負けない意地が見られた 23 バレッラ 6.5 攻守によく絡む真骨頂がよく出ていた (→アスラニ -) 20 チャルハノール 7.0 決勝アシスト。配球、ポジショニングとそつなし (→ガリアルディーニ -) 22 ムヒタリアン 6.5 チャルハノールと共にゲームを支配 (→ブロゾビッチ -) 32 ディマルコ 6.0 果敢な攻撃参加、精度の高いキックでアクセントに (→ゴセンス -) FW 9 ジェコ 6.0 一定の起点となって攻撃を潤滑にさせた (→ルカク 6.0) 本来の力強いプレーが戻りつつある様子 10 ラウタロ・マルティネス 7.0 キレのある動きを続けて脅威に。決勝ゴール 監督 S・インザーギ 6.5 ミランとは対照的にこれまでの戦い方を継続。スコア以上の内容差で勝利 ▽ミラン採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2023/get20230205_4_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 タタルサヌ 5.5 ややバタバタしていたが、防げるシュートは止めていた DF 20 カルル 5.5 自身のタスクはこなしていた印象 24 ケアー 5.0 失点に関与。ラウタロに付ききれず 46 ガッビア 5.0 バレッラに自身の担当エリアを侵攻されていた (→チャウ 5.5) ルカクとのマッチアップ。何とか耐える MF 2 カラブリア 5.0 対面のディマルコに押された (→サーレマーケルス 5.0) 守備に追われていた 30 メシアス 5.0 不慣れなインサイドで持ち味出ず (→ブラヒム・ディアス 5.0) 取り立てて流れを変えられず 33 クルニッチ 5.5 アンカーで起用。できることはしていた 8 トナーリ 5.0 チーム状況もあるが、バレッラとの代表マッチアップで劣勢に 19 テオ・エルナンデス 5.0 守備に追われ、持ち味出ず。らしさがなかった FW 9 ジルー 5.0 前線でもがき苦しむ。76分の好機でシュートに持って行けず 27 オリジ 5.0 チャルハノールの監視を任されていたようだが、攻守に機能せず (→レオン 5.5) らしい仕掛けは1回程度 監督 ピオリ 5.0 3バックへの変更でより消極的なプレーに。自信をさらに失う結果に ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ラウタロ・マルティネス(インテル) 不調のミランを尻目に絶好調。判断、シュートへの積極性と申し分なし インテル 1-0 ミラン 【インテル】 ラウタロ・マルティネス(前34) 2023.02.06 06:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ラウタロ弾のインテルが不振ミランにウノゼロ快勝《セリエA》

セリエA第21節、インテルvsミランのミラノ・ダービーが5日に行われ、1-0でインテルが勝利した。 前節クレモネーゼ戦を逆転で制した2位インテル(勝ち点40)は、5日前に行われたコッパ・イタリアではアタランタにウノゼロ勝利とし、ベスト4進出を決めた。ミランとは対照的に上り調子の中、ベストメンバーで臨んだ。 一方、サッスオーロに5失点惨敗を喫したミラン(勝ち点38)は5位に後退。再開後の不調から脱せずにいる中、3バックに変更。ジルーとオリジの2トップで挑んだ。 クルニッチを中盤アンカーに据えたミランが重心を低く構える入りとした中、インテルが押し込んでいく。すると6分に先制のビッグチャンス。ムヒタリアンのダイレクトパスでボックス左に侵入したラウタロがシュート。枠を捉えていたが、GKタタルサヌの好守に阻まれた。 さらに10分、シュクリニアルのアーリークロスからラウタロが際どいヘディングシュートを放つと、その後もインテルが主導権を握っていく。 そして34分に押し切った。チャルハノールの左CKからラウタロのヘディングシュートが決まった。ハーフタイムにかけてもインテルがペースを掴み、1点をリードして前半を終えた。 迎えた後半、メシアスに代えてブラヒム・ディアスを投入したミランが、プレスの位置を高めて圧力をかけにかかるも、流れを変えるには至らない。 そこで55分にオリジに代えてレオンを投入。それでも直後、インテルはラウタロが右クロスに合わせてGKタタルサヌ強襲のシュートを浴びせて牽制していく。 70分過ぎにルカクとブロゾビッチを投入したインテルが終盤にかけてもミランに圧力をかけ続け、そのままウノゼロ勝利。チーム状況通りの決着となった。 2023.02.06 06:44 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly