「骨格はある程度」最終選考に入るU-24日本代表、横内昭展監督は選手に「しっかりA代表を目指して欲しい」と最後の言葉

2021.06.12 17:20 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
U-24日本代表の横内昭展監督が、ジャマイカ代表戦を振り返った。U-24日本代表は12日、国際親善試合でジャマイカ代表と対戦。試合は4-0で日本が勝利した。

東京五輪のメンバー選考に向けた最後の試合となったこのゲーム。立ち上がりから積極的に攻め込む日本は、32分に酒井宏樹の素早いスローインのリスタートから久保建英が3人の股を抜くシュートを見せて先制する。

さらに42分には遠藤航がボックス付近からコースを狙ったミドルシュートを決めて追加点。前半を2-0で終える。

ハーフタイムで3名を交代させると、57分には三笘薫のスルーパスに反応した上田綺世がGKの位置をよく見たループシュートを決めて追加点。64分には久保のスルーパスに反応した相馬勇紀がボックス左から折り返し、最後は堂安律が蹴り込んで4-0。快勝を収めた。

試合後、横内監督が記者会見に出席。試合内容を振り返るとともに、選手のパフォーマンスを評価。ここから、森保一監督やスタッフらと整理して、選考を進めると語った。

ー最終選考の見極めの場となったが、メンバー選考のイメージは

「骨格はある程度見えてきたかなと思っていますが、まだスタッフ、(森保)監督も含めてもう一回見直しながら少し考えていきたいと思います」

ーチームとして見えてきた部分や核となるようなものはあったか

「この活動の最初のスタートに比べると、選手間でのコミュニケーションなどは努力し、ピッチの中で表れるようになり、日に日に増してきて、試合ごとに増してきたと思います」

「選手の特徴も周りが把握しだして、そういった意味ではすごく噛み合ってきたかなと思っています」

ー1年延期して一番受けたポジションがGKだと思うが

「この4人に関してはほぼレギュラーポジションを取っている選手で、近年オリンピック代表では少なかったと思います。各クラブで経験を積んできた選手たちなので、ある程度代表でも計算できるプレーができる。それぞれが甲乙つけがたいプレーを今回の活動でしてくれたと思います」

ー2017年12月の活動スタートからここまでを振り返ってみて

「あっという間でした。今思えば。オリンピックが延期となり、1年長くなるなどはありましたが、今思えばあっという間に通り過ぎてしまった感じです」

ー久々に3バックを終盤使われたが、試した理由と成果は

「プランとしては絶対守るぞというところで3バックというプランもありましたし、点を取りに行かなきゃいけないということで前に人数を増やしてというプランもありましたけど、今回3バックで少し試してみようというところで、(吉田)麻也と(酒井)宏樹は昨年のヨーロッパ遠征で経験がありますし、それ以外の選手もこのチームの立ち上げ当時は3バックをやっていたので、すんなり入れるかなと思っていました」

「練習ではトライしていなかったですが、ハーフタイムで少しだけ説明して、やるかやらないかは分からないけどと言っていましたが、少し試せてよかったです」

ー選手たちに最後ロッカールームで何を伝えたか

「今回は少し長い活動でしたが、チームのためにピッチの中でも、トレーニング中もピッチ外でもチームのためにと考えて活動してくれたことへの感謝を述べました」

「ただ、この中から選考という作業が入り、オリンピックに選ばれる選手と選ばれない選手がいます。ただ、我々はA代表候補の選手で、もちろん今回オリンピックに選ばれなかったとしても、A代表はずっと続く代表なので、しっかりそこを目指して欲しいという話をしました」

「選ばれた選手に関しては、そういった選手の想いも刻んで戦わないといけないと話して終わりました」

-ボランチの並びが試合中に何度も変わっていたが

「そこは僕の指示ではないです。2人に関しては、右だろうが左だろうが、状況によって変わることはあのポジションはあるので、そのままやってもいいですし、僕はそこまでここにいろという話はしていないです。彼らの判断です」

ー最後に追加招集し、後半途中出場したDF瀬古歩夢について

「途中から入る、そして最終ラインに入ることは簡単ではなかったと思いますが、自分の良さを発揮してくれたと思います」

ーベンチから外れた3人について

「事情があって3人外しました。もちろんこの3人が、試合に出ていないからそれで評価されるということはないです。それはハッキリ言えることです」

ーFWで先発した前田大然の評価は

「大然はゴールという結果はなかったでしたが、それ以外のところでディフェンスでプレスバックしたり、背後を何度も狙ってフリーランニングしてくれていました。もう少しゴールに直結できるシーンがあればよかったと思いますが、非常に満足しています」

吉田麻也のキャプテンシーがチームにもたらせているもの

「練習中、試合の中でも常にチームの勝利のために何をしなければいけないかを行動で、言葉で表してくれていました。選手はそれに引っ張られてきてくれたかなと思います」

「それに呼応して選手も言われるばかりではなく、自分たちで考える行動も出てきたように見えました」

ー先制点のシーンはスローインからのクイックスタートだったが

「いつも我々は切り替えを早くしようとしていて、セットプレーも含まれています。常に要求しているので、今日はそういうゴールが奪えて非常に良かったと思います」

「これは我々の武器にもなりますし、こういったゴールを増やしていきたいと思います」

ーそのゴールを決めた久保建英について

「しっかり相手のライン間でボールを引き出して、フリーだったら仕掛けて。得点シーンもそうですが、積極的にゴールを狙う姿勢から、前回も(堂安)律のゴールも彼のシュートからでしたが、そういうところの積極性は非常に出してくれたと思っています」

ー遠藤航が中盤で非常に良い守備をしていた。普段通りのプレーを要求しているのか

「航に関してもA代表で同じコンセプトでやっているので、彼の中に迷いというか、そういうものはないです。選手との組み合わせがこの年代で違うと思うので、その擦り合わせさえちゃんとできれば、A代表やクラブでやっていることは変わらずにクオリティを落とさずにできる選手だと思います」
関連ニュース
thumb

日本の市場価値はスペインの7分の1…22人の合計がペドリ1人にも及ばない!?

3日、東京オリンピックの男子サッカー準決勝が開催。53年ぶりのメダル獲得に向けて、U-24日本代表が優勝候補のU-24スペイン代表と対戦する。 東京五輪本大会前にフレンドリーマッチで対戦している両者。その際には1-1の引き分けに終わっていた。 日本としては初の決勝進出を懸けた重要な一戦。勝てばメダルが確定する重要な一戦だが、それはスペインにとっても同じだ。 海外組が圧倒的に増えた今回のU-24日本代表だが、スペインはユーロ2020に出場したメンバーが6名もいるなど、世代の実力者をしっかりと揃えて挑んできている。 大一番を前に両チームを比較。『Transfermarkt』市場価値でチームを比較してみた。 <span class="paragraph-title">◆最高額は4倍の差</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/value20210803_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> あくまでも市場価値での比較であり、選手たちの能力を数値化したものではない。ただ市場価値とはサッカー界でのひとつの指標としてよく使われるものだ。 スペインの最高額は18歳ながらA代表にも定着しユーロ2020でもプレー。バルセロナでも司令塔として活躍するペドリだ。 その市場価値は8000万ユーロ(約103億7400万円)。現役選手の中でも16番目という高さだ。同じ評価額なのは、マンチェスター・シティのイングランド代表MFフィル・フォーデンやアトレティコ・マドリーのポルトガル代表FWジョアン・フェリックスらがいる。 一方で日本の最高額はDF冨安健洋(ボローニャ)だ。今夏はトッテナムへの移籍が噂されており、イタリア国内でも評価高い。その冨安だが、市場価値では2000万ユーロ(約26億円)であり、ペドリの4分の1という状況だ。 <span class="paragraph-title">◆スペインが圧倒的</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/value20210803_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> では冨安の2000万ユーロ以上の選手がスペインには一体何人いるのか。 2番目に高いのはレアル・ソシエダのFWミケル・オヤルサバルで7000万ユーロ(約90億7600万円)、3番目はRBライプツィヒのダニ・オルモで5000万ユーロ(約64億8300万円)だ。 冨安と同じ2000万ユーロの評価となっているのは4名、それまでに9名の選手がいる状況であり、いかに実力者が揃っているかがわかるだろう。 なお、日本の2番目はMF久保建英(レアル・マドリー)で1500万ユーロ(約19億5000万円)、3位が遠藤航で1000万ユーロ(約13億円)となっている。 両チームの合計で比較するとスペインは5億6300万ユーロ(約730億円)、日本は7775万ユーロ(約100億8300万円)となり、7分の1に。22人の合計がペドリ1人よりも低いという結果となった。 <span class="paragraph-title">◆金額勝負ではないが…</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/value20210803_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> これだけを見ると圧倒的にスペインが上にいる状況。最初に記した通り、選手の実力を表すものではないが、明らかに日本の方が評価されている実力が低いということになる。 戦っている舞台がヨーロッパであってもビッグクラブに所属している選手は少なく、同じ土俵でも評価が高くないという状況もある。 つまり、日本としては持っている力を全て出すだけでなく、それ以上の力をしっかり出さなければ、勝てる相手ではないということだろう。 東京オリンピックが終われば、世代での制限がない舞台で戦わなければいけなくなる選手たち。より価値を高めるためには実力をつけるしかないだけに、ここでしっかりと評価を上げていけるか。それが金メダル獲得に繋がるはずだ。 <span class="paragraph-title">◆全44選手の市場価値</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJPQ2lSVUtvMSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 【スペイン代表】 市場価値:5億6300万ユーロ(約730億円) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/value20210803_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> GKウナイ・シモン(24):2000万ユーロ GKアルバロ・フェルナンデス(23):400万ユーロ GKアレックス・ドミンゲス(23):250万ユーロ DFオスカル・ミンゲサ(22):1500万ユーロ DFパウ・トーレス(24):5000万ユーロ DFヘスス・バジェホ(24):500万ユーロ DFエリック・ガルシア(20):2000万ユーロ DFオスカル・ヒル(23):250万ユーロ DFフアン・ミランダ(21):700万ユーロ MFマルク・ククレジャ(23):2000万ユーロ MFマルティン・スビメンディ(22):2000万ユーロ MFミケル・メリノ(25):4000万ユーロ MFダニ・セバージョス(24):2700万ユーロ MFカルロス・ソレール(24):4000万ユーロ MFホン・モンカジョラ(23):700万ユーロ MFペドリ(18):8000万ユーロ MFダニ・オルモ(23):2700万ユーロ FWマルコ・アセンシオ(25):3500万ユーロ FWラファ・ミル(24):1200万ユーロ FWミケル・オヤルサバル(24):7000万ユーロ FWハビ・プアド(23):600万ユーロ FWブライアン・ヒル(20):3000万ユーロ 【日本代表】 市場価値:7775万ユーロ(約100億8300万円) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/value20210803_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> GK大迫敬介(22):95万ユーロ GK谷晃生(20):60万ユーロ GK鈴木彩艶(18):30万ユーロ DF酒井宏樹(31):400万ユーロ DF中山雄太(24):80万ユーロ DF板倉滉(24):350万ユーロ DF吉田麻也(32):320万ユーロ DF旗手怜央(23):80万ユーロ DF冨安健洋(22):2000万ユーロ DF橋岡大樹(22):100万ユーロ DF町田浩樹(23):85万ユーロ DF瀬古歩夢(21):80万ユーロ MF遠藤航(28):1000万ユーロ MF久保建英(20):1500万ユーロ MF三好康児(24):200万ユーロ MF堂安律(23):700万ユーロ MF三笘薫(24):180万ユーロ MF相馬勇紀(24):80万ユーロ MF田中碧(22):170万ユーロ FW前田大然(24):110万ユーロ FW上田綺世(22):90万ユーロ FW林大地(24):65万ユーロ 2021.08.03 12:42 Tue
twitterfacebook
thumb

「自分たちの仕事をやり遂げたことは誇り」PK戦で日本に敗れたニュージーランド、MFベルはチームを称える

U-24ニュージーランド代表のMFジョー・ベルが、U-24日本代表戦を振り返った。ニュージーランド『stuff』が伝えた。 東京オリンピックの男子サッカー準々決勝で対戦した両者。グループBを2位で通過したニュージーランドがグループAを3連勝で突破した日本と対戦した。 ニュージーランドは前半からアグレッシブに戦い、引いて守りを固める守備と日本のビルドアップを防ぐ前からのプレスを使い分けて戦う。 日本は攻撃の形を作りながらもなかなか攻め切れず。決定機を迎える場面もあったが、ゴールは生まれずゴールレスのまま120分間が終了。PK戦の末に4-2で日本が勝利した。 ベスト8で敗退となったニュージーランド。ベルを含むこの世代の選手たちは、2019年のU-20ワールドカップに出場するも、ラウンド16でU-20コロンビア代表を相手にPK戦で敗戦。国際大会で2度目のPK戦負けでの敗退となった。 ベルはその当時よりもチームは成長しているとコメント。2022年のカタール・ワールドカップに向けた長期的なプランで進んでいると語った。 「僕たちは常にこれが長期的なプロジェクトであることについて話している」 「数年前のU-20ワールドカップでも似たような場面があった。今回の大会ではさらに前進していると思う」 「試合(10日間で4試合)をこなしてきた選手たちが、優れた日本のチームと120分間、100%の力で自分たちの仕事をやり遂げたことは誇りに思っている」 「それはこのチームのキャラクターと、選手個人のキャラクターをよく示していると思う」 2021.08.01 11:35 Sun
twitterfacebook
thumb

日本に敗戦のニュージーランド指揮官、チーム作りの差を口に「日本のように数千万ドルものお金を使い…」

U-24ニュージーランド代表のダニー・ヘイ監督が、U-24日本代表戦を振り返った。ニュージーランドフットボール(NZF)が伝えた。 東京オリンピックの男子サッカー準々決勝で対戦した両者。グループBを2位で通過したニュージーランドがグループAを3連勝で突破した日本と対戦した。 ニュージーランドは前半からアグレッシブに戦い、引いて守りを固める守備と日本のビルドアップを防ぐ前からのプレスを使い分けて戦う。 日本は攻撃の形を作りながらもなかなか攻め切れず。決定機を迎える場面もあったが、ゴールは生まれずゴールレスのまま120分間が終了。PK戦の末に4-2で日本が勝利した。 ベスト8で敗退となったニュージーランド。ヘイ監督は日本ほどチーム作りに時間をかけられていない事を語り、まだまだ可能性のあるチームだと選手たちを称えた。 「この若い選手たちのグループにはとても多くの可能性がある。実際に一緒に過ごしたのはほんの数週間だったことを知っておくのは重要だ」 「このグループは日本のように、数千万ドルものお金を使い、40〜50試合を一緒に戦ってきたわけではない」 「ウォーミングアップの試合をいくつか行なった後、ライオンの巣窟に放り込まれたのだ」 「選手たちのリアクション、彼らが見せたキャラクター、戦術のプランの中で、責任と役割を果たす意欲はとても素晴らしいと思う」 2021.08.01 10:38 Sun
twitterfacebook
thumb

金メダルまであと2つ! 男子サッカーベスト4決定、日本は大会前に対戦したスペインと再戦《東京オリンピック》

31日、東京オリンピックの男子サッカー準々決勝の4試合が行われた。 グループAを唯一の3連勝で突破したU-24日本代表は、グループBを2位で通過したU-24ニュージーランド代表と対戦した。 試合は日本が攻めるシーンもある中、ニュージーランドの守備を崩せず。120分を終えてゴールレスとなり、PK戦に突入した。 PK戦では互いに1人目を成功させるが、ニュージーランドの2人目のシュートをGK谷晃生がセーブ。さらにニュージーランドは3人目が失敗しピンチに。日本は4人目のDF吉田麻也が冷静に決めて4-2で勝利を収めた。 グループB首位のU-24韓国代表は、グループA2位のU-24メキシコ代表と対戦し3-6で大敗を喫した。立ち上がりは点の取り合いとなり、前半は1-3でメキシコがリード。後半早々に韓国が反撃し、1点差に迫るも、そこからメキシコが得点を重ね、終わってみれば3-6の大差で勝利した。 グループC首位のU-24スペイン代表は、グループD2位のU-24コートジボワール代表と対戦。試合はコートジボワールがDFエリック・バイリーのゴールで先制するも、_スペインがMFダニ・オルモのゴールで同点に。このまま延長戦かと思われた中、コートジボワールは後半アディショナルタイムにMFマックス・グラデルが決めて土壇場で勝ち越しに成功。そのまま逃げ切ると思われたが、スペインはFWラファ・ミルが93分に決めて同点。2-2で延長戦へと突入する。 延長戦では前半にバイリーがファウルを犯し、スペインはミケル・オヤルサバルのPKで逆転に成功。延長後半には相手の隙をついたラファ・ミルが2点を決めてハットトリック達成。5-2でスペインが勝利した。 グループD首位のU-24ブラジル代表はグループC2位のU-24エジプト代表と対戦。前半にFWマテウス・クーニャがゴールを奪い先制したブラジルが最後まで守り切り、1-0で勝利を収めた。 この結果、準決勝では日本はスペインと対戦。メキシコがブラジルと対戦することとなった。 ◆準々決勝 ▽7月31日(土) U-24スペイン代表 5-2(延長) U-24コートジボワール代表ー【27】 U-24日本代表 0-0(4PK2) U-24ニュージーランド代表ー【25】 U-24ブラジル代表 1-0 U-24エジプト代表ー【28】 U-24韓国代表 3-6 U-24メキシコ代表ー【26】 ◆準決勝 ▽8月3日(火) 《17:00》 U-24メキシコ代表 vs U-24ブラジル代表ー【30】 [県立カシマサッカースタジアム] 《20:00》 U-24日本代表 vs U-24スペイン代表ー【29】 [埼玉スタジアム2002] ◆3位決定戦 ▽8月6日(金) 《20:00》 【29】敗者 vs 【30】敗者 [埼玉スタジアム2002] ◆決勝 ▽8月7日(土) 《20:30》 【29】勝者 vs 【30】勝者 [横浜国際総合競技場] 2021.07.31 22:05 Sat
twitterfacebook
thumb

レーティング: U-24日本代表 0-0(4 PK 2) U-24ニュージーランド代表《東京オリンピック》

#1日、東京オリンピック準々決勝のU-24日本代表vsU-24ニュージーランド代表の一戦が県立カシマサッカースタジアムで行われ、0-0で120分間の戦いが終了。PK戦の末、4-2で日本が勝利した。 超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽U-24日本代表採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/fom20210731u24jpn_nzl_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©CWS Brains, LTD.<hr></div> ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価 ※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし GK 12 谷晃生 7.5 ボックス外に出ての対応も冷静。クロス対応の判断も素晴らしかった。PK戦では1本 セーブし勝利に貢献。 DF 5 吉田麻也 6.5 ウッドの対応もしっかりと遂行。カバーリング、危険なところへ顔を出すなど守備を統率。勝利を決めるPKで締めくくる。 13 旗手怜央 6.5 機を見て攻撃のサポート、守備でもしっかりと間合いを詰めて対応。攻撃のポジションに入ってもしっかりとプレーする。 (→11 三笘薫 5.5) 延長戦からの出場でフレッシュな状態で積極的に仕掛ける。上田への決定的なスルーパスを出すがあまり良さが出ず。 14 冨安健洋 6 クリス・ウッドとのマッチアップでは負けず。良い守備を見せていたが、イエローカードをもらい準決勝は出場停止。 15 橋岡大樹 6.5 積極的なプレーでチームメイトであるカカーチェとのマッチアップでも負けず。守備も我慢強く守った。 MF 6 遠藤航 6 前半最大の決定機をまさかのミスショット。それでも攻守にしっかりと強度を持ってプレーを保った。 7 久保建英 6 強度の高い相手をうまくいなしてプレー。積極的に仕掛け、4試合連続ゴールを目指した。前線の連携がなかなか上手くいかなかった。 10 堂安律 6 積極的に仕掛けてチャンスメイク。決定は作ったが決め切れず。強度の高い相手に苦しんだ。 (→8 三好康児 -) 出場時間が短いため採点はなし。 16 相馬勇紀 5.5 仕掛けるプレーは良いものの、連動した動きはなかなか見られず。何度か相手のファウルを誘った。 (→3 中山雄太 6) 守備の対応として入るも攻撃のシーンが多い状況。少し迷いがあるプレーは気になったが、落ち着いたプレーを見せた。 17 田中碧 6 遠藤とのバランスをとってこの試合もプレー。なかなか前を向いてプレーできず、攻撃の良さがあまり出ず。 (→4 板倉滉 6) 守備をハメにいくために延長戦から出場。高さでは負けずしっかりと試合に入って力を発揮した。 FW 19 林大地 5.5 前線でこの日も体を張るプレー。体格差もありあまりボールが入らず、攻撃で良いシーンは見られず。 (→18 上田綺世 5.5) なかなか良いボールが来ないなかでもポジション取りで攻撃の起点に。決定機を1つ決められなかったのは痛かった。 監督 森保一 6 強度の高い相手に対してなかなか選手を変えずに粘る采配。それでも守備面を改善してPK戦に持ち込み、勝利を掴んだ。 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! GK谷晃生(日本) 空中戦が多くなる中で冷静な判断と対応を見せる。PK戦ではシュートを1本セーブ。相手のコースを読み失敗も誘う。 U-24日本代表 0-0(4 PK 2) U-24ニュージーランド代表 2021.07.31 20:52 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly