補強着々のビラ、英2部MVPブエンディアの次はFKの名手ウォード=プラウズ?

2021.06.07 17:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アストン・ビラがサウサンプトンからイングランド代表MFジェームズ・ウォード=プラウズ(26)の獲得も目指しているようだ。

今季のプレミアリーグで最終的に11位という結果に終わったが、一時期に上位をかき乱す存在になるなど、残留争いに巻き込まれることなく、1年を戦い切ったビラ。アーセナルも目を光らせるノリッジ・シティのアルゼンチン人MFエミリアーノ・ブエンディアをクラブレコードの移籍金3300万ポンド(約51億円)で射止めたといわれる。

今季のチャンピオンシップでMVPに輝いた注目株の争奪戦を制したばかりのビラだが、イギリス『ガーディアン』によれば、補強はそれだけにとどまらない模様。来季のさらなる躍進を期すビラは補強をできるだけ早く完了させようと、ブエンディアの加入で合意に達した翌日からウォード=プラウズの獲得にシフトしたという。

サウサンプトン一筋のウォード=プラウズはリーグ屈指のプレースキッカーとして評判高い中盤の選手。今季もリーグ最多の被ファウル数を記録したイングランド代表MFジャック・グリーリッシュを擁するビラはウォード=プラウズのプレースキック精度が攻撃の強化に繋がり、武器にもなるとして、白羽の矢を立てたようだ。

また、ビラのディーン・スミス監督は今夏に関して量よりも質のスタンスで、新戦力に大きなインパクトを与えるプレーを求めている様子。ウォード=プラウズは年齢やリーグでの経験値という部分だけでなく、プレースタイルの面でもスミス監督が求めるといわれるプロフィール基準に合致する存在だという。

なお、ウォード=プラウズは昨夏、サウサンプトンとの契約を2025年まで延長。今季も主将という役割を担いながらリーグ戦全38試合に先発して8得点7アシストの活躍を披露した。

関連ニュース
thumb

図太い神経!B・フェルナンデスのPK失敗後に、相手サポへ踊りを見せるマルティネス「エミ、愛してる」

アストン・ビラのアルゼンチン代表GKエミリアーノ・マルティネスが、PK後に例のアクションを行った。 アストン・ビラは25日、プレミアリーグ第6節でマンチェスター・ユナイテッドとオールド・トラッフォードで対戦した。序盤こそ後ろに重い状況が続いたが、次第に挽回。一進一退の攻防を見せ、試合終盤の88分にコートニー・ホースが先制点を挙げた。 このまま逃げ切りたいアウェイチームだったが、直後にユナイテッドにPKを献上。守護神マルティネスはクリスティアーノ・ロナウドがキッカーを務めると思ったのか、背番号「7」に向かって「かかってこいよ!」と自信たっぷりに叫んだ。 だが、実際にキッカーを務めたのはブルーノ・フェルナンデス。しかも、大きく枠を外し、ボールはゴール裏に陣取るユナイテッドサポーターへ向かって一直線。すると、マルティネスはサポーターの方を向き、あのダンスを披露した。 コパ・アメリカ2021のコロンビア代表戦でもPKストップの際に見せていたこのダンス。ファンからも「ダンス可愛いすぎ」、「ゴールパフォーマンスみたい」、「エミ、愛してる」といった声が寄せられた。 実際にセーブせずとも、失敗したならばマルティネスの勝ちだ。難を逃れたアストン・ビラはこのまま逃げ切り、リーグ戦3勝目を手にしている。 <span class="paragraph-title">【動画】B・フェルナンデスのPK失敗後、相手サポへ踊りを見せるマルティネス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Emiliano Martinez to the Man Utd fans after Bruno Fernandes missed the penalty. This man is a living legend. <a href="https://t.co/ooQInzKLJ9">pic.twitter.com/ooQInzKLJ9</a></p>&mdash; Football Shithousery (@FootyRustling) <a href="https://twitter.com/FootyRustling/status/1441766976611708932?ref_src=twsrc%5Etfw">September 25, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.27 22:25 Mon
twitterfacebook
thumb

「非常に多くの苦しみを味わってきたスタジアムだが…」 ビラ指揮官が12年ぶりのOT攻略を喜ぶ

アストン・ビラのディーン・スミス監督が勝ち誇った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 25日に行われたプレミアリーグ第6節でマンチェスター・ユナイテッドのホームに乗り込んだビラは30本近くシュートを許したが、粘りの守りで最後のところで踏ん張り続け、88分に右CKのチャンスからこぼれ球をイングランド人DFコートニー・ホースが押し込み、先制。それが決勝点となり、今季初の連勝で勝ち点を「10」に伸ばした。 先制直後にホースのハンドでPKチャンスを献上したものの、ポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスが外すという運にも恵まれ、大きな1勝を掴み取ったビラ。データ集計会社『Opta』によると、ビラがオールド・トラッフォードで勝利したのは2009年12月以来だという。スミス監督は試合後、妥当な結果だと振り返った。 「知っての通り、このスタジアムはビラファンも非常に多くの苦しみを味わう場所だが、ここ数年はもうちょっとのところまで迫った試合もあったと思う。周囲もそう思っていたはずだ。この試合での勝利を“大金星だ”とも言うだろうが、私からしたら、それ以上に見事なパフォーマンスぶりだった」 「勝利に値したと思う。大きなチャンスもあった。(クリスティアーノ・)ロナウド、(ポール・)ポグバ、フェルナンデス、(メイソン・)グリーンウッドを前線4枚を相手にアグレッシブに戦ったのだ。信念を持っても挑めたね」 「(今夏にマンチェスター・シティに移籍した)ジャック(・グリーリッシュ)がいなくなってしまったが、良い補強ができたと感じている。パフォーマンスレベルもそれなりだ。淡白なスタートを切ったが、それには理由があったのだ」 2021.09.26 11:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドが今季リーグ初黒星…2人の負傷者に土壇場PK失敗とOTは“悪夢の劇場”に《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第6節、マンチェスター・ユナイテッドvsアストン・ビラが25日にオールド・トラッフォードで行われ、アウェイのビラが0-1で勝利した。 ユナイテッドは前節、ウェストハムとの接戦をリンガードの恩返し弾とGKデ・ヘアの土壇場PKストップによって競り勝ちリーグ3連勝を達成。その一方で、カップ戦ではチャンピオンズリーグ(CL)のヤング・ボーイズ戦に続き、直近のEFLカップではウェストハムにリベンジを許し、今季2度目の公式戦黒星を喫することになった。 29日に昨季ヨーロッパリーグ(EL)決勝のリベンジを狙うビジャレアル戦を控える中、今回のビラ戦ではリーグ前節と全く同じスタメンを採用。ただ、負傷明けのカバーニがベンチに戻ってきた。 試合は立ち上がりからEFLカップ敗戦からのバウンスバックを図るユナイテッドが、アグレッシブな入りを見せる。開始直後の2分には左サイドを突破したショーからの折り返しを、ボックス中央で受けたブルーノ・フェルナンデスが左足のシュートを放つが、これは惜しくも枠を捉え切れず。さらに、5分にはB・フェルナンデスの直接FK、11分にはクリスティアーノ・ロナウドのミドルシュートと、序盤から積極的に足を振っていく。 一方、立ち上がりから押し込まれて[3-5-2]の布陣が[5-3-2]と後ろに重い状況が続くビラだが、相手のミスを突いてビッグチャンスを創出。 まずは16分、GKマルティネスのロングボールをキッカケにキャッシュがDFショーの背後を2度連続で取ってボックス右から決定的なグラウンダーのクロスを供給。だが、ファーに詰めたターゲットの左足シュートは枠を捉え切れない。さらに、22分にはDFマグワイアからGKデ・ヘアへのバックパスの乱れからボックス中央でルーズボールを奪ったワトキンスに絶好機も、ここはデ・ヘアの好守に阻まれた。 以降はビラが前に出てきたことで、試合はよりオープンな展開に。ユナイテッドは序盤と異なり、グリーンウッドを起点としたカウンターで幾度か決定機を作り出すが、その流れの中でアクシデントが発生。筋肉系のトラブルか、ショーがプレー続行不可能となり、34分にダロトのスクランブル投入を余儀なくされた。 その後、試合終盤にかけて再び押し込む形を作り出したユナイテッドは、44分にマグワイア、アディショナルタイム2分にポグバといずれもセットプレーからのヘディングシュートで先制点に迫ったが、GKマルティネスの好守などに阻まれた。 0-0のイーブンで折り返した試合は、ビラペースで進んでいく。球際の強度、背後への意識に優れるアウェイチームは、要所で緩みが見えるユナイテッド相手に鋭い攻めを見せる。58分にはキャッシュの右クロスに反応したワトキンスがボックス内でDFに倒されるが、ここはノーファウルの判定。 一方、前半とは異なり、なかなか良い形で攻撃を見せられないユナイテッドは、再びアクシデントに見舞われる。左足を痛めたマグワイアが一度はプレーに復帰したが、67分にリンデロフとの交代でピッチを後にした。 試合は後半序盤のビラの優勢の流れから徐々にカウンターの応酬が続くオープンな展開に変化。69分にはロングカウンターから相手の背後に抜け出したワトキンスがボックス付近で右にカットインし、強烈なシュートを枠の左隅に飛ばすが、これはGKデ・ヘアの好守に遭う。 一方、ビラの運動量の低下によってカウンターチャンスは増えているものの、グリーンウッドの強引な仕掛けが目立って仕留め切れない状況が続くユナイテッド。82分にはマクトミネイを下げて切り札のカバーニをピッチへ送り出した。 しかし、一進一退の攻防を見せた試合終盤に先手を奪ったのはアウェイのビラだった。88分、左CKの場面でキッカーのドウグラス・ルイスが右足で入れた速いボールに対して、マーカーのカバーニを振り切ってニアに飛び込んだホースが巧みにコースを変えた見事なヘディングシュートを流し込んだ。 勝ち点1でも許されない中、ホームで勝ち点0の可能性が濃厚となったユナイテッドだったが、すぐさま絶好の同点機を得る。90分、右サイドでB・フェルナンデスが入れたクロスをカバーニが頭で合わせると、これがDFホースの腕に当たってPKを獲得。ここでキッカーは公式戦3試合連続ゴール中のC・ロナウドではなく正規のキッカーのB・フェルナンデスが務めるが、リーグ屈指の名手はここでシュートをクロスバーの大きく上に外してしまい、痛恨の失敗となった。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、今季リーグ初黒星にショーとマグワイアが負傷したオールド・トラッフォードでの一戦は、まさかの“悪夢の劇場”となった。 2021.09.25 22:39 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド戦控えるアストン・ビラ、前節初ゴールのMFベイリーが負傷離脱

アストン・ビラのジャマイカ代表FWレオン・ベイリーがしばらく欠場することになるようだ。クラブ公式サイトが伝えた。 今夏レバークーゼンからアストン・ビラへと加入したベイリー。途中出場が続く中、18日に行われたプレミアリーグ第5節のエバートン戦では鋭い抜け出しから移籍後初ゴールを記録し、チームの勝利に貢献していた。 しかし、そのベイリーは太ももを痛めた模様。ディーン・スミス監督が、しばらく欠場することを明かした。 「レオンは張りがあり、インターナショナルブレイクが終わるまでは欠場することになるだろう」 「ウォルバーハンプトン戦に出場できることを期待しているが、近いうちに検査を行い、今後10日間は経過を見守る必要がある」 また、エバートン戦でフル出場を果たし、ケガから復帰したMFモルガン・サンソンもしばらく欠場することになるようだ。 「サンソンはハムストリングに痛みを感じていた。それが悪いものになるとは思わない。彼は実際に2、3分間プレーを続けた。そして私に悪いものじゃないことを証明した」 「彼は痛みを感じ、交代する時が来たと理解しただけだ」 「この3、4カ月はヒザのケガで欠場していた。完全な状態に戻るために一生懸命努力していた。彼は試合に出る時間を増やしていたので、本当に残念なことだが、ほんの少しだけ後退してしまった」 そのアストン・ビラは25日に第6節でマンチェスター・ユナイテッドと対戦する。 <span class="paragraph-title">【動画】スピードスター!ベイリーの圧巻プレミア初ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Welcome to Villa Park, <a href="https://twitter.com/leonbailey?ref_src=twsrc%5Etfw">@LeonBailey</a>! <a href="https://t.co/RpYKWe1bXM">pic.twitter.com/RpYKWe1bXM</a></p>&mdash; Aston Villa (@AVFCOfficial) <a href="https://twitter.com/AVFCOfficial/status/1439333480744292359?ref_src=twsrc%5Etfw">September 18, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.24 14:08 Fri
twitterfacebook
thumb

主力温存のチェルシーがアストン・ビラをPK戦の末に撃破、4回戦進出を決める!《EFLカップ》

EFLカップ(カラバオカップ)3回戦のチェルシーvsアストン・ビラが22日に行われ、1-1で90分が終了。PK戦の末、4-3でチェルシーが勝利した。 先々週末にリーグ戦で3-0と快勝したアストン・ビラとの再戦となった3回戦。2015年ぶりの優勝を目指すチェルシーは、直近に行われたトッテナム戦の先発からGKケパ以外の10人変更。ハドソン=オドイ、ヴェルナー、ツィエクを3トップに並べた[4-3-3]の布陣で試合に臨んだ。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、互いにアタッキングサードでの精彩を欠き、30分を過ぎても決定機はなく膠着状態が続く。そんな中、チェルシーは37分、ボックス右でパスを受けたツィエクがマイナスに切り込みながら左足を振り抜いたが、シュートは相手GKのセーブに阻まれた。 対するアストンビラは45分、右サイドのトラオレが供給したダイアゴナルパスを中央で受けたアーチャーが決定機を迎えたが、シュートはGKケパが弾く。さらにこぼれ球をエル・ガジが詰めたが、これはゴールカバーに戻ったR・ジェームズがライン手前でクリアした。 迎えた後半、チェルシーはカンテを下げてマウントを投入。すると54分、ツィエクのバックパスをバイタルエリア右で受けたR・ジェームズがクロスを上げると、ヴェルナーがヘディングシュートを叩き込んだ。 先制したチェルシーは56分にも、ツィエクのパスで抜け出したヴェルナーがチャンスを迎えたが、シュートはわずかに枠の左に逸れた。 早めに追加点が欲しいチェルシーだったが、アストン・ビラに一瞬の隙を突かれ同点を許す。64分、右サイドでパスを受けたキャッシュの正確なアーリークロスをゴール前に走り込んだアーチャーが頭で流し込んだ。 追いつかれたチェルシーは69分、ボックス中央でボールキープしたロフタス=チークのヒールパスからマウントに決定機が訪れたが、右足アウトで狙いすましたシュートはわずかにゴール右に外れた。 勝ち越しを狙うチェルシーは、76分にサウールとツィエクを下げてルカクとバークリーを投入。終盤はオープンな展開が続いてが、互いに追加点は生まれず、1-1で90分が終了。決着はPK戦に委ねられることになった。 そのPK戦では、2人目のヤングと3人目のナカンバが失敗したアストン・ビラに対し、チェルシーは4人目のチルウェルが失敗するも5人目のR・ジェームズがしっかりと決め、4-3で勝利した。 2021.09.23 06:01 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly