バルセロナに逆転勝ちのグラナダ、歴史的勝利のマルティネス監督「我々は壮大な旅路を歩んでいる」

2021.04.30 15:52 Fri
Getty Images
グラナダのディエゴマルティネス監督がチームの歴史的勝利に満足感を示した。スペイン『マルカ』が伝えている。
PR
29日に行われたラ・リーガ第33節のバルセロナ戦を2-1で制し、カンプ・ノウで初勝利を挙げたグラナダ。23分にアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのゴールで先制を許すも、63分にベネズエラ代表FWダルウィン・マチスのゴールで同点とし、79分にはスペイン人FWホルヘ・モリーナのヘディングで見事な逆転劇を演じた。
勝てば首位浮上のバルセロナを相手に金星を掴み取り、2試合ぶり白星のグラナダ。ディエゴマルティネス監督は試合後、「我々は壮大な旅路を歩んでいる」と語り、歴史的な一夜を興奮冷めやらぬ口調で振り返った。

「我々は再び壮大で、歴史的な日を経験した。このチームがカンプ・ノウで勝ったのは初めて。2番目の歴史的なポイントを何とかやり遂げ、多大な努力でゲームから戻ってきた。私が選手たちをどれほど誇りに思っているか、言葉で表現するのは難しい」

「我々の野心は常に勝つことだ。選手たちはライバルや状況に関係なく、過去3年間に示してきた価値観を常に尊重し、バルセロナのようなライバルに対しては多くのことをうまくやらなければならない」
「最も多くの試合を行ったスペインのチーム、ヨーロッパでプレーしたことのない謙虚なチーム…我々はサッカーの本質を尊重し、自らの力で挑戦権を掴もうとする。そして今日、我々は1つの新しい模範を示した」

「非常に強固な守備、非常に協力的な姿勢を保ち、相手に快適にプレーさせないこと。それが勝つチャンスを得る唯一の方法だった。我々にはそれをやり切る力があった。後半には展開の精度が上がり、バルサの攻撃力を封じ込めるためにソリッドに戦えた。チームは非常に堅固だった」

この勝利で、グラナダは勝ち点を「45」に積み上げて、5位レアル・ソシエダと勝ち点差8とし、ヨーロッパリーグ(EL)出場権の獲得にも望みを繋いだ。

残り5試合では優勝を争うレアル・マドリーや、残留を争うアラベス、ヘタフェらと対戦。ラ・リーガ昇格初年度から7位フィニッシュを成し遂げ、EL出場権を獲得した昨季に続く成功を今季も手にできるか否かを左右する大事な時期に入ってくるのは間違いない。

PR
関連ニュース

バレンシアで大規模住宅火災、グラナダ戦が延期に

ラ・リーガは23日、翌日行われる予定だったラ・リーガ第26節グラナダvsバレンシアを延期することを発表した。 バレンシアでは23日、カンパナール地区の14階建てマンションで火災が発生。全焼し4人が犠牲に、14人が行方不明となっている。バレンシアはこの火災を受けてラ・リーガに試合の延期を要請していた。 ルベン・バラハ監督は延期を受けて「今は非常に困難な時。サッカーを後回しにすべきだ。人生にはもっと大事なことがある。我々はこの状況に対して団結しなければならない。大惨事だったが、救援にあたった全ての人に感謝しなければならない。バレンシアはクラブとしてできる限りのことをするつもりだ」とコメントした。 2024.02.23 22:30 Fri

「許されないミスを犯した」撃ち合いで痛恨のドローに終わったバルセロナ、チャビ監督は逆転のリーグ制覇に「タオルを投げるつもりはない」

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督が、グラナダ戦の引き分けを振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 11日、ラ・リーガ第24節でホームにグラナダを迎えたバルセロナ。チャビ監督の辞任発表から連勝と持ち直していたチームは、3連勝を目指して戦った。 試合は14分にラミン・ヤマルのゴールで幸先良く先制。しかし、前半のうちに追いつかれると、60分に逆転を許してしまう。63分にロベルト・レヴァンドフスキのゴールで追いつくが、すぐに勝ち越されることに。敗戦の可能性も出た中で、ヤマルが2点目を奪い、なんとか勝ち点1を獲得するに留まった。 試合後、チャビ監督はチームのパフォーマンスについて言及。ミスが問題だとした。 「正直に言って、我々は許されないミスを犯してしまった。2-0にする瞬間もあり、それができていれば試合は変わっていたと思うが、グラナダは非常に良い試合をした」 「彼らはゲームを個人のデュエルに持ち込んだ。そして今日はスピードがあまり上がらなかった。我々は努力してきたが、守備面で多くのものを失っていた」 今節は首位攻防戦でレアル・マドリーがジローナに勝利。バルセロナとしてはしっかりと差を詰めたかった中での勝ち点2を失ったが、リーグ優勝について問われたチャビ監督は「難しい」と認めるも、「諦めない」と最後までやり切ると誓った。 「それは難しい。今日の2ポイントは難しくなった。タオルを投げるつもりはない。その差は大きいが、不可能なことではない」 「ビジャレアル戦の日も失敗し、今日も失敗した。ただ、我々は多くの瞬間に多くのものを与えてきた」 「チームは信念を持って、努力してきた。でも不十分だった。ジローナに迫る良いチャンスだったが、それはできなかった」 <span class="paragraph-title">【動画】予想外の打ち合いに…バルセロナが痛恨のドロー</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="NIuVYtIr1Og";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.12 09:55 Mon

バルセロナが格下グラナダにホームで痛恨勝ち点逸…ヤマル2発で敗戦回避も守護神復帰戦で3失点【ラ・リーガ】

ラ・リーガ第24節、バルセロナvsグラナダが11日にエスタディ・オリンピック・リュイス・コンパニスで行われ、3-3のドローに終わった。 前節、アラベス相手にレヴァンドフスキのリーグ7試合ぶりのゴールなどで3-1の勝利を収めた3位のバルセロナ。わずかに残る逆転優勝へ3連勝を目指したホームゲームでは降格圏の19位に沈むグラナダと対戦。 チャビ監督はこの試合に向けて前節から先発2人を変更。GKに守護神テア・シュテーゲンが復帰し、アラウホに代わってイニゴ・マルティネスが起用された。さらに、ハフィーニャがベンチに戻ってきた。 [5-4-1]の布陣で臨んだアウェイチームに対して、バルセロナは左サイド上がりの布陣でカンセロとラミン・ヤマルが幅を取りながら、インサイドのペドリやギュンドアンを起点に崩しを試みる。 13分には右サイドでDFと完璧に入れ替わったヤマルがファーを狙った絶妙なグラウンダーのクロスを供給するが、懸命に滑り込んだレヴァンドフスキはわずかに届かない。 それでも、直後の14分には左サイドを起点とした崩しからフレンキー・デ・ヨング、カンセロと繋ぎボックス左のカンセロが巧みな切り返しから絶妙なクロスを供給。これをファーにフリーで走り込んだヤマルが右足ワンタッチで合わせ、2度目のチャンスで先制に成功した。 これで余裕の展開になるかに思われたが、失点後もアグレッシブさを失わずに前に出てくるグラナダに手を焼くと、GKテア・シュテーゲンの立て続けのキックミスやデ・ヨングのロストからショートカウンターを浴びる。それでも、クリステンセンの身体を張ったシュートブロックなどで事なきを得る。 前半半ばから膠着状態に陥るが、終盤に大きな動き。まずは41分、バルセロナがヤマルの対角パスで左サイドのスペースに抜け出したペドリが内側への仕掛けからオーバーラップしたギュンドアンに巧みなヒールパス。ギュンドアンはシュートではなく逆サイドのレヴァンドフスキへ完璧な折り返しを入れるが、レヴァンドフスキの至近距離からのシュートはDFホングラの見事なゴールカバーにかき出されて追加点とはならず。 すると、直後の43分には右サイド深くで縦に仕掛けたペリストリの折り返しにニアで反応したリカルド・サンチェスが巧みな右足ボレーをニア上に突き刺し、グラナダが同点に追いついた。 前半の大半でゲームをコントロールしながらも、1-1のイーブンで試合を折り返したバルセロナ。後半も大きく戦い方を変えずに入ると、52分にはライン間でボールを引き出したペドリを起点にギュンドアンを経由したボールがボックス左のレヴァンドフスキに渡る。だが、左足のシュートを枠に飛ばせない。 崩しの手前まではスムーズにいくものの、最後がうまくいかないホームチームに対してアウェイチームの一刺しが後半も嵌る。60分、右サイド深くでリカルド・サンチェスが浮き球で入れたクロスをDFパウ・クバルシが頭で触ったボールがファーに流れると、ウズニがダイレクトで折り返したボールをペリストリが右足で押し込んだ。 格下相手にホームで逆転を許したバルセロナは、直後の63分に左サイドのカンセロの浮き球パスに反応したギュンドアンの短い落としを受けたレヴァンドフスキがボックス中央から鋭い右足シュートを流し込み、瞬く間にスコアをタイに戻す。 だが、そこから勝ち越しを目指して前がかろうというタイミングの66分には、グラナダがFKの二次攻撃からマウアサの左クロスをゴール前のイグナシ・ミケルがストロングヘッドで合わせ、すぐさま勝ち越しゴールを奪った。 再びビハインドを負う形となったチャビのチームはクリステンセンを下げてフェルミン・ロペスを投入。さらに、75分にはカンセロを下げてハフィーニャを投入する攻撃的な采配でゴールをこじ開けにかかる。 すると81分、押し込んだ流れのカウンタープレスでカジェホンからボールを奪い返したヤマルがボックス右角から左足を一閃。鋭い低弾道のシュートがニア下を射抜き、圧巻のゴラッソでスコアをタイに戻した。 残り時間を考えれば、十分に逆転まで持っていけるバルセロナだが、敵地で引き分けやむなしと、より後ろ重心となったグラナダの守備を前に最後の一押しが足りない。89分にはペドリを下げてストライカーのマルク・ギウをピッチに送り出す。 8分が加えられた後半アディショナルタイムではヤマルのお膳立てからマルク・ギウに決定機が訪れたが、ヘディングシュートを枠に飛ばせない。そして、試合はこのままタイムアップを迎え、格下相手に屈辱の敗戦こそ回避したものの、首位レアル・マドリーの背中がさらに遠のく痛恨のドローとなった。 2024.02.12 07:07 Mon

サイド補強急務のバイエルン、グラナダから加入内定のサラゴサを前倒しで獲得!

バイエルンは1日、グラナダからスペイン代表MFブライアン・サラゴサ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2029年6月30日までの5年契約となる。 バイエルンは昨年12月にグラナダとサラゴサの獲得に関して合意を発表。当初は今シーズン終了までレンタルの形でグラナダに残留する予定だったが、セルジュ・ニャブリに続き、キングスレイ・コマンが左ヒザのじん帯断裂で離脱となり、サイドアタッカーも手薄な状況となっていたため、即時獲得に切り替えたとのことだ。 バイエルンへの加入が決まったサラゴサは、公式サイトで以下のように意気込みを語った。 「バイエルンという世界有数のビッグクラブで成長し続けるために移籍することを決断した。グラナダには、一緒に過ごした素晴らしい時間、そしてこのクラブが僕に与えてくれたものすべてにとても感謝している。そのことは決して忘れない。バイエルンからのサポートも、今はとても心強く感じている。これからが楽しみだ。僕たちには高い目標があるんだ」 サラゴサは2019年にグラナダの下部組織に加入。エル・エヒドへの武者修行、グラナダのリザーブチームでのプレーを経て、昨シーズンからファーストチームに定着。これまでグラナダで公式戦51試合に出場し、10ゴール3アシストを記録している。 昨シーズンのセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)優勝に貢献を果たしたなか、今シーズンはプリメーラに初参戦。ここまで14試合5ゴール2アシストを記録し、バルセロナ戦では圧巻のドブレーテを記録し2-2のドローの立役者となっていた。 さらに、10月に行われたユーロ2024予選のスコットランド代表戦でスペイン代表デビューも飾っている。 164cmとサイズには恵まれていないが、左右のウイングを主戦場に爆発的なスピードとテクニックを活かした勝負度胸に優れるドリブル突破が最大の魅力。また、シュート感覚やボックス内での冷静さを併せ持っており、得点力に優れるアタッカーとしてのさらなる飛躍が期待されている。 2024.02.02 01:15 Fri

サイド補強急務のバイエルン、加入内定のサラゴサが前倒し入団へ!

バイエルンがグラナダからスペイン代表MFブライアン・サラゴサ(22)を前倒しで獲得するようだ。 主力にケガ人が続くバイエルンでは先日にキングスレイ・コマンも左ヒザのじん帯断裂で離脱に。セルジュ・ニャブリも離脱が続くなか、さらにサイドアタッカーも手薄な状況となっている。 この事態解消の一手として浮上したのが昨年12月にグラナダと来季加入で合意したサラゴサの即時獲得。スポーツディレクターのクリストフ・フロイント氏はグラナダとの交渉を認めている。 ラ・リーガで降格圏19位に沈むグラナダの状況からして、相手の事情で中心選手のサラゴサを送り出すいかないが、ドイツ『スカイ』によると、バイエルンは前倒し入団で基本合意したという。 バイエルンは当初、サラゴサの獲得合意時に1500万ユーロ(約23億7000万円)の移籍金をつぎ込んだが、今回の件で追加料として最大500万ユーロ(約7億9000万円)を支払う模様だ。 すべてが計画どおりに進めば、3日にボルシアMGをホームに迎え撃ってのブンデスリーガ第20節からメンバー入りを果たす可能性があるようだ。 また、移籍市場に精通するイタリア人のファブリツィオ・ロマーノ記者いわく、サラゴサは1日午前中にも移動し、バイエルンに即合流するとのことだ。 2024.02.01 13:25 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly